えだ旅 WORLD JOURNEY

2015.01.04から1年6カ月にわたった 夫婦の世界一周旅と その後の旅の記録

HELLO

DO YOU ENJOY YOUR JOURNEY OF LIFE?

《アメリカ》グランドサークル アメリカの原風景 モニュメントバレーと近隣のキャンプ場情報

スポンサーリンク

f:id:edatabi:20170709173751j:plain

2015年7月 1US$≒124円

はじめに

グランドサークルをレンタカーで周遊していた 僕たち。その期間中は キャンプ場に寝泊りをし アメリカの大自然を満喫していました。

そんな生活も5日目が過ぎ 徐々に慣れてきた この頃。次に訪れたのは 憧れの土地 モニュメントバレーでした。

ということで 今回は ネイティブアメリカンの聖地であり アメリカの原風景が広がる モニュメントバレーと近隣のキャンプ場情報について まとめてみました。

 

モニュメントバレーとは

アメリカ合衆国西南部のユタ州南部からアリゾナ州北部にかけて広がる地域一帯の名称である。 メサといわれるテーブル形の台地や、さらに浸食が進んだ岩山ビュートが点在し、あたかも記念碑(モニュメント)が並んでいるような景観を示していることからこの名がついた。 古くからのナバホ族居住地域で、居留地となった現在では、その一部はナバホ族管轄のもと一般に開放する形で公開されており、ナバホ族の聖地とも呼ばれ有名な観光地となっている。

参照元: Wikipedia 

 

古くから アメリカの原風景として親しまれている モニュメントバレー。

高さ300mにも及ぶ赤土の岩が連なる 壮大な景色が魅力です。これらの岩は 5,000万年の年月をかけ 雨や風の侵食により 今の姿が形作られたと言われています。


また こちらは 映画インディージョーンズやバックトゥーザフューチャー フォレストガンプのロケ地となったことでも有名です。そのためか この土地を訪れると カウボーイやネイティブアメリカンの姿を容易に想像することができます。

なお こちらは アメリカの先住民族(ネイティブアメリカン)であるナバホ族が治めている地域であり アメリカの国立公園などではありません。そのため ナバホ族独自のルールがあるため 訪問には多少の注意が必要です。

 

モニュメントバレーHP: NAVAJO NATIONPARKS

 

 

それでは 次に モニュメントバレー訪問時の注意事項をみていきましょう。

 

モニュメントバレー訪問時の注意事項

先ほどお伝えした通り モニュメントバレーはナバホ族の自治地域になります。このため 滞在中は ナバホ族独自のルールに基づいて 注意が必要な点がいくつかあります。

そこで 簡単ではありますが モニュメントバレーを訪れる際の注意事項を下記にまとめてみました。

訪問前に注意点を確認し 安全に。
そして お互いが快適に過ごせるよう 行動には気をつけたいものですね。

 

SCENIC DRIVE(シーニックドライブ)は未舗装路

モニュメントバレーでは より近くでメサ(平たい岩山)やビュート(孤立丘)を楽しみたい場合は ビジターセンターより先(モニュメントバレー内の有料地域内)にあるシーニックドライブを走ることになります。

しかし このシーニックドライブはガタガタの未舗装路。晴れた日で 路面が乾燥していれば普通の乗用車でも問題はありませんが 雨が降ると路面がぐちゃぐちゃに...最悪 抜け出せなくなる可能性もあるとか。

このため 有料地域内の観光には ツアー利用か4WD利用が推奨されています。


なお 個人で向かう場合はシーニックドライブのみにしか入れないため より奥地まで行きたい場合はツアー申し込みが必要です(グールディングロッジかビジターセンターにてツアー申し込み可能)。

 

ナバホ族の自治地域内では 車両保険が適応されない

ナバホ族の自治地域は ナバホ国と位置づけられており 米国政府からは独立した国家という形となっています。このため モニュメントバレー内の有料地域を観光する場合は ナバホ族の自治地域内となり 車両保険の適応範囲外(米国の車両保険は適応されない)となります。

ということは シーニックドライブを走る場合も車両保険は適応されません。皆さん 観光の際には 交通事故にはくれぐれもご注意ください。


とは言いつつ 僕たちは 有料地域内は観光しませんでした(笑)。

 

ナバホ族はアルコール禁止

毎日の晩酌が欠かせない そんな僕たち。
正直 これが1番辛かったです(汗)。

モニュメントバレー近隣にあるキャンプ場や 隣接していたスーパーマーケットにもお酒は置いていませんでした。

絶景を見ながら おいしいお酒を飲みたかったのですが...こればっかりは 仕方ないですね。"郷に入ったら郷に従え"です。

 

モニュメントバレーのベストシーズン

f:id:edatabi:20170430162055j:plain

モニュメントバレーは 年間300日以上晴天に恵まれる土地です。このため いつ訪れても素敵な風景を見ることができるでしょう。

しかし 日陰は少なく 夏は35℃以上になることもあります。また 標高も1,500mと意外と高く 日中と夜間の温度差にも注意が必要です。このため モニュメントバレーを訪れるには 気候が落ち着いている春と秋が比較的良いとされています。

なお 冬になると積雪もあり 雪のモニュメントバレーを見ることができるため魅力的ですが 運転には注意が必要です。

 

モニュメントバレーの行き方

モニュメントバレーへは ラスベガスやソルトレイクシティーからは600km以上あるため 大都市からの日帰り観光は難しいです。

なお 有料地域内を観光するには モニュメントバレーのビジターセンターで入場料を支払うこととなります。ビジターセンターは 国道163号線を曲がり 少し進んだところにあります。

また 国道163号線の西側には Kayenta(カイエンタ)という町があり モニュメントバレーまでは42km 車で30分程度でアクセスができます。カイエンタには キャンプ場やスーパー レストランなどもあります。

 

モニュメントバレーの地図はこちら↓

 

モニュメントバレーの入園料とビジターセンター営業時間

モニュメントバレーの入園料:

f:id:edatabi:20170526151451j:plain

 

1.自家用車(4人以下)→1台あたり20US$(1人追加ごとに6US$必要)
2.個人(徒歩や自転車)→1人あたり20US$

 

ビジターセンター営業時間:

1.ピークシーズン(5/1-9/30)→6時-20時 7days/week
2.オフシーズン(10/1-4/30)→8時-17時 7days/week
3.感謝祭日(11月の4週木曜日)→8時−12時
クリスマス 元旦は休業となります。

また これらは予告なしに変更となる場合があります。このため 出発前に再度下記HPにてご確認ください。

 

モニュメントバレーHP: NAVAJO NATIONPARKS

 

モニュメントバレーの楽しみ方

モニュメントバレーの見所といえば やはり巨大なビュートだと思います。

モニュメントバレーは 硬さの異なる地層において 硬い地層では侵食が止まり 周囲のみ侵食が進むことで 独特の形が形成されていきました。その中で 高さが直径よりも大きくなったもの(細長いもの)がビュート 直径の方が大きいもの(テーブル状のもの)がメサと呼ばれます。

モニュメントバレー内(有料地域内)に入ることで そのビュートたちを存分に堪能することができる...らしいです。


なにぶん 僕たちは入場していないため 断言できずといった感じです(汗)。

 

SCENIC DRIVE(シーニックドライブ)

バレーロードとも呼ばれるもので 27kmのドライブコースを回ります。数あるビュートを回りながら 写真を撮るのにはもってこいだと思います。

しかし モニュメントバレーの注意事項でもお伝えしましたが シーニックドライブは未舗装路のため 天候や運転には注意しましょう。

 

Wildcat Nature Walk(ワイルドキャットネイチャーウォーク)

モニュメントバレー内を個人(ガイド無し)で歩くことができる 唯一のトレッキングルートです。

岩山の周りを一周するループ状のトレッキングルートで その距離5.3km 所用時間は1時間30分-2時間です。途中 水分補給のできる場所がないかと思いますので 十分な準備をしていきましょう。

 

 

先ほどからお伝えしている通り 僕たちはモニュメントバレー内(有料地域内)へは入場しませんでした。このため モニュメントバレー内の情報が希薄になってしまいすみません(汗)。

なぜ入園しなかったかというと 国道136号線からの眺めがとても素晴らしく それで満足してしまったためです。

 

f:id:edatabi:20170526134921j:plain

僕たちのモニュメントバレーのイメージは まさにこの場所でした。


ビュートに続く 一本道。
このどこまでも続くような道が アメリカの大きさを物語っていると思っていた場所です。


入園料をケチったというのも 若干ありますが(笑)。この場所からの景色を眺めて すっかり満足してしまったのでした。

f:id:edatabi:20170526151415j:plain

そして こちらで記念撮影を。


この場所は フォレストガンプポイントと呼ばれ 国道136号線上にあり 東(メキシカンハット)からモニュメントバレーへ向かう途中に現れます。カイエンタから向かう場合は モニュメントバレーのビジターセンターへの角を通り過ぎ 車で15分程度です。


ちなみに この場所から綺麗にビュートを撮ろうとする場合 順光になるのは午前中のため 早めの時間に訪れるのがおすすめです。

また 国道136号線は交通量が多く このあたりを通る車はかなりスピードも出しているので 撮影にはくれぐれもご注意ください。


写真では余裕な表情の僕たちですが かなり撮影に手こずった 思い出の場所です(汗)。

 

フォレストガンプポイントはこちら↓

 

モニュメントバレー近隣のキャンプ場について

モニュメントバレー内にもキャンプ場はありますが 僕たちは入園しなかったため 国道163号線を挟んで反対側にあるキャンプ場を利用しました。

 

施設の概要

【宿名】goulding's lodge & campground
【評価】
1.設備:★★★☆☆(キャンプ場としては)
2.清潔さ:★★★☆☆
3.ロケーション:★★★★★
4.スタッフ:★★★★☆
5.コストパフォーマンス:★★☆☆☆
総合得点 17/25点
【住所】1000 Main Street, グールディング, UT 84536, アメリカ
【HP】Goulding's Lodge & Campground (トリップアドバイザー)
【宿泊日】2015.7.28-29
【料金】30.86US$(3,826円)/1サイト/1night
【予約方法】ウォークイン
【設備】
・受付
・温水シャワー/トイレ
・流し台
・Wi-Fi(受付周辺のみ使用可)
・スーパーマーケット
・ガソリンスタンド

 

キャンプ場の地図はこちら↓

 

キャンプ場の様子

今回も キャンプ場内の写真は撮り忘れてしまいました。すみません。しかし このキャンプ場からの夕景は素晴らしかったです。

f:id:edatabi:20170526154610j:plain

夕日を浴びて 赤く染まるビュート。

f:id:edatabi:20170526154820j:plain

刻々と色彩を変えていく景色は ずっと眺めていられます。

f:id:edatabi:20170526154518j:plain

月とメサです。

敷地内には キャンプ場の他にも ホテルやスーパーマーケット ガソリンスタンドなどもあり 小さな町のような場所でした。

f:id:edatabi:20170526154401j:plain

それぞれのキャンプサイトには サイトごとにBBQができるコンロが設置されていました。この場所で 僕たちは キャンプファイヤーを楽しみました。

キャンプファイヤーを眺めていると なんとも心が落ち着きますよね。

 

 

 

最後に

今回は ナバホ族の聖地とも言われるモニュメントバレーと 近隣のキャンプ場情報でした。

ナバホ族の自治地域のため 他の国立公園などとは違いがあるものの 景色は素晴らしいものがありました。これぞアメリカの原風景といえる景色は 一見の価値ありかと思います。

次に訪れる機会があれば モニュメントバレー内にも入ってみたいな(笑)。

 

 

 

 

それでは 次回は 鉄砲水の芸術作品。地層と光の織りなす神秘的な世界が広がる アンテロープキャニオンの様子をご紹介します。


本日もお付き合いいただき ありがとうございました。



勝法