読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えだ旅 WORLD JOURNEY

2015.01.04から1年6カ月にわたった 夫婦の世界一周旅と その後の旅の記録

HELLO

DO YOU ENJOY YOUR JOURNEY OF LIFE?

《アルゼンチン》ブエノスアイレスからプエルトイグアスへの移動「Via Bariloche」

スポンサーリンク

Via Barilocheの枕を持って いざ出発!

2015年3月 1US$(≒120円)=13.5アルゼンチンペソ(闇両替)

はじめに

ブエノスアイレスから 次に向かった先は アルゼンチン ブラジル パラグアイの国境付近にある プエルトイグアスという小さな町。プエルトイグアスは 世界三大瀑布の1つ イグアスの滝のお膝元の町です。

今回は そんなプエルトイグアスへの めずらしくカマクラスの長距離バスを使った ちょっとリッチな移動情報です。

 

ここで注意事項 その①:

闇両替イメージ画像

私たちがこちらの宿に宿泊したのは 2015年3月のこと。その頃は US$を持っていくと 相場の1.5倍程度の高レートでアルゼンチンペソへ両替してくれる"闇両替"が横行していました。このため ややリーズナブルに宿泊できていたものの 2015年12月に大統領が代わり 闇両替も廃止となりました。

また アルゼンチンでは経済情勢が不安定なため アルゼンチンペソの価値が低下し インフレが進んでいる状況です。2016年8月のブエノスアイレス市発表のインフレ率は 前年同月比43.5%の上昇とのこと。

参考にしたのはこちらのHP: 在アルゼンチン日本国大使館

私たちの宿泊したのは1年以上も前になるため この記事に掲載されている価格(上記闇両替レート使用時の価格)は参考程度に考えていただいたほうが良いかと思います(実際 この時に2015-2016年の地球の歩き方を持っていましたが 2015年3月時点でどこも掲載されている価格の1.5-1.8倍程度に上昇していました)。

このため アルゼンチンへ行かれる際には 余裕を持った資金計画を立てられることをおすすめします。

ブエノスアイレス-プエルトイグアスへの移動方法

ブエノスアイレス-プエルトイグアス間の移動方法は 下記の2つがあります。

 

飛行機
移動時間: 1時間50分
価格: 20,000円強
参照サイト: スカイスキャナー

 

長距離バス
移動時間: 17-19時間
価格: 850-1,100アルゼンチンペソ(7,555円-13,555円程度)

 

 

僕たちは 長距離バスを利用することにしました。


理由として ブエノス-イグアス間はアルゼンチンでも屈指のドル箱路線とのこと。このため 競合他社が多く 日々しのぎを削っているため 値段は控えめですが サービスは良いとのこと。

また 他の路線に比較しても カマがリーズナブルな価格設定となっており カマとセミカマの価格差が小さいバス会社が多いです(南米の長距離バスのシートクラスに関しては 下記参照のこと)

加えて この路線のカマクラスは 夕食にアルコールのサービスがあります(バス会社によります) しかも 中には ビール ワイン ブランデーなどが飲み放題のバスもあるとか! お酒好きな僕たちは それ目的で長距離バスのカマクラスにすることとしました。



結局 アルコールです(笑)

 

 

ここで 長距離バスのシートについて:

バス イメージ画像

南米では 長距離バスのシートがクラス分けされていて シートのクラスに応じて料金も変わります。そこで 今回は 世界一周や長期旅行者をされる方が使用することの多い 2つのクラスについて簡単にまとめてみました。

 

1.カマ(飛行機でいうと ビジネスクラス並のシート)
3列シートで シートは160-180度近くリクライニングが可能。寝心地が良いため できるだけ移動後に疲れを残したくない方にはおすすめ。バス会社によって異なるが 料金はおおむねセミカマの1.3-1.5倍程度。

 

2.セミカマ(飛行機でいうと エコノミークラス並のシート)
4列シートで シートのリクライニングはカマよりは控えめ。しかし 南米のバスは4列シートでも幅が広く リクライニングもしっかりめなため カマには及ばないものの快適に移動することができます。私たちは 節約のためセミカマを利用することが多かったです。

 

この他にも "クラシコ"(セミカマの下のクラス(普通クラス):地元の方が利用することが多く リーズナブルではあるが 盗難などの被害を受けやすい一面も...)や バス会社によっては"カマスイート"(カマのさらに上のクラス:ファーストクラス並のシートやサービスになるが その分価格はUP⤴︎)などがあったりもします。

エコノミーな旅をされている場合は 価格面と安全面のバランスからセミカマを利用することが多くなるかと思いますが バス会社によってはカマとセミカマの料金がそこまで違わないこともあります。

また 広大な南米のバス移動では 20-30時間バスに乗りっぱなしなこともしばしば。そんな長距離路線では "カマ"のシートの方が疲れにくく サービスも行き届いていて快適なため これらを上手に使い分けながら旅をされることをおすすめします。

チケットの購入方法

ブエノスアイレスのバスターミナルの様子

バスチケットは 出発前日にバスターミナルで購入しました。出発当日であれば 値引き交渉もしやすいと思います。

しかし 前日でも 多少の値引き交渉はできました。

 

Via BarilocheのHPイメージ画像

会社: Via Bariloche
発着時間: 18:50発-翌12:10着(17h20min)
価格: 1,000アルゼンチンペソ(8,888円:闇レートにて)/1人

 

上記は 僕たちが乗車したカマクラス(ビジネスクラス)の料金です。こちらの会社のセミカマクラス(エコノミークラス)は 当時の価格が900アルゼンチンペソ(8,000円)でした。

100アルゼンチンペソ(888円)をプラスするだけで 3列シートのアルコール付きに乗ることができると考えると...このぐらいの贅沢は良いかなと(笑)

 

ブエノスアイレスのバスターミナルはこちら↓

ここで注意事項 その②:

レティーロ駅の裏側は ブエノス有数のスラム街となっているため そこには絶対に近づかないようにしましょう。通り掛った時に 興味本位で見ようとしたり カメラで撮影しようとするのは厳禁です。

また レティーロ駅周辺はケチャップ強盗が多いことでも知られています。僕たちの知り合いの中でも レティーロ駅周辺で数人がケチャップ強盗に遭遇していました。その手口を知っていたため 物を取られることはありませんでしたが...ケチャップのような物をかけられ とても落ち込んでいた思い出があります。

車内の様子

カマクラスの3列シートはとても広々

3列シートの座席は こんな感じです。

広々した座面と ふかふかのフットレスト。それに加えて リクライニング約170°のほぼフルフラット状態。17時間の移動でしたが 時間が許すなら丸1日でも乗っていられるほど快適でした。

移動中の様子

1日目)

21:00 夕食タイム

Via Barilocheの夕食の様子

夕食はこちら。
生野菜が提供されたのには びっくりしました。

これに加え 温かい主菜(ヒレカツのようなもの)が付きました。

Via Barilocheの夕食の様子(ワイン付き)

お待ちかねのワインです。
もちろんアルゼンチン産のワインで 赤 白を選ぶことができます。

いただいたのは しっかりとした深みのある味わいで お肉によく合うMALBEC(マルベック)を使ったワイン。

アルゼンチンではMALBECチリではフランスでは貴重な品種となってしまった(フランスでは 150年前に寄生虫により絶滅したといわれる)CARMENERE(カルメネーレ)を使ったワインをよくいただいておりました。

しかし こちらのバスでのアルコール提供は このワインのミニボトル1人1本のみ。飲み放題を期待していましたが おかわりをもらうことはできませんでした。残念。

 

 

2日目)

6:55 朝食タイム

Via Barilocheの朝食の様子

こちらは朝食。
パンとスナック。そして 温かい飲み物が出ました。

長距離バスの中で 暖かい飲み物や食べ物をいただけるなんて びっくりしました。チリの長距離バスに比べても 食事とサービスの質がUP⤴︎したことを実感したのでした。

 

 

10:10 食休み...

朝ごはんを食べた後はまたぐっすり...

寝相が良いのやら 悪いのやら。あはは。

 

 

12:00過ぎ プエルトイグアス到着

出発から17時間経過し 無事にプエルトイグアスへ到着。ほぼ定時到着となり プエルトイグアス到着後は そのまま宿へ向かいました。

最後に

南米の中でも アルゼンチンのバスはクオリティーが高いといわれています。

今回のカマクラスの移動は 終始快適そのものでした。コンパクトな造りの僕たち2人にはもったいないくらいの広々としたシートで ワインと食事のついた優雅な移動をすることができました。

南米移動の中でも 特に長時間のバス移動となる際には たまにの息抜きに ちょいとリッチなバス移動をされてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

勝法