えだ旅 WORLD JOURNEY

2015.01.04から1年6カ月にわたった 夫婦の世界一周旅と その後の旅の記録

HELLO

DO YOU ENJOY YOUR JOURNEY OF LIFE?

《アメリカ》グランドサークル 無料で楽しむフォトジェニックな絶景スポット ホースシューベンド情報

スポンサーリンク

f:id:edatabi:20170709155958j:plain

2015年7月 1US$≒124円

はじめに

皆さん ホースシューベンドというところをご存知ですか?

昨今の絶景ブームに乗り グランドサークルの中でも注目を集め始めている場所。それがホースシューベンドです。名前は知らなくとも 写真を見たことがある方はいるかもしれません。

そこで 今回は グランドサークルの中でも珍しい "無料"で観光できるフォトジェニックな絶景スポット ホースシューベンドついて まとめてみました。

 

そんな ホースシューベンドは 僕たちの滞在していた レイクパウエルのキャンプ場から 車で20分弱の距離にあり 簡単に訪れることができました。

 

レイクパウエルのキャンプ場情報はこちら↓

ホースシューベンドとは

f:id:edatabi:20170709151905j:plain

写真のように コロラド川が蛇行し 馬蹄(馬のヒヅメ)のような地形を形成している場所です。アメリカで2番目に大きい人工湖 レイクパウエルから少し下流に位置します。

ちなみに ホースシューベントの下流には 世界的にもっとも有名な大渓谷 グランドキャニオンがあります。コロラド川は 雄大ですね。

 

ホースシューベンドのベストシーズン

f:id:edatabi:20170430162055j:plain

ホースシューベンドには ベストシーズンというものはなさそうです。その理由としては 緑が多いわけでもなく 雨が降って道がぬかるみ トレッキングができなくなるということもないからです。

しかし ホースシューベンドだけを訪れる方は少ないかと思いますので 周りの観光スポットのベストシーズンに合わせて訪れるのが良いかと思います。近隣にある国立公園やその他の観光スポットは 気候も落ち着く 春と秋がベストシーズンとされています。

なお どの季節に訪れたとしても ホースシューベンド周辺は日陰がありません。アリゾナの紫外線は想像以上に強いので 日焼け防止グッズ(帽子 サングラス 日焼け止めなど)は必須かと思います。

 

ホースシューベンドへの行き方

ホースシューベンドへは 最寄り町Page(以下 ページ)からのアクセスが簡単です。国道89号線を南へ6kmほど進むと 右手にホースシューベンドの駐車場が見えてきます。

この駐車場に車を停め ホースシューベンドを望むビュースポットまでは 徒歩で約15分ほど。距離にして1km前後で到着することができます。

 

ホースシューベンドへの地図はこちら↓

 

しかし "最寄り町 ページまでどうやっていくの!?"というのが 多くの方の本音でしょう。


日本から個人で向かう場合は ラスベガスからレンタカーを利用して訪れることになるかと思います。ラスベガスからの距離は440km 時間にして4時間30分程度です。強行すれば日帰りも可能!?かもしれませんが 体力勝負となり あまりおすすめできません。

近隣には グランドキャニオンやアンテロープキャニオンなど おすすめスポットも沢山あります。せっかくグランドサークルを訪れる機会ができたのであれば ぜひゆっくり時間をかけて そちらにも訪れていただきたいです。


なお 個人で向かう場合以外では 現地発着を含めて 各旅行会社からホースシューベンドを訪れるツアーが企画されています。ツアーを利用する場合であれば ラスベガスからの日帰りも可能かと思います。

 

ホースシューベンドの入場料

ホースシューベンドは アメリカの国立公園でも ナバホ族の所有地でもない コロラド川の一部です。

このため 嬉しいことに 入場料などは必要ありません。
グランドサークル内では珍しい "無料"で観光できる絶景スポットなのです。

バックパッカーの僕たちには "無料"という言葉ほど ありがたいものはありませんでした。しかも 物価高めなアメリカで(笑)!


とは言え バックパッカーだけでなく 旅行者全員の懐に優しい絶景スポットですよね。

 

実際の様子

まずは 専用駐車場に車を停め 案内板に沿って 荒野を歩いていきます。

15分ほど歩いて行くと...

f:id:edatabi:20170709155743j:plain

どーーーん!!



目の前に広がる 雄大なコロラド川が見事に蛇行している姿。これが ホースシューベンドかぁ〜。ほんとに馬蹄みたい。

雄大な景色に しばし言葉を失ってしまいました。

 

f:id:edatabi:20170709155840j:plain

見ての通り 柵などは一切ありません。

以前 観光客が転落したこともあったようですが それ以降も柵などは作らず 自己責任で楽しんでくださいというスタンス。日本では考えられないですね。


ちなみに 僕が写っているのがわかりますか!?

f:id:edatabi:20170709155813j:plain

こちらが 少しズームした写真です。


少しでもホースシューベンドのスケールの大きさが伝わればと思って撮影したのですが...比較が難しいですね。何と言っても スケールが大きすぎて 写真にホースシューベンドが収まりきらないという(汗)。

f:id:edatabi:20170709160050j:plain

高いところが苦手な うちのかみさん。

ギリギリに座って 写真を撮らせてくれました。明らかに腰が引けてますね(笑)。

 

 

そして 世界の絶景をバックにけん玉を。

 

f:id:edatabi:20170709160120j:plain

この日は朝早めの時間に訪れ しばらくぼんやりと渓谷鑑賞を。時間とともに 渓谷内に光が差し込み 輝きが変化していく様子を楽しむことができました。


もし 短時間の滞在時間しか確保できそうにない場合は 太陽が高く登っている正午前後の時間に訪れるようにしましょう。そうすると 渓谷全体に太陽光が行き渡り 色鮮やかに明るく輝いている写真を撮ることができるかと思います。

そして その時は 可能であれば正午よりも少し早めの時間がおすすめです。その理由は 観光客の数が少ないからです。時間が経つにつれて いろんな場所からホースシューベンドに向かって来る観光客の方が増えてきます。そうすると 静かに楽しむのも難しくなるかと。


せっかく素敵な場所を訪れるのであれば 1番良い状態で景色を楽しみたいですよね。

 

最後に

今回は 写真に撮るのも楽しい フォトジェニックな絶景スポット ホースシューベンド情報でした。

実は 旅の途中で旅人仲間に聞くまでは知らなかった場所でしたが 実際に見てみると 自然の造形美と迫力に圧倒されたのでした。グランドサークルの中でもいくつかある 水の力強さを感じられる場所の1つだと思います。

もし このブログを読んで 興味を持っていただけた方がいましたら嬉しいです。


それでは 次回は グランドサークルの中で1番行きたかった場所。僕にとっては懐かしい場所でもある グランドキャニオンについて。グランドキャニオン内のキャンプ場情報などもまとめてお届けしたいと思います。

 

次回記事はこちら↓

憧れのグランドキャニオンと園内のキャンプ場情報

 

 

 

 

それでは 本日もお付き合いいただき ありがとうございました。


勝法