スポンサーリンク

無印良品 おすすめ旅グッズ6選

 

こんにちは えだ旅(@edatabi_jp)です。

 

シンプルで機能的なデザインが人気の「無印良品」

 

インテリアやファッション小物 食品などが多いイメージもありますが 実は 便利な旅行用品も数多く取り扱っています。無印良品で揃えることができれば 店舗数も多く オンラインで購入も可能。しかも 価格も控えめなので お財布にも優しく 旅行準備もはかどりますよね。

 

そこで 今回は 実際に世界一周で役立った 無印良品のおすすめ旅グッズについてまとめました。旅の快適さをワンランク格上げしてくれる 便利グッズのみをご紹介します。

 

無印良品おすすめ旅グッズ(長期旅行用)

今回ご紹介する 無印良品おすすめ旅グッズは 以下の通りです。

 

今回ご紹介する物は こちら
  1. 洗顔用泡立てネット
  2. ダブルファスナーケース
  3. 吊るして使える 洗面用具ケース
  4. パラグライダークロス たためる巾着
  5. 各種詰め替え容器
  6. TPU機内持ち込み用ケース

 

無印良品店内

1. 洗顔用泡立てネット

無印良品 洗顔用泡立てネット

画像出典: 無印良品HP

 

こちらは 洗顔にはもちろんですが 身体を洗う時の石鹸(あるいはボディソープ)を泡立てる時に使用しました。

 

その理由は 手やタオルで石鹸を泡立てると 泡立ちが良くないため 汚れが落ちにくいから。泡だてネットを使うと 泡立ちが良くなり 石鹸の消費もかなり抑えられます。

 

あとは 洗い心地の良さも大きなセールスポイントですね。

 

 

その他 洗顔用泡立てネットのおすすめポイント
  • 使用後の乾きが早い
  • 長期間の使用でも耐久性が高い
  • サイズがコンパクトになり 持ち運びに便利

 

 

100均の洗顔ネットも試してみましたが ネット部分の痛みがかなり早かったため 同じ用途で持っていくのであれば 無印の物をおすすめします。

 

詳細はこちら: 洗顔用泡立てネット

 

なお 無印ではボディ用の泡だてネットもありますが かさばる+乾きが遅いため 世界一周へは持参しませんでした(自宅では愛用しています(笑)

 

2. ダブルファスナーケース

無印良品 ダブルファスナーケース

画像出典: 無印良品HP

 

こちらのケースは 持ち歩き用のお財布代わりに使用しました。

 

その理由は バックやポケットの中でかさばりにくく防犯対策になり 表面のメッシュ素材で中の硬貨がどれくらい入っているか把握しやすいため。

 

新しい硬貨に慣れていない時でも 支払いがしやすく お札と硬貨を分けて入れられるのもポイントが高いです。

 

 

その他 ダブルファスナーケースのおすすめポイント
  • 価格がリーズナブル
  • 汚れた時には 丸洗いできる
  • 製品自体が薄くて軽い(約20g)

 

 

現在 カラーも4色(黒/ライトグレー/ブルー/マスタード)展開になっており 選択肢も豊富。サイズ: 約10cm×13.5cmなので お札も2つ折りで入り もちろんカードも入ります。

 

わが家では 今でも家計費のお財布として こちらを愛用中。シンプルな作りで この使いやすさは 1度味わってしまうと やめられません(笑)。

 

3. 吊るして使える 洗面用具ケース

無印良品 吊るして使える洗面用具ケース

画像出典: 無印良品HP

無印良品 吊るして使える洗面用具ケース 背面

画像出典: 無印良品HP

無印良品 吊るして使える洗面用具ケース 吊るした様子

画像出典: 無印良品HP

 

こちらは メイク用品やコンタクトなどを入れて使用しました。

 

リーズナブルな宿では 水回りの設備が不十分なところも多く 洗面用具を近くに掛けられるのは とても使い勝手が良かったです。

 

また ひと通り必要なものが収まるので ドミトリーなどに宿泊した場合でも 枕の横にこれ1つあれば 朝の準備はOK。狭いスペースを有効利用できる便利グッズです。

 

 

その他 吊るして使える 洗面用具ケースのおすすめポイント
  • 仕分けできるポケットが多い
  • 通常の化粧水ボトル(200ml)がそのまま入る大容量サイズ
  • 表面の素材がなめらかで 荷物の隙間に滑り込ませやすい

 

 

サイズ: 約16cm×19cm×16cmですが 見た目よりもかなり収納できます。

 

詳細はこちら: 吊るして使える 洗面用具ケース

 

正直 短期旅行であれば ここまで仕分けポケットや収納容量は不要です。しかし 世界一周ではこれくらいあった方が困らなくて良いかと思います。

 

4. パラグライダークロス たためる巾着

無印良品 パラグライダークロスたためる巾着

画像出典: 無印良品HP

 

こちらは いろんな物を小分けするための便利グッズ。

 

パラグライダークロスとは パラグライダーの帆に使用される 薄くて軽くて丈夫な素材のこと。こちらは その素材を使って作られているため 耐久性があり長期の旅にもぴったり。

 

コード類を入れたり コップなどを入れたり 細々とした調味料を入れたりと 使い道は無限大です。

 

 

その他 パラグライダークロス たためる巾着のおすすめポイント
  • 汚れた時に丸洗いできる
  • くるくる丸めて 荷物のすき間に入れられる
  • 製品自体が薄くて軽い(Sサイズ約10g/Lサイズ約20g)

 

 

パラグライダークロスたためる巾着のサイズ比較

 

ちなみに わが家のパラグライダークロス たためる巾着Sサイズをたたむと これくらいになります。もう「持つ」というよりは「つまむ」といったサイズ感ですね(笑)。

 

なお 広げた状態で Sサイズ: 約20cm×26cm/Lサイズ: 約26cm×40cm。Sサイズでもかなりの容量が入るので ちょっとした時の荷物整理が楽になりますよ。

 

詳細はこちら:
パラグライダークロス たためる巾着 Sサイズ
パラグライダークロス たためる巾着 Lサイズ

 

5. 各種詰め替え容器

無印良品 詰め替え容器 その1

画像出典: 無印良品HP

無印良品 詰め替え容器 その2

画像出典: 無印良品HP

無印良品 詰め替え容器 その3

画像出典: 無印良品HP

 

女性の長期旅では 化粧品のストックが多くなりますよね。

 

そして 化粧品は重いため パッキングでは下側+背中側へ入れることとなり ちょっと取り出しにくくなります。そんな時は 詰め替え容器に小分けすると 取り出しやすい場所に使う量だけ保管ができ 宿泊先での荷ほどきが最小限で済むという嬉しい効果が。

 

 

はじめは「詰め替え容器なんて 100均の物で十分」なんて 軽く考えていましたが 100均の詰め替え容器の化粧品が大量に漏れていた時のショックといったら...疲れが3割増しです(笑)。その後 パッキングの工夫をしても漏れることがあったため 無印良品の詰め替え容器に変更したところ まったく漏れなくなりました。

 

 

それ以降「ここぞ!」という時は 無印良品の詰め替え容器を使用しています。

 

 

各種詰め替え容器のおすすめポイント
  • 長く使える耐久性の高さ
  • 飛行機の気圧変化でも漏れない
  • 用途に合わせた 豊富なサイズ展開

 

 

無印良品 詰め替え容器 その4

画像出典: 無印良品HP

 

こちらは 上部のふたが開くタイプ。

見た目では 100均のものと変わらない気がするのですが...何か「カチッとする秘訣」があるのでしょう。

 

100均の詰め替えボトルに比べると 少し価格は上がりますが 今でも旅行の際は利用しているので 何年使えているんだろう...?そう考えると かなりコストパフォーマンスが良いと思います。

 

詳細はこちら:
小分けボトルワンタッチキャップ
小分けチューブ
クリームケース

 

6. TPU機内持ち込み用ケース

無印良品 TPU機内持込用ケース

画像出典: 無印良品HP

 

こちらは 詰め替え容器に入れた化粧品などを入れておくのに使っていました。特に 飛行機に搭乗する時に 化粧品などを手荷物としてサブバッグに入れておくのに大活躍。

 

マチなしタイプ(サイズ: 約19.5cm×16cm)なので カバンの中でも幅を取らず 暗い機内でも中の物が見やすいので 取り出しもスムーズ。詰め替えた物を持ち運ぶには ストレスフリーな商品です。

 

 

また こちらは 日本発の国際線における 航空機内への液体物持込制限ルールに対応しています。なお 機内持ち込みの際は 中に入れられる液体物の容器が100ml以下と決まっており 先ほどご紹介した詰替ボトルは いずれも入れることが可能です(最終的な持ち込みの可否は 保安検査員の判断に従いましょう)。

 

 

TPU機内持ち込み用ケースのおすすめポイント
  • 無印良品の詰め替え容器とサイズが合うため 省スペース
  • 航空機内に持ち込む時に大丈夫か悩まなくて済む
  • ビニール製で中の物が把握しやすく 漏れても安心
  • 長く使える耐久性の高さ

 

 

無印良品 TPU機内持ち込み用ケース マチあり

画像出典: 無印良品HP

 

TPU機内持ち込み用ケースには こちらのマチありタイプの物もあります。

 

私は 機内持ち込みの物が限られており サブバッグ(グレゴリー: テールメイトS)のサイズも小さかったため 省スペースなケースが希望でした。このため マチなしタイプを選びましたが 手元に置いておきたい荷物の量で選ぶと良いですね。

 

 

ちなみに 世界一周中(日本発の国際線以外でも) このケースに液体物を入れて 搭乗を止められたことはありませんでした。

 

きっとジップロックでも大丈夫だったかとは思うのですが 長期間の旅になるとジップロックの噛み合わせが悪くなり 使えなくなるんですよね(汗)。それならば あらかじめ丈夫な物を買っておいた方がコストパフォーマンスは高いかと思います。

 

事実 世界一周が終わるまで ジップの部分の不具合や本体部分の破れなどはなかったので 丈夫さは折り紙付きです。

 

まとめ: 無印良品の旅グッズで快適に旅しよう

無印良品 店内イメージ

今回は 実際に世界一周で役立った 無印良品のおすすめ旅グッズについてまとめました。世界一周を通して その使い勝手の良さを改めて実感した物も多く 世界一周後も継続して使っている物がたくさんあります。

 

とはいえ 無印良品の旅グッズの中でも 短期だと使えるけれど 長期だと荷物になったり 使えないかな...という物(逆も同じく)もあります。このため 今回の旅グッズも かなり品数を絞ってご紹介させていただきました。

 

世界一周前は できるだけ準備資金を少なくしたいもの。「用意したけど 使えなかったね」ということにならないように 細かな部分にもこだわって 旅グッズ選びができると良いですね。

 

 

\旅の準備に関しては 他の記事も書いています/

 

 

それでは 本日もお付き合いいただき ありがとうございました。

 

旅の準備 関連記事

スポンサーリンク

えだ旅のTwitterを