読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えだ旅 WORLD JOURNEY

2015.01.04から1年6カ月にわたった 夫婦の世界一周旅と その後の旅の記録

HELLO

DO YOU ENJOY YOUR JOURNEY OF LIFE?

《マレーシア》えだ旅 世界一周 33カ国目 20日間 かかった費用まとめ

スポンサーリンク

f:id:edatabi:20170108140429j:plain

2016年12月-2017年1月 1RM≒26円

はじめに

シンガポールから長距離バスに乗り たどり着いたのはマレーシア。

世界一周に出るまでは 正直 そこまで意識をしたことはなかった国。しかし 実際に行ってみると 多民族国家ならではの興味深い文化や おいしい食べ物もたくさん。世界一周中に出会った旅人さんにも "マレーシアの食べ物が1番おいしかった"と 猛プッシュされたのが納得できるほど。

何をするにもリーズナブルで すっかり居心地が良くなってしまったマレーシアは エコノミーな旅をしている私たちでも楽しめる とても素敵な国だったのでした。

 

マレーシアでのそれぞれの詳細はこちら↓

マレーシアでかかった費用83,923円(3,227.8RM)/20days

マレーシアへは 2016.12.28-2017.01.16までの19泊20日 マラッカ クアラルンプール イポー ペナン島に滞在。ゆっくりと年越しをするために向かった クアラルンプール(以下 KL)での滞在が10泊11日となり マレーシアでは1番長い滞在となりました。

それだけの期間滞在しても 物価の高いシンガポールからマレーシアに移動すると全てがとてもリーズナブルで 気持ちが楽になってしまいます。

イスラム教が国教の国のため アルコールが高いことだけがネックでしたが お財布にもとても優しい国
となりました。

 

マレーシアでの移動経路についてはこちら↓
(左上のボックスをクリックすると 宿や移動方法の詳細が表示されます)

交通費:5,569円(214.2RM)

交通費の内訳は
①観光地への往復
②各都市間の移動(マラッカ-KL間 KL-イポー間 イポー-ペナン島間) にかかった費用となります。

この中でも 特に料金がかかったものは KL-イポー間のマレーシア鉄道での移動で 1人当たり(650円)25RMになります。その他 KLでいろいろなモスクに行った際の交通費 イポー-ペナン島間の交通費などが含まれますが 4都市滞在のため移動も多かった割には 交通費はリーズナブルだったと思います。

なお 私たちの家計簿では 各国間の移動にかかる費用は別でまとめているので マレーシアでの費用には入っていません。参考までに 次の国タイのリペ島への交通費は 1人当たり3,640円(140RM)となります。

食費:24,187円(930.25RM)

マレーシアは他民族国家のため マレー料理や中華料理 インド料理 中国とマレーが融合してできたニョニャ料理など さまざまな料理を食べることができます。味付けも日本人好みのものが多く 食べることが好きな人にはたまらないグルメな国です。

このため マレーシアではほとんど毎日外食をしていました。 

f:id:edatabi:20170108121247j:image

朝食におすすめなのは "ロティチャナイ"という カレーにロティというパンが付いたセット。私たちは "テーシーコソン"という砂糖抜きのミルクティーを合わせて 朝の楽しみにしていました。

ロティチャナイ1皿26円(1RM) テーシーコソン1杯39円(1.5RM)

f:id:edatabi:20170108121323j:image

"ナシレマ"という ココナッツミルクで炊いたお米にサンバル(マレー系のチリソース)を合わせ 魚やナッツ きゅうりや小魚のフライ ゆで卵やフライドエッグなどが添えられたものも 朝食にはぴったりです。

テイクアウトの屋台では1個39円(1.5RM-) お店では1皿91円前後(3.5RM前後)

 

 

特に マレーシアでも"美食の町"との呼び声の高いイポーやペナン島は おすすめ食事スポットがたくさんの町でした。

f:id:edatabi:20170108121409j:image

イポーでイチオシな "タウゲアヤム"

イポーの町は水がきれいなため おいしいもやしが育ち 名物料理となっています。これにジューシーな地鶏が合わさって ビールがすすみます。

お腹いっぱいになって 2人で合計676円(26RM) 

 

イポーが気になった方は こちらもどうぞ↓

 

f:id:edatabi:20170108121441j:image

ペナン島で食べた ローストポークとローストチキンのセット。外側は香ばしくカリッと 身の部分はスパイスがほどよく効いて ジューシーで柔らかでした。

これにテーシーコソン2杯を付けて 2人で合計702円(27RM)

 

この食事のリーズナブルさは エコノミーな旅をしている バックパッカーの私たちにはとても嬉しかったです。ただし 前述しましたが アルコールは高いので...そこだけはご注意ください。

宿泊費:28,080円(1,080RM)

マレーシアでは マラッカ(Booking.com) KL(Airbnb) イポー(Agoda) ペナン島(Booking.com)ともに ダブルルームの個室に 2人で合計19泊しました。

特に 快適かつリーズナブルに滞在できたのが KLにあるLilyさんのコンドミニアム。

こちらはAirbnbで予約したのですが 日本人ホストさんのホスピタリティがとても行き届いています。しかも KL中心部にもアクセスが良い立地にも関わらず 日割りにすると2人で1,768円/1部屋という良心的な価格。

f:id:edatabi:20161026144449j:plain

時には おいしい日本食を振舞ってくれたり。

f:id:edatabi:20170108124654j:plain

日中はコンドミニアムにあるプールで みんなで泳いだり。

久しぶりの日本食を味わって 毎日しっかり運動もできて 世界一周中を通してみても 1-2位を争えるくらい 健康的な毎日を送っていた気がします。

 

Lilyさんのコンドミニアムについてはこちら↓

 

 

 

マレーシアの宿をお探しの方は こちらからどうぞ。
Booking.comでの空室確認はこちら
Agodaでの空室確認はこちら

 

今なら Airbnb登録で 初回からご利用可能な割引クーポンプレゼント中♡

 

観光費:728円(28RM)

観光費には KLで映画を観に行った料金が含まれます。マレーシアでは映画がリーズナブルで 時間によって多少料金の変動はありますが 最新作でも1人当たり300-350円程度で観ることができます。

また マレーシアでは おもにモスク巡りと食べ歩きをして過ごしていましたが モスクはかわいいローブもレンタルすることができ 入場料は無料。特に 全てがピンクでできている"ピンクモスク"は 写真に撮りたくなること間違いなしの 女性の旅人さんにおすすめな観光スポットです。

f:id:edatabi:20170108143507j:plain

絨毯までピンクなピンクモスク。

 

ピンクモスクについてはこちら↓

通信費:728円(28RM)

書類を国外へ郵送した料金が含まれます。

雑費:24,631円(947.35RM)

こうして見直してみると 思いの外雑費が出費になっていることが判明(汗)

こんなに雑費が高くなってしまった原因は ①基礎化粧品を買い揃えた ②SDカードリーダーが壊れてしまい買い直した ③消耗品がなくなり買い足した(シャンプー 虫除けなど)ことが挙げられます。

最も大きな出費は "帰国に向けてちゃんとした基礎化粧品に戻したらどうか"という旦那さんの配慮で買い揃えた Aesop(イソップ)のスキンケア用品。その心遣いが嬉しい♡

f:id:edatabi:20170108143647j:image

お言葉に甘えて 持ち運びが重いのに もりもりお持ち帰り(笑)


というわけで ここで1つプチ情報が...マレーシアでAesopのものを購入すると 化粧水1本当たり1,200円ほどリーズナブルです。はい たまには なかなか活用しにくい情報も載せていきますよ(笑)

その他に マレーシアではシャンプーやコンディショナーが地味に高いのでご注意ください。パンテーンなどの普通のシャンプーで 500mlボトル1本500-600円程度してしまいます。


そう考えると この雑費の部分がなければ 日割りにすると2人で合計3,094円/日まで費用が下がりますね。雑費という名の出費...おそるべし(笑)

最後に

こんな風にマレーシアのことをまとめていると 節約をあまり気にしないでも過ごせる状況に "アジアって こんなにのびのび過ごせるんだ"と驚いたのが ずいぶん昔のことのような気がします。


あぁ おいしい食事を食べに行くためだけでも マレーシアに行きたい✈︎

なんて思ってしまうくらい マレーシアで食べる食事にすっかり魅了されてしまった そんな私たちなのでした。


次回のかかった費用まとめでは すっかりハマって 滞在期間2カ月超。この旅の中で1番長い滞在となった 微笑みの国 タイでのまとめをお届けしたいと思います。

それでは 今日も良い1日を。



江里