えだ旅 WORLD JOURNEY

2015.01.04から1年6カ月にわたった 夫婦の世界一周旅と その後の旅の記録

HELLO

DO YOU ENJOY YOUR JOURNEY OF LIFE?

《ペルー》イカの宿情報「Hotel Villa Jazmin」

スポンサーリンク

ペルー イカ ワカチナの素敵な宿

2015年4月 1ペルーペソ≒38.2円

はじめに

クスコから バスで走ること 15時間30分。

アンデス山脈の山道を 車酔いしながら やって来たのは 砂漠の町イカ。

イカという町の名を 聞きなれない方も多いかと思います。僕たちも この旅に出るまでは知りませんでした。ペルーといえば 天空の城マチュピチュや ナスカの地上絵が有名です。しかし ペルーには 絵に描いたような砂漠のオアシスがあるのです。

そんな 砂漠のオアシス「ワカチナ」がある 最寄りの町がイカです。

そこで 今回は 砂漠のオアシス「ワカチナ」への観光も可能な イカの素敵な宿情報です。かみさんの誕生日月間ということで 久しぶりに良い宿に宿泊してみました。

 

イカやワカチナでの様子はこちら↓

イカの宿のご紹介

施設の概要

【宿名】Hotel Villa Jazmin
【評価】
1.設備:★★★★★
2.清潔さ:★★★★★
3.ロケーション:★★★★☆
4.スタッフ:★★★★☆
5.コストパフォーマンス:★★★★☆
総合得点22/25点
【住所】Los Girasoles 7, Ica, ペルー
【HP】Hotel Villa Jazmin (トリップアドバイザー)
【宿泊日】2015.5.9-11
【料金】179ペルーペソ(6,838円)/ダブルルーム/1泊
【予約方法】Booking.com
Booking.comでの空室確認はこちら
Agodaでの空室確認はこちら
【設備】

WIFI

洗濯機

不明

シャワー

乾燥機

不明

冷蔵庫

ミニバー

ランドリー

サービス

エアコン

荷物預かり

キッチン

×

その他

朝食ビュッフェ
TV
プール
Bar

宿の地図はこちら↓

室内の様子

イカの宿の客室

今回 僕たちが宿泊したツインルームです。

室内は広々しており 清潔感もありました。机やソファーがあり くつろぐには十分です。

イカの宿の水回り

トイレと洗面所です。

大きな鏡がある洗面台に かみさんはニンマリでした。

イカの宿のシャワールーム

シャワーは 水圧も温水の出も ともに良好です。

砂漠で遊んだ後は 体のいたるところに砂がついています。水圧が強いシャワーで洗い流せたのは とても気持ち良かったです。

補足情報

まずは 良いところ

ホテル内はどこも綺麗で快適

イカの宿の客室は広々快適空間

何をするにもストレスがなかった 広々な客室。

その他 共有スペースも清潔で ゆっくりと旅の疲れを癒すことができました。長旅の途中 たまには良い宿で息抜きするのも 時には必要ですよね。

 

ビュッフェスタイルの朝食が美味しい

イカの宿の朝食

朝食は ラウンジでのビュッフェスタイルになります。

その他に オムレツやホットサンドなどをカウンターでオーダーすることができ 出来立てあつあつのものを食べることができます。また スタッフは英語も通じるため スムーズにオーダーすることができました。

久しぶりに食べる おいしいアメリカンブレックファストに 南米にいることをついつい忘れてしまう瞬間でした。

 

大きなプールでくつろげる

砂漠のオアシスでプール

こちらの宿には 大きなプールがついています。
また デッキチェアーとパラソルがあるため プールサイドでのんびりすることも可能です。

宿泊者はこれらを自由に使用することができ 客室から水着でそのままアプローチできるのも良かったです。 

プールサイドでビール

プールサイドで 地元のビールを飲みながらぼんやり。

マテ茶とマクラメとプールと

この日は 旅人仲間に教えて貰ったマクラメを編みながら。南米でハマった マテ茶でリラックスタイム。

マテ茶...未だに時々飲みたくなるから不思議です。 

イカの宿のプールサイドはバー

夕暮れをすぎると プールサイドはバーへ早変わり。

おしゃれな南米ミュージックを聴きながら のんびりとお酒を楽しむことができます。

とても美味しいピスコサワー

南米でよく飲んだカクテル ピスコサワー。

こちらのバーのピスコサワーは フローズンカクテルのようになっていて とてもおいしかった思い出があります。もし 同じ宿に滞在される方がいましたら ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

なお ピスコとは ペルーやチリでよく飲まれている ブドウを原料とした蒸留酒です。焼酎やウイスキーと同じ作り方になります。

ちなみに ブドウを醸造するとワインとなります。

でも それだけじゃありません 気になるところ

移動にはタクシーが必要

世界のリゾートホテルや オシャレな宿って アクセスが悪い場合が多々ありませんか?

こちらの宿は イカ中心部より タクシーで15分程の位置にあります。徒歩では かなり歩くことになるため タクシー利用がおすすめです。

なお 近くに気軽に買い物ができるお店やレストランがあるわけでもないので 宿に行く前に イカの町で必要な飲み物などを購入していきましょう。

こちらの宿は 知名度も抜群であったため 流しのタクシーでも迷わずに宿まで到着できました。また セキュリティーがしっかりしている住宅街(?)の中にあったため 宿周辺の治安も安全でした。

ちなみに 砂漠のオアシス ワカチナへはタクシーで18分程です。宿でタクシーを呼んでもらうことができ ドライバーのマナーも良かったため ボラれることもありませんでした。 

最後に

今回のイカの宿 誕生日月間ということもあり 少し奮発した宿泊先となりました。しかし 7,000円弱でこのクオリティーの宿に宿泊できる イカという町。南米の中でも コスパが良いと感じ この旅でも有数の快適宿でした。

イカやワカチナは 少しづつ観光客が増え始めています。それでも マチュピチュやナスカほどではなく まだまだ穴場感のある観光地です。南米で砂漠のオアシス観光もおすすめです。



勝法

 
 

予約をする前に まずはサイトで比較♡

“"