えだ旅 WORLD JOURNEY

2015.01.04から1年6カ月にわたった 夫婦の世界一周旅と その後の旅の記録

HELLO

DO YOU ENJOY YOUR JOURNEY OF LIFE?

《ハワイ》えだ旅流 お得に楽しむ はじめてのハワイ旅行 まとめ(ビジネスクラス 観光 食事 費用など)

スポンサーリンク

f:id:edatabi:20190126231428j:plain

はじめに

世界一周の旅を終え 日本で働き始めた 僕たち夫婦。

仕事も落ち着いてきたので 久しぶりに海外へ遊びに行くこととなりました。そんな中 2018年旅行先に選んだ場所 ハワイ。

1年6ヶ月の世界一周中 サバイバルのような毎日を過ごしていた僕たちは 癒しを求めていました。そして ベタな夫婦旅行をしたいと 時折思っていたのです(笑)。

ということで 今回は 2018年10月末-11月上旬に出かけた 僕たちが過ごしたハワイ旅行について まとめてみました。リーズナブルに 美味しいお酒をたくさん楽しむ えだ旅流の楽しみ方満載でお届けしたいと思います。

 

航空券を手配しよう

まずは ハワイへ向かうために航空券を手配しました。

ちなみに 今回は 世界一周で貯まったマイルを利用した ご褒美ハワイ旅行。このため JAL特典航空券でビジネスクラスを発券しました。

 

f:id:edatabi:20190409081852p:plain

各航空会社ともに 特典航空券に関しては 用意された座席数が少なく 早いもの勝ちとなります。

このため ハワイ旅行予定日の半年前に予約しようとしても 往復の特典航空券を押さえることはできませんでした。そこで 結果的に 往路は成田発 復路は関空着の便を利用することとして 片道ずつの発券となりました。


また 先ほどお伝えした通り 今回は世界一周で貯まったマイルを利用して 特典航空券を発券しました。

実際に "世界一周すると ハワイにビジネスクラスで行けるほどマイルが貯まるの!?"と思われた あなた。世界一周航空券というものを利用すると ルートにもよりますが ハワイにビジネスクラスで往復できるほど マイルを貯めることが可能です。


これって すごいですよね。

世界一周したら ご褒美でビジネスクラスでハワイにも行けるっていう(笑)。

 

 

そこで 下記記事では 世界一周航空券のメリット/デメリットから 実際の旅のルートや価格 使用してみた感想などをまとめています。世界一周ができる航空券なんて 響きだけでもロマンですよね。気になった方は どうぞ。

 

宿泊先の予約をしよう

f:id:edatabi:20180730205244j:plain

往復の航空券を手配したら さっそく宿の予約です。


まず 僕たちは ハワイ初心者。
どこに宿泊したら良いのか 検討もつきません。


そこで 役に立ったのが 世界一周中の経験でした。

初めて行く都市での 宿選び。
大切にしていたのが 治安と移動の便が良いことです。


そこで ハワイ観光の中心地 ワイキキなら治安が良く 目抜通りのカラカウア通り周辺であれば便も良さそうと考え 宿探しを始めました。

 

カラカウア通りは どこに行くにも便がよく ワイキキビーチにも近い 抜群の立地を誇ります。


皆さんは ツアーで旅行されますか?

個人手配で旅行をされる方は 旅費の中で大きな割合を占めるのが 移動費と宿泊費ですよね。僕たちは この2つをリーズナブルに抑えられれば 全体の旅費も抑えられると思っています(笑)。


次に ホテルの価格を見ていきましょう。

ハワイは日本人から大人気の観光地のため 宿泊費も以下のように高騰しています。

  • 5つ星ホテル: 1泊6万円前後
  • 4つ星ホテル: 1泊4万円前後
  • 格安ホテル  : 1-2万円前後

これは 旅行シーズンにもよりますが じわじわお財布に響く値段ですよね。


そんな中 見つけたのが "ヒルトン タイムシェア"の体験宿泊プランでした。こちらのプランは タイミングが合えば 高級ホテルのコンドミニアムに相場の半額程度の宿泊費で宿泊ができる方法です。

 

 

実際に 僕たちが利用した ヒルトン タイムシェアの体験宿泊プランについては 下記記事でご紹介しています。

 

成田空港へのお得な移動

f:id:edatabi:20181105074044p:plain

航空券と宿泊先に関しては 旅行予定日を半年切った頃には手配が完了しました。

ということで ここからは 実際のハワイ旅行の様子です。

 


まず 僕たちは都内-成田空港間を高速バスで移動しました。バスだと時間が掛かってしまうと思われがちですが 所要時間:60分前後 価格:1,000円とリーズナブルに移動が可能です。

また 車内では Wi-Fiも利用可能なため 快適に移動できました。

 

成田空港で空港ラウンジを満喫

f:id:edatabi:20181113120945j:plain

フライト予定時間よりも かなり早めに成田空港へ到着した 僕たち。その目的は 各航空会社ラウンジを楽しむことでした。


航空会社ラウンジとは 主にビジネスクラス以上の乗客や 各航空会社の上級会員が利用できる場所になります。ラウンジ内には 食事やアルコールの提供のみでなく シャワールームまで完備されている場所もあります。

そして これらのサービスが 全て無料で利用可能なのです。


そこで 僕たちは JALビジネスクラス利用ということで 利用可能な各航空会社ラウンジをラウンジホッピングしてみました。その結果 成田空港で2度シャワーを浴びるという 体験をすることとなったのでした(笑)。

 

成田空港 JALサクララウンジについて 場所や営業時間なども紹介しています。

成田空港 ワンワールド加盟航空会社ラウンジについては こちら。

ホノルルに新しくできた JALサクララウンジ ハレについては こちら。

 

ビジネスクラスでゆったり移動

f:id:edatabi:20190313111933j:plain

ラウンジでシャワーを浴び お酒を飲んでリラックス。

その後は ほろ酔いで機内へ移動し 待ちに待った 初めてのビジネスクラス体験。


そんな今回は 片道ずつの特典航空券となったため シートの雰囲気を比べてみようと 往路/復路で違うシートを選びました。

どちらもJALビジネスクラスの一押しシート"SKY SUITE"。飛行機の中でフルフラットで横になることができるのは とても快適。移動後の疲れが 全然違います。また 客室乗務員の方のきめ細やかな接客に "こんな世界もあるのか..."なんて 驚くばかりでした。

 


ということで 下記記事では シートの比較や機内食を食べ比べた様子などをまとめています。JALビジネスクラス ぜひまたいつか乗ってみたいです。

 

ホノルル空港-ワイキキ間の移動

f:id:edatabi:20181211080207j:plain

いよいよ ホノルルに到着。

10月下旬の東京に比べると 常夏のハワイはとても暖かく それだけで陽気な気分となりました。


そんな中 ワイキキ市内までの移動には リーズナブルなシャトルバス"ロバーツ ハワイ"を利用しました。もしも 3人以上の移動であればタクシーをおすすめしますが 夫婦旅やカップル旅など 2人までの移動の場合は シャトルバスがお得だと思います。

 


ロバーツ ハワイの利用方法や料金 お得になる方法などは こちら。

 

宿泊先(ホクラニ ワイキキ)に到着

f:id:edatabi:20190207082544j:plain

空港からシャトルバスに乗り ワイキキ市内へ到着。

今回の宿泊先は ヒルトン タイムシェアの体験宿泊で予約した "ホクラニ ワイキキ by ヒルトングランドバケーションズ"です。

f:id:edatabi:20180829114211p:plain

宿泊した客室は このような間取りで キッチン付き。滞在中は キッチンで朝食の準備をしたり 軽く晩酌のおつまみを準備したりと とても使い勝手が良かったです。

また 広々とした作りのため リラックスして のんびり過ごすことができました。

 


ワイキキビーチやお買い物スポット カラカウア通りにもアクセス良好なホクラニ ワイキキ。お得な宿泊方法や実際の様子については 下記記事をどうぞ。

 

ワイキキ周辺の観光スポット

"暮らすように 旅をする"

世界一周中から そんな風に旅をしていた 僕たち夫婦。

1年半ほどを過ごした その頃からの旅のスタイルは 今も変わらず。旅先では 観光らしい観光をあまりせず のんびりその土地で過ごしてしまいがちです(笑)。

このため 今回のハワイ旅行でも 頑張っていろいろと観光することはせずに 行きたい観光スポットは控えめにしました。 

 

その① ウォールアートの町をブラブラ

f:id:edatabi:20190101212250j:plain

まず ウォールアート好きの僕たちが外せなかったのは カカアコ地区。

数多くのウォールアートが点在しており オシャレなカフェやショップも出来ており お散歩が楽しめる場所です。

しかし 過去には日本人が巻き込まれる事件が起きるなど お世辞にも治安が良いとは言えない場所でもあるため 観光の際は注意は必要です。

 

 

また ウォールアート以外にも アウトドアブランド"Patagonia(パタゴニア)"のハワイ限定グッズ お土産用にホールフーズのオリジナルグッズをお持ち帰りしたりするのにも便利な場所かと思います。 

 

その② 全米No.1ビーチの絶景

f:id:edatabi:20190126231151j:plain

カカアコ地区でウォールアートを楽しんだ後は 自然を楽しむべく 絶景を眺めに足を延ばすことにしました。

ワイキキから The Busとレンタルサイクルを利用し向かった先は 全米No.1ビーチにも輝いたことのある ラニカイビーチを見下ろせる絶景スポット"ピルボックス"。

 


そんなピルボックスからの眺めは 自然のグラデーションが美しい まさに絶景でした。ピルボックスへの行き方 実際のピルボックス ハイクの様子などは 下記記事にまとめています。

 

ワイキキ周辺の食事スポット

続いては 僕たちが旅で1番楽しみにしている 食に関してです。

世界的な観光地であるハワイでは 世界中の料理を食べることができるとともに ご当地料理もたくさんあります。このため 滞在中は リーズナブルなお店から 少しお財布の紐を緩めて向かったお店まで 毎日毎食が楽しかったです。

 

その① プレートランチ ステーキ食べ比べ

f:id:edatabi:20190113124308j:plain

ハワイ到着日 宿泊先へのチェックイン時間までの間 アラモアナショッピングセンターへ出かけました。


そこで見つけたのが ハワイ プレートランチの革命児"ハイ ステーキ"。こちらのプレートランチを食べてから そのクオリティの高さに 他のプレートランチも食べてみたくなったのでした。

また ビーチで食べるプレートランチ ステーキなら いち押しは"ステーキシャック"。青空の下 ビーチで遊び お腹が空いた状態で食べるステーキは格別です。

 

 

そんな プレートランチ ステーキの食べ比べについては 下記記事にまとめました。どちらも リーズナブルで食べ応え十分なプレートランチでした。

  

その② ご当地料理 POKE(ポケ/ポキ)食べ比べ

f:id:edatabi:20190203204124j:plain

ハワイのご当地料理の代表格と言えば ポケではないでしょうか。

ポケとは 主にマグロを使った 日本の"漬け"のようなメニューです。このため お酒大好きな僕たちは すっかり気に入ってしまい 日々の晩酌のおつまみにポケを食べていました。

 


ワイキキ周辺だけでも 様々なポケのお店があったため 日替わりでお店を変えてみることに。食べ比べてみると それぞれの違いが分かりました。

 

その③ 香ばしい ガーリックシュリンプ

f:id:edatabi:20190118100522j:plain

ポケ以外のハワイご当地料理として ノースショアで有名なガーリックシュリンプがあります。

ニンニクとえびなんて 美味しくないはずがないですよね。とは言え ノースショアはちょっと遠い...案の定 僕たちは ノースショアまでは行けませんでした(行く時間はあったのですが 足が向かなかった(汗))。

 


このため ワイキキ周辺で美味しいガーリックシュリンプは食べられないかと見つけたのが こちらのお店"サムズ キッチン"。日本語オーダー可能で リーズナブルにぷりぷりのガーリックシュリンプが食べられるため おすすめです。

 

その④ 高級ステーキハウスをお得に楽しむ方法

f:id:edatabi:20190223205429j:plain

滞在中は 高級ステーキハウスでも食事をしました。

東京にも店舗を構える"ウルフギャングステーキ"と"ルースズクリス"は ディナーでは1人100USDを超える高級店。しかし お得な時間帯 ハッピーアワーやプライムタイムを利用すると リーズナブルに高級店を楽しめます。

下記 記事ではお得な時間帯や利用方法 実際の様子をご紹介しています。

 

その⑤ ハッピーアワーで楽しむ ご当地ビール

f:id:edatabi:20190327095627j:plain

ハワイには コナビールを含め 数多くのクラフトビールがあります。

そして クラフトビールの味を満喫するなら クラフトビールを醸造しているブリュワリー直営のレストランに足を運んでみてはいかがでしょうか。とは言え アクセスに時間がかかるようであれば考えものですが...ワイキキ市内にもブリュワリー直営のレストランがあるのです。

 

 

そこで ビール好きな僕たちは 早速 ワイキキ市内で美味しいクラフトビールを求めて "マウイブリューイング カンパニー"へ出かけました。

ハッピーアワーでは ビールに加え フードもとてもリーズナブルに食べることができます。オープンエアーな店内で飲むビールは 最高です。

 

ハワイでかかった費用

f:id:edatabi:20190409121414j:plain

こんな感じで たくさん楽しんだ ハワイ旅行。

その費用は いったいどれぐらいかかったのでしょうか??


ということで 参考になるかは分かりませんが 今回のハワイ旅行6泊8日の費用をまとめてみたいと思います。ビジネスクラスを利用して キッチン付きのコンドミニアムに宿泊するという エコノミーな旅ばかりしていた僕たちにとって 初体験だらけのハワイ旅行。


かかった費用は......

えだ旅流 ハワイ旅行の総費用:259,780円 でした。
(1$=111円計算)


それでは それぞれの詳細をご紹介したいと思います。

 

  • 航空券(JALビジネスクラス:特典航空券利用)
    =0円(航空券)+42,080円(燃油サーチャージ+空港使用税など)
    =42,080円/2人
    ビジネスクラスを利用して この価格。マイル様様です。

  • 宿泊費(ヒルトンタイムシェア 体験宿泊利用)
    =126,000円/6泊
    宿泊費が高騰している ハワイ。
    50平米以上の広さがあるスイートタイプのコンドミニアムにお得に宿泊できました。

  • 観光費
    =5,700円
    カイルアへの交通費やレンタサイクル代になります。
    主に お散歩とビーチでぼんやりだったのでリーズナブルですね(笑)。

  • 外食費
    =65,000円
    食べたいもの 飲みたいもの。
    事前のリサーチ通りに 我慢せず しっかり楽しみました。

  • 雑費
    =21,000円
    ハワイでの2人分のリゾート的な服の購入や日焼け止めなど。
    細々とした出費がありました。

 

上記の他に お土産代がかかりましたが 今回は省略。


夫婦2人 思う存分楽しんで30万円弱ならば 年1回の楽しみとして良いのではないでしょうか。今回は 航空券と宿泊費を抑えられたのが大きかったですね。

 

 

おわりに

今回は 久しぶりの海外旅行 ハワイ旅行について えだ旅流にまとめてみました。

現地観光は 積極的に観光スポットに出向くよりはお散歩メインと 僕たちらしい滞在でしたが 思う存分楽しむことができました。


とは言え 日本人が多く 日本語が通じやすいハワイは 旅人の中では敬遠されがちです。

しかし 思っていたよりも ちゃんと異国感を感じることができ 日本人が旅行しやすい環境が整っていました。その辺りが 人気となるところなのでしょう。今回のハワイ旅行を通して その良さを体感することが出来ました。


ちなみに 僕たちは 今年末に行われるホノルルマラソンに参加予定です。もし 参加される方がいましたら 一緒にハワイを楽しみましょう。

なんて すでに ハワイにハマってしまっていますね(笑)。


それでは 本日もお付き合いいただき ありがとうございました。

 

旅のまとめ記事

《旅の準備》オーストラリア 快適モーターホーム旅のはじめ方

《チリ アルゼンチン》パタゴニアを楽しく回ろう 僕たちのパタゴニアの歩き方(アクティビティ 宿 移動情報まとめ)

《カリブ海》豪華客船でも意外とリーズナブル クルーズを楽しむための情報(チケット準備 寄港地情報 体験記) まとめ

《アメリカ》憧れのあの絶景へ 僕たちのグランドサークルの歩き方(トレッキング キャンプ場情報まとめ)

《静岡》浜松 沼津 2泊3日 ご当地グルメの旅まとめ(移動 おすすめ食事スポット 宿)