えだ旅 WORLD JOURNEY

2015.01.04から1年6カ月にわたった 夫婦の世界一周旅と その後の旅の記録

HELLO

DO YOU ENJOY YOUR JOURNEY OF LIFE?

《日本》由布院 移動も楽しむ旅におすすめ JR九州 観光列車「ゆふいんの森」

スポンサーリンク

f:id:edatabi:20180217120212j:plain

はじめに

かみさんの実家 北九州に帰省していた 僕たち。
寒い毎日が続くため 温泉に行ってみることになりました。

そこで どこに行こうかと考えたところ 浮かんだ場所は オシャレな温泉地 "湯布院"。立ち寄り湯が充実していることはもちろん おしゃれな飲食店やお土産屋さんも充実しているという噂。このため 今回は由布院を目指すことにしたのでした。

そんな今回は 由布院日帰り旅 第1弾。
由布院を目指すべく乗車した 豪華観光列車「ゆふいんの森」について ご紹介したいと思います。

 

ゆふいんの森とは

f:id:edatabi:20180217122817j:plain

はじめに「ゆふいんの森」とは JR九州が運行する観光列車の1つです。

同じくJR九州の「ななつぼし」をプロディースした 水戸岡鋭治さんが監修した列車であり 内装は木目調のシックで落ち着いた雰囲気です。

また 観光列車であるため 軽食やドリンク(アルコール販売もあり) お土産の販売を行うブッフェカーがあったり 景色を楽しむことができるサロンカー 家族で楽しめるテーブル付きのボックスシートなど 車内設備も充実。

由布院までの道のりを 飽きることなく楽しめる列車です。

 

運行ルート

「ゆふいんの森」の運行ルートは 下記の通りです。
通常時は 博多-来栖-久留米-日田-由布院-大分-別府へと運行しています。

f:id:edatabi:20180212120726p:plain

画像出展: JR九州

 

f:id:edatabi:20180212120842p:plain

しかし 現在は久大本線の光岡駅~日田駅間の橋梁の流出により 小倉(北九州)経由の臨時運行となっており その運行ルートは 博多-小倉-別府-大分-由布院となります。


そこで 今回は 小倉-由布院間で乗車することにしました。

 

時刻表

こちらの時刻表は 2018.3.16までの臨時運行分のものです。臨時運行分以降のものは ゆふいんの森HPで確認できます。

 

くだり 時刻表

f:id:edatabi:20180212121306p:plain

 

のぼり 時刻表

f:id:edatabi:20180212121339p:plain

 

乗車運賃

・博多-湯布院間:
 乗車券4,750円+指定席特急券2,010円=6,760円
・小倉-湯布院間:
 乗車券3,240円+指定席特急券1,900円=5,140円

その他 お得な切符も発売されており 往復利用なら「ゆふいんのんびりきっぷ」の利用で 小倉-由布院間往復が7,920円となります。

こちらは JR九州の駅窓口やWeb「JR九州 列車予約サービス」で購入が可能です。

 

実際の様子

乗車前の様子

f:id:edatabi:20180217120033j:plain

今回は 10:30発「ゆふいんの森91号」に乗車予定。

このため 乗車前に 駅構内でビールとおつまみを購入。テンションをあげつつ ホームへ向かいました。


ちなみに 写真左の立ち食いうどん屋さん。
いつも良い香りをさせているのです。帰省の時 いつも気になっております。いつか あそこで立ち食いうどんを食べるのが 密かな楽しみです。

f:id:edatabi:20180217133036j:image

ホームに姿を見せた「ゆふいんの森91号」。

"おおー!!"と 思わず夫婦で声を出してしまうほど 堂々としたフォルム。小倉駅のホームが一瞬ざわつきました。それほどまでに 立派な姿です。 

 

 

座席の様子

f:id:edatabi:20180217120620j:plain

僕たちが乗車した 4号車。

木目調の車内に草木を連想させるシート。ちなみに「ゆふいんの森」では 号車ごとにシートカラーや座席配置が違います。

自分のお気に入りの車両を見つける。それも「ゆふいんの森」の楽しみ方かもしれませんね。 

f:id:edatabi:20180217121034j:plain

座席に座ると こんな感じ。大きめのシートは座り心地良しです。2時間ほどかかる 小倉-由布院間の乗車時間も 快適に過ごせること間違いなしです。

f:id:edatabi:20180220220758j:plain

また 観光列車だけあって車窓も広く 景色を堪能することができます。そして 日除けのブラインドも これまたおしゃれ。


ちなみに 景色を堪能するならば 先頭車両の先頭座席もおすすめです。

f:id:edatabi:20180217120900j:plain

先頭車両の様子は こちら。
運転席からのフロントビューが広がり 景色を存分に楽しむことができます。

いつかは 先頭に乗車してみたいと思いますが...予約を取るのが大変そうですね。

f:id:edatabi:20180217121302j:plain

4号車の最後尾には 荷物置き場もあります。

スーツケースなどを持っていく場合は 最後尾の予約をおすすめします。

f:id:edatabi:20180217124042j:plain

1人座席もありました。
お1人様旅行でも 隣を気にせずくつろぐことができますね。

 

 

車内設備の様子

f:id:edatabi:20180217121809j:plain

車両間には 小さな図書コーナーがあります。

f:id:edatabi:20180217121938j:plain

座席に持って帰り 自由に読むことが可能です。


「車窓を眺めながら 読書する」
とっても贅沢な時間が過ごせそうですね。


しかし 僕たちは 終始お酒を飲んでいました(汗)。

f:id:edatabi:20180217122149j:plain

車両間には トイレもちゃんとあります。

f:id:edatabi:20180217122239j:plain

f:id:edatabi:20180217122324j:plain

トイレの隣には "ここは 列車の中ですか!?"と目を疑うほど 大きな鏡があります。女優ライトもあり お化粧直しもばっちりです。

f:id:edatabi:20180217122415j:plain

続いては ブッフェカーです。

こちらには  軽食やドリンク お土産が置いてあるカウンターがあります。カウンターの様子も撮りたかったのですが...多くのお客さんがいたため自粛しました。

f:id:edatabi:20180217122527j:plain

ブッフェカーには 立ち飲みスペース!?もあり 景色を見ながら楽しむこともできます。

f:id:edatabi:20180217122444j:plain

ちなみに LINEでJR九州とお友達になると オリジナルコーヒーを頂けるようです。


恥ずかしがりな僕たちは 残念ながらお友達にならず...。

f:id:edatabi:20180220221055j:plain

また 車内はFree Wi-Fiが使用できます。

事前に 由布院について情報収集ができていない時でも 移動しながら調べられるのは嬉しいですね。

 

 

その他

f:id:edatabi:20180217121711j:plain

さて ブッフェカーにて追加のアルコールとお弁当を購入し 仕切り直しです。

f:id:edatabi:20180217122857j:plain

購入したお弁当は こちら。
車内オリジナル弁当"折鶴"です。

北九州のミュラン獲得店「寿司 竹本」が監修しており 価格は1,500円(税込み)。ミシュラン獲得店監修のお弁当が 素敵な列車の中で1,500円でという手に届く価格帯で売られていることに驚きました。


やりますね JR九州。


なお こちらは車内販売のため 数に限りがあります。見つけたら 乗車記念に購入してみても良いかと。

f:id:edatabi:20180217123827j:plain

こちらが お品書きです。
お酒好きにはたまらない おつまみ満載のお弁当でした。


この他にも お酒が好きな方には 車内で販売されている"安心院ワイン(1,750円/本)"もおすすめです。渋みがほとんどなく飲みやすいので グビグビ飲めてしまうワインでした。

 

 

由布院へ到着

f:id:edatabi:20180220220622j:plain

こんな感じで 車内見学をし お弁当を食べ お酒を飲んでいたら ほどなく由布院へ到着しました。2時間って あっという間ですよね。

あまりに快適だったため もう少し満喫したかったですが それはまた次の機会に。

 

おわりに

今回は 豪華観光列車「ゆふいんの森」のご紹介でした。

目的地までの時間を楽しむことも 旅の醍醐味ですよね。「ゆふいんの森」は そんな移動自体をも楽しむ旅のスタイルの場合には 最適な移動手段だと感じました。

観光列車という オシャレな乗り物を知ってしまった 僕たち。ぜひとも 他の観光列車にも乗ってみたいなと思ったのでした。


それでは 次回は 由布院到着後の様子や日帰り温泉スポットなどについて まとめてみたいと思います。

 




本日もお付き合いいただき ありがとうございました。



勝法