えだ旅 WORLD JOURNEY

2015.01.04から1年6カ月にわたった 夫婦の世界一周旅と その後の旅の記録

HELLO

DO YOU ENJOY YOUR JOURNEY OF LIFE?

《アルゼンチン》プエルトイグアスの宿情報「El Guembe Suites」

スポンサーリンク

世界三大瀑布イグアスの滝にて

2015年3月 1US$(≒120円)=13.5アルゼンチンペソ(闇両替) 1US$(≒120円)=8.75アルゼンチンペソ(正規レート)

はじめに

世界三大瀑布である イグアスの滝。
南米大陸で訪れたかった場所の1つです。

イグアスの滝へのアクセスは アルゼンチン側のプエルトイグアス またはブラジル側のフォスドイグアスという町から向かうのが一般的。なお この他にも パラグアイのシウダードデルエステという町に宿泊し ブラジルを経由して イグアスの滝に行くこともできます。

そんな今回 僕たちは アルゼンチン側のプエルトイグアスに宿を取り イグアスの滝を楽しむこととしました。

それでは プエルトイグアスで宿泊した コスパ良しの宿のご紹介です。

 

ここで注意事項:

闇両替イメージ画像

私たちがこちらの宿に宿泊したのは 2015年3月のこと。その頃は US$を持っていくと 相場の1.5倍程度の高レートでアルゼンチンペソへ両替してくれる"闇両替"が横行していました。このため ややリーズナブルに宿泊できていたものの 2015年12月に大統領が代わり 闇両替も廃止となりました。

また アルゼンチンでは経済情勢が不安定なため アルゼンチンペソの価値が低下し インフレが進んでいる状況です。2016年8月のブエノスアイレス市発表のインフレ率は 前年同月比43.5%の上昇とのこと。

参考にしたのはこちらのHP: 在アルゼンチン日本国大使館

私たちの宿泊したのは1年以上も前になるため この記事に掲載されている価格(上記闇両替レート使用時の価格)は参考程度に考えていただいたほうが良いかと思います(実際 この時に2015-2016年の地球の歩き方を持っていましたが 2015年3月時点でどこも掲載されている価格の1.5-1.8倍程度に上昇していました)。

このため アルゼンチンへ行かれる際には 余裕を持った資金計画を立てられることをおすすめします。

プエルトイグアスでの様子はこちら↓

プエルトイグアスの宿のご紹介

El Guembe Suitesの外観

施設の概要

【宿名】El Guembe Suites
【評価】
1.設備:★★★☆☆
2.清潔さ:★★★☆☆
3.ロケーション:★★★☆☆
4.スタッフ:★★★★☆
5.コストパフォーマンス:★★★★★
総合得点18/25点
【住所】Tarefereros 119, Puerto Iguazú, MN, アルゼンチン
【HP】El Guembe Suites (トリップアドバイザー)
【宿泊日】2015.4.8-11
【料金】144アルゼンチンペソ(2,032円:正規レート)/ダブルルーム/1泊
【予約方法】Booking.com
Booking.comでの空室確認はこちら
【設備】

WIFI

洗濯機

不明

シャワー

乾燥機

不明

冷蔵庫

ランドリー

サービス

不明

エアコン

荷物預かり

キッチン

その他

プール
BBQ設備
朝食付き

宿の地図はこちら↓

室内の様子

僕たちが宿泊した広々ツインルーム

僕たちが宿泊したのは ダブルベットとシングルベッドがある 広々ツインルームでした。

共有スペースの様子

こちらが共有スペースです。

毎朝 食パンとジャムと飲み物という朝食が出ました。簡単なものであっても 朝食付きだと地味にとても嬉しいです。

広々としており 使い勝手が良いキッチン

広々としており 使い勝手が良いキッチン。ただし 調理器具は少なめでした。

シャワーとトイレの様子

シャワーとトイレも清潔でした。

補足情報

まずは 良いところ

広々とした客室

2人で荷物を広げても余裕なツインルーム

客室はツインルームでしたが とても広々としており 2人で荷物を広げても余裕がありました。ブエノスでの滞在が 男女別ドミトリーだったこともあり 今回は何も気にせずにくつろぐことができたのは嬉しかったです。

 

近所にスーパーが数件

徒歩5分程度のところにスーパーが3件あり 買い出しはとても楽でした。

ビールやワインは 基本瓶で売られており ビール瓶に関しては返却するとデポジットが戻ってくるシステムです。

ビールが好きな僕たちは 毎日晩酌するとつい大量の空き瓶が出てしまいます。そんな時 ビール瓶の返却を考えると 徒歩5分程度の場所にスーパーがあるのはとても助かります。

ワインのアテにオリーブをお持ち帰り

プエルトイグアスのスーパーでは オリーブの量り売りも盛んに行われており ワインのアテとして よくお持ち帰りしました。

アルゼンチンの締めくくりはやっぱりステーキで

アルゼンチン最後の夜は 締めくくりとなるステーキを頂きました。

 

近くに美味しい アサード屋(Parilla Chin-Chulin)がある

久しぶりの外食にテンションUP

久しぶりの外食に テンションUPな僕たち(笑)

炭火でじっくり焼き上げられた ジューシーなお肉

牛肉大国アルゼンチン。外食費の高いパタゴニアと 首都ブエノスアイレスでは自炊ばかりだったため プエルトイグアスでは外食をしてみることに。

今回は "トリップアドバイザー" で評価の高かった こちらのお店にお邪魔しました。

じっくりと炭火で時間をかけて焼き上げられるお肉は 外はこんがりで中はジューシー。食べ応えのあるボリュームで 店内の雰囲気も良かったです。

 

 

Parilla Chin-Chulin

住所: 1070, Av. Victoria Aguirre 1002, Puerto Iguazú
電話番号: 不明
HP: Parilla Chin-Chulin (トリップアドバイザー)
営業時間: 12:00-23:00(事前に確認されることをおすすめします)

 

お店の地図はこちら↓

でも それだけじゃありません 気になるところ

キッチンにアリさんがいる

砂糖などを扱う関係で キッチンでは しばしばアリさんの行脚を見かけました。まぁ 南米を旅していると気にならなくなりますが...。とりあえず 客室にはアリさんはいなかったので 調理の際に気をつければ問題ないかとは思います。

最後に

プエルトイグアスでは イグアスの滝を見に行く以外は 基本的に宿でぼんやりしていました。やはり 近くにスーパーがあり お昼からお酒を飲めてしまう環境がそうさせてしまうのかと思います。その分 とてもリラックスできる宿でした。



勝法

 
 

予約をする前に まずはサイトで比較♡

“"