スポンサーリンク

ANAインターコンチネンタル東京 クラブインターコンチネンタル体験レビュー

 

こんにちは えだ旅(@edatabi_jp)です。

 

先日 ANAインターコンチネンタルホテル東京の「クラブルーム」宿泊プランを利用しました。その目的は付帯する ホテル内の「クラブラウンジ」でサービスを体験するためです。

 

 

ということで 人生初の「クラブラウンジ」体験。

 

それまでは 敷居の高い印象だった「クラブラウンジ」

しかし 実は とてもコスパが良い!!と実感しました。

 

 

この記事で分かること
  • 「クラブインターコンチネンタル」とは
  • 「クラブインターコンチネンタル」の利用条件/利用特典
  • 新型コロナウイルス対応における変更点
  • クラブラウンジ体験レビュー
    ラウンジの様子/フード/ドリンクメニューなど

 

あまりのコスパの良さに「高級ホテル」の見方が変わりました(笑)

 

そこで 今回は ANAインターコンチネンタルホテル東京のクラブルーム宿泊者特典「クラブインターコンチネンタル」の詳細とクラブラウンジ体験レビューをお届けします。

 

「クラブラウンジってどんな所??」と興味のある方は 参考になるかと思います!!

 

目次

「ANAインターコンチネンタルホテル東京」とは

ANAインターコンチネンタルホテル東京へお邪魔しました

「ANAインターコンチネンタルホテル東京」とは IHG・ANA・ホテルズグループジャパンが運営する 東京 赤坂にある高級ホテルです。

 

国内最大級のクラブラウンジ「クラブインターコンチネンタルラウンジ」を有することでも有名です。

 

わが家は ANAマイルを貯めている「陸マイラー夫婦」
このため 少しでもANAの応援になればと宿泊させていただきました。

 

「ANAインターコンチネンタルホテル東京」クラブルーム宿泊記

ANAインターコンチネンタルホテル東京外観

はじめに 前回の記事「クラブルーム宿泊記」をご紹介します。

 

というのも 今回ご紹介するクラブラウンジ「クラブインターコンチネンタルラウンジ」は クラブルーム(クラブインターコンチネンタルルーム)宿泊者特典として利用したためです。

 

「クラブラウンジ(クラブインターコンチネンタルラウンジ)」を利用する場合 専用の客室(クラブルーム)へ宿泊する必要があるんだね。

クラブルームは 32階以上の高層階にあるため とても素敵な東京の景色が広がっていました!!

 

 

実際に宿泊したクラブルームの詳細とかかった宿泊費については こちらの記事をどうぞ。

 

 

続いては クラブラウンジが利用できる「クラブインターコンチネンタル」のご紹介です。

 

「クラブインターコンチネンタル」とは

 

 

国内最大級の広さを誇るラウンジ「クラブインターコンチネンタル」へようこそ

ホテル35階に位置するクラブインターコンチネンタルラウンジは、眼下に広がる東京都心と、その先に見渡せる富士山という息を呑むほどの壮観な景色とともに、極め細やかなパーソナルなサービスを提供いたします。ラウンジ内では専用キッチンでご用意するご朝食、アフタヌーンティー、イブニングカクテルをお楽しみいただけます。

クラブラウンジは、ビジネスまたはレジャーでも、様々にご利用いただける特典をご用意し、お客様のシーンに応じた、充実したくつろぎのひとときをお約束いたします。

 

公式HPでは 上記のように「クラブインターコンチネンタルホテルラウンジ(以下 クラブラウンジ)」を中心に紹介されていました。

 

 

「クラブインターコンチネンタル」とは インターコンチネンタルホテルのクラブルーム宿泊客に対するパーソナルなサービス+特典のことです。ANAインターコンチネンタルホテル東京では 都内最大級のクラブラウンジへのアクセスなども特典に含まれます。

 

補足: ここで少し用語の説明タイム

ここで少し用語の解説タイム

 

ここまで読み進めると

  • クラブラウンジ
  • クラブインターコンチネンタル
  • クラブインターコンチネンタルラウンジ など

同じような言葉がたくさん出てきて かなり分かりにくいですよね(汗)。

 

高級ホテルに縁がないわが家では 大混乱でした!!

それでは ここでいったん「当ブログ内での用語の使い方」を整理しておきましょう♩

 

 

ここまで出てきた用語の使い方
  1. クラブフロア:
    エグゼクティブのための特別な客室があるフロアのこと。
  2. クラブルーム:
    上記1.クラブフロア内にある客室のこと。今回は クラブルームに宿泊することで クラブラウンジを利用する特典が得られた。
  3. クラブインターコンチネンタルルーム:
    上記2.クラブルームの客室タイプの1つ。その他にも ANAインターコンチネンタルホテル東京には 数種類の客室タイプあり。
  4. クラブインターコンチネンタル:
    上記2.クラブルーム宿泊客に対して インターコンチネンタルホテルが提供する パーソナルなサービス+特典のこと。
  5. クラブインターコンチネンタルラウンジ(=クラブラウンジ):
    上記4.クラブインターコンチネンタルの特典として クラブルーム宿泊者が利用できる特別なラウンジのこと。チェックイン/チェックアウト手続きや食事/ドリンク提供などのサービスを受けることが可能。

 

どうでしょう。少し分かりやすくなったでしょうか??それでは 引き続き「クラブインターコンチネンタル」についてみていきましょう。

 

「クラブインターコンチネンタル」利用資格

「クラブインターコンチネンタル」利用資格について
  • クラブルーム&スイート宿泊者
  • 特別なラウンジアクセスがある宿泊プランの宿泊者

 

基本的に「クラブインターコンチネンタル」の利用資格を有するのは クラブフロア(客室最高層: 32階-35階)にあるクラブルーム宿泊者となります。その他は 特別な宿泊プランで宿泊されている方のみ「クラブインターコンチネンタル」を利用することができます。

 

どちらにしても「クラブインターコンチネンタル」を利用できるのは 限られた宿泊客のみということですね。

 

「クラブインターコンチネンタル」利用特典

「クラブインターコンチネンタル」利用特典

各種フード+ドリンクサービス)

  • クラブラウンジ専用朝食メニュー:
    厳選素材を専用キッチンで調理するピエール・ガニェール氏監修の朝食メニュー/種類豊富な和朝食/ヘルシー朝食など(2020年7月現在 ピエール・ガニェール氏監修の朝食メニューの提供は中止されています)
  • 朝食オプション:
    ルームサービス/テイクアウト朝食サービス/「カスケイドカフェ」のブッフェ朝食
  • アフタヌーンティーサービス:
    季節ごとの厳選素材を用いたメニュー提供
  • イブニングカクテル(カクテルタイム):
    ミクソロジストによるカクテルや各種アルコールドリンク+シェフ特製タパスメニューの提供
  • ドリンクサービス:
    クラブインターコンチネンタルラウンジ営業時間中のコーヒー/紅茶/ソフトドリンク提供

 

その他サービス(施設内))

  • 極め細やかでパーソナルなお出迎えとお見送り
  • クラブインターコンチネンタルコンシェルジュによるパーソナルサービス
  • シャワー設備利用無料
  • 市内通話無料(市外局番03のみ)
  • ガーデンプール入場無料(夏季のみ)
  • 靴磨き無料(滞在中1回/土日祝日は除く)
  • 「トーキョーバイク」自転車レンタル無料
  • レギュラープレスサービス無料(1滞在につき初回2点まで)
  • プライベートミーティングルームレンタル(10席/2時間まで無料)

 

その他サービス(施設外))

  • ホテルレストラン優先予約
  • 「THANNサンクチュアリーSPA赤坂」優待サービス

 

朝食/アフタヌーンティー/イブニングカクテル/ドリンクサービスが利用可能。このため 「クラブインターコンチネンタル」利用者は 滞在中の飲食がほぼ無料(オールインクルーシブ状態)になってしまうんです!!

 

 

それでは 続いて「クラブインターコンチネンタルラウンジ」についてみていきましょう。現在行われている「コロナ渦の特別対応」についてもご紹介していきます(2020年7月現在)。

 

「クラブインターコンチネンタルラウンジ」について

 

前述した通り「クラブインターコンチネンタルラウンジ」とは 国内最大級のクラブラウンジです。こちらへは クラブルームへ宿泊することでアクセス可能となります。

 

クラブラウンジでは チェックイン/チェックアウト手続きや食事/ドリンク提供が行われており ゆっくりとくつろげる空間が演出されています。

 

それでは まずはざっくりと概要をご紹介していきます!!

 

「クラブインターコンチネンタルラウンジ」場所/アクセス

「クラブインターコンチネンタルラウンジ」場所/アクセス
  • 場所:
    「ANAインターコンチネンタルホテル東京」35階クラブフロア
  • アクセス方法:
    クラブルーム客室のカードキーを使用(入口センサーにタッチ)

 

クラブラウンジは クラブフロアの最上階にあります。アクセスには クラブルーム客室のカードキーが必要なため 限られた人しか入室できません。

 

「クラブインターコンチネンタルラウンジ」営業時間

「クラブインターコンチネンタルラウンジ」営業時間
8:00-21:30

 

上記の時間内は いつでもクラブラウンジを利用可能です。専属のコンシェルジュも在籍されており 困りごとの相談やレストラン予約など 各種依頼もできます。

 

 

なお 通常はクラブラウンジにて食事ができます。しかし 現在は「コロナ渦の特別対応」となっており 食事提供に関して変更があるため注意が必要です。以下に 変更点をまとめます。

 

「新型コロナウイルス対応」における変更点

新型コロナウイルス対応における変更点

新型コロナウイルス対応における変更点
2020.7月現在「新型コロナウイルス対応」として 35階「クラブインターコンチネンタルラウンジ」は縮小営業となっています。このため 全ての食事は 2階「アトリウムラウンジ」にて提供中です。

 

また 厳選素材を専用キッチンで調理する ピエール・ガニェール氏監修の朝食メニューの提供も中止されています。

 

食事提供時間)

  • 朝食: ブッフェ 6:00-10:30/アラカルト 7:00-11:00
  • アフタヌーンティー: 14:00-16:00
  • イブニングカクテル: 17:30-19:30

 

食事以外のサービスは 35階「クラブインターコンチネンタルラウンジ」を利用可能です。

 

現在「クラブインターコンチネンタルラウンジ」で提供されているのは カフェメニュー+スナックのみでした。通常営業できるようになるまでは しばらくこの対応が続きそうですね。

 

 

クラブラウンジを利用するメリットの1つが クラブラウンジでゆっくりと美味しい食事やドリンクを楽しめることでしょう。このため クラブルームへの宿泊を検討中の方は 上記変更点も考慮されることをおすすめします。

 

 

それでは 次からは いよいよ「クラブインターコンチネンタル」体験レビューをお届けします。

 

「クラブインターコンチネンタル」体験レビュー

それでは ここからは 実際の体験レビューです。
35階「クラブインターコンチネンタル」と2階「アトリウムラウンジ」を行ったり来たりしますが...分かりやすいように 時系列でお届けします。

 

まずは「クラブインターコンチネンタルラウンジ」へ

チェックインして客室に荷物を置いたら 35階「クラブインターコンチネンタルラウンジ」へ向かいました。

 

2日間お世話になる クラブラウンジ。

まずは 下見をしてみよう!!というわけです(笑)。

 

クラブラウンジの様子: エントランス

ANAインターコンチネンタルホテル東京 クラブラウンジ正面

エレベータを降りると すぐ目の前に「クラブインターコンチネンタルラウンジ」が現れました。

 

心の準備もなく 慣れない豪華空間の出現に いきなり緊張しました!!

 

クラブラウンジのソーシャルディスタンス

入口には ソーシャルディスタンスへの協力を促すお知らせが掲示されていました。

 

ANAインターコンチネンタルホテル東京では しっかりとコロナ禍の注意喚起+対応がなされていましたよ。

 

クラブラウンジの様子: レセプション

クラブラウンジのコンシェルジュデスク

クラブラウンジへ入室すると すぐ左手にレセプションがあります。こちらには コンシェルジュの方が常駐しており 相談などもしやすい雰囲気でした。

 

どの時間帯のコンシェルジュの方も 気さくに声をかけてくださり とても印象が良かったです。接客って大切ですよね!!

 

クラブラウンジの様子: フロア全体像

国内最大級の大きさを誇る ANAインターコンチネンタルホテル東京「クラブインターコンチネンタルラウンジ」は 600平米もの広さがあり 100席を設けています。

 

このため さまざまな座席があり 気分や用途に合わせて選ぶことができます。

ANAインターコンチネンタルホテル東京 クラブラウンジの様子2

明るい雰囲気のテーブル席のスペース。

 

気軽にコーヒーを飲みたい時にも サクッと立ち寄れそうな雰囲気が良いですね。

 

ANAインターコンチネンタルホテル東京 クラブラウンジの様子1

落ち着いた雰囲気のローテーブルとソファのスペース。

 

アフタヌーンティーなど お茶をしながらゆっくり過ごせそうですね。

 

ANAインターコンチネンタルホテル東京 クラブラウンジの様子4

奥まった静かな場所にある テーブルと椅子のスペース。

 

朝食などに利用しやすそうなスペースですね。静かな場所なので 私たちは PC作業をして過ごしました。

 

ANAインターコンチネンタルホテル東京 クラブラウンジの様子5

開放的な景色が広がる カウンターとハイチェアのスペース。

 

イブニングカクテルの時間帯に 夜景を見ながらカクテルを楽しむのも素敵!!

 

クラブラウンジの様子: スナック/ソフトドリンク

クラブラウンジ内には 常時スナックとソフトドリンクが用意されています。

ANAインターコンチネンタルホテル東京 クラブラウンジの軽食1
ANAインターコンチネンタルホテル東京 クラブラウンジの軽食2

カウンターの上には スナックが数種類。取り皿の置かれており 自由に取り分けられるようになっています。

 

この日は お煎餅とチョコ+クッキー。
しょっぱいものと甘いもので 永遠にループできますね(笑)!!

 

ANAインターコンチネンタルホテル東京 クラブラウンジのソフトドリンク

冷蔵庫の中には 冷たいソフトドリンクが用意されていました。こちらも自由に取り出すことができます。

 

ソフトドリンクも種類が充実していました。

 

続いては カフェメニューを見てみましょう。

 

クラブラウンジでのカフェメニュー
  • コーヒー

カプチーノ/カフェラテ/ブラックコーヒー/エスプレッソ/フラットホワイト/マキアート/ディカフェ/ホットチョコレート

  • 紅茶

アッサム/イングリッシュブレックファースト/アールグレイ

  • ブレンド

モルゲンタウ

  • ハーブ

ウェルネス/アーユルヴェーダ&ジンジャー/スイートベリーズ

  • ソフトドリンク

コーラ/コーラゼロ/ジンジャエール/ペリエ/セブンアップ/ソーダ/烏龍茶/煎茶

  • フルーツジュース

オレンジ/アップル/グレープフルーツ/パイン/マンゴー/トマト/にんじん

 

クラブラウンジ内では 上記メニューをいつでもオーダー可能です。

 

Wi-Fiもサクサクと利用できるため お篭り作業にもぴったりですね!

 

 

ラウンジ内をひと通り撮影したところで コンシェルジュの方がドリンクのオーダーを聞きに来てくれました。

クラブラウンジ カフェラテ

そして オーダーしたカフェラテが こちら。

ミルクのふわふわ感も良い感じ。

 

 

とてもおいしいカフェラテで「これは 想像以上に期待できる...!!」と 一瞬にしてクラブラウンジへの期待感が高まりました(笑)。

ANAインターコンチネンタルホテル東京 クラブラウンジで記念撮影

おいしいカフェメニューにスナックもあり とてもリラックスしながら PC作業をすることができました。

 

ホテルに滞在しながら こんなに快適に作業ができるとは...世の中の素敵な大人の方々は こんな風にホテルを活用しているんですね(汗)。

 

クラブラウンジの様子: プライベートミーティングルーム

ANAインターコンチネンタルホテル東京 プライベートミーティングルーム

クラブラウンジ内には 2時間まで無料で利用可能なプライベートミーティングルームもあります。

 

クラブラウンジの様子: フロア装飾品

おしゃれな素敵空間には定番の「間接照明」

装飾品も豪華な雰囲気。

アート過ぎて難しいため 感想は割愛させていただきます(汗)。

また 新聞や雑誌用意されています。

このため 手ぶらでクラブラウンジへ行っても 飽きることなく過ごすことができるかと思います。

 

クラブラウンジからの景色

「クラブインターコンチネンタルラウンジ」は 35階の高層階に位置します。

 

また クラブラウンジには 多方向に開放的な窓が設置されているため 東京のさまざまな景色を楽しむことができるのも大きなポイントです。

ANAインターコンチネンタルホテル東京 クラブラウンジからの景色1
ANAインターコンチネンタルホテル東京 クラブラウンジからの景色2

左: 国会議事堂方面

右:六本木方面

ANAインターコンチネンタルホテル東京 クラブラウンジからの景色3
ANAインターコンチネンタルホテル東京 クラブラウンジからの景色4

左: 新宿方面

右: ANAインターコンチネンタルホテル東京のガーデンプール

 

この日はあいにくのお天気でしたが 赤坂の高層階からは さまざまな都内の名所を眺めることができました!!

 

 

それでは 次は 2階「アトリウムラウンジ」へ。

アフタヌーンティーにお邪魔してみましょう。

 

新型コロナウイルス対応での注意点
2020.7月現在「新型コロナウイルス対応」として 35階「クラブインターコンチネンタル」は縮小営業となっています。このため 全ての食事は 2階「アトリウムラウンジ」にて提供中です。

 

食事提供時間)

  • 朝食: ブッフェ 6:00-10:30/アラカルト 7:00-11:00
  • アフタヌーンティー: 14:00-16:00
  • イブニングカクテル: 17:30-19:30

 

食事以外のサービスは 35階「クラブインターコンチネンタル」を利用可能です。

 

「アトリウムラウンジ」アフタヌーンティー

前述した通り 現在コロナ対応にて 食事は2階「アトリウムラウンジ」での提供となっています(2020年7月現在)。

 

アフタヌーンティー提供時間
14:00-16:00

ANAインターコンチネンタルホテル東京 アトリウムラウンジ2

ANAインターコンチネンタルホテル東京 アトリウムラウンジ1

こちらが2階 アトリウムラウンジです。
エントランスのすぐ左手にあるため とても分かりやすい場所にありました。

 

アトリウムラウンジは 一般の宿泊者や外来者も打ち合わせやアフタヌーンティーで利用しています。

 

そうすると「満席で入れないのでは??」と思う方もいるかと思いますが その心配はいりません。クラブインターコンチネンタル利用者は あらかじめ専用の座席が確保されています。このため 所定の時間に入場すれば 待ち時間もなく スムーズにラウンジ内で食事をすることが可能です。

 

専用の座席が確保されているあたり さすがのサービスですね!!

 

ANAインターコンチネンタルホテル東京 アトリウムラウンジ3

ということで スムーズに座席に案内していただくことができました。

ANAインターコンチネンタルホテル東京 アトリウムラウンジのカフェメニュ

ドリンクメニューはこちら。

この中から好きなドリンクを お代わり自由でオーダーすることができます。

ANAインターコンチネンタルホテル東京 アトリウムラウンジのカフェ1
ANAインターコンチネンタルホテル東京 アトリウムラウンジのカフェ2

左: チャイ
右: アールグレイ

 

クラブラウンジでもカフェメニューをいただきましたが こちらでも飲み物をオーダーしました。

 

ANAインターコンチネンタルホテル東京 アトリウムラウンジでアフタヌーンティー1

コロナ対応として ラップで巻かれた状態で アフタヌーンティーセットが到着しました。ラップは各自セルフで外すスタイルです。

 

それでは 人生初の「ホテルのラウンジでアフタヌーンティー」いってみましょう♩

 

ANAインターコンチネンタルホテル東京 アトリウムラウンジでアフタヌーンティー2

それぞれに 3段のアフタヌーンティーセットが届きました。

ANAインターコンチネンタルホテル東京 アトリウムラウンジでアフタヌーンティー3
ANAインターコンチネンタルホテル東京 アトリウムラウンジでアフタヌーンティー4
ANAインターコンチネンタルホテル東京 アトリウムラウンジでアフタヌーンティー5

上段: スコーンなど
中段: ケーキとマンゴープリン
下段: サンドイッチ

ANAインターコンチネンタルホテル東京 アトリウムラウンジのカフェ3
ANAインターコンチネンタルホテル東京 アトリウムラウンジのカフェ4

左: カプチーノ
右: アイリッシュクリーム

ドリンクのお代わりをして 飲み物でお腹がタプタプです(笑)

そこで アフタヌーンティを楽しんだ後は プールとジムで運動をして イブニングカクテルに備えることにしました!!

 

 

プールとジムなどのホテル設備やクラブルームの詳細は こちらの記事にまとめています。

 

 

「アトリウムラウンジ」イブニングカクテル(カクテルタイム)

プールやジムで汗を流した後は シャワーでスッキリして イブニングカクテルへ。再び 2階「アトリウムラウンジ」へ向かいます。

 

イブニングカクテル(カクテルタイム)提供時間
17:30-19:30

ANAインターコンチネンタルホテル東京 アトリウムラウンジ

イブニングカクテルで訪れた際も 客室番号を伝えると スムーズに座席へと案内していただき とても心地の良いアテンドでした。

 

そして 着席すると「お帰りなさいませ」のひと言。

 

数時間前までアフタヌーンティーをしていたとはいえ 覚えていただけているのはとても嬉しかったです!!

 

ANAインターコンチネンタルホテル東京 イブニングカクテル アルコールメニュー

イブニングカクテルのアルコールメニューは こちら。

 

 

なんと こちらのアルコールメニューが 全て「飲み放題」です。

幸せ過ぎるー...

 

 

イブニングカクテル アルコールメニュー(一部抜粋)
  • アサヒスーパードライ: 1,000円
  • ハイネケン: 1,000円
  • シャンパン(GHマム): 2,000円
  • スパークリング(シャンドン ロゼ): 1,500円
  • ワイン(赤/白): 1,500円
  • バーテンダーカクテルコレクション: 1,500円
  • ノンアルコールカクテル: 1,500円

 

なんて素晴らしいラインナップ。お酒好きには たまりませんね!!

 

ANAインターコンチネンタルホテル東京 イブニングカクテル シャンパン

まずは シャンパンをいただくことに。

ANAインターコンチネンタルホテル東京 イブニングカクテル シャンパンで乾杯

それでは 乾杯!!

 

金額も気にせず ホテルでシャンパンを楽しめるなんて嬉しい♩

 

 

この後は グラスが空く頃にはスタッフの方が「お代わりはいかがですか?」と声かけをしてくれて まるでシャンパンの「わんこそば状態」(笑)。

 

2人で計6杯も飲んでしまったので それだけでも結構な金額...なんて ついつい計算してしまう 庶民派のわが家です(笑)。

ANAインターコンチネンタルホテル東京 イブニングカクテル 冷静タパス盛り合わせ

ANAインターコンチネンタルホテル東京 イブニングカクテル フォアグラのテリーヌ
ANAインターコンチネンタルホテル東京 イブニングカクテル スモークチキン

ドリンクの次に運ばれてきたのは 冷静タパスの盛り合わせです。

 

お酒のおつまみになりそうなメニューが プレートの上に並んでいます。少しずつ 違ったメニューが楽しめるのも嬉しいですね。

 

冷製タパスの盛り合わせ(左より)
  1. フォアグラのテリーヌ
  2. スモークサーモンのキャビアのせ
  3. 野菜のサンドイッチ
  4. ハムとサラミの盛り合わせ
  5. フェタチーズのブラックオリーブ添え
  6. スモークチキンのパプリカパウダー

ANAインターコンチネンタルホテル東京 イブニングカクテル 温製タパス盛り合わせ

ANAインターコンチネンタルホテル東京 イブニングカクテル サーモングリル
ANAインターコンチネンタルホテル東京 イブニングカクテル 天津

シャンパンを楽しんだ後は 温製タパスの盛り合わせが運ばれてきました。

 

温製タパスの盛り合わせ(左より)
  1. サーモングリルシェリービネガー
  2. 子羊のロースト
  3. 海鮮春巻きとエビ餃子

ANAインターコンチネンタルホテル東京 イブニングカクテル バーカウンター

座席の前には バーカウンターがありました。

目の前でシェイクしていただけるので 眺めているだけでも楽しく 日頃飲まないカクテルも各種オーダーしました。

ANAインターコンチネンタルホテル東京 イブニングカクテル
ANAインターコンチネンタルホテル東京 イブニングカクテル
ANAインターコンチネンタルホテル東京 イブニングカクテル
ANAインターコンチネンタルホテル東京 イブニングカクテル

 

どのカクテルも飲みやすく とても美味しかったです!!

 

ANAインターコンチネンタルホテル東京 イブニングカクテル

食後のデザートまでいただきました。

 

 

ちなみに フードも全て食べ放題。

このため「美味しかったなぁ」と思ったプレートは 再度オーダーすることができます。いずれもお酒のおつまみにはぴったりで ついついお酒がすすんでしまいました(笑)。

 

 

すっかりほろ酔いで良い気分になったので この後は 酔い覚ましにクラブラウンジへ向かいました。

 

「クラブインターコンチネンタルラウンジ」にて夜景を満喫

ラウンジでは カフェを飲みながらゆっくり夜景を楽しむことにしました!!

 

ANAインターコンチネンタルホテル東京 クラブラウンジからの夜景

こちらは 六本木方面の夜景です。六本木ヒルズが綺麗に見渡せますね。

ガーデンプールも素敵にライトアップされていました。

ANAインターコンチネンタルホテル東京 クラブラウンジからの夜景

夜間のクラブラウンジは こんな雰囲気でした。

 

コロナ禍の平日という事で 私たち以外 誰もいませんでした。

 

クラブラウンジのホットチョコレート

甘いもの好きな方におすすめなのが ホットチョコレート。

ふわふわのミルクと濃厚なチョコレートのハーモニーがたまりません。

「甘いものは別腹」ということで。妻はチョコレートとクッキーをもらいに行ってご機嫌でした(笑)

 

きっと 普段であれば こんなにクラブラウンジを自由に使えることはないと思うので ある意味「貴重な体験」をすることができました。

 

「アトリウムラウンジ」朝食

コロナ禍の朝食会場も 2階「アトリウムラウンジ」で提供されます。

 

こちらでは 隣接する「カスケイドカフェ」のブッフェに加え アラカルトメニュー(朝食セットメニューを含む)を同時にオーダーすることができます。

 

朝食提供時間
ブッフェ 6:00-10:30/アラカルト 7:00-11:00

ブッフェコーナーには 和洋中さまざまなメニューが並び 選びきれないほど。

 

また グラノーラやヨーグルト フルーツも数種類用意されているので「朝は軽めに済ませたい」という方にも 利用しやすいかと思います。

 

僕たちは メインはアラカルトメニューから「和定食」をチョイス。その他に ブッフェコーナーから小皿で好きなものを選びました。

 

ブッフェコーナーで選んだ中でのおすすめ
  • 果物ジュース+スムージー: フレッシュな果実感で 朝から元気がチャージできる
  • カレー: スパイスがしっかり効いていて 本格的な味わい

朝食の果物ジュースとスムージー

おすすめの果物ジュースとスムージーは こんな風に並んでいます。思わず写真に撮りたくなる見た目も良いですね!!

 

こちらが「和定食」です。

どれもとても上品な味付けで ご飯がすすむおかずのラインナップに ついつい食べ過ぎてしまいます(笑)。

 

「和定食」でのおすすめ
  • 出汁巻き玉子: しっかりお出汁+添えられた焼きたらこのコクで旨味たっぷり
  • 焼きシャケ : 身がふわふわでほぐれるような食感

 

前日も食べてばかりでしたが どのおかずもおいしくて ご飯をお代わりしてしまいました(笑)

最終的には 大きなテーブルに乗り切れないほどになってしまいました。ブッフェだと 食べすぎてしまいますよね。

 

「クラブインターコンチネンタルラウンジ」にてPC作業

クラブインターコンチネンタルラウンジにてPC作業

朝食後は クラブラウンジでしばらくPC作業をしました。

 

コロナ渦の平日だったためか この時の利用者も数組のみ。静かな環境で 作業に集中することができました。美味しいカフェメニューを飲みながら Wi-Fiサクサクの環境だと とても作業がはかどりますね。

 

「アトリウムラウンジ」2回目のアフタヌーンティー

今回は「1.5日の贅沢ステイ 朝食+特典付き」という宿泊プランを利用。

 

このプランでは チェックイン 10:00から/チェックアウト 18:00まで 最大32時間ホテル滞在が可能となっており ゆっくりと過ごすことができました。

 

このため 2回目のアフタヌーンティーも楽しむことができました!!

 

この日は ファーストドリンクに「お抹茶」が出てきました。

 

あれっ?お抹茶??
前日と違う流れに 2人で驚いてしまいました!!

 

アフタヌーンティーセットの内容は 前日とほぼ変わりありませんでした。

 

ファーストドリンクだけ違ったのかな??
ご存知の方がいましたら 皆さんの意見を聞きたいです♩

 

「クラブインターコンチネンタル」を利用した感想

クラブインターコンチネンタルを利用した感想

今まで 国内では観光やご当地グルメメインの旅に出ていたため 宿泊先ではほぼ眠るだけの状態。このため 比較的リーズナブルな宿泊先を選ぶことが多く ホテル滞在メインでの宿泊をする機会はなかなかありませんでした。

 

そんな わが家にとって 貴重な「ステイケーション」

そこで 今回の滞在を通して 特に良かったポイントを2つまとめます。

 

用語説明:「ステイケーション」とは
「Stay」: 滞在
「Vacation」: 休暇
上記2つの言葉を組み合わせて作られた アメリカ発の造語のこと。「バケーション」が遠出して楽しむ旅行を指すことに対して「ステイケーション」は自宅の近場に宿泊して楽しむことを指します。

 

クラブラウンジスタッフの細やかな心配りが素晴らしい

クラブラウンジでは どの時間帯のスタッフの方にも 気さくに声をかけていただきました。宿泊客の方皆さんに リラックスしてラウンジが利用していただけるよう 配慮されている様子が伝わりました。

 

初めてのクラブラウンジで緊張していましたが 話しかけていただくことで リラックスすることができました!!

ひと言 声をかけていただくと こちらからも話しかけやすくなりますね。

 

また アトリウムラウンジでの食事の際にも クラブラウンジのスタッフが常駐しており「クラブインターコンチネンタル」利用客への対応を行っていました。このため クラブラウンジ以外の場所でも 常に質の高い接客を受けることができるのは 快適さに繋がりました。

 

特にイブニングカクテル(カクテルタイム)と朝食がおすすめ

特にイブニングカクテルと朝食がおすすめ

今回 食事としては アフタヌーンティー/イブニングカクテル(カクテルタイム)/朝食を利用しました。どの時間帯も満足度が高かったですが 中でもイブニングカクテルと朝食はコスパが高いので 宿泊時にはぜひ利用していただきたいです。

 

2つの時間帯がおすすめな理由
  • イブニングカクテル:
    アルコールメニューが充実しており ホテルクオリティのアルコールが飲み放題
  • 朝食:
    ブッフェメニューは種類豊富で アラカルト(セットメニュー)のクオリティーも高く 朝から質の高い食事をしっかりボリュームで楽しめる

 

 

やはり 何と言っても「食事/ドリンクが無料で楽しめる」という点は大きかったです。

 

金額を気にせず ホテル内で飲食できることで よりストレスフリーな状態で 気軽にホテルの良さを満喫することができますよね。

 

 

それでは 参考までに 今回の滞在での「ラウンジ利用回数」も振り返ってみましょう!!

 

今回の宿泊におけるラウンジ利用回数
クラブインターコンチネンタルラウンジ: 3回
アフタヌーンティー: 2回
イブニングカクテル: 1回
朝食: 1回

 

1泊2日のみの滞在でしたが ゆっくりとラウンジを満喫できました。

 

ラウンジ利用回数で 滞在の良し悪しを判断することはできませんが 全体を通してとても快適に過ごすことができました。また 今回の宿泊プランのおかげで 通常の1泊2日以上の長時間滞在ができたため 想像以上に良い気分転換になりました。

 

宿泊予約は各種予約サイトがおすすめ

宿泊をご希望の際は 各種予約サイトでの予約をおすすめします!!

 

その理由は 予約サイトごとの割引やポイントをもらうことが可能なためです。自分のライフスタイルの中で利用しやすいポイントがもらえるサイトで予約したり さまざまな予約サイトを比較して 1番お得なサイトを見つけるもの楽しいですね。

 

 

 

 

せっかくなら 予約サイト独自の割引の利用やポイントをもらうなどして よりお得に利用しましょう。

今回の宿泊があまりにも良かったので「次回はいつ訪れようかな...??」と 定期的に予約サイトを眺めています(笑)

 

まとめ: 次回は 通常時の「クラブインターコンチネンタル」も味わってみたい

次回は通常のクラブインターコンチネンタルも味わってみたい

今回は ANAインターコンチネンタルホテル東京のクラブルーム宿泊者特典「クラブインターコンチネンタル」の詳細とクラブラウンジ体験レビューをお届けしました。

 

 

コロナ禍の「クラブインターコンチネンタル」でしたが 十分快適に過ごすことができ 良いステイケーションとなりました。こんなに近場で こんなに気分転換ができるとは 正直思っていませんでした。

 

遠出が難しい状況の現在 休日を楽しむ選択肢の1つとして とてもおすすめです。

 

 

とはいえ きっと通常営業時には より「クラブインターコンチネンタルラウンジ」をフル活用したサービスに触れることができることでしょう。このため 次回は ぜひ通常営業時にも滞在してみたいと思います。

 

 

実際に宿泊したクラブルームの詳細とかかった宿泊費については こちらの記事をどうぞ。

 

 

それでは 本日もお付き合いいただき ありがとうございました。

 

関連記事

スポンサーリンク
コメント一覧
  1. えだ旅さま~

    優雅なステイ&バケーションで羨ましいです。
    私はクラブラウンジ...寂しいかな…インドのHiltonが最後っす!!
    絶景intercontinental香港のクラブラウンジも…もう行けなくなるかもしれないし。。

    えだ旅様は、今シーズンはANA,PLT到達されたことですし 毎年恒例のANA IHGのプラチナエリートのステイタスマッチ無料オファーが そのうち来るんじゃないですか?^^
    そうなってくると…officialやアプリからの予約の方が 割引きやポイント的に予約がお得になっちゃうんです~

    ANA沼ってヤツですかね。。。 ( ̄∇ ̄)

    東京の感染者増が かなり深刻な様ですが メディアが言う「大半が軽症」ってのがウソ臭くてたまりません(((;゚;Д;゚;)))

    最近になってウイルス変異(バージョンup?)で感染⇒完治後の、再発や後遺症・全臓器障害の症例も出始めました様ですので 十分充分にお気をつけくださいませ~。

    • edatabi より:

      ハナサクcoroさま〜
      初めての優雅ステイ&バケーションでした!!高級ホテルって 利用方法によっては無茶苦茶コスパよく楽しむことができるんですね^^
      ハナサクcoroさま 知っているなら教えてくださいよぉ〜w

      それにしても 根がバックパーカーのため 終始 緊張していたのはここだけの秘密です!!笑

      インドのヒルトン!?!? どんな感じだったんですか!?
      そして インタコ香港のクラブラウンジも 景色が綺麗そうですね!!新しい世界を知ってしまい...ドキドキが止まらないです!w

      あ。ちなみにわが家のPPは49,375PPの寸止め状態(汗) 今年中には達成したいのですが 中々コロちゃんが邪魔してくれます。。。
      「ANA IHGのプラチナエリートのステイタスマッチ無料オファー」⇦これ 是非とも欲しいオファーですね!!!!喉から手出しちゃいそうです!!笑 すっかり沼にハマってますね...。

      東京の感染者は...確かに増えてますね。。。職場でも 再度の不要不急の外出制限が出てしまいました。。今年の夏は自由に遊べなそうです(涙)
      ということで 近場のステイケーションを楽しみたいと思います^^笑

      ハナサクcoroさまのJALの乗り比べ!非常に参考になりました。
      A350-900のファーストクラスはとっても良さそうでしたね♩

      • edatabiさま~

        なんと!現在49,375PPって寸止め?! しかも残り僅か「625?!?」
        私なら PP単価無視!で 即日 搭乗してしまいそうです。^^

        IHGステイタスマッチご招待の為にも 「伊丹」や「庄内」にでも 空港から出ないタッチ日帰り
        修行等で 素早く「チャチャっと」到達してください!(≧∇≦*) 不要不急には当たりません!w
        ウイルス対策は、過去記事でも書いた コロナ防御の漢方予防パワーで自己防衛です!
        服用中は気持ち悪いくらい体調絶好調で風邪気味にすらなりません^^

        Hiltonチェンナイのクラブラウンジ...そのうち記事書きます(^^ゞ

        私はグラブラウンジ利用する際、現地(外食)の「物価」の高さも考慮してます。
        貧乏性の私は、ハワイ・ホノルルやシンガポールあたりが、一番お得感ある様に思います。
        ビール大好き!って方も、東南アジア圏では…かなりお得ですよ~

        あー、でも、子様連れの場合は 周りの迷惑になりますので 近寄らないかなぁ~

        7月OPENの石垣intercontinentalのクラブ棟...今、一番気になります♪

        • edatabi より:

          ハナサクcoroさま〜
          そうなのです!!5月末から この寸止め状態です(汗)気持ち的には 達成した気分になっているのでしょうか!?都内の感染者増加においても焦りはありません!!笑
          しかし IHGステイタスマッチのお話をうかがい 俄然飛びたくなってきました!!「チャチャッと」達成しても良いかもですね〜!!
          漢方パワー素晴らしいですね^^東洋医学も馬鹿にできませんよね!!

          ヒルトン チャイナの記事楽しみにしてます!!
          そして クラブラウンジ利用に関しては 確かに外食との比較も考慮したほうが良いですね!!奥が深い クラブラウンジ利用...笑 マレーシアなどイスラムの国での飲酒はクラブラウンジがお得に感じそうですね!!

          わが家も基本は バックパーカー根性が染み付いた貧乏旅行なのですが 今回の件で 少し優雅な旅行も良いなぁ〜と思いはじめちゃいました!!笑 どんどん沼にハマっています。

          石垣インタコもとっても気になっています!!gotoで9月予約を考えていたところの 先日の改悪(都民外し)!?また予定が振り出しとなってしまいました。笑
          今は プリンスホテルの「東京都民応援キャンペーン」を気にしていいます♪

コメントを残す

えだ旅のTwitterを