スポンサーリンク

インターコンチネンタル東京ベイ クラブフロア宿泊記

 

こんにちは えだ旅(@edatabi_jp)です。

 

先日 わが家 初となる「GoToトラベル」を利用。

「インターコンチネンタル東京ベイ」のクラブフロアに宿泊してきました。

 

 

今回は 都内のホテルでゆっくり過ごすことが目的♩

このため クラブラウンジが利用できるクラブフロアに宿泊して ホテルステイを満喫することにしました!!

 

 

そこで 今回は「ステイケーション第2弾」として クラブラウンジが利用でき 細やかなサービスが満喫できる「インターコンチネンタル東京ベイ クラブフロア宿泊記」をお届けします。

 

この記事でわかること
  • 「インターコンチネンタル東京ベイ」とは
  • クラブインターコンチネンタルフロア宿泊客の特典
  • スーペリアリバービューの客室/アメニティーなど
  • 「GoToトラベル」を利用した 実際の料金

 

普段 なかなか泊まれないホテルも「GoToトラベル」を利用すると ぐっとリーズナブルになりました。期間限定なので 利用される方はお早めに♩

 

 

用語説明:「ステイケーション」とは
「Stay」: 滞在
「Vacation」: 休暇
上記2つの言葉を組み合わせて作られた アメリカ発の造語のこと。「バケーション」が遠出して楽しむ旅行を指すことに対して「ステイケーション」は自宅の近場に宿泊して楽しむことを指します。

 

「インターコンチネンタル東京ベイ」とは

インターコンチネンタル東京ベイ 看板

「インターコンチネンタル東京ベイ」とは「IHG(インターコンチネンタルホテルズグループ)」に属する 東京都港区竹芝にある 24階建の高級ホテルです。

 

 

今年(2020年)は 記念すべき25周年を迎えました。

 

名前が似ていますが...赤坂にある「ANAインターコンチネンタル東京」とは 別のホテルです。くれぐれもお気を付けください。

 

 

「ANAインターコンチネンタル東京」についても レビューしています。
「インターコンチネンタル東京ベイ」との比較/検討したい方の参考になるかと思います。

 

 

「インターコンチネンタル東京ベイ」施設概要

インターコンチネンタル東京ベイ 正面

施設名 ホテル インターコンチネンタル東京ベイ
客室数 330室
住所 〒105-8576東京都港区海岸1-16-2
電話 03-5404-2222
予約方法 WEB予約可能

 

WEB予約は 下記宿泊サイトから行うことができます。
中でも 時期によりクーポンなどが適応となる 宿泊サイトからの予約がおすすめです。

 

 

「インターコンチネンタル東京ベイ」場所/アクセス

「インターコンチネンタル東京ベイ」周辺地図は こちらです。

 

「インターコンチネンタル東京ベイ」最寄り駅
  • 新交通ゆりかもめ「竹芝駅」: ホテル直結
  • JR/東京モノレール「浜松町駅」: 徒歩8分
  • 都営 大江戸線/浅草線 「大門駅」: 徒歩10分

 

羽田/成田空港からは リムジンバスも運行しており とてもアクセスの良いホテルです(※現在は コロナの影響でリムジンバスの運行はありません)

 

「インターコンチネンタル東京ベイ」は 浜松町駅から徒歩圏内。
リムジンバスを利用すれば 羽田空港や成田空港からもアクセス良好です。

東京タワーや都内観光地へもアクセスしやすく 観光面でも魅力的な立地です♩

 

 

続いて 今回宿泊した「クラブインターコンチネンタルフロア」について 気になる利用特典をご紹介していきます。

 

「クラブインターコンチネンタルフロア」とは

 

ここからは 今回宿泊した「クラブインターコンチネンタルフロア」についてご紹介します。

 

まず 「クラブインターコンチネンタルフロア」とは インターコンチネンタル東京ベイの高層階(20-24階)に位置し 特別客室があるフロアのことです。

 

特別客室ということで 21-22階は専用のカードキーが必要なセキュリティフロアです。

 

クラブインターコンチネンタルフロア 客室の種類
  • スーペリア リバービュー: 35
  • スーペリア ベイビュー: 35-41
  • プレミアム ベイビュー: 38-42
  • ジュニアスイーツ: 52
  • ラグジュアリーオリエンタル
  • パリ メゾン
  • ラ・カーサ
  • ニューヨーク ラグジュアリー

 

クラブインターコンチネンタルフロア(以下 クラブフロア)宿泊者は クラブラウンジを含む「クラブインターコンチネンタル」のサービスを利用することができます。

 

それでは クラブフロアに宿泊すると どんなサービスを受けられるのか 詳しく見ていきましょう。

 

「クラブインターコンチネンタル」利用特典(宿泊特典)

クラブインターコンチネンタル

クラブフロア宿泊者は 以下の特典を利用することができます。

 

「クラブインターコンチネンタル」利用特典
各種フード+ドリンクサービス)
クラブインターコンチネンタルラウンジ
営業時間 9:30-20:30
  • 朝食サービス 7:00-11:00
    ※2020.10現在 3階シェフズライブキッチンで提供
  • アフタヌーンティーサービス 14:00-16:00
    20階クラブラウンジにて アフタヌーンティーを提供
  • クラブディナーサービス 17:30-20:30
    20階クラブラウンジにて アルコールを含めたドリンク ブッフェスタイルでの食事提供
    混雑時は90分制(ソーシャルディスタンスを保つため)
  • ドリンクサービス
    各ピリオド時間外は 飲み物(コーヒー 紅茶 ソフトドリンク)を提供

 

その他サービス(施設内))

  • クラブラウンジ専用レセプションでのチェックイン/チェックアウト
    ラウンジ営業時間外は 1Fフロントでの対応
  • Wi-Fi高速インターネット無料アクセス

 

クラブフロア宿泊者は 朝食/アフタヌーンティー/クラブディナー/ドリンクサービスが無料で利用できます。

このため 滞在中の飲食がほぼ無料(オールインクルーシブ状態)で楽しめるんです!!

 

 

魅力的な利用特典がたくさんな「クラブインターコンチネンタル」
こちらについては 次回記事で詳しくご紹介します。

 

続いては 実際の宿泊記を見ていきましょう。

 

「インターコンチネンタル東京ベイ」クラブフロア宿泊記

それでは ここからは 実際の宿泊記をお届けします。

今回は ホテルのロケーションの良さを実感できる客室でしたよ!!

 

浜松町駅から「インターコンチネンタル東京ベイ」までの道のり

まずは 地元から「インターコンチネンタル東京ベイ」の最寄り駅 浜松町駅へ向かいました。

JR浜松町駅

この日は JR浜松町駅から歩いてホテルへ向かうことにしました。

 

以前は 浜松町駅-ホテル間の無料シャトルバスが運行されていましたが コロナ禍で一時運行中止となりました(HPでは再開のお知らせはなし)。

 

しかし ホテルでこちらの看板を見つけました。
このため 現在は運行再開となっている可能性があります。

浜松町-インターコンチネンタル東京ベイ 無料シャトルバス

利用希望の方は 直前にホテルへ運行状況の確認をされることをおすすめします。

JR浜松町駅

それでは 話を戻して...
浜松町駅 北口を出て右へ 東京湾(竹芝)方面を目指します。

 

 

近年 インターコンチネンタル東京ベイがある竹芝周辺では

  • メズム東京
  • ウォーターズ竹芝
  • 東京ポートシティ竹芝 など

再開発が進んでおり 新たな観光名所が続々とオープンしています。

 

以前は 竹芝客船ターミナルしか無かったイメージですが 今後もどんどん変わりそうですね!!

 

インターコンチネンタル東京ベイへの道

旧芝離宮恩賜庭園を右手に眺めながら 竹芝駅方面へ進みます。

ゆりかもめ 竹芝駅

こちら 新交通ゆりかもめ「竹芝駅」です。

竹芝駅直結のため お台場や豊洲市場へのアクセスも良いですね♩

 

インターコンチネンタル東京ベイ 周辺地図

ゆりかもめ 竹芝駅周辺の地図は こちら。

新しい施設が続々とオープンしています。

 

ホテル外観/ロビー

インターコンチネンタル東京ベイ 看板

ゆりかもめ「竹芝駅」から徒歩2分。
目の前に「インターコンチネンタル東京ベイ」が現れました。

 

インターコンチネンタル東京ベイ 正面

まずは 記念撮影です(笑)

 

インターコンチネンタル東京ベイ エントランス

「インターコンチネンタル東京ベイ」のエントランスは こちら。
こちらは夜間に撮影しましたが 日中はドアマンが常駐し 案内をされていました。

 

とても高級感のあるエントランスですね。

 

インターコンチネンタル東京ベイ エントランス

それでは さっそく中へ入ってみましょう。

入ってすぐのところに 自動体温測定器と手指消毒薬があります。
コロナ対策もしっかり整えられていますね。

インターコンチネンタル東京ベイ マット

エントランスのカーペットからして おしゃれ。

 

インターコンチネンタル東京ベイ 1Fフロント

こちらが 1Fフロントです。

 

今回予約したのは クラブフロアの客室。
このため 20階クラブインターコンチネンタルラウンジでのチェックインが可能です。

 

しかし...

クラブラウンジへの行き方を聞いたところ「こちらでもチェックインできますよ」とのこと。

結果...
1階フロントでチェックインしました。

 

本当は クラブラウンジでチェックインしてみたかったのですが...スムーズなチェックインに感謝です♩

 

 

なお わが家の訪問時期は 10月休日14:00頃。
この時は 1-2組が手続きしているのみで 行列はできていませんでした。

 

インターコンチネンタル東京ベイは地域共通クーポン使用可能

「インターコンチネンタル東京ベイ」は 地域共通クーポン取扱店です。

紙クーポンと電子クーポン どちらも使えるのは良いですね。

 

それでは 無事チェックインを済ませ いよいよ客室へ向かいます。

 

15:00チェックイン予定でしたが この日は客室が空いていたため 1時間早く客室へ案内していただけました♩

14:00からクラブラウンジでアフタヌーンティーも楽しめるということで とてもありがたいです!!

 

エレベーター/廊下

インターコンチネンタル東京ベイ エレベーター前の椅子

1階フロントから 客室へ向かうエレベーター前にある椅子。

こちらの椅子は腰掛けていいんですかね!?

滞在中は 試すことができませんでした(笑)

インターコンチネンタル東京ベイ エレベーター内

クラブラウンジは20階にあり それ以上はクラブフロアの客室です。

 

まさに「インターコンチネンタル東京ベイ」の最高層フロアですね!!

インターコンチネンタル東京ベイ クラブフロア インターコンチネンタル東京ベイ クラブフロアの廊下

クラブフロアの廊下はこちら。
ホテル誕生25周年を感じさせる 落ち着いたテイストの廊下です。

インターコンチネンタル東京ベイ クラブフロア客室扉

今回宿泊させていただくお部屋はこちらです。

では 入室してみましょう♩

 

「クラブインターコンチネンタルフロア スーペリアリバービュー」のご紹介

まず 宿泊した客室の詳細は以下です。

タイプ スーペリアリバービュー ダブル
面積 35㎡
ベッドタイプ キングベッド
ベッドサイズ(幅X長さ) 200cmx200cm

 

入室すると

  • 右側: バスルーム/洗面台/トイレ
  • 左側: クローゼット
  • 奥: キングベッド/テレビ/デスク/ソファ
  • 景色: 隅田川ビュー

という造りになってました。

次から それぞれについて 詳しく見ていきましょう!!

 

 

客室の設備: ベッド

インターコンチネンタル東京ベイ クラブルーム キングベッド

ベッドは広々とした200cm×200cmのキングベッド。

インターコンチネンタル東京ベイ クラブルーム キングベッド

枕は4つと わが家としては適量な数の枕でした。

高級ホテルって 枕が多いときありません!?笑
使い方が分からないため 1人2つぐらいがちょうど良いです!!

 

インターコンチネンタル東京ベイ クラブルーム ベッドの説明

ベッドは世界中の高級ホテルで愛されるSealy社とインターコンチネンタルとの共同開発。
また 羽毛布団や枕は 昭和西川との共同開発でした。

「清潔」「健康」「寝心地」を考え抜かれた快適寝具です♩

 

客室の設備: テレビ/デスク

インターコンチネンタル東京ベイ クラブルーム テレビ

ベッド正面にはテレビがあります。
また テレビ下にはDVDが備え付けられていました。

インターコンチネンタル東京ベイ クラブルーム テレビとデスク

テレビ横には PC作業には十分なデスクがあります。

インターコンチネンタル東京ベイ クラブルーム テレビとデスク

別角度からは このような感じ。

 

客室の設備: ミニバー

テレビ下にはミニバーがあります。

インターコンチネンタル東京ベイ クラブルーム ミニバー

小型冷蔵庫には 各種ドリンクが完備。

インターコンチネンタル東京ベイ クラブルーム 乾き物

インターコンチネンタル東京ベイ クラブルーム リキュール
インターコンチネンタル東京ベイ クラブルーム 乾き物

引き出しにはティーセットや乾き物 洋酒の小瓶がありました。

 

紅茶はシンガポールの「TWG」が用意されていました♩

インターコンチネンタル東京ベイ クラブルーム グラス

各種グラスやネスプレッソの追加カプセルもありました。
しかし シャンパングラスは見つけられませんでした。

 

と言っても お部屋でシャンパンは飲まないんですけどね...(笑)

 

インターコンチネンタル東京ベイ クラブルーム 水
インターコンチネンタル東京ベイ クラブルーム アイスボックス

無料のお水とアイスペールもあります。

インターコンチネンタル東京ベイ クラブルーム ドリンク料金

ミニバーの価格(一部抜粋)
  • ウイスキー/ブランデー: 1700円
  • ジン/ウォッカ/ラム: 900円
  • スパークリングワイン: 1300円
  • 赤/白ワイン: 900円
  • ビール: 900円
  • ボトルウォーター: 650円
  • トニックウォーター: 500円
  • おつまみ: 500円 など

さすが「一流ホテル」のミニバーという価格ですね。やはり ドリンクが飲めるラウンジアクセス付きの客室は コスパが良い気がします。

 

 

客室の設備: バス/トイレ

入り口左手はバス/トイレ シャワールームです。

インターコンチネンタル東京ベイ クラブルーム バスルーム

まず 大きな鏡があります。

インターコンチネンタル東京ベイ クラブルーム シャワールーム

シャワーは 天井シャワー+可動式シャワーが設置されています。湯量の調節も可能です。

 

天井シャワーと可動式シャワー。
どちらもあると 隅々まで気持ち良く洗い流すことができますよね。

 

インターコンチネンタル東京ベイ クラブルーム バスタブ

バスタブはゆったりと足を伸ばせるサイズでした。

インターコンチネンタル東京ベイ クラブルーム アメニティー
インターコンチネンタル東京ベイ クラブルーム 石鹸

アメニティーはAGRARIA(アグラリア)です。
サンフランシスコ発祥のメーカーで 世界各地から選りすぐられた天然の植物成分をブレンドした上質なフレグランス・ブランドです。

 

こちら レモンバーベナの香りがとても良かったです。

インターコンチネンタル東京ベイ クラブルーム バスソルト

そして バスソルトがあるのが嬉しかったです^^

少し肌寒くなってきたこの頃。バスソルトを入れた湯船につかりお肌ツルツルになりました♩

インターコンチネンタル東京ベイ クラブルーム シャンプー

シャワールームには MIKIMOTOのシャンプー/コンディショナー/ボディーソープがありました。

インターコンチネンタル東京ベイ アメニティー

その他のアメニティとして歯ブラシやヘアブラシもあります。

また バスルーム内のスピーカーでテレビの音を聞くこともできるようです。

備え付けのDVDで好きなアーティストのライブを流しながらお風呂に入ることもできそうですね!!

インターコンチネンタル東京ベイ クラブルーム トイレ

トイレはウォシュレット付きです。

 

客室の設備: その他 備品

インターコンチネンタル東京ベイ クラブルーム ネスプレッソ

ネスプレッソマシーン。

滞在中 1度利用してみました!!
美味しいコーヒーを飲めるので良いですね^^

 

インターコンチネンタル東京ベイ クラブルーム 金庫とパジャマ
インターコンチネンタル東京ベイ クラブルーム ヘルスメーター
インターコンチネンタル東京ベイ クラブルーム バスローブ
インターコンチネンタル東京ベイ クラブルーム スリッパとアイロン

客室入って左のクローゼットには 室内を快適に過ごすグッツがあります。

 

クローゼットの中のグッツ
  • 靴べら
  • スリッパ
  • パジャマ
  • バスローブ
  • ヘルスメーター
  • アイロン+アイロン台
  • セキュリティーボックス

 

インターコンチネンタル東京ベイ クラブルーム スピーカー

iHomeも備え付け。

こちらは Bluetoothも利用できるため スマホに入っている曲やお気に入りのYouTubeを流すことができます。

インターコンチネンタル東京ベイ クラブルーム 電源

デスク横の電源コーナー。

電源コーナーの設備
  • 電源×2
  • ユニバーサル電源
  • FAXの有線ソケット
  • インターネットの有線ソケット

インターコンチネンタル東京ベイ クラブルーム エアコン

エアコンの調整も簡単に行うことができます。

 

「クラブインターコンチネンタルルーム: スーペリアリバービュー」からの景色

今回 宿泊した部屋は「スーペリアリバービュー」だったため 隅田川やリバーサイドのタワーマンションを綺麗に見ることができました。

インターコンチネンタル東京ベイ クラブルーム リバービューの夕景

時間の経過とともに変わる 1枚の絵画のようでした!!

インターコンチネンタル東京ベイ クラブルーム 日中の景色 インターコンチネンタル東京ベイ クラブルーム リバービューの夕景 インターコンチネンタル東京ベイ クラブルーム リバービューの夜景 インターコンチネンタル東京ベイ クラブルーム リバービューの朝焼け

日中→夕景→夜景→朝焼けと 刻々と変わる景色に終始テンションあがっちゃいました。

インターコンチネンタル東京ベイ リバービューの夜景

特に夜景は 美しく スカイツリーの変化や船の往来など ずっと眺めていられます!!

 

 

ホテル内 その他の施設

「インターコンチネンタル東京ベイ」には レストランやラウンジ ショップなど館内施設があります。

館内施設
  • ニューヨークグリルフレンチ「マンハッタン」
  • オールデイダイニング「シェフズ ライブ キッチン」
  • バーラウンジ「ハドソン ラウンジ」
  • ラウンジ「ニューヨークラウンジ」
  • フランス料理「ラ・プロヴァンス」
  • イタリア料理「ジリオン」
  • 鉄板焼き「匠」
  • ショップ「ニューヨークラウンジブティック」

館内施設に関しても コロナ禍で営業時間が変更になっていることがあります。訪れる際はホテルにご確認ください。

 

今回 利用した宿泊プランと宿泊費

今回は わが家初となる「GoToトラベル」を利用した宿泊でした。

 

実際に「GoToトラベル」ってどれだけお得なの!?と思われる方のために わが家の宿泊プランと宿泊費をご紹介します♩

 

今回の宿泊プランと宿泊費
宿泊プラン)
  • 予約したサイト: 楽天トラベル
  • 宿泊プラン: 最大30%オフ!いますぐ予約&あとで支払い(ラウンジ特典付)
  • 選択した客室: クラブインターコンチネンタルルーム スーペリアリバービュー

 

宿泊費)

宿泊料金: 34,200円
GoToトラベル: ▲11,270円
楽天クーポン: ▲2,000円
地域共通クーポン: ▲5,000円
楽天ポイント: ▲209円

実際の支払額: 15,721円

 

今回も夫婦2人 優雅にラウンジを利用したホテルステイを楽しみました。

そして 景色が綺麗なラウンジで 食事+アルコールを楽しんで15,000円前後と考えると リーズナブルに とても良い体験をさせていただきました。

 

「GoToトラベル」を利用し お得に宿泊しよう!!

最後に 今話題の「GoToトラベル」を利用し 都内のホテルステイもお得にしましょう。

「GoToトラベル」利用には 宿泊予約サイトからの予約がおすすめです♩

 

その理由として GoToトラベル+宿泊予約サイトを利用した場合

  • GoToトラベル 旅行代金 最大35%OFF
  • GoToトラベル 地域共通クーポン 最大15%付与
  • 各種予約サイトごとの割引やポイント還元

を受けることができるからです。

 

自分が利用しやすいポイントをもらえるサイトで予約したり さまざまな予約サイトを比較して 1番お得なサイトを見つけるもの楽しいですね。

 

せっかくなら GoToトラベル+予約サイト独自の割引の利用やポイントをもらうなどして よりお得に宿泊しましょう。

今回の宿泊があまりにも良かったので「次回はいつ訪れようかな...??」と 定期的に予約サイトを眺めています(笑)

 

ということで 12月は「グランドプリンスホテル 新高輪」のクラブフロアステイを予約しました。

参考までに「楽天トラベル」を利用した場合...

グランドプリンスホテル 新高輪
プラン名: 最大33時間クラブフロアステイ(ラウンジ特典&朝食付)
宿泊料金(サービス料込み): 31,580円
GoToトラベル(宿泊代金): ▲10,003円
楽天クーポン: ▲4,000円
地域共通クーポン: ▲4,000円
楽天ポイント: ▲176円
実質の宿泊費: 13,401円

え!?
本当に この価格でクラブフロアに宿泊して良いんですか??

驚きの安さですね!
そして わが家は 躊躇なく予約しちゃいました(笑)!!

 

GoToトラベルを利用できる おすすめ旅行サイトはこちら

 

まとめ: GoToトラベルを利用し お得に気分転換をしよう!!

インターコンチネンタル東京ベイ エントランス

今回は 「インターコンチネンタル東京ベイ」のクラブフロア宿泊記をお届けしました。

 

実際に宿泊したお部屋は 21階と高層階にあり 隅田川やリバーサイドのタワーマンション 東京スカイツリーを望む眺めは最高でした。
また クラブフロアということで クラブラウンジを利用できたのも よい気分転換になりました。

 

わが家は 2人ともお酒が大好き。
ラウンジアクセス付きプランの利用で 夕食時にホテルクオリティのアルコールを無料で存分に楽しむことができ とてもお得に過ごせました。

 

また 今回は「GoToトラベル」を利用したため リーズナブルに過ごすことができました。

 

皆さんは「GoToキャンペーン」のもう1つの目玉企画(?)
「GoToEat」は利用されましたか??

「GoToEat」については こちらの記事でまとめています。

 

 

「GoToEat」を利用すると お得に食事を楽しむことができますよ!!

 

 

次回の記事では いよいよ 「インターコンチネンタル東京ベイ」クラブラウンジをレビューします。

 

それでは 本日もお付き合いいただき ありがとうございました。

 

インターコンチネンタルホテル 関連記事

スポンサーリンク

えだ旅のTwitterを