スポンサーリンク

SFC修行 SFCの取得方法と費用とは

 

こんにちは えだ旅(@edatabi_jp)です。

 

前回の記事(《SFC修行》一生ANAの上級会員 スーパーフライヤーズカード 5つのメリット)では ANAの上級会員資格を一生享受できるクレジットカード「SFC(スーパーフライヤーズカード)」について その魅力的な特典も合わせてご紹介しました。

 

今回は SFC修業編 その②として SFCの取得方法やかかる費用について まとめました。SFC取得を考えている方は ぜひ一緒に勉強できると嬉しいです。

 

この記事で分かること
  • SFCの取得方法
  • 取得に必要なPP(プレミアムポイント )
  • PP(プレミアムポイント)の貯め方
  • SFCの取得にかかる費用

 

SFC(スーパーフライヤーズカード)を取得する方法とは

ANA VISA SFC(スーパーフライヤーズカード)

SFCの特典などについては 前回のブログを参考にしていただくとして...それでは 実際に どうすれば魅力たっぷりなSFCを取得することができるのでしょうか。

 

それは ANAやANAが加盟しているスターアライアンス系列の飛行機に乗り 「ANAのミリオンマイラーになる」か「ANAのプラチナメンバー以上になる」のどちらかが必要となります。

 

SFCを取得する方法
  1. ミリオンマイラーになる
  2. プラチナメンバー以上になる

     

    ちなみに このように航空会社の上級会員を目指すために飛行機に乗りまくることを"修行"と呼びます。最近では 芸能人も行っており 「ジャニーズの風間さん」や「サバンナの高橋さん」など TVで見たことのある方もおられるかもしれません。

     

    それでは 次からは それぞれの方法について見ていきましょう。

     

    1. ANAのミリオンマイラーになる

    ANA ミリオンマイラーについて

    画像出展: ANA公式

    ミリオンマイラーになるためには ANAの飛行機に乗り続け 100万マイル以上の搭乗をする必要があります。

     

    100万マイルとは 東京-ニューヨーク間往復でも13,000マイル程度ですから 75往復以上が必要となり めちゃくちゃハードルが高いです(汗)。

     

    このため ほとんどの方は 次にご紹介する「ANAのプラチナメンバー以上になる」方法から SFCを取得しています。

     

    それでは 現実的なプラチナメンバー以上になる方法とは どういったものなのでしょうか。

     

    2. ANAのプラチナメンバー以上になる

    ANA公式HP

    画像出展: ANA公式

    ANAのプラチナメンバーには どのようにしてなるのでしょうか。

     

    プラチナメンバーになる方法
    年間(1月-12月)にプレミアムポイント(PP)を50,000(うちANA運行便で25,000)ポイント以上取得する

     

    f:id:edatabi:20190424134559j:plain

    ん??どういうこと??

     

    プレミアムポイント??
    マイルとは 何が違うの??

     

    僕も 初めは 理解が困難でした(笑)。

     

    それでは 次からは "プレミアムポイントとはどんなものなのか?"についてみていきましょう。

     

    ANAプラチナメンバーに必要なプレミアムポイント(PP)とは

    プラチナメンバーになるために必要なプレミアムポイント(PP)とは どのようなポイントなのでしょうか。

     

    プレミアムポイントとは 基本的に飛行距離により算定される ANA独自のポイントとなります。

     

    まず ANAでは 毎年1月-12月の1年間で飛行した実績に応じて プレミアムポイント(PP)が寄与されます。その寄与されたプレミアムポイントにより マイレージプログラムのステータスが決定します。

     

    こちらをご覧ください。

    ANA 上級会員ステイタス表

    画像出典: ANA公式

    上記のように 1年間で獲得したプレミアムポイントで 翌年のステータスが決定します。そして プレミアムポイントを50,000ポイント以上貯めると プラチナメンバーになることができます。

     

    プラチナメンバーになると 晴れてSFCを申し込むことができるようになります。長い道のりですね。

     

    それでは そのプレミアムポイントは どのようにしたら貯めることができるのでしょうか。

     

    プレミアムポイントの計算方法と貯め方

    f:id:edatabi:20190829104952p:plain

    先ほど プレミアムポイントとは 基本的に飛行距離により算定される ANA独自のポイントだとお伝えしました。そして その算定方法は上記の計算方法となります。

     

    プレミアムポイントの計算方法
    区間基本マイレージ×予約クラス・運賃ごとの積算率×路線倍率+搭乗ポイント=プレミアムポイント

     

    うーん。 なんだか イメージしにくいですよね(汗)。

     

    それでは それぞれについて 細かくみていきましょう。

     

    区間基本マイレージ

    区間基本マイレージとは ANAまたはスターアライアンス加盟航空会社が決めた 搭乗ごとのマイル数です。距離が遠くなるほど もらえるマイル数は多くなります。

     

    国内線を参考に 各路線のマイル数は下記の通りです。

     

     

     

    予約クラス・運賃種別ごとの積算率

    積算率とは 予約クラスや運賃によって変動するもので それぞれグレードが高くなるほど 積算率は良くなります。

     

    プレミアムポイントを貯める際 この積算率は なかなか重要です。

     

    プレミアムポイントは 距離(区間マイル)との掛け算になるため 距離が長くても積算率が低い場合には プレミアムポイントを大量に獲得することは難しくなります。

     

    このため プレミアムポイントを効率良く得るためには 距離と積算率を考えて よりコスパの良い飛行経路を考える必要があります。

     

    ちなみに 国内線エコノミークラスでは 普通運賃だと100%の積算率ですが 格安パックツアーなどは積算率が30%に下がってしまいます。

     

    費用対効果が比較的良いとされ SFC修行でよく利用される 国内線ANA SUPER VALUE75だと積算率75%。国際線だと プレミアムエコノミーのEクラスで積算率100%です。

     

    おすすめの予約クラス/運賃種別
    国内線: ANA SUPER VALUE75
    積算率=75%国際線: プレミアムエコノミー Eクラス
    積算率=100%

     

    路線倍率

    路線倍率とは 離着する空港のエリアにより変わってくる倍率です。

     

    • 国内線: 2倍
    • ANA運行の日本発着国際線(オセアニア/アジア): 1.5倍
    • その他のANA運行国際線/スターアライアンス加盟航空会社の路線: 1倍

     

    国内線では 路線倍率が2倍と最も高くなりますが その分飛行距離は短くなります。欧米路線では 飛行距離は長くなりますが 路線倍率は1倍。オセアニア/アジア路線は 距離もそこそこで 路線倍率は1.5倍です。

     

    このため プレミアムポイントを貯めるには リーズナブルなアジア路線などはおすすめです。

     

    搭乗ポイント

    搭乗ポイントとは 搭乗クラスや利用運賃により追加でもらえるポイントのことです。

     

    運賃が高いクラスだと400ポイント その次が200ポイント その他は0ポイントとなります。

     

    しかし こちらに関しては プレミアムポイントを貯める上では大きなポイント数とはなりません。このため プレミアムポイントを貯めるには その他の要素を重視した方が効率は上がるのではないかと思います。

     

    プレミアムポイントを具体的な路線で計算してみた

    では 実際に上記の式に当てはめて プレミアムポイントを計算してみましょう。

     

    国内線の場合(東京-那覇)

    SFC修行で 多くの方が利用されるであろう 東京-沖縄(那覇)をANA SUPER VALUE75で搭乗した場合のプレミアムポイントは以下です。

     

    984マイル(区間基本マイレージ)×75%(予約・運賃別積算率)×2倍(路線倍率)+0(搭乗ポイント)=1,476

    東京-沖縄往復(ANA SUPER VALUE75)で2,952PP(1,476×2)が貯まる。

     

    ということで 東京-沖縄だけの単純往復で プラチナメンバーになるための条件(50,000PP)を達成するには 17往復する計算になります。なかなかですね。汗

     

    国際線の場合(東京-クアラルンプール)

    次は 国際線を利用した場合。東京-クアラルンプールをプレミアムエコノミーのEクラスで搭乗した場合のプレミアムポイントは 以下です。

     

    3,338マイル(区間基本マイレージ)×100%(予約・運賃別積算率)×1.5倍(路線倍率)+400(搭乗ポイント)=5,407

    東京-クアラルンプール往復(Eクラス)で 10,814で貯まります。

     

    4往復すると43,256PP貯まり プラチナメンバーになる条件(50,000PP以上)に それなりに近づきます。

     

    プレミアムポイントの計算は ANAのHPで可能

    ちなみに ANA公式サイトでは プレミアムポイントを 手軽に計算することができます。

     

    PP計算ができるページ: ANAフライトマイル・プレミアムポイントシミュレーション

     

    SFC取得(PP50,000以上貯める)にかかる費用(コスト)はいくら

    f:id:edatabi:20190914061202j:plain

    PPの取得方法や計算方法は わかりましたか??

     

    ここからは 実際にプレミアムポイント50,000以上獲得する(SFC取得)のに かかる費用(コスト)についてです。

     

    ここは かなり大切なところですよね。
    僕も非常に気になります(笑)。

     

     

    結論からご紹介すると

    一般的には...
    SFC取得にかかる費用(コスト)は航空券代(航空券+各種税金+サーチャージ)のみで 500,000円

     

    というのも 先輩方のブログを拝見すると 一般的に1プレミアムポイントを獲得するのにかかる費用は10円前後とされています。 単純計算で 50万円(50,000PP×10円)が必要となります。(ここでは航空券にかかる費用のみしか考えていません。別途 宿泊費や食費もかかると思います)

     

    SFCは 一生もののステータスではありますが なかなかな金額ですね(汗)。

     

    ちなみに...
    1プレミアムポイントあたりにかかる金額を"PP単価"と呼びます。
    わが家では PP単価をなるべく抑えるようなルートを組もうとしています。

     

     

    SFC修行をされた先輩方は みなさん色々と工夫をされているようで この"PP単価"を抑える方法や貯まったANAマイルをANA SKYコインへ交換し ほぼ手出しをすることなくSFCを取得されている方もいるようです。

     

    とはいえ わが家では"ほぼ手出しなし"という方法は難しそうなので 運賃を支払ってSFC修行をすることになります。そうなると 「家計にかかる負担をできるだけ小さくするために いかにPP単価を抑えたルートを作成するか! 」ここが重要になります。

     

    ということで 次回の記事では SFC修行をされた先輩方のデータをもとに いかにPP単価を抑えるか。そして わが家で練りに練ったSFC修行ルートについて ご紹介する予定です。

     

    参考文献

     

    驚くことに ANA(全日空)上級会員になるための攻略ガイドブックを見つけました(笑)。

     

     

    JAL(日本航空)の上級会員はどうなの!?という方はこちらをどうぞ。

     

     

     

    まとめ: SFC取得には それなりのフライトと資金が必要

    今回は SFC修行編 その②として SFC取得方法や費用についてまとめました。一生もののステータスを得るためには それなりの努力(修行?)が必要ということですね。

     

    SFCの魅力については こちらの記事でご紹介しています。

     

    実際にコストはかかりますが SFCには今後の人生をより楽しくすることのできる魅力があると思います。

     

    次回の SFC修行編 その③として"2020年 ANAプレミアムポイント(PP)単価を抑えるルートや方法とは"にて 2020年おすすめルートやPP単価を抑える方法 そしてわが家のSFC修行ルートについてご紹介しています。

     

     

     

     

    \ SFC修行に関して 他の記事も書いています /

     

     

    それでは 本日もお付き合いただき ありがとうございました。

     

    SFC修行 関連記事

    スポンサーリンク

    えだ旅のTwitterを