えだ旅 WORLD JOURNEY

2015.01.04から1年6カ月にわたった 夫婦の世界一周旅と その後の旅の記録

HELLO

DO YOU ENJOY YOUR JOURNEY OF LIFE?

《スペイン》世界一周 旅の日記 バルセロナ編

スポンサーリンク

f:id:edatabi:20180720083538j:plain

はじめに

アフリカ大陸 モロッコでの2週間の滞在を終え スペインへ戻ってきました。訪れた都市は 芸術の街 バルセロナです。

バルセロナといえば 未だ建築途中の世界遺産 サグラダファミリアやFCバルセロナなどが有名な都市です。そんなバルセロナへ 僕たちは ガウディ建築とバルでの美味しい食事を堪能する目的でやってきました。

スペインでは 以前訪れたアンダルシア地方の古都 タパス(小皿のおつまみ)が無料の街 グラナダがとても良かったため 自然と期待が高まってしまいます。

それでは 今回の旅の日記は ガウディ建築を堪能 美味しいスペイン料理に舌鼓 バルセロナ編をお届けします。

 

今までの旅の日記はこちら↓

実際の様子(2015.09.11-14)

09.11

f:id:edatabi:20180720103611j:plain

やって来ました バルセロナ。

今までのスペインの都市に比べて 街がより一層都会的になりました。そして 歩いている人たちもおしゃれ。

手持ちの服の中でも 少しおしゃれな服を着ないと思ってしまう そんな雰囲気。とは言っても 手持ちの服が限られる バックパッカーな僕たち。どうしようもありません(汗)。

f:id:edatabi:20180720104013j:plain

この日は移動日だったため さくっとご近所観光。
宿泊先近くにある サン ジョセップ(ボケリア)市場へ来ました。

しかし 残念なことに この日は市場の休日...このため 後日出直すことに。

移動で疲れている時に限って こんなものですよね(笑)。

f:id:edatabi:20180720104124j:plain

市場は楽しめませんできませんでしたが 散策をしていると地ビールの工房(?)が営業しているバルを発見。迷わず入店です。

さっそくビールをオーダーすると 素敵なボトルに入って運ばれてきました。これはテンションが上がりますね。

f:id:edatabi:20180720104146j:plain

ボトルを片手に はいチーズ。

美味しい生ビールを楽しむことができ 大満足なバルセロナ初日となったのでした。

 

 

09.12

f:id:edatabi:20180714112714j:plain

昨日 アフリカ大陸より戻ってきました ヨーロッパ。

スペイン バルセロナ。
文明を感じております。

本日より ガウディ作品をつらつらと。

まずは ガウディの王道 サクラダファミリア。着工から130年以上経っても 未だに完成しておらず 2016年に完成予定とのこと。未完成ながらも世界遺産に登録され 外観 内装 共に素晴らしかったです。

by 勝法

f:id:edatabi:20180714112749j:plain

自撮り棒を失ってから 自撮りが減りました。

by 勝法

f:id:edatabi:20180714113216j:plain

モロッコから飛行機に乗り 久しぶりにスペインへ戻ってきました。

バルセロナは5日間だけの滞在なので 私たちにしてはめずらしく 毎日どこかしらへ観光へお出かけすることに。

そんなわけで サクラダファミリアへ来ました♡

by 江里

f:id:edatabi:20180714113637j:plain

サクラダファミリア 聖堂内部の様子。

サクラダファミリアは 1882年から建設が開始され 1883年にガウディが建築を引き継いで ガウディが亡くなった今も まだ完成を見ていない大聖堂。

今まで 歴史的な建物を見る機会はあったけれど 駅を出て振り返って 目に入った瞬間に鳥肌が立ちそうになった建物ははじめて。ずっと来たかった場所に来れたと 素直に思えた場所。

by 江里

f:id:edatabi:20180714113705j:plain

内装も豪華です。

by 勝法

f:id:edatabi:20180714113505j:plain

f:id:edatabi:20180714113529j:plain

聖堂内部のステンドグラス。

聖堂内部は たくさんのステンドグラスに包まれて。ステンドグラスを通した光が 床や柱に反射して そこに立つ人の影ができて...なんとも美しい空間が広がっていました。

by 江里

https://www.instagram.com/p/7i4g1WHzdT/

螺旋階段

by 勝法

f:id:edatabi:20180714114015j:plain

生誕の塔から降りている途中。

ぐるぐるの階段を上から眺めて "いい場所見つけた" みたいな顔をして 嬉しそうに写真を撮る旦那さん。

タワーに登って "良かった"という人と "これだけ?"という人 (こう思ってしまう気持ちも分かります(笑)) どちらもいるけれど。

ガウディの面白いモチーフや 見えないだろう細部までこだわった造り 実際に工事をしているところを間近で見られたり。工事中のおじさんと目が合って 笑顔をもらったり。

迷路を探検しているみたいな とても面白いひと時でした。

by 江里

https://www.instagram.com/p/7i4qG-nzde/



by 勝法

f:id:edatabi:20180714114105j:plain

サクラダファミリアの出口の扉には こんな風にたくさんの言葉が浮き彫りになっていて。最後まですんなりとは出してくれない そんなこだわりの詰まった空間でした。

眠いながらも朝1番(9:00)に入場しましたが ほとんど人のいない 荘厳な雰囲気の漂う空間を感じることができてよかったです。

タワーから降りた頃には人がたくさんだったので もし行かれる方は朝1番をオススメします(でも 眠くて心が折れそうになりました(笑))。

by 江里

f:id:edatabi:20180714114317j:plain

ガウディではないですが サンパウ病院。

"芸術には人を癒やす力がある" という信念のもと建築された病院。芸術は人を癒す。

by 勝法

 

 

サクラダファミリアの後は サンパウ病院へ。

1902年ドメネクイモンタネールにより着工された建物は "芸術には人を癒す力がある"という信念のもと 1930年に完成し 2009年までは実際に病院として使われていたそう。

旦那さんと"こんな病院で働いてみたかったね"としみじみ話したのでした(こちらは外から見学のみ)。

by 江里

f:id:edatabi:20180720100844j:plain

日本人旅行者の方がいたので 記念写真を撮ってもらいました。

2人で旅をしていると お互いの写真は残っても なかなかツーショット写真が残っていないものなので とてもありがたかったです。感謝。

f:id:edatabi:20180714114942j:plain

カサミラ。

切り出した岩を積み上げ 山をモチーフにした建築。こちらは 今回中には入らず。ガウディ建築って 1つ1つの見学に 結構お金かかる。そのお金で 維持してるのだから仕方ないけど。バックパッカーには ちと辛いです。

by 勝法

 

 

少しお散歩して カサミラへ。

おしゃれなショップなどが立ち並ぶ通りに 地中海をイメージしたという外観が突然現れます。

カサミラは ガウディの建築物の中でも 今も人が住んでいるめずらしい建物。住み心地はどんな感じなんだろう...と思いつつ こちらも外から見学のみ♡

by 江里

f:id:edatabi:20180714114208j:plain

サクラダファミリアを見学後 バルで休憩。

イスラム圏を脱出し アルコール摂取に勤しんでます。

by 勝法

f:id:edatabi:20180714114705j:plain

f:id:edatabi:20180714114639j:plain

長い時間お散歩したら バルでお昼休憩。

ここのオリーブは 今まで食べたオリーブの中で1番のおいしさ♡

スペインに戻ってくると 久しぶりにバルスタイルのお店がたくさんでわくわく。なのに モロッコでほとんどお酒を飲まなかったら 少しのビールで満足な身体になってしまって。もっと飲みたい... いや 飲みたくない...うーん 複雑な心境。

by 江里

 

 

09.13

https://www.instagram.com/p/7kUGCeHzRQ/

ガウディ2つ目 カサバトリョ。
海をデザインに 増改築された住宅。

ステンドガラス 自然光 うちのかみさん 間違いないでしょ(笑)。

by 勝法

f:id:edatabi:20180714115308j:plain

昨日は 朝からカサバトリョへお出かけ。

数年前 友人の写真を見た時に "なんて綺麗な場所なんだろう"と 驚きと憧れの混じったような気持ちを抱いた場所。その時から いつか必ず行きたいと思い続けていた場所。

サクラダファミリアもそうでしたが バルセロナでは久しぶりに "やっと来れた...!" という気持ちを味わった気がします。

by 江里

f:id:edatabi:20180714115404j:plain

カサバトリョでは 3Dガイドの映像と解説を聴きながらまわります。

3Dガイドを向けた方向に合わせて 昔の部屋の様子を再現した映像の中で 部屋の方向が変わったり 窓から光が注ぎ込んできたり。実物と見比べながらまわると楽しくて。他にも 小さな模型でプロジェクションマッピングが見られたりと 観る人を惹きつける工夫がたくさん。

そんなカサバトリョは 世界遺産に含まれるガウディ作品の1つでありながら 私的な所有物のため 公的補助の得られない作品。このため 入場料で得られた収入と私財が投入されて 現在の状態が維持管理されているそう。

それで こんなに完璧な状態をキープできるなんて 感心せずにはいられません。

by 江里

f:id:edatabi:20180714115135j:plain

照明

by 勝法

f:id:edatabi:20180714115155j:plain

天井

by 勝法

f:id:edatabi:20180714115509j:plain

カサバトリョのバルコニーにて。

食堂のあるフロアからバルコニーに出ると カラフルなオブジェがお出迎え。こんな風に 破砕タイルがオブジェだけにとどまらず 壁などの装飾にも使われていて カラフルであたたかい世界を作っています。

by 江里

f:id:edatabi:20180714115541j:plain

カサバトリョの建築の工夫の1つとして 自然光を各階に均等に行き渡らせるよう 構造を工夫していて。

中央にある吹き抜け部分には 青色のタイルが用いられていますが その色調は下の階から上の階に行くにしたがって 淡いブルーからコバルトブルーに変わっていきます。また 下の階の窓は大きく 上の階の窓は小さくすることにより どこかの階だけが暗くなることなく 光の行き届く建物になっていました。


その他にも いろいろと細かい配慮がなされていて ぱっと眺めただけでは分からない部分も解説を通して知ることができ 大満足でした♡


by 江里

f:id:edatabi:20180714115619j:plain

カサバトリョの中の見学が終わったら 通りを渡って少し離れて眺めて。

この日も朝1番(9:00)に見学を開始して 見学中は人がまばらだったけれど 見学が終わった頃には人がたくさん。

早起きは三文の得...ということで 翌日も朝1番の見学は続くのでした。眠い...

by 江里

f:id:edatabi:20180714115652j:plain

カサバトリョのあるグラシア通り沿いにある CAMPERの看板。ワンコとピンクの組み合わせが可愛くて 思わずパチリ。

日本にも 同じ看板あるのかな?

by 江里

f:id:edatabi:20180714120042j:plain

カサバトリョ見学後 手作り 生ハムサンド。

スペインは 生ハムとパンが安いから助かります。

by 勝法

f:id:edatabi:20180714120325j:plain

バルセロナ バル巡り ピンチョス専門店へ。
ピンチョスは 均一で1.95ユーロ 明朗会計で助かります。

ここでは 2人で呑んでいると隣に日本人。その方々と意気投合し 一緒にフラメンコを観に行くことに。

旅先での出逢いって良いもんですね。

by 勝法

f:id:edatabi:20180714120826j:plain

朝からカサバトリョの見学をして 少し疲れたのでお昼休憩をしてから 晩ごはんにピンチョスがたくさんあるバルへ。

そこで たまたま隣同士になった日本人旅行者の方と 飲みながら話しているうちに意気投合して フラメンコを観にご一緒することに。


フラメンコの舞台は 世界遺産となっている カタルーニャ音楽堂。

行きたい行きたいと思いつつ 今回はたくさん観に行くから断念かな...なんて思っていたので 棚からぼた餅みたいな出会い♡

外装 内装ともにアールヌーボー様式のとてもゴージャスで華やかなもので 特に天井のステンドグラスになっている照明がとても美しくて。こちらへは 突然行くことになったのでカメラのバッテリーを持っていなかったのが 今でも悔やまれます...


by 江里

f:id:edatabi:20180714120513j:plain

フラメンコを観に向かった先は カタルーニャ音楽堂。

ここカタルーニャ音楽堂は ガウディのライバル ドメネク イ モンタネールの作品。世界遺産でもあります。天井のステンドグラスが 大変豪華でした。因みに サンパウ病院もドメネクの作品で世界遺産です。

ドメネクもやるね。


また フラメンコは 南米のタンゴや中米のサルサとも違い タップを踏みリズミカル。将来やるなら フラメンコ!


by 勝法

f:id:edatabi:20180720074516j:plain

フラメンコ鑑賞後も 近くのバルで乾杯。

出逢いに感謝。

by勝法

 

 

フラメンコはとても情熱的で それでいてタップダンスのような足さばきが力強くて 美しくて。アルゼンチンで観たタンゴとも キューバで観たサルサとも違う魅力がありました。

観た後もしばらく興奮が冷めやらず 場所を移動して 鑑賞お疲れさまビールをすることになったのでした。

by 江里

 

 

09.14

f:id:edatabi:20180720081730j:plain

ガウディ4つ目 グエル公園。

落ち着いた雰囲気で ゆっくりできる公園でした。

by 勝法

f:id:edatabi:20180720074847j:plain

昨日は グエル公園へお出かけ。

グエル公園は ガウディによってもともとは新興住宅地として造られた場所。ガウディの世界観が詰まった敷地内を見ていると こんな場所に住んだら楽しいだろうな...なんていう気持ちにさせてくれる。

当時のガウディは この場所に 人々が自然と芸術に囲まれて暮らせる新しい住宅地を作ろうとした。しかし 当時はガウディの発想と価値観は理解されず 結局売れたのは60軒の予定が2軒のみで その買い手はガウディと施主のグエイ伯爵だけだったそう。

時代の先を行くと なかなかその時代で評価されないものなんだなぁ...としみじみ。

by 江里

f:id:edatabi:20180720074923j:plain

グエル公園にも 破砕陶器で彩られたモニュメントがたくさん。

この日も朝1番で行ったので (グエル公園の朝1番は8:00...早い...) 人もまばらで 記念撮影もしやすくて。この子の撮影もスムーズにできてよかった♡

by 江里

f:id:edatabi:20180720133456j:plain

この動物は...??

謎だけれど かわいいモチーフが盛りだくさんな園内です。

f:id:edatabi:20180720081622j:plain

グエル公園の朝。

徐々に光が当たりはじめて 辺りや入り口近くの屋根も明るくなってきて。

1日が始まるのを 間近で感じられる朝。

by 江里

f:id:edatabi:20180720080741j:plain

ラナトゥーラ広場のベンチにて。

20世紀初頭には この広場で様々な行事(スポーツ行事など)が行われていたそう。

広場を波を打つようにして囲んでいるこのベンチは 場所によって色合いがまったく違って 観る場所によって全然印象が変わる不思議なベンチ。

by 江里

f:id:edatabi:20180720080816j:plain

ブガデラ(洗濯女)の回廊にて。

この柱に使われている石は 何も手を加えていない石だそうですが その模様がなんだか印象的で。 落ち着きと奥行きを感じさせてくれる空間でした。

by 江里

f:id:edatabi:20180720132850j:plain

ブガデラ(洗濯女)の回廊 オフショット(笑)。

思わず写真に収めたくなる そんなフォトジェニックな場所がたくさんな グエル公園だったのでした。

f:id:edatabi:20180720133656j:plain

この日はバルセロナ散策の最終日。
このため グエル公園の後は 初日に休日だったサン ジョセップ(ボケリア)市場へ リベンジすべくお出かけ。

今回は 無事に市場が営業していて ひと安心。

さて バルセロナの市場はどんな感じでしょうか。

f:id:edatabi:20180720133817j:plain

入り口を入ってすぐのところには スイーツのお店が並んでいました。

バルセロナの地名が入ったカラフルなキャンディは 写真を撮る時のアクセントやお土産にもぴったり。

f:id:edatabi:20180720134511j:plain

新鮮なシーフードも 所狭しと並んでいます。

ソテーするだけでも 美味しく食べられそうです。

f:id:edatabi:20180720133908j:plain

市場の奥には 小さなバル(?)も数件立ち並んでいて 皆さん日中からお酒とタパスを楽しんでいました。

次回 バルセロナに来る時には こういうお店にもお邪魔してみたいものです。


それでは そろそろ宿泊先へ荷物をピックアップしに行って 空港に移動しましょう。あっ その前に 夜のカサバトリョを見に行ってと...

f:id:edatabi:20180720080839j:plain

夜のカサバトリョ。

夜はお昼とはまた違う雰囲気で 中からの光でステンドグラスがキラキラ。今月23日21:00からは カサバトリョでプロジェクションマッピングがあるそうなのですが 私たちは都合が合わず...残念。

by 江里
(上記は 2015年当時の情報です)

f:id:edatabi:20180720080905j:plain

スペイン最後の夜は 久しぶりの空港泊。

バルセロナ空港は広くて 夜遅くまで飲食店や売店が開いていたりして。空港の室温も寒くないのが嬉しい(冷え症な私にはこれが大切))。

そして 買ってきたサラミとビールで乾杯。その後は 少しウトウトしたら 5:00前に荷物を預けて 搭乗までの時間をぼんやり過ごして。


もう何回 空港泊したんだろう。

あと何回 空港泊することになるんだろう。


夜に 荷物用のカートに乗って遊んでる女の子を見たりするのが好き。


by 江里

f:id:edatabi:20180720080944j:plain

太陽と月を表すらしい 天井飾り。

モロッコからスペインへ移動し バルセロナでは5日間の滞在。観光名所も多く 僕たちにしては珍しく 毎日観光してました(笑)。

そんなバルセロナを離れ 明日の飛行機でドイツ ミュンヘンへ向かいます。


待ってろ〜 オクトーバーフェスト!


by 勝法

 

f:id:edatabi:20180720142222j:plain

ガウディ建築の見学について:

本文にも記載していますが ガウディ建築の見学に訪れる観光客の方はとても多く とても混み合います。せっかく素敵な建築物に入場しても 人人人...だと 感動も少し薄れてしまいますよね。

このため ガウディ建築の見学をされる場合は 朝1番の時間に入場できるようにするのがおすすめです。そうすると 比較的観光客の少ない状態で写真撮影ができ 静かに見学を楽しむことができます。

朝1番に入場する方法としては あらかじめ時間指定のチケット予約となる建築物の場合は 1番早い時間のチケットを購入するようにしましょう。そして 当日は同じ時間の中でも早めに入場できるよう 予約時間前に現地に到着しておくと確実です。

なお 今回ご紹介した サクラダファミリア カサバトリョ グエル公園は いずれも時間指定でのチケット予約が可能です。


毎朝早起きなのも疲れますが...その分 素敵な写真を撮れると思いますよ。

 

最後に

バルセロナでは 5日間(最終日は空港泊をしたため 実質滞在は4日間)と短い滞在でしたが ガウディ建築を4カ所回ることができました。

また 気の赴くままにバル巡りをし 世界遺産のカタルーニャ音楽堂ではフラメンコを鑑賞と 普段観光をしない僕たちとしては 十分過ぎるほどにその土地の観光を楽しみました。

それでも 回りきれなかった観光名所は多数あり また訪れたいと思う都市となりました。とは言え 次回訪れたとしても 観光はあまりせず バルを回って過ごしてしまうような気もします。バルセロナでは グラナダとは違って無料のタパスは付いてきませんでしたが...それでも 僕たちにとって スペインのバル文化は大好きなものになりました。

とりあえず バルセロナで食べたオリーブがまた食べたいです(笑)。


そして 久々の空港泊。

この頃には 空港に泊まることにもすっかり慣れ うちのかみさんも旅人として成長したなぁ〜と。旅を初めて間もない時には荷物を抱えてびくびくしていたのに どこでも眠れるようになってしまい 僕のほうが逆に眠れないという。うちのかみさん 適応能力高めです(笑)。


それでは 次回の旅の日記は 飛行機でドイツへひとっ飛び。ミュンヘン空港では 久々の再会も!? そして シンデレラ城のモデルにもなったお城を訪問する フュッセン編をお届けします。



勝法 江里

 

 

<前回の旅の日記>