2022年4月オープン【ラビスタ東京ベイ】 ドーミーインの天然温泉リゾートホテルをご紹介

 

こんにちは えだ旅(@edatabi_jp)です。

 

近場で「ととのう」スポットとして話題の「ドーミーイン」

 

ドーミーインは 都内にも数多くありますが...
ついに 2022年4月 都内初となる「ラビスタ東京ベイ」が開業しました。

 

「ラビスタ(La Vista)」とは スペイン語で「眺望」という意味。

湾岸エリアの眺望を楽しめる「リゾート型ドーミーイン」ですね♩

 

そこで 今回は 2022年4月オープン「ラビスタ東京ベイ」について 館内施設(大浴場やサウナなど)や名物の朝食ビュッフェなどを中心にご紹介します。

 

 

開業したての新ホテル!!
わが家のドミ活体験をもとに 情報をまとめてご紹介します♩

 

 

\ ホテル予約+口コミをみてみる /

 

スポンサーリンク

まずは「ラビスタ」について

「ラビスタ」は どんなホテル??

はじめに「ラビスタ」シリーズについてご紹介します!!

ラビスタ東京ベイ 外観

「ラビスタ」シリーズは「ドーミーイン」を運営する 共立メンテナンスによるホテルブランドです。

 

冒頭でもご紹介したとおり...
「ラビスタ(La Vista)」とは スペイン語で「眺望」という意味。
つまり「ラビスタ」は 日本各地のすばらしい眺めを一望できる「ドーミーインブランドのリゾートホテル」として誕生しました。

 

  • 絶景を愉しむリゾートホテル「ラビスタ」シリーズ
  • 多彩な無料サービスをはじめ、充実したおもてなし
  • プライベートな湯浴みを愉しめる無料貸切風呂を完備 (※一部施設を除く)
  • 四季折々の旬菜や地産地消の厳選食材を活かしたお料理

「眺望が売りのホテル」とは...
はたして どんなホテルなんでしょうか??

 

「ラビスタ」は 全国に10施設

 

全国各地の「ラビスタ」は こちらです♩
「ラビスタ」施設一覧
  1. 東京: ラビスタ東京ベイ⇦今回 開業したホテル
  2. 北海道: ラビスタ阿寒川
  3. 北海道: ラビスタ大雪山
  4. 北海道: ラビスタ函館ベイ
  5. 群馬: ラビスタ草津ヒルズ
  6. 山梨: ラビスタ富士河口湖
  7. 静岡: ラビスタ伊豆山
  8. 鹿児島: ラビスタ霧島ヒルズ

 

公式HPでは「全国に10施設」と記載がありますが...
わが家のリサーチでは なぜか8施設しか見つかりませんでした(汗)。

残り2施設は どこに消えてしまったのか...(汗)

いずれも素敵な観光地にありますね。
全部行ってみたい♩

 

 

続いて 4月15日開業「ラビスタ東京ベイ」のご紹介です。

 

「ラビスタ東京ベイ」基本情報

「ラビスタ東京ベイ」は どんなホテル??

ラビスタ東京ベイ 市場前からの様子

「ラビスタ東京ベイ」は 2022年4月15日開業となった新しいホテルです。

 

豊洲に位置するため すぐ近くには「豊洲市場」
ゆりかもめに乗れば「お台場」「新橋」へも かんたんにアクセス可能です。

食事 観光ともに 抜群の好立地です♩

 

公式サイトでは 以下のように紹介されています。

『ラビスタ東京ベイ』の最大の魅力は、「ラビスタ(眺望)」の名に相応しい、東京屈指の夜景。目の前に広がる幅広い運河の向こう側には、スカイツリー、東京タワー、レインボーブリッジの大パノラマを一望できます。

最上階に設えた開放感ある眺望温泉大浴場には、露天風呂も兼ね備え、ラビスタシリーズが誇る眺望をお愉しみいただけます。

また、同フロアには、ジャグジーも備えたインフィニティ風の屋内プールや、エステサロン、スカイラウンジも併設し、“ただ泊まるだけではないアーバンリゾート”としての機能も充実しています。

客室は、スタイリッシュな上質さと快適さにこだわった12タイプ。上層階にはビューバスやスカイバルコニーを完備したハイグレード客室「ラビスタルーム」もあり、ビジネスから観光まで幅広い滞在ニーズに対応いたします。

朝食は、朝陽が降り注ぐ開放的なメインダイニングにて、彩り豊かな旬菜ビュッフェをご提供。「朝食が美味しいホテル日本一」を獲得した「ラビスタ函館ベイ」の姉妹館に相応しい朝食で、お客様の「よい朝」を演出いたします。

 

プールやラウンジもあるなんて...すごい!!

 

豊洲市場も近いので どんな朝食になるのか気になりますね♩

 

施設概要

ラビスタ東京ベイ 正面外観

施設名 ラビスタ東京ベイ
客室数 582室
チェックイン 15:00
チェックアウト 11:00
駐車場 95台(1,500円/1台(予定))
住所 135-0061 東京都江東区豊洲6-4-40
電話 03-5548-2003
公式HP https://www.hotespa.net/hotels/la_tokyobay/

 

場所/アクセス方法

「ラビスタ東京ベイ」は 新交通ゆりかもめ「市場前駅」から徒歩1分です。

駅からのアクセスの良さは とても魅力的ですね!!

 

「ラビスタ東京ベイ」周辺地図は こちらです。

「ラビスタ東京ベイ」最寄駅
電車でのアクセス
  • 新交通ゆりかもめ「市場前駅」: 徒歩1分
  • 地下鉄 有楽町線「豊洲駅」: 徒歩24分
  • りんかい線「国際展示場」: 徒歩25分
  • 地下鉄 大江戸線「勝どき駅」: 徒歩26分
その他のアクセス
空港リムジンバス 豊洲成田線「ミチノテラス豊洲」: 乗車時間最大70分/徒歩1分
空港リムジンバス詳細: 千葉内陸バスHP

成田空港からも直接アクセス可能なんて すごいですね!!

 

予約方法

予約方法

わが家では 宿泊予約をする際 予約サイトをかならず比較しています。
その理由は サイトごとにキャンペーンやプラン特典があり 公式サイトよりもリーズナブルに宿泊できることが多いためです。

 

しかし その結果...
現在 公式サイトが1番リーズナブルな宿泊プランとなっています。

 

現在のおすすめプラン

ラビスタ東京ベイ公式サイト
「祝☆オープン記念モニターキャンペーン<朝食付>」

プラン内容)

  • 朝食付き 1人1室: 7,500円〜/2人1室: 13,000円〜
  • チェックイン: 15:00/チェックアウト: 11:00
  • 客室タイプ: おまかせ

プラン詳細: ラビスタ東京ベイHP

 

ちなみに「楽天トラベル」でも同様の宿泊プランがあります。
しかし 1人あたり600-700円ほど割高な価格設定でした(2022年4月現在)。

 

わが家も 公式サイトのプランを予約しました♩

今後 他の宿泊サイトでも お得なプランが出る可能性があります。宿泊時には 予約サイトの比較がおすすめです。

 

 

客室タイプ/種類

 

「ラビスタ東京ベイ」の客室タイプは 12種類です。
客室タイプ/種類

スタンダードフロア(シティサイド)

  • セミダブル(幅140cm): 23㎡
  • ダブル(幅180cm): 23㎡
  • ツイン(幅100cm×2): 23㎡
  • ハリウッドツイン(幅100cm×2): 26㎡

 

スタンダードフロア(ベイサイド)

  • ダブル(幅180cm): 23㎡
  • ツイン(幅100cm×2): 23㎡
  • ハリウッドツイン(幅100cm×2): 23㎡
  • DXコーナーシングル(幅180cm): 23㎡
  • デラックスツイン(幅120cm×2): 29㎡

 

高層階(ビューバス付き)

  • ラビスタツイン(幅120cm×2): 36㎡
  • ラビスタツイン(幅120cm×2): 36㎡
    →「ラビスタツイン」は 配置違いで2種類の客室あり
  • ラビスタフォース(幅100cm×4): 46㎡
    →4人まで利用可能(子供料金設定あり)

ラビスタフォース...!!
4人で泊まれる客室もあるんですね!!

せっかくなら「ラビスタ(眺望)」が良いベイビューに宿泊したいね!!

 

「ラビスタ東京ベイ」館内施設

 

「ラビスタ東京ベイ」館内施設

大浴場/サウナ関連

  • 最上階天然温泉眺望大浴場
    内湯(天然温泉)/露天風呂/壺湯/寝湯/薬湯/シルキーバス/ドライサウナ/ミストサウナ/ミスト岩盤浴/うたせ湯/水風呂
  • 室内プール+ジャグジー/ジム
    室内プール+ジャグジー+ジム利用: +2,200円
    ジムのみ利用: +550円

 

飲食関連

  • メインダイニング
  • クラブラウンジ
    ラウンジ利用可能プランorフロントで申し込み(+880円)

    ドリンク飲み放題(生ビール/ハイボール/ソフトドリンクなど)
    軽食あり(ナッツやお菓子など)
  • 湯上がりどころ
  • スカイラウンジ
  • 自動販売機
  • 製氷機/電子レンジ

 

その他

  • ランドリールーム
  • エステルーム
  • 禁煙ブース

この中だと 生ビール飲み放題の「クラブラウンジ」
すごく気になります!!

 

また 完全にわが家のニッチなニーズですが...
「ドーミーイン」系列ホテルの良いところが「カップ付き製氷機がある」という点。

「ドーミーインPREMIUM神田」カップ付き製氷機

ドーミーインPREMIUM神田にて

 

製氷機の氷をカップに入れて客室へ...
そのまま濃いめのハイボールを注ぐだけ。
この2点セットであることで 部屋飲みの満足度がぐっとUPします(笑)!!

もちろん ウイスキーの水割りでもOK♩

館内施設については 後日実際に宿泊して追記予定です。

 

「ラビスタ東京ベイ」こだわりの大浴場+サウナ

「ラビスタ」といえば 大浴場とサウナを満喫することが醍醐味。
ぜひ「ととのう」体験を味わいましょう。

それでは 大浴場とサウナについてみていきましょう♩

大浴場施設: 内湯

(注意: 大浴場やサウナの画像は 公式サイトのものを使用しています)

 

まずは 内湯のご紹介です。

 

ラビスタ東京ベイ 男湯 内湯

男湯

ラビスタ東京ベイ 女湯 内湯

女湯

広々とした浴槽+目前には湾岸エリアの眺望。
とてもゆったり くつろげる空間となっています。

まるで 隅田川と大浴場がつながっているように見えますね♩

 

 

「ラビスタ東京ベイ」は 豊洲エリア初の天然温泉です。

 

「ラビスタ東京ベイ」天然温泉
源泉: 湯快爽快 三郷温泉(運び湯)
泉質: ナトリウム-塩化物強塩温泉(高張性中性温泉)
効能: 神経痛/間接痛/筋肉痛/肩こり/五十肩/打ち身/冷え性/慢性消化器病/慢性婦人病/切り傷/やけど/疲労回復/病後回復/健康増進

都内で天然温泉が楽しめるなんて...
もう素敵すぎます(嬉)

 

大浴場施設: 露天風呂

 

こちらの施設には 露天風呂もあります。

ラビスタ東京ベイ 男湯 露天風呂

男湯

ラビスタ東京ベイ 女湯 露天風呂

女湯


より開放的な雰囲気で リラックスタイムを満喫できそうですね。

 

さらに 夜になると...
内湯/露天風呂ともに キラキラ輝く湾岸エリアの夜景が楽しめます。
このあたりのタワマンが立ち並ぶ夜景は また特徴的な雰囲気ですね。

キラキラ夜景+快適な大浴場...
最高にパワーチャージできそうです♩

 

サウナ

ラビスタ東京ベイ 男湯 サウナ

「ドーミーイン」系列ホテルのこだわりが「充実のサウナ環境」

 

多くの施設が サウナ+水風呂+ととのいチェアを完備。
サウナの設定温度の高さ+水風呂の設定温度の低さもすばらしいです。

 

さらに 動線のスムーズさも考慮され...
ビジネスホテルの枠を超えたサウナ環境を提供しています。

実は わが家のサウナデビューも ドーミーインでした!!

 

そして 今回の「ラビスタ東京ベイ」は 以下の設備とのこと。

  • ドライサウナ
  • ミストサウナ
  • ミスト岩盤浴
  • うたせ湯
  • 水風呂

ここで 1つ残念なのが サ活では欠かせない「ととのいチェア」がないという点。

 

とはいえ 絶景が楽しめそうな こちらの施設。
どんな「ととのう」体験ができるのか 今から楽しみです!!

大浴場やサウナについても 後日実際に宿泊して追記予定です。

 

「ラビスタ東京ベイ」充実の朝食ビュッフェ

 

ドーミーイン系列ホテル名物といえば...
 「味めぐり小鉢横丁」をはじめとする 品数豊富な朝食バイキングです。

一品一品小鉢に入っていて たくさんの種類が楽しめます♩

 

そんな中「ラビスタ東京ベイ」は 豊洲市場のすぐ近く。
新鮮な魚介類が手に入りやすい環境にあります。

 

いったいどんな朝食ビュッフェが楽しめるのでしょうか??

 

まずは朝食会場はこちら!!
ラビスタ東京ベイ 朝食会場 隅田川ビュー
ラビスタ東京ベイ 朝食会場の様子

天井が高くて開放的ですね。

 

そしてブッフェコーナーは...

ラビスタ東京ベイ 朝食会場の様子

海鮮どどーん!!

 

ラビスタ東京ベイ 朝食イメージ
ラビスタ東京ベイ 朝食

「ラビスタ東京ベイ」では 海鮮はもちろん 洋食メニューも充実。
そして 小鉢ではなく ビュッフェらしさを感じられる提供方法となっていますね。

 

さらに...

「ラビスタ東京ベイ」公式HP 朝食イメージ その3

デザートもどどーん!!

 

スイーツメニューは「ドーミーイン」でもお馴染みのひと口サイズ。
これなら いろんな種類を楽しめて スイーツ好きな方は嬉しいですね。

わー!!
ますますラビスタの朝食が楽しみになってきました♩

 

 

同じく ドーミーイン系列ホテル「御宿 野乃 浅草」朝食ビュッフェ(バイキング)がこちら。
「ラビスタ東京ベイ」宿泊前の予習として 参考になれば嬉しいです。

 

オープン前の「ラビスタ東京ベイ」に行ってみた

記事にまとめているうちに ワクワクしすぎてきたので...
オープン前に 外観だけ見に行ってきました(笑)。

外観を写真におさめるべく ラビ散歩してきました♩

「ラビスタ東京ベイ」外観を撮りにラビ散歩

この日は 豊洲大橋を渡り「ラビスタ東京ベイ」を目指します。
遠くから見ても 迫力のあるサイズ感です。

「ラビスタ東京ベイ」外観

「ラビスタ東京ベイ」に到着。圧巻の大きさです。

さすが 582室もある巨大ホテルですね!!

「ラビスタ東京ベイ」外観

いつの間にか ホテル前に桟橋も設置されていました。

オープン後「ミチノテラス 街びらきイベント」では 無料ミニクルーズも出ていましたよ♩

「ラビスタ東京ベイ」エントランスにて

そして「ラビスタ東京ベイ」エントランスに到着。

 

この日は オープンを間近に控え ホテル内でスタッフの方々が研修中。
周りがガラスの壁面なので 少し見学できてお得気分でした。

「ラビスタ東京ベイ」隣接するカフェ
「ラビスタ東京ベイ」外観

ホテル隣には「OASIS COFFEE with Something.」というカフェがあります。
また ホテルの入っている建物は緑が多く配置されていて 写真映えしそうな通路もありました。

 

それでは...

「ラビスタ東京ベイ」にて記念撮影

次 行ってみよう!!

「CITABRIA BAYPARK grill & bar」外観

続いては ホテルから徒歩2-3分にある「CITABRIA BAYPARK grill & bar」へ。

 

こちらは 全席テラス席の屋外レストラン。
グリル料理とビールをメインに さまざまなメニューが楽しめます。

「CITABRIA BAYPARK grill & bar」ハートランド生ビール
「CITABRIA BAYPARK grill & bar」ランチ限定パストラミサンド

小腹が空いていたので こちらをオーダー。

  • ハートランド生ビール(700円)
  • ランチ限定パストラミサンド(1,500円)

えっ!?
サンドのボリュームが想像以上なんですけど!?

 

それでは 気を取り直して...

「CITABRIA BAYPARK grill & bar」にてかんぱーい

かんぱーーーい!!

 

アウトドアで食べる食事って どうしてこんなにおいしいのでしょうか。
しかも こちらは夕景や夜景も楽しめる 抜群のロケーション。

 

「ラビスタ東京ベイ」宿泊時には 使い勝手が良くおすすめです。

 

店舗詳細: CITABRIA BAYPARK grill & bar(食べログ)
(公式HPが見当たらないため 食べログを掲載)

こちらは 後日あらためて記事にまとめるかも??です♩

 

まとめ: 豊洲ならではの「ラビスタ(眺望)」「天然温泉」「朝食(海鮮)」が楽しみなホテルです

「ラビスタ東京ベイ」外観

今回は 2022年4月オープン「ラビスタ東京ベイ」について 館内施設(大浴場やサウナなど)や名物の朝食ビュッフェなどを中心にご紹介しました。

 

最後に 今回ご紹介した内容は こちらです♩

宿泊する前から 楽しみすぎて記事にしちゃいました(笑)!!

 

わが家は 4月下旬に宿泊予定。
このため 宿泊後には 実際の様子をお届けする予定です。

 

 

参考までに ドーミーイン系列ホテルについては この他の記事もあります。

 

 

それでは 本日もお付き合いいただき ありがとうございました。

 

ホテル情報+口コミ

ホテル情報

ラビスタ東京ベイ 正面外観

【ラビスタ東京ベイ】

  • 135-0061 東京都江東区豊洲6-4-40[地図
  • TEL 03-5548-2003

     

    \ 予約 & 口コミチェック /

    →「こころから」は予約時にクーポンコード【4CBEBM】の入力で5%OFFです!!

     

    「ドーミー系列ホテル」関連記事

    スポンサーリンク

    えだ旅のTwitterを