スポンサーリンク

SFC修行 SFCの取得方法と費用とは

 

こんにちは えだ旅(@edatabi_jp)です。

 

前回の記事(《SFC修行》一生ANAの上級会員 スーパーフライヤーズカード 5つのメリット)では ANAの上級会員資格を一生享受できるクレジットカード「SFC(スーパーフライヤーズカード)」についてご紹介しました。

飛行機を利用する機会が多い方には 魅力的なカードだったね!!

 

 

 

今回は SFCについて 次のステップに進みます。
SFC修業編 その②として SFC(スーパーフライヤーズカード)の取得方法や実際にかかる費用についてまとめました。

 

この記事で分かること
  • SFC(スーパーフライヤーズカード)を手に入れる方法
  • SFC取得に必要な「プレミアムポイント(PP)」の基礎知識
  • SFC取得には どれぐらいの費用がかかるのか?

 

SFC取得を考えている方は ぜひ一緒に学びを深めていきましょう!!

 

「SFC(スーパーフライヤーズカード)」の取得方法

ANA VISA SFC(スーパーフライヤーズカード)

 

SFCの特典などについては 前回の記事(《SFC修行》一生ANAの上級会員 スーパーフライヤーズカード 5つのメリット)を参考にしていただくとして...

 

特典がたくさんで とても魅力的なカードだと分かったけれど...実際に どうすれば SFCを取得できるの??

SFCの取得方法は 2つあるよ。
順番に見ていこう!!

 

SFCを取得する方法は

ANAやANAが加盟しているスターアライアンス系列の飛行機に乗り

  1. ANA ミリオンマイラーになる
  2. ANA プラチナメンバー以上になる

上記のどちらかを達成する必要があります。

 

えっ??
ミリオンマイラー??
プラチナメンバー ??...どういうこと??

それでは 次からは 2つの方法について詳しくご紹介します!!

 

その1. ANA ミリオンマイラーになる

ANA ミリオンマイラーについて

画像出展: ANA HP

 

ANA ミリオンマイラーとは ANAグループ運行便に搭乗し 100万ライフタイムマイル以上貯めた方を言います。

 

100万ライフタイムマイル...
東京-ニューヨーク間往復でも13,000マイル程度だから...75往復以上も必要!?

ハードルが高過ぎて もはや天上人の領域ですね!!

 

 

ということで ANA ミリオンマイラーを目指すのは 国内/海外出張が頻回なビジネスマンでもなければ なかなか厳しい道のりです。

 

このため ほとんどの方は ANA プラチナメンバー以上になることで SFCを取得しています。

実際に わが家でも ANA プラチナメンバーになり SFCを取得しました!!

 

 

それでは ANA プラチナメンバー以上になるには どうすれば良いのでしょうか。

 

その2. ANA プラチナメンバー以上になる

ANA公式HP

画像出展: ANA HP

 

ANA プラチナメンバーとは 1年間(1月-12月)にANA運行便やスターアライアンス加盟航空会社便に搭乗し 決められたポイントを獲得した方を言います。

 

ANA プラチナメンバーになる具体的な条件を見ていきましょう。

 

ANA プラチナメンバーになる条件
1年間(1月-12月)に プレミアムポイント(PP)を50,000ポイント(うちANA運行便で25,000ポイント)以上取得すること

 

ANA プラチナメンバーになる条件とは??

えーっと...
それって どういうこと???

 

 

急に 謎のワード「プレミアムポイント」が出てきましたよ!!
これって マイルとは違うもの??

普段 飛行機に乗る機会はあるけど...
プレミアムポイントって 全然聞いたことなかったよね!!

 

 

それでは 次からは「プレミアムポイント(PP)」について。
どんなものなのか ざっくり分かるように解説していきます。

 

「プレミアムポイント(PP)」とは

プレミアムポイント(PP)って何??

プレミアムポイント(PP)とは 飛行距離+αにより算定される ANA独自のポイントです。

 

ANAでは 毎年1年間(1月-12月)の飛行実績に応じて プレミアムポイント(PP)が寄与されます。
そして 寄与されたプレミアムポイント数により マイレージプログラムのステータスが決定します。

 

ANAマイレージプログラムのステータスについては こちらをご覧ください。

 

ANA 上級会員ステイタス表

画像出典: ANA HP

 

上記のように 1年間(1月-12月)で獲得したプレミアムポイント(以下 PP)により 翌年のステータスが決定します。

フライトを通して 50,000PP以上貯めると プラチナメンバーになれるんですね。

 

航空会社の上級会員を目指すため 飛行機に乗りまくることを 修行ろ                                                                                                                                                                                                                                                                                      航空会社の上級会員を目指すため 飛行機に乗ることを「修行」と呼びます

ちなみに ミリオンマイラーやプラチナメンバーなど 航空会社の上級会員を目指すため 飛行機に乗りまくることを「修行」と呼びます。

最近では「ジャニーズの風間さん」や「サバンナの高橋さん」なども TVで修行の様子を紹介していたため ご覧になった方もいるのではないでしょうか。

 

 

それでは 話を戻して...
プラチナメンバーになると 晴れてSFCを申し込むことができます。

 

これは なかなか長い道のりですね。
「修行」と呼ばれるのも納得かも!!

 

 

ということで 次からは 実際のPP計算方法を見ていきましょう。

 

「プレミアムポイント(PP)」の計算方法

プレミアムポイント(PP)の計算方法

PP計算は 理解するのに少しハードルが高くなりますが...
ここを攻略できれば ルートの組み立てもスムーズになります。

 

フライトが終わってみたら PPが足りなかった...なんていう うっかりミスも防げます!!

聞きなれない言葉がたくさん出てきますが...
ここは 少しだけ頑張ってついてきてください!!

 

 

それでは 実際のPP計算方法を見ていきましょう。

先ほどお伝えした通り PPとは 飛行距離+αにより算定される ANA独自のポイントであり 計算方法はこちらです。

 

f:id:edatabi:20190829104952p:plain

画像出典: ANA HP

 

プレミアムポイント(PP)の計算方法
区間基本マイレージ×予約クラス・運賃種別ごとの積算率×路線倍率+搭乗ポイント=プレミアムポイント(PP)

えーっと...言葉だけだと どうにもイメージしにくいですね(汗)

 

次からは それぞれについて 内容を理解していきましょう。

 

区間基本マイレージ

SFC修行における区間基本マイレージ

区間基本マイレージとは ANAまたはスターアライアンス加盟航空会社が決めた 搭乗区間ごとのマイル数です。

 

搭乗距離が長ければ長いほど 多くのマイル数を獲得できます♩

 

こちらに関しては「マイル」という聞きなれた言葉でもあるため イメージがしやすいかと思います。

参考までに 各路線のマイル数は 以下の通りです。

各路線のマイル数

  • 東京-沖縄: 984
  • 沖縄-新千歳: 1,397
  • 東京-ハワイ: 3,831

 

その他の路線における区間基本マイレージは こちらで確認できます。

ANA国内線のマイレージチャート
ANA国際線のマイレージチャート

 

予約クラス・運賃種別ごとの積算率

積算率とは 予約クラスや運賃種別により算定されます。
予約クラス・運賃種別のグレードが高いほど 積算率は良くなります。

 

プレミアムポイントを貯める時には この積算率がかなり重要です!!

 

積算率は 区間基本マイレージ(距離)と掛け算することになります。
このため 距離が長くても 積算率が低い場合は 獲得できるPPは少なくなります。

 

効率良くPPを獲得するためには 距離と積算率を把握して コスパの良い飛行経路を考える必要がありますね。

 

 

ちなみに 国内線エコノミークラスでも

運賃クラスによる積算率

  • 普通運賃: 積算率100%
  • 格安パックツアー: 積算率30%

という違いが出てきます。

 

このため リーズナブルに修行を行いたい方は 積算率の「コスパの良さ」が とても大切になります。

「コスパの良さ」を踏まえて SFC修行で多く利用されるも 「予約クラス/運賃種別」は 以下となります。

 

SFC修行で利用される予約クラス/運賃種別
  • 国内線の場合: ANA SUPER VALUE 75
    積算率=75%
  • 国際線の場合: プレミアムエコノミー Eクラス
    積算率=100%

 

路線倍率

路線倍率とは 離着陸する空港のエリアや運行会社により変わる倍率です。

 

路線倍率の変化
  • 国内線: 2倍
  • ANA運行の日本発着国際線(オセアニア/アジア): 1.5倍
  • その他のANA運行国際線/スターアライアンス加盟航空会社の路線: 1倍

 

この路線倍率の変化を 実際に使える知識に置き換えていきましょう!!

 

PP計算のために押さえておきたいポイントは

  • 国内線: 路線倍率2倍と最も高くなるが 国際線と比べると飛行距離は短い
  • オセアニア/アジア路線: 飛行距離はそこそこで 路線倍率1.5倍
  • その他の国際線(欧米路線など): 飛行距離は長くなるが 路線倍率1倍

上記となります。

 

そうすると オセアニア/アジア路線は 予約時期によってリーズナブルなものもあるため 少ない回数でPPを多めに獲得したい(=SFC修行に多くの日数をかけられない)方には 狙い目のルートと言えそうです。

 

このため 海外旅行好きな方には リーズナブルなアジア路線をおすすめします!!

 

搭乗ポイント

搭乗ポイントとは 搭乗クラスや利用運賃により追加でもらえるポイントです。
運賃が高いクラスだと400ポイント その次が200ポイント その他は0ポイントとなります。

 

しかし こちらに関しては PPを貯める上で大きなポイント数とはなりません。
このため 搭乗ポイントよりも その他の要素を重視して SFC修行のルートを組むようにしましょう。

 

その他の要素を重視して より効率良くPPを貯めていきましょう!!

 

具体的な路線で プレミアムポイント(PP)を計算しよう

ここからは 具体的に路線ごとのPPを計算してみましょう。

 

国内線: 東京-那覇のプレミアムポイント(PP)

まずは 国内線の中でも SFC修行で人気の路線 東京-沖縄(那覇)でPP計算をしてみましょう。

 

ANA SUPER VALUE 75(運賃種別7=積算率75%)で搭乗した場合の獲得PPは 以下になります。

東京-沖縄(那覇)の場合(ANA SUPER VALUE 75を利用)

  • 区間基本マイレージ: 984マイル
  • 予約・運賃別積算率: 75%
  • 路線倍率: 2倍
  • 搭乗ポイント: 0ポイント

 

上記の条件を計算式に当てはめると...
984マイル×75%×2倍+0=1,476PP になります。

 

ANA SUPER VALUE 75を利用して 東京-沖縄(那覇)を往復すると 2,952PP(1,476×2)が獲得できますね。

そっか 往復で考えることも 忘れてはいけないポイントだね!!すっかり 片道だけの計算をしてしまってた。危ない危ない...!!

 

国際線: 東京-クアラルンプールのプレミアムポイント(PP)

次は 国際線を利用した場合でPP計算をしてみましょう。

 

東京-クアラルンプールをプレミアムエコノミー Eクラスで搭乗した場合の獲得PPは 以下になります。

東京-クアラルンプールの場合(プレミアムエコノミー Eクラスを利用)

  • 区間基本マイレージ: 3,338マイル
  • 予約・運賃別積算率: 100%
  • 路線倍率: 1.5倍
  • 搭乗ポイント: 400

 

上記の条件を計算式に当てはめると...
3,338×100%×1.5倍+400=5,407PPになります。

 

プレミアムエコノミー Eクラスを利用して 東京-クアラルンプールを往復すると 10,814PP(5,407×2)が獲得できますね。

これなら 1往復でPPを大量に獲得できますね。4往復すると43,256PP貯まり プラチナメンバーになる条件(50,000PP以上)にかなり近づけます!!

 

ANAのHPでもプレミアムポイント(PP)計算ができる!!

ここまで PPの計算方法を解説してきましたが...
実は ANAのHPでもPP計算をすることができます。

えっ!!そうなの!?
せっかくここまで計算頑張ったのに...

でも PP計算方法は ルートを考える時のベースになる 基礎知識。基本を踏まえたら 詳細なルートを立てる段階では PCでパパッと計算してしまいましょう♩

 

PP計算ページはこちら: ANAフライトマイル・プレミアムポイントシミュレーション

 

「プレミアムポイント(PP)」を貯める方法

f:id:edatabi:20190829104952p:plain

画像出典: ANA HP

 

前述した通り 獲得できるPPは 上記の計算式で求められます。

特に 計算式の中でも重要なのが「掛け算部分」です!!

 

この重要な「掛け算部分」とは

  • 区間基本マイレージ
  • 予約クラス・運賃種別毎の積算率
  • 路線倍率

この数値が高い路線/運賃で搭乗することで 効率的にPPを獲得することができます。

 

それでは 掛け算部分の数値が大きくなるようなルートを意識して 組み立てていけば良いんですね。なんとなく PPというものが分かってきました!!

これで SFC修行に必要なPPについての基礎知識は ひとまずコンプリートです。お疲れ様でした!!

 

 

ここまでで 皆さんも PPについて整理できてきたでしょうか。

それでは 続いては とても大切な費用について。
「実際に SFCを取得する(50,000PP以上獲得)には どれくらいの費用がかかるのか?」という部分を見ていきましょう。

 

実際に SFC取得(50,000PP以上獲得)にかかる費用

f:id:edatabi:20190914061202j:plain

ここからは 実際に SFCを取得(50,000PP以上獲得)するには どれぐらいの費用がかかるのか?という点をまとめていきます。

 

ここは 家計にとっても かなり大切なところですよね。
私もとても気になります!!

 

 

まず 結論からお伝えすると...

SFC取得にかかる費用

航空券代(航空券+各種税金+燃油サーチャージ)のみで 500,000円前後

と言われています。

50万円前後...高い...!!!

 

この根拠として SFC修行をされた諸先輩方のブログでは

1PPを獲得するのにかかる費用=10円前後
→50,000PP×10円=500,000円が必要となります
(ここでは 航空券代(航空券+各種税金+サーチャージ)のみの試算です)

 

SFC修行中の宿泊費や食費は この計算に入っていないということですね。

そうなると 観光を兼ねて 宿泊してSFC修行をすると もっと費用がかかりますね!! SFCは 一生もの!! とはいえ なかなかの金額です(汗)

 

 

ちなみに 1PPあたりにかかる費用を「PP単価」と呼びます。

 

 

SFC修行をするにあたっては

  • できるだけPP単価を抑えたい(=PP単価重視)
  • PP単価は高くなっても 少ない回数で済ませたい(=効率重視)
  • せっかくだから PP単価は気にせず 観光も楽しみたい(=観光重視)

など それぞれの費用や時間の自由度に合わせて「SFC修行のスタイル」を決めた上で ルートを検討する必要があります。

 

この中だと...わが家は 比較的休みは自由になるので「効率重視」よりも「PP単価重視」!! 加えて たまには 2人一緒に観光も兼ねられたら最高です♩

 

 

おまけ: PP単価重視の陸マイラーの必殺技
陸マイル活動(飛行機に乗らず ポイントサイトなどを通してマイルを貯めること)で貯まった「ANAマイル」を「ANA SKYコイン」へ交換。「ANA SKYコイン」を使って航空券を発券することで ほぼ無料でSFCを取得している方も...

 

わが家は 夫婦で陸マイラー。
とはいえ わが家は「貯めたマイルは 海外特典航空券に利用する!!」をポリシーとしているので 普通に運賃を支払って SFC修行しました(笑)

 

 

そうなると「家計にかかる負担をできるだけ小さくするために いかにPP単価を抑えたルートを作成するか」ここが重要になります!!

 

 

そこで 次回の記事では PP単価を抑える方法+わが家の快適SFC修行ルートをご紹介します。

 

参考文献

わが家は SFC修行に向けて こちらのガイドブックを参考にしました。
同じく ANA(全日空)上級会員を目指す方は 理解が深まると思います。

 

 

「JAL(日本航空)の上級会員はどうなの??」という方は こちらをどうぞ。

 

まとめ: SFC取得には それなりのフライトと資金が必要

今回は SFC修業編 その②として SFC(スーパーフライヤーズカード)の取得方法や実際にかかる費用についてご紹介しました。

 

それでは 今回お伝えした内容を振り返ってみましょう。

 

 

SFC(スーパーフライヤーズカード)を手に入れる方法とは...

ANAやANAが加盟しているスターアライアンス系列の飛行機に乗り

  1. ANA ミリオンマイラーになる
  2. ANA プラチナメンバー以上になる

上記のどちらかを達成する必要がありました。

わが家は ANAプラチナメンバーになり SFCを取得しました♩

 

 

SFC取得に必要な「プレミアムポイント(PP)」の基礎知識とは...

プレミアムポイント(PP)とは
フライト+αで計算できる ANA独自のポイントシステムのこと
PP計算方法:
区間基本マイレージ×予約クラス・運賃種別ごとの積算率×路線倍率+搭乗ポイント

リーズナブルに修行をするには「掛け算部分」がとても重要でしたね!!

 

 

SFC取得にかかる費用とは...

1PPを獲得するのにかかる費用=10円前後
→50,000PP×10円=500,000円が必要

一生もののステータスを得るためには それなりの努力(修行?)と資金が必要だと分かりましたね!!

 

 

SFCの魅力については こちらの記事でご紹介しています。

 

 

そして 次回の記事では SFC修行編 その③として「2021年 ANAプレミアムポイント(PP)単価を抑えるルートや方法とは」をご紹介します。

2021年版のおすすめルートやPP単価を抑える方法 わが家の快適SFC修行ルートについてまとめました。

 

 

 

\ その他 SFC修行の記事はこちら /

 

 

それでは 本日もお付き合いただき ありがとうございました。

 

SFC修行 関連記事

スポンサーリンク

えだ旅のTwitterを