えだ旅 WORLD JOURNEY

2015.01.04から1年6カ月にわたった 夫婦の世界一周旅と その後の旅の記録

HELLO

DO YOU ENJOY YOUR JOURNEY OF LIFE?

《ハワイ》初めての JALホノルルマラソンへの道(日程 エントリー方法 準備など)

スポンサーリンク

f:id:edatabi:20190420101817p:plain

はじめに

常夏のハワイで行われる ピースフルなマラソン大会 "ホノルルマラソン"。

マラソンに詳しくない方でも この大会名を耳にしたことのある方は 多いのではないでしょうか。


近頃 すっかりランニングが習慣となってきた 僕たち。そんな 僕たちの目標の1つに "ホノルルマラソンへ参加すること"があります。

とは言え いつにするか...と思っていました。

そんな矢先 今年2月に参加した北九州マラソンで完走できたことを自信に さっそく今年12月のホノルルマラソンにエントリーすることにしました。


ということで 今回は ホノルルマラソンとはどういう大会か またそのエントリー方法などについてまとめてみました。

 

JALホノルルマラソンとは

f:id:edatabi:20190420102529p:plain

画像出典: JALホノルルマラソン公式HP

まず "JALホノルルマラソンってどんな大会??"というところから。

ホノルルマラソンは、今年12月で47回目の大会を迎えます。 1973年に心臓病の医師の、「心臓病のリハビリと予防のためには、LSD(長距離をゆっくり走る)、フルマラソンを走るのが良い」、という考えに基づき始められた大会です。いわば、「健康市民マラソン」の元祖ともいえる大会です。

引用: ホノルルマラソン公式HP

 

ホノルルマラソンは 心臓病のリハビリと予防を目的として開催されたのが始まりとのこと。このため 無理なく完走できるよう 競技終了の制限時間はありません。

また 参加の意思がある方 全員が参加できるよう 7歳以上であれば誰でもエントリーすることができ 抽選などもありません。参加への間口の広さから とても寛大なマラソン大会と言えると思います。

このように とても魅力的な大会だからこそ 世界各地から毎年3万人以上のランナーが集まります。そして その内の1万人以上が日本人とのことです。日本から 数多くのランナーが参加している 王道の海外マラソンといったところでしょう。

ちなみに 1984年以降はJALが協賛しており 正式名所は"JALホノルルマラソン"です。

 

 

JALホノルルマラソンの概要

それでは 次からは JALホノルルマラソンについて 開催日程やエントリー料など 少し掘り下げてみていくことにしましょう。 特に エントリー時期によって変動する参加料には注意が必要です。

 

その① 開催日程と種目

まず 2019年JALホノルルマラソンの開催日程は以下の通りです。

  • フルマラソン(車椅子競技部)
    2019年12月8日 4:55スタート

  • フルマラソン
    2019年12月8日 5:00スタート

  • 10K ラン&ウォーク
    2019年12月8日 5:00スタート

 

その② 参加定員や制限時間について

f:id:edatabi:20190417114906p:plain

 

前途したとおり 人数制限も制限時間もないマラソン大会は とても珍しいです。このため ホノルルマラソンの完走率は 驚異の99%とのこと。

また 16時間を超えて 無事にゴールしている方もいます。走り(歩き)続ければ 誰でもフルマラソンを完走できるというのは 気持ちのハードルが少し低くなりますよね。


ちなみに 2018年の参加実績は 以下の通りです。

f:id:edatabi:20190417114936p:plain

 

その③ 各種目のコースについて

続いて 各種目のコースについて ご紹介。

フルマラソン 10K ラン&ウォークともに アラモアナ公園をスタートし カピオラニ公園でフィニッシュ(フィニッシュゲートは異なる)となります。

 

フルマラソンのコース

f:id:edatabi:20190417112823p:plain

画像出典: JALホノルルマラソン公式HP

 

こちらが フルマラソンのコースです。

アラモアナ公園をスタートし ホノルル市内を走ります。

クリスマス時期の開催のため クリスマスイルミネーションがとても綺麗とのことです。この辺りは ゆっくりと写真を取りながら走りたいですね。

その後 ワイキキの中心部を走り抜け ダイヤモンドヘッド。そして ハイウェイをハワイカイまで走って折り返し カピオラニ公園を目指します。

 

10K ラン&ウォークのコース

f:id:edatabi:20190417112637p:plain

画像出典: ホノルルマラソン公式HP

 

こちらも アラモアナ公園をスタートし フルマラソンコースの10km地点でゴールとなります。10kmランでも フルマラソンと同じコースを体感できるのは とても嬉しいですよね。

 

その④ エントリー期間と参加料

それでは 次は エントリー期間と気になる参加料についてです。

 

フルマラソンのエントリー期間と参加料

f:id:edatabi:20190417114958p:plain

 

こうして見てみると エントリー期間によって 参加料が大きく異なることが分かります。現地受付の場合 アーリーエントリーと比べ 1人あたり15,000円ほど割高になってしまいます。

よって早めエントリーが吉です。ホノルルマラソン お得に参加するなら 早めエントリーですよ。

とりあえず エントリーをしてから 航空券や宿を押さえるのもありかもしれませんね(笑)。

 

10Kラン&ウォークのエントリー期間と参加料

f:id:edatabi:20190417115200p:plain

 

驚いたのが どちらも 大会前日までエントリーを受け付けていること。

"とりあえず 応援でハワイに来てみたけど ちょっと参加してみようかな"なんて 参加するのもありですね(笑)。

 

その⑤ エントリー方法

事前エントリーの場合は ホノルルマラソン公式HPよりエントリー可能です。

f:id:edatabi:20190421072529p:plain

画像出典: JALホノルルマラソン公式HP



現地エントリーの場合は 大会本部となるハワイ コンベンションセンター1階「パケット・ピックアップ会場」内にある「Late Registration Desk」にてエントリー可能とのことです。

 

ハワイ コンベンションセンターの地図はこちら↓

僕たちのJALホノルルマラソンへの準備

ここからは おまけです(笑)。

今回 JALホノルルマラソンへの参加に向けて 僕たちが実際に行った準備について まとめてみました。参加してみたいなと思っている方は 参考になると嬉しいです。

 

1月: まずは航空券を予約

f:id:edatabi:20190417121631p:plain

よーし 今年は JALホノルルマラソンに参加しよう!!


年初に今年の旅行計画を立てた際 JALホノルルマラソンに参加してみるのはどうか?ということになり 実際に参加するかは別として(北九州マラソンの感触をみることにして) とりあえず航空券を押さえおくことにしました。

気が早いような気もしましたが 後で"やっておけば良かった..."となるよりは 良いかなということで(笑)。


そして 今回の航空券は 貯まったマイルを利用して ANAの特典航空券を予約/発券しました。前回のハワイ旅行ではJALの特典航空券を利用しましたが...実は 僕たち ひっそりとANAの陸マイラー活動もしているのです(笑)。


ANAのハワイ線といえば 2019年5月より世界最大規模の旅客機"エアバスA380"の運行を開始します。2階建の機内は エコノミーからファーストクラスまで合わせた総座席数:520席のマンモス旅客機です。

そんな 今回の大型機導入にあたり 特典航空券の枠も広がっていました。今までは 人気路線のため特典航空券の予約は狭き門だったので これはとてもありがたいです。

 

f:id:edatabi:20190417122610p:plain

このため 運良く 往復ともに最新鋭A380のプレミアムエコノミーを予約することができました。プレミアムエコノミー利用の場合 空港ラウンジも利用できるようですので それも楽しみです。

 


ちなみに ホノルル線 JALビジネスクラスの様子は 下記記事にまとめています。僕たちの想像をはるかに超えた世界が そこにはありました。

 

1月: 次に 宿泊先を予約

f:id:edatabi:20190417123024j:plain

そして 航空券の予約ができた段階で 宿泊先も押さえることにしました。


というのも 2018年に利用した"ヒルトン タイムシェア"に宿泊した感触がとても良く その後の日本での説明会にも参加。日本での説明会を受けたご褒美に "3泊分のヒルトン無料宿泊招待券"をいただくことができたのです。

宿泊費の高いホノルルで スイートルーム並みの広さの物件 3泊分...ヒルトンさん サービスしすぎじゃないですか(笑)!?


ということで 今回もヒルトン タイムシェアに宿泊予定です。

f:id:edatabi:20190421191644p:plain

前回の宿泊は ワイキキの中心地 "ホクラニ ワイキキ"でした。そして 今回は 運良く最新のタイムシェア物件である "ザ グランドアイランダー"に空室があり そちらを予約することができました。

 

 

そんな素敵宿 ヒルトン タイムシェアについては 下記記事にまとめています。体験宿泊プランを利用すると タイミングにもよりますが 高級ホテルのコンドミニアムタイプのお部屋に半額程度で宿泊することができます。


実際の体験宿泊記は こちら。設備などについても 詳しくご紹介しています。

 

航空券と宿を押さえたら あとは 実際にエントリーするだけ。

ということで エントリー期間まで しばし待つことに...その間に 無事北九州マラソンも完走することができ フルマラソン参加への自信も少しついた気がします。

 

 

ご当地エイドが充実の 北九州マラソンについては 下記記事をどうぞ。走りながら ぼた餅を食べる体験は なかなかできないのではないかと(笑)。沿道の方の応援もあたたかく ぜひまた出たい大会です。

 

4月: いよいよ 大会エントリー

f:id:edatabi:20190421104107j:plain

以前より ホノルルマラソンに参加したいと思っていた 僕たち。

そんな僕たちは アーリーエントリー期間中のエントリー料のリーズナブルさにも惹かれ アーリーエントリー開始とともに さっそくエントリーしてしまいました。何はともあれ これでもう後には引き返せません(笑)。

 


12月のJALホノルルマラソンに向けて 身体を整えていきたいと思います。

 

5月: 仙台国際ハーフマラソン

ホノルルマラソンに向けて 少しづつ身体を作っていこう。では 手始めにハーフマラソンに参加しよう。ということで 仙台国際ハーフマラソンに参加しました。

新緑の杜の都 仙台はとても清々しく 気持ちよく走ることができました。

 

 

6月: 富里スイカロードレース

昨年も参加した 千葉県富里市で開催される”スイカロードレース”に参加しました。こちらの大会では 給水所にスイカが置いてある 世にも珍しい給スイカがあるマラソン大会です。

距離は10kmとそこまで長くはありませんが 6月末であり高温ジメジメ環境での大会のため ホノルルマラソンよりも過酷かもしれませんね。笑

 

 

10-11月: 長距離練習+東京エクストリームウォーク100

フルマラソンに向け!?長距離練習をすることにしました。

というか 東京エクストリームウォーク100に参加しました。こちらの大会は 小田原から築地までを制限時間26時間以内に100km歩くというウォーキング大会です。

フルマラソンよりも肉体的・精神的にもタフな大会でした。きっと長距離ウォークをすることで 足腰を鍛えられたはず(笑)。

 

 

 

 

その他 ハワイでの楽しみ方

ここまで 今回の記事を読み進めて "ちょっとハワイに行ってみようかな?"と興味がわいてきた方へ。

下記記事では 2018年夫婦でハワイを訪れた時の様子をまとめています。世界一周バックパッカーだった 僕たち。このため お得に旅をしたいというクセが抜けず いろんな情報を駆使して リーズナブルに旅をしてみました。

現地での観光や食事スポットなどもまとめているので 気になった方はどうぞ。

 

おわりに

世界有数の観光地ハワイで行われる 人数制限も時間制限もない市民マラソン "JALホノルルマラソン"。今回は その大会概要や僕たちの実際の準備状況についてまとめてみました。

エントリー時期によってエントリー料が変わってくる ホノルルマラソン。もし 気になった方は 早めのエントリーをおすすめします。


そして 僕たちは すでにエントリー済みとなったため あとは身体を整えていくだけです(それが1番難しいのですが(汗))。無事に完走できた時には ぜひまたブログでご紹介できればと思います。

今年後半に向けて 良い目標ができました。

よーし がんばるぞ!!


それでは 本日もお付き合いいただき ありがとうございました。

 

関連記事

《埼玉》えだ旅近況 初めてのマラソン大会 小江戸川越ハーフマラソン体験記 前編

《千葉》目指せおいしい給スイカ 富里スイカロードレース体験記

《福岡》北九州マラソン 確実にエントリーするならスポーツ振興ランナー枠(ふるさと納税)を利用しよう