えだ旅 WORLD JOURNEY

2015.01.04から1年6カ月にわたった 夫婦の世界一周旅と その後の旅の記録

HELLO

DO YOU ENJOY YOUR JOURNEY OF LIFE?

《日本》お得な新幹線移動 「ぷらっとこだま」を乗りこなそう

スポンサーリンク

f:id:edatabi:20171028121837j:plain

はじめに

「美味しい餃子が食べたいね」そんな話しをしていた 僕たち。たまたま夫婦で休みが合ったため 浜松へ餃子を食べに行こうという流れになりました。


それでは 東京から浜松への移動はどうしよう?


そこで 東京から浜松までの移動手段を調べてみると 飛行機は距離が中途半端だし バスはさすがに時間がかかる。新幹線はチケット代が高い...なかなか 通常の移動手段ではピンとくるものが見つからず。

しかし よくよく調べてみると 新幹線のこだま(各駅停車)を利用してリーズナブルに移動ができる 「ぷらっとこだま」というプランがあるではありませんか。これは ぜひ国内旅行に行く方にはお知らせしたい。

そこで 今回は お得に新幹線移動ができる 「ぷらっとこだま」について ご紹介します。

 

「ぷらっとこだま」とは

f:id:edatabi:20171101084604p:plain

画像出典: JR東海ツアーズ

 

まず 「ぷらっとこだま」とは JR東海ツアーズが企画する募集型企画旅行です。券売機で購入するような 新幹線の乗車券ではありません。

このため 利用するには少しの制限がありますが 東海道新幹線にかなりお得な料金で乗車することができる おすすめできる移動手段だと思います。

それでは 次からは 「ぷらっとこだま」のメリット/デメリットについてご紹介します。

 

「ぷらっとこだま」のメリット

お得な料金設定

まず 「ぷらっとこだま」の1番のメリットである お得な料金設定をご紹介します。

 

f:id:edatabi:20171028123743p:plain

(2017年10月現在)

 

普通に新幹線を利用した場合 通常期の東京-浜松間の所定運賃は8,290円です。しかし 「ぷらっとこだま」を利用すると その料金が6,600円となります。その差額1,690円です。


すでにお得に感じませんか(笑)?


そして その距離が伸びると より両者の差額が大きくなります。

例えば 東京-大阪間では その差額が3,640円にもなってしまいます。この差額分で 大阪観光時のたこ焼き代くらいは補えますよね。


さらに驚きなのが グリーン車にも「ぷらっとこだま」の制度があること。

 

f:id:edatabi:20171028124213p:plain

(2017年10月 現在)

 

1,000円から1,500円の追加料金はかかるものの ゆったりシートで静かなグリーン車に乗車できるのです。

例えば 2人で東京-京都へ「ぷらっとこだま」を利用してグリーン車で向かうと 所定運賃よりも13,160円もお得になります。ここまでくると 1泊分の宿代くらいは浮いてしまいそうです(笑)。


ちなみに 僕たちは 東京-浜松の短時間移動だったため 普通車で移動することにしました。

 

指定席でゆっくり

「ぷらっとこだま」は 事前予約をする分 全席指定席となります。

これは どんなにその日が混雑していたとしても 自分の席が確実に確保されているということ。東京や品川からの利用であれば 空席を見つけられる可能性は高いですが 途中乗車では自由席に空席がない可能性も。

そんな心配がないのが 「ぷらっとこだま」の良いところです。

 

1ドリンク引換券付き

「ぷらっとこだま」は 単に乗車券のみのプランではありません。

なんと 1ドリンクと引き換えられる 引換券が付いてくるのです。そして この引換券の嬉しいところは 引き換え対象がソフトドリンクだけでなく 缶ビール(350ml)などと引き換えることができるということ。


これ すごくないですか!?

ただでさえ お得な料金で乗車できるのに ビールまで付いてくるなんて。お酒好きな僕たちは 大喜びです。


なお ドリンクの引き換え場所は 駅のKioskなどの所定の場所のみになります。新幹線の車内販売は利用できない(こだまには車内販売がない)ことや ご当地ビールのような少し高価なビールとは引き換えができませんのでご注意ください。

 

「ぷらっとこだま」のデメリット

ここまでは 良い所ばかりの「ぷらっとこだま」
しかし お得な裏には 少しばかりの制限があるのです。

移動時間がかかる

「ぷらっとこだま」で利用できるのは 新幹線の中でもこだま(各駅停車)のみ。途中駅では より移動時間の短い ひかりやのぞみに抜かれてしまいます。

このため 時間に制限がある方にはおすすめできませんが ビールでも飲んで ゆっくり移動したい。そんな方には ちょうど良い移動時間になるのではないかと思います。

 

前日までに予約が必要

「ぷらっとこだま」は JR東海ツアーズが企画する募集型企画旅行とのこと。このため 事前に申し込みをする必要があります。

当日に思い立って購入することができないため ある程度予定が決まっている場合でないと利用が難しいかと思います。「ぷらっとこだま」を利用する場合は 前もって予定を立てて予約をしましょう。

 

指定した列車 座席 区間以外では利用できない

「ぷらっとこだま」では 予約時に列車の時間と座席 区間を指定し 発券後には指定内容以外での利用はできません。

このため 乗り遅れができなかったり 気ままに途中下車もできませんのでご注意ください。

しかし 新幹線を利用する方は ある程度目的地が決まっているかと思いますので 時間をしっかり守れば 使い勝手は良いかと思います。

 

予約変更はできない

所定運賃で新幹線を利用した場合は 窓口で予約変更を行うことができますが 「ぷらっとこだま」の場合 予約変更はキャンセル扱いとなり 手数料がかかります。LCCなどと同じですね。

このため 予約する前に 確実に予定を決めておきましょう。


それでは 次からは 購入方法のご紹介です。

 

「ぷらっとこだま」の購入方法

f:id:edatabi:20171101085722j:plain

JR東海ツアーズが企画する「ぷらっとこだま」の購入方法は 以下の3通りあります。

インターネットからの購入

インターネットを利用する場合は e-ぷらっとネット にて購入することができます。e-ぷらっとネットとは JR東海ツアーズが運営する「ぷらっとこだま」を購入するシステムのことです。

購入可能期間は ご利用日の1か月前の11時から出発5日前までとなります。

 

www.jrtours.co.jp

 

電話での購入

電話を利用する場合は ぷらっとこだまコールセンター(0120-945-244 (10:00-18:00 年中無休(年末年始は除く))にて購入することができます。

購入可能期間は 出発2日前(JR東海ツアーズへの来店受け取り可能な場合)までとなります。

 

JR東海ツアーズ支店での購入

「ぷらっとこだま」は JR東海ツアーズの各種支店で直接購入することも可能です。

この場合は 出発前日まで購入することができます。このため 支店のある場所は限られますが ギリギリに予定を立てた場合でも安心です。

 

JR東海ツアーズの各種支店はこちら↓

f:id:edatabi:20171028133605p:plain

画像参照: JR東海ツアーズ

 

空席確認はこちら

「ぷらっとこだま」の空席確認は Web上で行うことができます。旅行を計画する際に その時期に空席があるかなどを把握したい場合は 下記で確認をされると良いかと思います。

 

ぷらっとこだま空席状況 | 京都 旅行をはじめ新幹線のお得なツアーはJR東海ツアーズ

(2018年3月9日まで毎日運行予定です)

 

快適移動に+α

「ぷらっとこだま」では 先のご案内の通り こだまでの移動となるため 移動時間がかかります。そこで 心配になるのが スマホやパソコンの電源問題。これ 現代人の永遠の悩みですよね。


その永遠の悩みを解決させるのが N700系車両の利用です。

N700系車両では 窓側席と前後の座席に電源コードが備わっており 長時間の移動中に充電をしながら移動することが可能です。

 

f:id:edatabi:20171103085544p:plain

ぷらっとこだま|JR東海ツアーズ

 

「ぷらっとこだま」では 上記のように Web上でどの車両が使用されているかを確認した上で予約をすることができます。


このため 日頃より電源問題を気にされている方は 予約の時に少し注意してみても良いかもしれませんね。

 

実際の様子

それでは ここからは 実際に「ぷらっとこだま」を利用した様子をご紹介します。

チケット到着時の様子

f:id:edatabi:20171031210655j:plain

まずは インターネットでチケットを予約。
その数日後には JR東海ツアーズから「ぷらっとこだま」の乗車券とドリンク引換券が届きました。

チケットの入っている袋には 「ぷらっとこだま」の使用上の注意点なども記載されていますので 利用前に目を通しておくとスムーズかと思います。

f:id:edatabi:20171031211110j:plain

こちらが こだまの乗車券です。

「この列車に限り有効です」との記載があり 1度予約をすると 日時 座席 区間変更はできませんのでご注意ください。また 払い戻しもできません。

当日は 寝坊しないように気をつけましょう。

f:id:edatabi:20171031211536p:plain

そして こちらがお楽しみのドリンク引換券です。

ソフトドリンク(660ml以下(医療部外品除く)) 缶ビール(350ml以下) 酎ハイや発泡酒(500ml以下) ワイン(187ml以下(本券+170円の追加料金が必要))への引換ができます。残念なことに 日本酒への引換はできません。


また こだまでは車内販売サービスがありません。

車内で快適に過ごすために 出発前にしっかりと準備をしておくことをおすすめします。

 

チケット利用時の様子

f:id:edatabi:20171031212015j:plain

いよいよ 出発当日。
無事 寝坊せずに起きられました。よかった。


それでは いざ東京駅へ。


普段は八重洲口を利用するのですが この日は丸の内口から東京駅へと向かいました。丸の内口には立派な駅舎があり 味がありますよね。

f:id:edatabi:20171031212216j:plain

まずは 改札内のGRANSTA(グランスタ)へ。
車内で楽しむために おつまみ選びを。

こちらには まい泉の「ヒレかつサンド」や地雷也の「天むす」など 大好きな商品が並んでいました。どれにしようか しばらく悩んでしまう 僕たち。

f:id:edatabi:20171031213312j:plain

続いては いよいよドリンクの引換に向かいます。

f:id:edatabi:20171031213411j:plain

「ぷらっとこだま」のドリンク引換券は このようなステッカーのあるKioskで利用することができます。


僕たちのお目当は もちろんビール!!


缶ビール(350ml)との引換ができるため どのビールにしようか悩むところです。しかし 350ml以下のビールでも "The軽井沢ビール"のプレミアムシリーズなど 高価なビールとの引き換えはできません。

スーパードライや一番搾り "The軽井沢ビール"でもプレミアムシリーズ以外であれば引換可能だったため その場で店員さんに聞いてみるのが安心かと思います。

f:id:edatabi:20171031213851j:plain

おつまみも飲み物も揃ったら 乗車しましょう。

「ぷらっとこだま」は全席指定席のため 出発ギリギリに乗車しても 座席がなくなる心配はありません。このため ゆっくりと出発準備を整えられるのは嬉しいところです。

f:id:edatabi:20171031213634j:plain

じゃじゃじゃーん!!


まずは eashion(イーション)で購入した オードブルセット。ビールは "The軽井沢ビール"の秋季限定 高原の錦秋をセレクト。

f:id:edatabi:20171031214143j:plain

こちらは まい泉のメンチかつとスーパードライ。僕たちの定番です。

f:id:edatabi:20171031214212j:plain

出発したら 早速乾杯!!


浜松まで 快適な移動を楽しんだのでした。

 

おわりに

今回は 東京(9:26発)-浜松(11:21着)間 約2時間の新幹線の旅でした。

購入価格は6,600円/1人と 所定運賃よりも1,690円もリーズナブルになり 加えて1ドリンク付き。ドリンク引換券 これは地味に嬉しかったです。


お得に移動できるだけではなく ビールまで付くという 至れり尽くせりの「ぷらっとこだま」。少しの制限はありますが 納得のプランだったため 次回も利用したいと思います。皆さんも 移動手段の選択肢の1つに加えてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

それでは 本日もお付き合いいただき ありがとうございました。



勝法