読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えだ旅 WORLD JOURNEY

2015.01.04から1年6カ月にわたった 夫婦の世界一周旅と その後の旅の記録

HELLO

DO YOU ENJOY YOUR JOURNEY OF LIFE?

《アルゼンチン》イグアス国立公園 世界三大瀑布イグアスの滝 観光情報まとめ

スポンサーリンク

イグアスの滝 世界三大瀑布

2015年3月 1US$(≒120円)=13.5アルゼンチンペソ(闇両替)

はじめに

大自然の宝庫アルゼンチンでは 南部パタゴニア以外にもおすすめスポットがあります。それが アルゼンチン北部にある 世界三大瀑布の1つ イグアスの滝。

大量の水が一気に滝つぼに流れ落ちる その雄大な姿と 雨のように降りかかってくる水しぶきは ただただ圧巻。そして 広い敷地内には 自然の中で暮らす野生動物や蝶々がたくさん。のんびりとお散歩をしていても心地良い マイナスイオン溢れる場所でした。

そんな今回は 世界三大瀑布イグアスの滝の観光情報について まとめました。

 

パタゴニアのアクティビティ 宿 移動情報まとめはこちら↓

イグアスの滝とは

まずは いつもの通り ウィキさんに聞いてみました。

イグアス川の下流にある。この滝を含むブラジルのイグアス国立公園とアルゼンチンのイグアス国立公園は、ともにユネスコ世界遺産に登録されている。最大落差80メートル以上。「悪魔の喉笛」(Garganta del Diablo) が有名な観光名所である。歩いても船でもヘリコプターでも観光できる。 アメリカのT.ルーズベルト大統領が夫妻で訪れた際、イグアスの滝を見た夫人が「かわいそうなナイアガラよ」と言った話は有名。

参照元:Wikipedia

 

なるほど。

アルゼンチンとブラジルにまたがるイグアスの滝は 世界三大瀑布の1つとされています。ちなみに その他の2つは アメリカとカナダにまたがるナイアガラの滝と ジンバブエとザンビアにまたがるビクトリアの滝です。

イグアスの滝とは 大小約275個の滝の総称。
その中でも 最大落差80mもある "悪魔の喉笛"は圧巻のスケール
です。

また 世界三大瀑布の中でも 水量が多いと言われるイグアスの滝。水量は 毎秒65,000トンにもなります。これがどれくらいすごいかというと ビクトリアの滝の約8倍 ナイアガラの滝の約24倍の水量とのこと。水量だけ見ても 世界三大瀑布のはずなのに イグアスの滝の1人勝ち状態です。

イグアスの滝へは アルゼンチン側からはプエルトイグアスという町 ブラジル側はフォストイグアスという町からアプローチが可能です。

僕たちは アルゼンチン側のプエルトイグアスから向いました。次は プエルトイグアスについてです。

プエルトイグアスについて

プエルトイグアスへの行き方

プエルトイグアスへは アルゼンチン国内からの場合は ブエノスアイレスから長距離バス1本で行くことができます。その他にも アルゼンチンの北部の町からであれば 容易にアプローチできるかと思います。

また 他国からの場合 ブラジルのフォストイグアスやパラグアイのシウダーデルエステからも 路線バスを使い 比較的簡単に行くことができます。

僕たちは ブエノスアイレスから夜行バスで向かいました。ちなみに ブエノスアイレス-プエルトイグアス間の長距離バスは アルゼンチンのドル箱路線。各社が凌ぎを削っているため リーズナブルな料金で質の高いサービスの提供がされておりおすすめです。

 

ブエノスアイレス-プエルトイグアス間の移動の詳細はこちら↓

おすすめのシーズン

イグアスの滝のおすすめシーズンは やはり水量が増える時期です。熱帯雨林地域に属するため 1年中降水量は多いものの 中でも10-3月は特に降水量が多いとのこと。また この時期は夏季にあたり 気温も30℃を超えるため 滝に濡れても寒くありません。

よって 10-3月がベストシーズンと言えます。しかし 12-1月はアルゼンチンの夏休みにあたり混み合うため それ以外の時期であれば より観光もしやすいかと思います。

プエルトイグアスの宿情報

イグアスの滝の最寄り町プエルトイグアスは 観光地だけあって多くの宿があります。町の中心はバスターミナル周辺ですが そのあたりは便利が良い分 宿泊費も少し高くなります。

このため エコノミーな旅をしている僕たちは バスターミナルから徒歩15分程度の場所に宿をとりました。こちらの宿は 客室が広々 近所にスーパーもあり 自炊メインで旅をされている方にはおすすめです。

 

僕たちが宿泊した宿についてはこちら↓

イグアスの滝への道のり

アルゼンチン側のイグアスの滝は イグアス国立公園内にあります。イグアス国立公園入口までは プエルトイグアスのバスターミナルから直通バスが運行されています。

バスの運賃は 往復100アルゼンチンペソ(888円)/1人です。便数も多かったため 直接バスターミナルへ向かえば スムーズに乗車できるかと思います。

 

プエルトイグアスのバスターミナルはこちら↓

 

イグアス国立公園の入場料は 260アルゼンチンペソ(2,311円)/1人でした。入場チケットの購入にはパスポートが必要ですのでお忘れなく。

 

イグアス国立公園の入場料について:
2016.5より入場料が値上がりし 入園料は330アルゼンチンペソとのことです(2017.1現在)。アルゼンチンに関しては 物価の上昇が続いているため 最新の状況は直前にHPで確認をお願いします。

アルゼンチン側 イグアス国立公園のホームページ

イグアス国立公園のHP: IGUAZU ARGENTINA

 

イグアス国立公園の開園時間は 8-18時です。

公園内はとても広く いくつかのトレイルルートがあります。このため 思う存分楽しむためには ①朝からの観光に出掛ける ②マップをもらったときに どの滝を見に行くかを事前に決めてから歩き始める ようにするとスムーズです。

 

公園内のマップはこちら↓

イグアス国立公園のMAP

画像出典: 01Argentina Travel Agency

実際の様子

イグアス国立公園内とそれぞれの滝の様子

イグアス国立公園に入場

イグアス国立公園の入場ゲートです。
久々の観光のため テンション上がっております。

イグアス国立公園内のトロッコレール

国立公園内は とても広いです。

歩いて回ることも可能ですが 時間を気にする方は トロッコを利用することもできます。ちなみに トロッコは無料で乗ることができ 国立公園入口から 国立公園奥にある悪魔の喉笛付近まで行くことが可能です。

イグアス国立公園はとても広い

イグアス国立公園 公園内を走るトロッコ

トロッコはこんな感じです。

イグアスの滝と虹

トレイルルートを歩いていると 時折滝が姿を現します。トロッコに乗ってしまうとみれない景色のため 僕たちはまずはトレイルルートを歩いてみることにしました。

イグアスの滝は見所たくさん

イグアスの滝は大自然の中にあるオアシス

イグアスの滝 下からの眺め

小さな滝の滝つぼ近くに行くことができました。 そこまで大きくない滝でも 近づくと地響きのような大迫力!

滝つぼに突っ込むアトラクション

イグアスの滝に突っ込むアトラクション

写真の滝つぼの中に オレンジ色の何かが写っているのが分かるでしょうか。これは イグアスの滝で 1番人気のアトラクションです。

どのようなアトラクションかというと ボートでイグアスの滝に突っ込むだけ。単純だけど 楽しそうなアトラクション。いやはや テンションが上がりますね⤴︎

 

皆様には分かっていただけるかと思いますが ほぼ事故です(笑)


楽しそうなものは 何でも経験してみたい僕たち。
実際に やってみることにしました。

イグアスの滝に突っ込むアトラクションに乗り込む

滝に突っ込むアトラクションに乗り込んだ うちのかみさん

泳げない うちのかみさん。

溺れたらどうしようと心配しておりましたが 実際はこの笑顔。

ボートに乗ってイグアスの滝に突っ込みます

徐々に近づいてくる 滝つぼ。
この付近でも 水しぶきがバシャバシャかかります。

 

実際に 滝つぼに突っ込んだ時の動画はこちら↓

そして 最終的には 滝つぼに 4回突っ込みました。
突っ込んでいる時間はごく短時間なのですが とても楽しかったです。

 

アトラクション参加方法

チケット購入方法: 園内入口付近の売店 または プエルトイグアスのバスターミナルでも購入が可能。どちらで購入しても 価格は変わりなかったです。

料金: 270アルゼンチンペソ(2,400円)

注意事項: アトラクション参加時間は 空きがある時間を指定することが可能です。チケットにはその時間が記載され 時間までに船着場に到着し 待機しておかなければいけません。なお アトラクション参加中は 荷物などは専用の防水袋に入れることができますが 身体はビショビショになるため 濡れても良い服装で臨まれることをおすすめします。ちなみに 僕は上半身裸 かみさんは水着で挑みました。

イグアス国立公園のかわいい動物たち

自然が豊富な国立公園内では たくさんの動植物を観察することもできます。

イグアス国立公園内の蝶々

綺麗な模様の蝶々。

イグアス国立公園内のアナグマ

愛くるしいハナグマ。

しかし 愛くるしいからと無闇に手を出すと その牙と爪で怪我をさせられる恐れがあるので くれぐれも見るだけにしましょう。写真を撮る分には 特に何もされませんでした。可愛い。

イグアス国立公園内nのカラフルな鳥

昼食時に寄ってきた カラフルな鳥。

とても人に慣れている様子の鳥で 鳴き声も独特でした。

イグアスイグアス国立公園内の蝶々はリュックが好き

蝶々たちよ 僕のリュックから蜜でも出ているのかい(笑)

世界三大瀑布 イグアスの蝶々

蝶々パラダイス。

イグアスの滝のハイライト 悪魔の喉笛

イグアスの滝 ハイライトの悪魔の喉笛への道

最後に訪れたのは "イグアスの滝のハイライト"とも言われる 悪魔の喉笛です。イグアス川が突然凹んでいるような場所が 悪魔の喉笛になります。

少し離れた場所からでも "ごごごぉぉー"という地響きが聞こえてきました。


そして しばらく歩いていくと...

イグアスの滝 悪魔の喉笛

ごごごごぉぉーーー!!!

 

 

こちらが イグアスの滝のハイライト 悪魔の喉笛です。大量の水が一気に流れ落ち ぶつかり合うため まるで水しぶきがシャワーのよう。

全体をうまく写真に収めることができないくらい スケールの大きな滝でした。

この雰囲気は ぜひとも生で体感していただきたいです。

悪魔の喉笛の水量がハンパない

滝突っ込み後に乾いた体も 再びビショビショに(笑)

悪魔の喉笛と蝶々

悪魔の喉笛にも 可愛い蝶々がいました。 

最後に

以上 世界三大瀑布の1つ イグアスの滝の観光情報でした。

今回 僕たちはアルゼンチン側だけで満足してしまいましたが 友人("photowise"のナオミさん)のブログでは アルゼンチン側 ブラジル側のどちらも訪れ 比較をしてくれていました。写真が綺麗で とても分かりやすいブログだったので載せておきます。参考までにどうぞ。

 

そんな ナオミさんのブログはこちら↓

photowise.main.jp

 

アルゼンチン側 ブラジル側 どちらから見ても そのスケールに感動することでしょう。

日本から イグアスの滝を目当てに出掛けるのは大変かと思いますが 世界一周や長期の旅で南米ルートに入れているような方には おすすめ観光スポットかと思います。そして もし訪れる際には ぜひ滝に突っ込むアトラクションをおすすめします。



勝法