スポンサーリンク

那覇空港おすすめ食事スポット

 

こんにちは えだ旅(@edatabi_jp)です。

 

SFC修行ルートの1つに選んだ 羽田-那覇間の往復ルート。

 

せっかく那覇に行くなら 少し時間を作って 沖縄のご当地グルメを楽しみたい。そう思った私たちは 今回のルートを夫婦旅に変更。1泊2日ご当地グルメ満喫ツアーとすることにしました。

 

そこで 今回は 1泊2日ご当地グルメを満喫した中で 那覇空港で楽しめるお店を集めてみました。全て空港内に店舗があるため サクッと美味しいものが食べたい方(SFC修行のOKAタッチなど)は ぜひご覧ください。

 

OKAタッチで利用可能な おすすめ食事スポット3選+α

今回は 以下のお店をご紹介します。

 

食事スポット
  1. ポーたま: 国内線1階+国際線4階(フードコート内)
  2. 空港食堂: 国内線1階
  3. A&W: 国内線3階

+α: コンビニ シャロン: 国内線1階

 

空港内の詳しい場所については 「那覇空港公式HP」をご覧ください。

 

1店目: ポーたま

ポーたまって どんなお店?

ポーたまとは 沖縄のソウルフード "ポークたまごサンド(スパムと玉子焼きを挟んだおにぎらず)"が食べられるお店のこと。

 

主に 沖縄で店舗展開していますが 福岡 ハワイにも店舗があります。

メニューもたくさんで どれにしようか悩んでしまいますね。

 

詳細はこちら: ポーたまHP

 

そして こちらを知ったきっかけは SFC修行関連のツイート。沖縄へ修行に来られる方の多くが ポーたまを満喫していたのです。これは ぜひ食べてみたい...ということで 滞在中の朝ごはんを買いに お店を訪れることにしました。

 

なお この時訪れた店舗は牧志市場店ですが 那覇空港内にも店舗があります。このため 今回 那覇空港グルメとしてご紹介します。

 

ポーたまでオーダーしたもの

 

今回オーダーしたメニュー
  • ポーたま: 250円 
  • チキナー: 350円(牧志市場店限定)
  • +200円でアーサ汁追加

こちらが 1番ベーシックなポーたま。

 

見るからにジューシーなスパムと玉子焼きが なんとも食欲をそそりますね。

こちらは チキナーです。

 

チキナーとは からし菜+ツナが一緒にサンドされたもの。こちらは 牧志市場店限定メニューです。この他にも 店舗によってさまざまな限定メニューがあるので 訪れた場所でいろいろトライしてみるのも楽しいですね。

こちらは +200円追加した アーサ汁。

 

アーサ汁とは アオサ+鰹出汁のスープです。ポーたまには おにぎりだけしか置いていないかと思っていたので 朝から温かいスープをオーダーできるのは とても嬉しかったです。

 

いざ 実食!!

 

今回は 出来立てを食べたかったため イートインすることに。それぞれ 食べたいポーたまをオーダーしたところで イートインスペースへ移動です。

イートインにすると こんな風にトレイに乗せて手渡されます。

 

ポーたまの入っている袋といい 水色のかわいいトレイといい...デザインが秀逸です。これは 写真を撮らずにはいられません。

ということで ひとしきり写真を撮ったところで いただきまーす!!

 

ひと口食べてみると スパムの塩味と玉子の甘さの組み合わせが絶妙...飲みすぎた胃腸でも(前日に泡盛を飲みすぎまして...(汗)) ペロリと食べられる 優しい味。ごはんも硬過ぎず 柔らかくなく ちょうど良い具合です。

 

 

いやー...ポーたま。

完全に 甘くみていました。

 

こんなに美味しいとは...

何個でも食べられそう...

 

 

そして チキなーの方はと言うと ツナのコクがプラスされて 食べ応えUP。からし菜のピリッとした風味が 味のアクセントになって 全体の味を引き締めてくれていました。こちらも とても美味しい!!

 

また アーサ汁は アオサの旨味と 鰹出汁がしっかり効いていて 身体に染み渡るー...身体もしっかり温まり 二日酔いの朝には必ず飲みたい。そんな気分になる 美味しいスープでした。

あれこれ写真を撮っていると お店の方が声をかけてくれ 撮ってくれました。こちらのお店のイートインスペースを管理されているスタッフさんが とても親切な接客をしてくれる方で より居心地が良かったです。

 

ふぅー お腹も心も大満足!!

 

価格もリーズナブルで ご当地の味が気軽に楽しめる。想像以上のおいしさに 沖縄に来たらリピート決定です。

 

2店目: 空港食堂

空港食堂って どんなお店?

空港食堂は 那覇空港1階にある 定番の沖縄料理がリーズナブルに楽しめるお店です。

 

こちらは 多くの那覇空港職員の方にも利用されているお店です。

その理由は...

  • 那覇空港内にあるアクセスの良さ
  • メニューのリーズナブルさ
  • 待ち時間/食事の提供時間の短さ

これなら 滞在時間がタイトな方にもぴったりですね。

 

場所が少し分かりにくいのです まずは琉球銀行を目指しましょう。琉球銀行を見つけたら 左側にある細い通路を進んだところが琉球食堂です。

お店の前に到着すると メニューがこんなにたくさん!!

日替わり定食もあります。

じゅーしー(沖縄風炊き込みごはん)付き まかないそば...気になる。

 

そして この他にももっとメニューがあります(笑)。疲れた身体に優しい麺類 白米に合うガッツリ系の炒め物 ビールに合うおつまみまで これだけのメニューがあれば その日の気分にあったものが選べますね。

 

詳細はこちら: 空港食堂HP

 

そして こちらを知ったきっかけも SFC修行関連のツイート。OKAタッチをされる方など 多くの修行僧の方がこちらのお店をおすすめしていました。リーズナブルで美味しいと評判だったため 最終日のお昼ごはん(復路搭乗前)に こちらを訪れました。

 

空港食堂でオーダーしたもの

 

今回オーダーしたメニュー
  • 沖縄そば: 550円
  • ソーキそば: 660円
  • サザンスター(ジョッキ): 500円

      会計は 食券購入方式。

       

      店内に入ると すぐに券売機があります。そちらで食券を購入すると 店員さんに席を指定されるので 着席して食券に記載された番号が呼ばれるのを待ちましょう。

      こちらは 沖縄そば。

       

      シンプルな具材の中に 大きめのチャーシューが目を引きますね。

      こちらは ソーキそばです。

       

      ソーキ(=皮付き豚ばら肉)がたっぷりのった ガッツリ系麺メニューですね。食べ応えのある麺を求めている方には 猛プッシュしたいメニューです。

       

      そして 沖縄そばは 一般的な"そば"のイメージというよりは "うどん"っぽい印象です。蕎麦粉は使わず 小麦粉で作るあたりも うどんっぽい感じがしますが...さて お味はいかに!!

       

      いざ 実食!!

      まずは オリオンビールのサザンスターで乾杯!!

       

      ビールを飲んでいるうちに お腹が動いて 食べる準備はOK。オーダーしたメニューも運ばれてきて いよいよ いただきまーす!!

      まずは スープをひと口。

      しっかり魚介の出汁が効いたつゆが 身体に染み渡ります。

       

      また 太めの素朴な麺は弾力が豊かで 食べ応えも十分。もぐもぐ噛んでいるうちに 豊かな小麦の味わいが口に広がります。ソーキは 噛むとほろほろに崩れるほどの柔らかさ。これは 具材までしっかりと調理されていますね。

       

      ちなみに 具材はすべて店内で仕込まれており スープも手作りされているとのこと。ほっこりしてしまう家庭的な味付けは とても優しく空腹を満たしてくれました。

       

       

      まさか 空港内にある店舗で こんなに本格的な深い味わいの沖縄そばが食べられるなんて...参りました。

       

      3店目: A&W

      A&Wって どんなお店?

      A&Wとは 沖縄ローカルのハンバーガーのファストフードチェーンです。

       

      国内初のファストフード店とも言われており(1963年(日本復帰前)にA&W屋宜原店がオープン) 沖縄県民の方からは "エンダー"と呼ばれ 親しまれています。日本にいながら アメリカンな雰囲気の中 美味しハンバーガーを楽しむことができます。

       

      詳細はこちら: A&W HP

       

      なお この時訪れた店舗は国際通り松尾店ですが 那覇空港内にも店舗があります。このため 今回 那覇空港グルメとしてご紹介します。

       

      A&Wでオーダーしたもの

       

      今回オーダーしたメニュー
      • メルティダブル: 556円
      • チリチーズカーリーフライ: 408円
      • チョコレートワッフルサンデー: 399円

      こちらが メルティダブル。

       

      バンズの中には 1枚70gの肉厚なパティが 2枚重なっています。お肉推しな見た目が なんとも食欲をそそります。しかも 中の具材は パティの他に チーズとベーコンのみ!!野菜は一切なし!!

       

      これぞ お肉好きのためのハンバーガーと言えるのではないでしょうか。

      こちらは チリチーズカーリーフライです。

       

      くるっと丸まったポテトフライに A&Wオリジナルのスパイシーなコニーソース+とろりとしたチーズをトッピングしています。ポテト好きの妻は ひと目見て即決のメニューでした(笑)。

      デザートにオーダーしたのが こちら。チョコレートワッフルサンデーです。

       

      ソフトクリームの上にかかっているソースは チョコレート/ラズベリー/メイプル&シナモンの3種類から選ぶことができます。

       

      いざ 実食!!

      それでは いただきまーす!!

       

      メルティダブルを がぶりとひと口。良い意味で肉肉しいパティは 塩味が控えめなところも良いですね。チーズとベーコンの塩味と合わさるとちょうど良く 味付けが控えめなので 飽きずにパクパク食べられます。

       

      これは お肉がしっかり食べたくなった時は 迷わず選ぶべきハンバーガーですね。

       

       

      また サイドメニュー2品も抜かりなしです。

       

      チリチーズカーリーフライは A&Wオリジナルスパイスで味付けされ 味わい深いコニーソースとコクのあるチーズの旨味が合わさって...思わずビールが飲みたくなる(笑)!!これは ポテト好きな方には ぜひおすすめしたいです。

       

      ワッフルサンデーは ソフトクリームの下には 想像以上にワッフルがもりもり。これで 399円!!と驚いてしまうボリューム。ワッフルソフトクリームをこれでもか!!と食べられるので 贅沢気分になれました。

       

      A&Wオリジナルグッズも必見

       

      また A&Wでは かわいいオリジナルグッズもたくさん。来店ついでに ぜひチェックしましょう。

       

      オリジナルのクマのキャラクター物 ヴィンテージ感漂うマグカップなど 食事ついでにお土産を購入するのも良いのではないでしょうか。

       

      +α コンビニ シャロン(ボリューム満点な空港弁当)

      那覇空港1階中央付近にある ローカルな雰囲気漂うコンビニ シャロン

       

      入れ替わり立ち替わり ひっきりなしにお客さんが訪れている様子に 那覇到着日から気になっていました(笑)。

       

      なんで こんなにお客さんが多いんだろう?と思って お店に近づいてみると...

      お店の前に出ているテーブルには たくさんのお弁当が!!

       

      どれも美味しそう...

      食べたい...

       

      しかも 驚きなのがお弁当の価格。ほとんどのお弁当が とてもボリューム満点なのに 400円前後で売られているのです。

      白米の上に おかずをのせている感じも 異国っぽさを感じて良いですね。ゴーヤチャンプルーなどの沖縄料理から バジルトマトチキンまで メニューも豊富。ずらりと並んだお弁当が どれもとても美味しそうで この中から1つ選ぶのが難しいなぁと思ってしまうほどでした。

       

      観光客の方というよりは 那覇空港職員の方に多く利用されているようで 皆さん次々にお弁当を片手にお店から出てきていました。飛行機までの時間はそこまでないけれど しっかり食事が食べたい方は 利用価値が高いお店ではないでしょうか。

       

      今回 私たちは お腹いっぱいで利用できませんでしたが 次回はぜひお弁当選びに参加したいです。

       

      まとめ: OKAタッチでも 沖縄グルメは満喫できる!!

      今回は 那覇空港で楽しめる おすすめ食事スポットについてまとめてみました。

       

      旅の中では ゆっくりと食事ができない時もあるでしょう。帰りの飛行機の搭乗前には 搭乗手続きをしたり 買い足りないお土産を選んだりと あっという間に時間が過ぎてしまいがちですよね。そんな時は 時間を気にせず 気軽に那覇空港で美味しい食事を楽しんではいかがでしょうか。

       

      それでは 本日もお付き合いいただき ありがとうございました。

       

      今回のSFC修行(那覇)の旅程

       

       

      関連記事

      スポンサーリンク

      えだ旅のTwitterを