スポンサーリンク

「インターコンチネンタル東京ベイ」クラブラウンジ体験レビュー

 

こんにちは えだ旅(@edatabi_jp)です。

 

先日 わが家 初となる「GoToトラベル」を利用。

「インターコンチネンタル東京ベイ」のクラブフロアに宿泊してきました。

 

 

クラブフロアへの宿泊は 以前「ANAインターコンチネンタル東京」の記事でもご紹介しました。

アフタヌーンティーや夜にはアルコールも無料で楽しめる「クラブラウンジ」が利用可能な特別フロアのことだよね!!

 

 

そこで 今回は「インターコンチネンタル東京ベイ」のクラブフロア宿泊者が利用可能な「クラブラウンジ」について 無料で楽しめるフードやドリンクなどをレビュー形式でご紹介していきます。

 

この記事で分かること
  • 「クラブインターコンチネンタル」の利用条件/利用特典
  • 「インターコンチネンタル東京ベイ」クラブラウンジ体験レビュー
    ラウンジの様子/フード/ドリンクメニューなど
  • よりお得になる「GoToトラベル」利用料金

 

実は「コスパ最高!!」なクラブフロア宿泊。「クラブラウンジってどんな所??」とご興味のある方は 参考になるかと思います!!

 

目次

「インターコンチネンタル東京ベイ」とは

インターコンチネンタル東京ベイ 看板

まず 今回ご紹介する「クラブラウンジ」があるホテルは「インターコンチネンタル東京ベイ」です。

 

「インターコンチネンタル東京ベイ」とは「IHG(インターコンチネンタルホテルズグループ)」に属する 東京都港区竹芝にある 24階建の高級ホテルです。

 

 

今年(2020年)は 記念すべき25周年を迎えました。

 

名前が似ていますが...赤坂にある「ANAインターコンチネンタル東京」とは 別のホテルです。くれぐれもお気を付けください。

 

 

「ANAインターコンチネンタル東京」についても レビューしています。
「インターコンチネンタル東京ベイ」との比較/検討したい方の参考になるかと思います。

 

 

「インターコンチネンタル東京ベイ」クラブフロア宿泊記

インターコンチネンタル東京ベイ 正面

続いて 前回の記事「 「インターコンチネンタル東京ベイ」ラウンジアクセス付きクラブフロア宿泊記」をご紹介します。

 

というのも 今回ご紹介するクラブラウンジ「クラブインターコンチネンタルラウンジ」は クラブフロア宿泊者特典として利用したためです。

 

「クラブラウンジ」を利用する場合 クラブフロア(特別フロアの客室)へ宿泊する必要があるんだね。

クラブフロアは 20階以上の高層階にあるため とても素敵な東京の景色が広がっていました!!

 

 

クラブフロア客室詳細については こちらの記事をどうぞ。

 

 

それでは 続いて クラブラウンジも利用可能なクラブフロア宿泊特典「クラブインターコンチネンタル」のご紹介です。

 

「クラブインターコンチネンタル」とは

クラブインターコンチネンタル

 

クラブインターコンチネンタルでは、お客様一人ひとりに合わせたパーソナルなサービスと豪華な特典で、ワンランク上のご滞在をお楽しみいただけます。
レインボーブリッジをはじめ東京湾が目の前に広がる壮大な水辺の景色と、高層ビル群を中心とする都会の景観を有するクラブインターコンチネンタルラウンジは、ホテル20階に位置しています。
きめ細やかな配慮と優雅な空間で、極上の寛ぎをご体験ください。

 

公式HPでは 上記のように説明されています。

 

大まかに説明すると...
「クラブインターコンチネンタル」とは インターコンチネンタルホテルのクラブフロア宿泊客に対するパーソナルなサービス+特典のことですね。

その特典の1つとして クラブラウンジも利用可能になるっていうことなんだね!!

 

補足: ここで少し用語の説明タイム

ここで少し用語の解説タイム

 

ここまで読み進めると...

  • クラブラウンジ
  • クラブインターコンチネンタル
  • クラブインターコンチネンタルラウンジ など

同じような言葉がたくさん出てきて かなり分かりにくいですよね(汗)。

 

高級ホテルに縁がないわが家では 大混乱です!!

それでは ここでいったん「当ブログ内での用語の使い方」を整理しておきましょう♩

 

 

ここまで出てきた用語の使い方
  1. クラブフロア:
    エグゼクティブのための特別客室があるフロアのこと。
  2. クラブルーム:
    上記1.クラブフロア内にある客室のこと。
    クラブルームに宿泊することで クラブインターコンチネンタル(下記3.)が適応となる。
  3. クラブインターコンチネンタル:
    上記2.クラブルーム宿泊客に対して インターコンチネンタルホテルが提供する パーソナルなサービス+特典のこと。
  4. クラブインターコンチネンタルラウンジ(=クラブラウンジ):
    上記3.クラブインターコンチネンタルの特典として クラブフロア宿泊者が利用できる特別なラウンジのこと。
    チェックイン/チェックアウト手続きや食事/ドリンク提供などのサービスが利用可能。

 

少し分かりやすくなったでしょうか(汗)??
それでは 引き続き「クラブインターコンチネンタル」についてみていきましょう。

 

「クラブインターコンチネンタル」利用資格/条件

「クラブインターコンチネンタル」利用資格/条件について
  • クラブフロア宿泊者
  • ラウンジアクセスがある宿泊プランの宿泊者

 

基本的に「クラブインターコンチネンタル」の利用資格を有するのは クラブフロア(客室最高層: 20階-24階)の宿泊者となります。

その他は 特別な宿泊プランで宿泊されている方のみ「クラブインターコンチネンタル」を利用することができます。

 

どちらにしても「クラブインターコンチネンタル」を利用できるのは 限られた宿泊客のみということですね。

 

「クラブインターコンチネンタル」利用特典(宿泊特典)

クラブフロア宿泊者は 以下の特典を利用することができます。

「クラブインターコンチネンタル」利用特典
各種フード+ドリンクサービス)
クラブインターコンチネンタル
営業時間 9:30-20:30
  • 朝食(7:00-11:00)
    ※3階シェフズライブキッチンで提供(2020.10月現在)
  • アフタヌーンティー(14:00-16:00)
    20階クラブラウンジにて アフタヌーンティーを提供
  • クラブディナー(17:30-20:30)
    20階クラブラウンジにて アルコールを含めたドリンク ブッフェスタイルでの食事提供
    混雑時は90分制(ソーシャルディスタンスを保つため)
  • ドリンクサービス
    各ピリオド時間外は 各種ドリンク(コーヒー/紅茶/ソフトドリンク)を提供

 

その他サービス(施設内))

  • クラブラウンジ専用レセプションでのチェックイン/チェックアウト
    ラウンジ営業時間外は 1Fフロントでの対応
  • Wi-Fi高速インターネット無料アクセス

 

クラブフロア宿泊者は 朝食/アフタヌーンティー/イブニングカクテル/ドリンクサービスが利用可能。このため 滞在中の飲食がほぼ無料(オールインクルーシブ状態)になってしまうんです!!

 

それでは 続いて「クラブインターコンチネンタルラウンジ」についてみていきましょう。
「コロナ渦の特別対応」についても あわせてご紹介します(2020年10月現在)。

 

「クラブインターコンチネンタルラウンジ」について

 

前述した通り インターコンチネンタルホテル東京ベイの「クラブインターコンチネンタルラウンジ」へは クラブフロアへ宿泊することでアクセスが可能となります。

 

クラブラウンジでは チェックイン/チェックアウト手続きや 食事/ドリンクの提供が行われており ゆっくりとくつろげる空間が演出されています。

 

まずは ざっくりと概要をご紹介していきます!!

 

「クラブインターコンチネンタルラウンジ」場所/アクセス

「クラブインターコンチネンタルラウンジ」場所/アクセス
  • 場所
    「インターコンチネンタルホテル東京ベイ」20階クラブフロア
  • アクセス方法
    入口でスタッフの方に部屋番号と名前を伝える

 

クラブラウンジ入室時 スタッフによる確認が入るため 入室できる宿泊者が限定されて安心ですね。

 

「クラブインターコンチネンタルラウンジ」営業時間

「クラブインターコンチネンタルラウンジ」営業時間
9:30-20:30(平常時: 7:00-21:00)
※現在 コロナ対応として短縮営業中(2020.10月現在)

 

上記時間内は いつでもクラブラウンジを利用可能です。
専属コンシェルジュも在籍されており 困りごとの相談やレストラン予約など 各種依頼もできます。

 

 

なお 現在は「コロナ渦の特別対応」となっており 食事提供に関して変更があるため注意が必要です。

以下に 変更点をまとめます。

 

「新型コロナウイルス対応」における変更点

新型コロナウイルス対応における変更点

新型コロナウイルス対応における変更点
インターコンチネンタル東京ベイ 10月クラブラウンジのお知らせ
2020.10月現在「新型コロナウイルス対応」として 20階「クラブインターコンチネンタルラウンジ」は短縮営業となっています。

 

食事提供時間)

  • 朝食: ブッフェ 7:00-10:00(L.O. 9:45)
    3階「シェフズ ライブ キッチン」にて提供
  • アフタヌーンティー: 14:00-16:00
  • ディナータイム: 17:30-20:30(L.O. 20:00)
    ※混雑時は90分制

 

朝食以外のサービスは 20階「クラブインターコンチネンタルラウンジ」を利用可能です。

 

通常営業できるようになるまでは しばらくこの対応が続きそうですね。

 

 

それでは 次からは いよいよ「クラブインターコンチネンタル」体験レビューをお届けします。

 

「クラブインターコンチネンタル」体験レビュー

それでは ここからは 実際の体験レビューです!!

 

まずは「クラブインターコンチネンタルラウンジ」へ

チェックインして 客室に荷物を置いたら 20階「クラブインターコンチネンタルラウンジ(以下 クラブラウンジorラウンジ)」へ向かいました。

 

なお クラブラウンジ営業時間内であれば ラウンジ内でもチェックイン/チェックアウトが可能です。

 

クラブラウンジの様子: エントランス

クラブインターコンチネンタル

エレベーターで20階へ向かうと「クラブインターコンチネンタルラウンジ」のエントランスがあります。

 

エレベーターを降りてすぐの場所にあるため 迷子になることはなさそうです。

それでは 中に入ってみましょう♩

 

クラブラウンジの様子: レセプション

 

クラブラウンジへ入室後 すぐ左手にレセプションがあります。

コンシェルジュの方が常駐しており チェックイン/チェックアウト手続きやラウンジ内への案内を行なっています。

 

次回は ぜひラウンジでチェックインをしてみたいなぁ♩

 

クラブラウンジの様子: フロア全体像

「インターコンチネンタル東京ベイ」のクラブラウンジは 横長の作りです。

 

ラウンジ内に入室すると

左: レセプション
左奥: テーブル席
右: ドリンク/フードコーナー
右奥: テーブル席
景色: 東京湾ビュー(ベイビュー)

というフロア構成になっています。

 

インターコンチネンタル東京ベイ クラブラウンジ フロア全体

テーブル席は しっかり間隔をあけて設置されており ソーシャルディスタンスが保たれていると感じました。

インターコンチネンタル東京ベイ クラブラウンジ フロア

ラウンジ内には 大きな鏡やソファー席もありました。

とはいえ 基本的にはテーブル+チェア席がほとんど。
このため 使用用途に合わせて席を選ぶというよりは「景観の良い窓側席」か「それ以外の席」という選択になりそうです。

 

クラブラウンジの様子: スナック/ソフトドリンク

クラブラウンジ内には 常時スナックとソフトドリンクが用意されています。

インターコンチネンタル東京ベイ クラブラウンジ チョコ

ラウンジ中央のフードコーナーには チョコレートが置いてありました。

自由にチョコをつまめるのは とても嬉しいです♩

 

インターコンチネンタル東京ベイ クラブラウンジ ソフトドリンク

冷蔵庫の中には 冷たいソフトドリンクが用意されています。
こちらも 自由に取り出すことができます。

インターコンチネンタル東京ベイ クラブラウンジ カフェマシーン

カフェマシンもあり 美味しいコーヒーも楽しめます。

その他 紅茶やお茶のティーバックもありました。

 

クラブラウンジでのカフェメニュー
  • コーヒー
    コーヒー/カフェインレスコーヒー/カフェラテ/カフェオレ/カプチーノ/マキアート/エスプレッソ
  • 紅茶
    ダージリン/シーズナル/アールグレイ/イングリッシュブレックファスト/セイロン/マンゴー/ミント/カモミール/緑茶/ほうじ茶
  • ソフトドリンク
    コーラ/コーラゼロ/ジンジャエール/トニックウォーター/ソーダ/オレンジジュース/グレープフルーツジュース/ウーロン茶

 

「ANAインターコンチネンタル東京」のクラブラウンジにはあった ホットチョコレートが...ない!!

 

 

以前「ANAインターコンチネンタル東京」に宿泊した際 カフェメニューのホットチョコレートが大のお気に入りとなり しばしばオーダーさせていただいたのでした。

 

「ANAインターコンチネンタル東京」のクラブラウンジ詳細はこちら。

 

 

同じ「インターコンチネンタルホテル」でも 比較してみると少しづつ違うところがありますね。

このため 後日 比較記事を作成予定です!!

 

クラブラウンジからの景色

インターコンチネンタル東京ベイ クラブラウンジからの眺め

20階の高層階に位置する こちらのクラブラウンジ。

 

大きく窓が解放されており 東京湾やレインボーブリッジを一望できる とても良い眺めが広がっています。

インターコンチネンタル東京ベイ クラブラウンジからの夜景

クラブディナーの時間帯の夜景は こちら。

わが家は この景色を眺めながら お酒を飲むだけで幸せです(笑)!!

 

 

それでは 続いて 各食事セクションについてご紹介します。

まずは アフタヌーンティーにお邪魔してみました。

 

アフタヌーンティー

アフタヌーンティー提供時間
14:00-16:00

 

クラブラウンジに到着すると まずスタッフの方が席へと案内をしてくれます。

 

10月日曜日14:00頃でしたが コロナ渦もあってか ラウンジ内はお客さん数組のみ。
座席は選びたい放題でした(笑)。

 

景色がよく見える 窓側の座席に案内していただけました♩

 

 

着席すると「クラブラウンジ アフタヌーンティーメニュー」を受け取ります。

インターコンチネンタル東京ベイ アフタヌーンティーメニュー

アフタヌーンティーメニューが見えにくいため 以下にまとめます。

 

アフタヌーンティーメニュー

スイーツ

  • プレーンペストリー
  • チョコレートペストリー
  • プルーツペストリー
  • プラリネ(チョコレート)
  • スコーン
  • 和菓子
  • ミニサンドイッチ

※スイーツメニューは 上記メニューがワンプレートで提供されます

 

ドリンク

  • ソフトドリンク
  • コーヒー
  • 紅茶

 

ということで それぞれスイーツをワンプレート+飲み物をオーダー。

インターコンチネンタル東京ベイ クラブラウンジでティータイム

数分後 景色を堪能しているうちに ドリンクが運ばれてきました。

 

インターコンチネンタル東京ベイ カフェラテ

カフェラテ

インターコンチネンタル東京ベイ カフェモカ

カフェモカ

温かい飲み物って 良いですよね。
胃袋がほっこりして スイーツを受け入れる準備万端です(笑)。

 

インターコンチネンタル東京ベイ アフタヌーンティー

たわいもない話をしながらカフェを楽しんでいると アフタヌーンティーセットが届きました。

 

わぁ...カラフルに並んでいて かわいい♩
ワンプレートっていうのが また新鮮で良いですね。

1人1皿!!
無料でこんな素敵プレート...食べても良いんですか!?

 

アフタヌーンティーのワンプレートは ほどよいボリューム感。
また しっかりディナーを楽しみたい方や甘いものが苦手な方は 単品でのオーダーも可能です。

 

とても美味しく わが家はペロリと食べちゃいましたけどね!!(笑)

 

クラブディナー

客室でゆっくりした後は 少し身支度を整えて 再びクラブラウンジへ。

クラブラウンジでの食事。
少しおしゃれすることで より非日常感を味わうことができますよね♩

 

クラブディナー提供時間
17:30-20:30
※混雑時は90分制

インターコンチネンタル東京ベイ クラブラウンジ ディナータイム

クラブラウンジへは クラブディナー開始10分前(17:20頃)に到着。

しかし 景色の良い窓側席には すでに先客の方がいらっしゃいました。

 

はっ...早いっ!!
皆さん 景色の良い席でディナーしたいですもんね(汗)

 

 

クラブディナー開始時間前でも ラウンジ内でドリンクを飲みつつ待機可能です。
その後 クラブディナー開始時間から 90分カウント(混雑時90分制の場合のみ)が開始されていました。

 

このため 窓側席をご希望の方は 早め早めの行動をおすすめします!!

 

インターコンチネンタル東京ベイ クラブラウンジからの夜景
インターコンチネンタル東京ベイ クラブラウンジからの景色

ちなみに 窓側席からは このような景色を楽しむことができます。

 

インターコンチネンタル東京ベイ クラブラウンジ テーブルセッティング

クラブディナーのテーブルセッティングは こちら。
写真左手にあるのは ビニール手袋です。

 

インターコンチネンタル東京ベイ クラブラウンジ コロナ対応

インターコンチネンタル東京ベイのクラブディナーは ブッフェ形式での提供です。

 

このため 食べ物を取りに行く際は ビニール手袋+マスク着用です。

コロナ対策も考えられていて 安心ですね!!

 

そして 写真を撮っているうちに 17:30になってしまいました(汗)。

それでは さっそくドリンクを取りに行きましょう。

インターコンチネンタル東京ベイ クラブラウンジ ドリンクメニュー

まず こちらがドリンクメニューです。

 

 

なんと こちらのアルコール 全て「飲み放題」です。

幸せすぎるー...!!!

 

 

クラブディナー ドリンクメニュー(一部抜粋)
  • ビール: アサヒスーパードライ
  • スパークリングワイン
  • 赤/白ワイン
  • ウイスキー: シーバスリーガル/ジャックダニエル
  • ウォッカ/カンパリ/ジン/カシス
  • ソフトドリンク

 

インターコンチネンタル東京ベイ クラブラウンジ スパークリング
インターコンチネンタル東京ベイ クラブラウンジ ワイン
インターコンチネンタル東京ベイ クラブラウンジ 瓶ビール
インターコンチネンタル東京ベイ クラブラウンジ アルコール

ドリンクは 全て自分でグラスに注ぐスタイルです。
このため ウイスキーやカクテルは 自分好みの濃さに調節可能です。

 

インターコンチネンタル東京ベイ クラブラウンジ ビールサーバー

わが家のテンションを上げる「ビアサーバー」発見!!

スーパードライとドライブラック 2種類用意されているあたり...最高ですね!!

 

インターコンチネンタル東京ベイ クラブラウンジ 乾杯

ということで いろいろと誘惑が多かったものの...
まずは スパークリングで乾杯!!

 

 

クラブディナーが始まると ブッフェコーナーには行列が出来ていました。

そこで わが家は 比較的空いていた「おつまみコーナー」にて チーズとサラミをゲット。

インターコンチネンタル東京ベイ クラブラウンジのおつまみ

ブッフェコーナーの行列がなくなるまで おおむね10分程度でした。

その間 ゆっくりおつまみを食べながら スパークリングワインを楽しみました♩

 

 

それでは ブッフェコーナーのご紹介です。

インターコンチネンタル東京ベイ クラブラウンジの順路

順路はこのようになります。
シンプルで分かりやすいのが良いですね。

インターコンチネンタル東京ベイ クラブラウンジ サーモンマリネ
インターコンチネンタル東京ベイ クラブラウンジ サラダ

冷菜は サラダ/ハム/サーモンマリネなど。

インターコンチネンタル東京ベイ クラブディナー ソーセージ
インターコンチネンタル東京ベイ クラブディナー 揚げ物

温菜は ポテト/ソーセージ/揚げ物など。

インターコンチネンタル東京ベイ クラブディナー いなり寿司
インターコンチネンタル東京ベイ クラブディナー チャーハン

いなり寿司/チャーハンなどの主食系のフードもありました。

インターコンチネンタル東京ベイ クラブディナー 甘味

食後のデザートは ブドウゼリー/アプリコットゼリーでした♩

 

インターコンチネンタル東京ベイ クラブディナー
インターコンチネンタル東京ベイ クラブディナー

それにしても ブッフェって盛り付けが難しいなぁ...こんなはずでは...(汗)

 

好き嫌いのないわが家としては 何でも食べるので サーブをしていただけるととても嬉しいです。
なんて 無料で食事をしておきながら 贅沢な要望ですね(汗)。

 

インターコンチネンタル東京ベイ クラブラウンジ 夫婦で乾杯

途中で スタッフの方に写真撮影をしていただきました。
心遣いに感謝です。

後ろのレインボーブリッジも良い感じに写っていて 良い記念になりました。

インターコンチネンタル東京ベイ クラブラウンジ コロナ禍だと90分制

10月日曜日のクラブディナーは 混雑時90分制でした。

90分間でも ゆっくり過ごすことができ とても良い時間でした♩

 

朝食(3階「シェフズ ライブ キッチン」)

朝食の提供時間
  • 7:00-10:00(L.O. 9:45)
    3階「シェフズ ライブ キッチン」にて提供

インターコンチネンタル東京ベイ シェフズライブキッチンの入り口

早起きだけが取り柄(?)の わが家。
朝は普段通りにすっきり目覚め 朝食会場である3階「シェフズ ライブ キッチン」へ向かいました。

 

こちらへは 7:00(朝食開始時間)ちょうどに到着。まだ 他には人がおらず 待ち時間なし+窓側席へ案内していただけました♩

 

インターコンチネンタル東京ベイ シェフズライブキッチン 座席

フロア内は広く 大きな窓が広がり 外の景色を眺めることができます。

自然光が注ぐ 明るい雰囲気のフロアで 朝食にぴったりな雰囲気♩

 

インターコンチネンタル東京ベイ シェフズライブキッチンの雰囲気

朝食もクラブディナー同様に ブッフェ形式です。

こちらもマスク+ビニール手袋着用の上 食事を取りに行くスタイルでした。

 

インターコンチネンタル東京ベイ シェフズライブキッチン
インターコンチネンタル東京ベイ シェフズライブキッチン ミックスジュース

軽めの朝食が好きな方には グラノーラやフルーツジュースがおすすめ。

 

インターコンチネンタル東京ベイ シェフズライブキッチン サラダ
インターコンチネンタル東京ベイ シェフズライブキッチン 朝食のハム
インターコンチネンタル東京ベイ シェフズライブキッチン マカロニ
インターコンチネンタル東京ベイ シェフズライブキッチン ひじき
インターコンチネンタル東京ベイ シェフズライブキッチン きんぴら
インターコンチネンタル東京ベイ シェフズライブキッチン さば

しっかり朝食を食べたい方には ご飯に合うおかずが揃っていました。
煮物や焼き魚など ヘルシーなメニューが多く準備されているのは嬉しいですね。

 

インターコンチネンタル東京ベイ シェフズライブキッチン 朝食デニッシュ
インターコンチネンタル東京ベイ シェフズライブキッチン トースター

トースターもあり パンを温めて食べることができます。

 

インターコンチネンタル東京ベイ シェフズライブキッチン 朝食ブッフェ
インターコンチネンタル東京ベイ シェフズライブキッチン 朝食ブッフェ

わが家は 2人とも朝からしっかり食べるタイプです♩

 

インターコンチネンタル東京ベイ シェフズライブキッチン 朝食オムレツ

そして「シェフズ ライブ キッチン」の名前の通り 卵料理はシェフがその場で調理してくれます。

 

卵料理のカスタム内容
  • 卵焼きorオムレツ
  • トッピング
    (チーズ/ハム/きのこから選択(全部でもOK))

 

なお こちらも朝食開始時には行列ができるため 他のメニューを食べた後にオーダーしに行くくらいがちょうど良いかと思います。

手際良く調理している様子を眺めるのも とても楽しかったです!!

 

「クラブインターコンチネンタル」を利用した感想

クラブインターコンチネンタルを利用した感想

今まで 比較的リーズナブルな宿泊先を選ぶことが多く ホテル滞在メインでの宿泊をする機会は なかなかありませんでした。

 

そんな わが家にとって 貴重な「ステイケーション」

そこで 今回 「クラブインターコンチネンタル」を利用した滞在を通して 特に良かったポイントを2つまとめます。

 

用語説明:「ステイケーション」とは
「Stay」: 滞在
「Vacation」: 休暇
上記2つの言葉を組み合わせて作られた アメリカ発の造語のこと。「バケーション」が遠出して楽しむ旅行を指すことに対して「ステイケーション」は自宅の近場に宿泊して楽しむことを指します。

 

クラブラウンジからの眺めが良い

「インターコンチネンタル東京ベイ」のクラブラウンジは ベイビューの作りとなっています。
このため 開放的な景色が広がり 非日常感を味わうことができます。

 

おすすめポイント
  • 夕方: 新羽田ルートを通過する飛行機を眺められる
  • 夜 : レインボーブリッジやお台場の夜景が綺麗

普段歩いているエリアでも 眺める高さが違うと また違って見えるから不思議です。

素敵な景色+サービスで とてもリフレッシュできました。

 

無料でアルコールやフードを楽しめ コスパが良い

今回の滞在中 食事としては アフタヌーンティー/クラブディナー/朝食を利用しました。

このため ホテル内での飲食については 料金を支払うことはありませんでした!!

 

 

やはり 何と言っても「食事/ドリンクが無料で楽しめる」という点は大きかったです。

金額を気にせず ホテル内で飲食できることで よりストレスフリーな状態で 気軽にホテルの良さを満喫することができますよね。

 

今回 利用した宿泊プランと宿泊費

今回は わが家初となる「GoToトラベル」を利用した宿泊でした。

実際に「GoToトラベル」ってどれだけお得なの??と思っている方のために わが家の宿泊プランと宿泊費をご紹介します。

 

今回の宿泊プランと宿泊費
インターコンチネンタル東京ベイ
プラン名: 最大30%オフ!いますぐ予約&あとで支払い(ラウンジ特典付)

 

宿泊費)

宿泊料金: 34,200円
GoToトラベル: ▲11,270円
楽天クーポン: ▲2,000円
GoToトラベル(地域共通クーポン): ▲5,000円
楽天ポイント: ▲209円

実質の宿泊費: 15,721円

 

 

今回も夫婦2人 クラブラウンジを利用したホテルステイを楽しみました。

景色が綺麗なラウンジで 食事+アルコールを楽しみ 宿泊費: 15,000円程度。
そう考えると とてもリーズナブルに 良い体験ができたと感じています。

 

「GoToトラベル」で お得に宿泊しよう

最後に 今話題の「GoToトラベル」を利用すると 都内のホテルステイがお得に楽しめます。

「GoToトラベル」を利用する際は 宿泊予約サイトでの予約がおすすめです♩

 

その理由として「GoToトラベル」+宿泊予約サイトを利用した場合

  • GoToトラベル 旅行代金 最大35%OFF
  • GoToトラベル 地域共通クーポン 最大15%付与
  • 各種予約サイトごとの割引やポイント還元

を受けることができるからです。

 

自分が利用しやすいポイントがもらえるサイトで予約したり さまざまな予約サイトを比較して 1番お得なサイトを見つけるもの楽しいですね。

 

 

 

せっかくなら GoToトラベル+予約サイト独自の割引の利用やポイントをもらうなどして よりお得に利用しましょう。

今回の宿泊があまりにも良かったので「次回はいつ訪れようかな...??」と 定期的に予約サイトを眺めています(笑)

 

ということで 12月は「グランドプリンスホテル 新高輪」のクラブフロアステイを予約してみました!!

 

参考までに「楽天トラベル」を利用した場合...

グランドプリンスホテル 新高輪
プラン名: 最大33時間クラブフロアステイ(ラウンジ特典&朝食付)
宿泊料金(サービス料込み): 31,580円
GoToトラベル(宿泊代金): ▲10,003円
楽天クーポン: ▲4,000円
GoToトラベル(地域共通クーポン): ▲4,000円
楽天ポイント: ▲176円
実質の宿泊費: 13,401円

えっ!?
本当に この価格でクラブフロアに宿泊して良いんですか??

驚きの安さですよね!!
わが家は もちろん予約しちゃいました(笑)

 

「GoToトラベル」利用可能なおすすめ旅行サイト

 

まとめ: 東京湾を眺められる 素敵ラウンジでした

インターコンチネンタル東京ベイ クラブラウンジからの景色

今回は 「インターコンチネンタル東京ベイ」のクラブインターコンチネンタルラウンジの体験レビューをお届けしました。

 

コロナ禍の「クラブインターコンチネンタル」でしたが 十分快適に過ごすことができ 快適なステイケーションとなりました。

遠出が難しい状況の中 休日を楽しむ選択肢の1つとして とてもおすすめです。

 

こんなに近場で こんなに気分転換ができるとは 正直思っていませんでした!!

 

 

実際に宿泊したクラブフロア客室の詳細は こちらの記事をどうぞ。

 

 

また 今回は「GoToトラベル」利用により とてもリーズナブルに宿泊することができました。

とは言え「宿泊は ちょっと...」と思われる方もいるのではないでしょうか。

そんな方には「GoToEat」がおすすめです!!

 

「GoToEat」を利用すると お得に食事を楽しむことができますよ!!

 

それでは 本日もお付き合いいただき ありがとうございました。

 

インターコンチネンタルホテル 関連記事

スポンサーリンク

えだ旅のTwitterを