えだ旅 WORLD JOURNEY

2015.01.04から1年6カ月にわたった 夫婦の世界一周旅と その後の旅の記録

HELLO

DO YOU ENJOY YOUR JOURNEY OF LIFE?

《アルゼンチン》ブエノスアイレスの宿情報「上野山荘ブエノスアイレス別館」

スポンサーリンク

ブエノスアイレス オベリスク

2015年3月 1US$(≒120円)=13.5アルゼンチンペソ(闇両替) 1US$(≒120円)=8.75アルゼンチンペソ(正規レート)

はじめに

パタゴニアを楽しんだ後は アルゼンチンの首都 ブエノスアイレスへ。飛行機でぴゅーっと向かうことに。

ここブエノスアイレスは 世界的にも治安が悪いと言われています。そんな治安が悪い街では 宿でまで緊張してビクビクはしたくなかった 僕たち。そこで ブエノスアイレスでは久しぶりの日本人宿に宿泊することにしました。

そんな今回は ブエノスアイレス(以下 ブエノス)の中心に位置し 観光にも最適な日本人宿のご紹介です。

 

ここで注意事項 その①:

闇両替イメージ画像

私たちがこちらの宿に宿泊したのは 2015年3月のこと。その頃は US$を持っていくと 相場の1.5倍程度の高レートでアルゼンチンペソへ両替してくれる"闇両替"が横行していました。このため ややリーズナブルに宿泊できていたものの 2015年12月に大統領が代わり 闇両替も廃止となりました。

また アルゼンチンでは経済情勢が不安定なため アルゼンチンペソの価値が低下し インフレが進んでいる状況です。2016年8月のブエノスアイレス市発表のインフレ率は 前年同月比43.5%の上昇とのこと。

参考にしたのはこちらのHP: 在アルゼンチン日本国大使館

私たちの宿泊したのは1年以上も前になるため この記事に掲載されている価格(上記闇両替レート使用時の価格)は参考程度に考えていただいたほうが良いかと思います(実際 この時に2015-2016年の地球の歩き方を持っていましたが 2015年3月時点でどこも掲載されている価格の1.5-1.8倍程度に上昇していました)。

このため アルゼンチンへ行かれる際には 余裕を持った資金計画を立てられることをおすすめします。

ブエノスアイレスでの様子はこちら↓

ブエノスアイレスの宿のご紹介

施設の概要

【宿名】上野山荘ブエノスアイレス別館
【評価】
1.設備:★★★☆☆
2.清潔さ:★★★☆☆
3.ロケーション:★★★★☆
4.スタッフ:★★★★★
5.コストパフォーマンス:★★★★★
総合得点20/25点
【住所】Suipacha 933, Piso3 Buenos Aires, ARGENTINA スイパチャ街 933番 アパート3号(3階)
【HP】上野山荘ブエノスアイレス別館
【宿泊日】2015.4.2-7
【料金】110アルゼンチンペソ(1,553円)/1ベッド(6人ドミトリー)/1泊
【予約方法】Web予約
【設備】

WIFI

洗濯機

シャワー

乾燥機

×

冷蔵庫

ランドリー

サービス

不明

エアコン

荷物預かり

キッチン

その他

ウォーターサーバー
カフェセット
NHK視聴可

宿の地図はこちら↓

室内の様子

今回の宿はドミトリーということで 室内の写真を撮り忘れてしまいました。参考になりにくくすみません...

アルゼンチン ブエノスアイレスの日本人宿

共同スペースでの食事風景です。アルゼンチン滞在も長くなってきた この頃。ステーキの焼き方も だいぶうまくなりました。

ステーキを美味しく焼くポイントは その①:お肉を常温に戻すこと その②:フライパンをカンカンに熱くすることだと思います。焼き色をつけて お肉の弾力が耳たぶ程度になれば ミディアムレアで焼き上がっている状態です。

上野山荘ブエノスアイレス別館の共同スペース

共用スペースには ウォーターサーバーやカフェセット(自由に飲むことのできるコーヒーやマテ茶など)があり お昼のお茶タイムも充実していました。僕たちは昼からビールを飲んでいましたが...

それぞれのテーブルに ビールやワインの空き瓶がちらほら。同時期に泊まっていた宿泊者の方々が 皆お酒好きだったことが伝わります。

補足情報

まずは 良いところ

日本人宿の安心感

治安が悪いと噂の街では 日本人宿に宿泊するようにしていた僕たち。現地の情報も収集しやすく 滞在中の気苦労もあまり感じずに過ごせるので 良かったと思います。

南米 日本人宿 上野山荘ブエノスアイレス別館

連日のように ワインとステーキでパーティー状態。

同時期に滞在していた旅人仲間と ブエノス出発日がちょうど一緒だったため 出発日前日は特に深酒をしてしまいました。出発前日に なぜか飲み過ぎることの多い僕たち(笑)

おいしそうな手作りエンパナーダ

他の宿泊者の方の中には 南米でよく食べていた"エンパナーダ(具入りパン)"を作っていた人たちも。"エンパナーダって 家庭で作れるんだ!"と思った瞬間です(笑)

 

宿の隣にスーパーがある

ブエノスでは色々な料理を作りましたが 宿の隣がスーパーなため 買い出しが容易にできました。

小さいスーパーのため 品揃えが十分とは言えず 夕食の買い出しは大きなスーパーに行くことが多かったですが 治安の悪い街で 飲み物がなくなった時に 夜にほろ酔いの状態でもすぐにワインやビールを買い足せるのは かなりポイントが高かったです。また ワインの品揃えもそれなりにあり 日替わりで楽しむことができました。

 

バスターミナルに徒歩圏内

ブエノスアイレス レティーロ駅

写真は バスターミナル隣にある Estación Retiro(レティーロ駅)です。バスターミナルはレティーロ駅の隣にあり 宿から徒歩15分強の距離にあります。メトロや市内バスを使わずにアクセスできるのは良かったです。

ここで注意事項 その②:

レティーロ駅の裏側は ブエノス有数のスラム街となっているため そこには絶対に近づかないようにしましょう。通り掛った時に 興味本位で見ようとしたり カメラで撮影しようとするのは厳禁です。

また レティーロ駅周辺はケチャップ強盗が多いことでも知られています。僕たちの知り合いの中でも レティーロ駅周辺で数人がケチャップ強盗に遭遇していました。その手口を知っていたため 物を取られることはありませんでしたが...ケチャップのような物をかけられ とても落ち込んでいた思い出があります。

でも それだけじゃありません 気になるところ

ドミトリーでの宿泊となる

ドミトリーがメインのこちらの宿。男性ドミトリーの隣は共同スペースになっているため 会話が聞こえてしまうこともしばしば。共同生活に慣れていない人は 慣れるまでが大変かもしれません。

個室も1つあるのですが その時は宿のスタッフさんが使用していたため 宿泊者は利用不可となっていました。

 

キッチンが狭い

ビルの一室を使用する形の宿のため キッチンは少し小さめです。このため 他の宿泊者とキッチンの利用時間をずらして料理をする必要があります。しかし その狭さを除けば 調理器具などは一通り揃っており とても使いやすかったです。

最後に

日本人宿というと 少し苦手意識を持っていた僕たち。しかし 宿の中でのトラブルをほとんど考えずに のんびりと宿泊できました。また この時の滞在期間中は 他の宿泊者の方達が良い方達だったため とても楽しい滞在となったのが思い出深いです。久しぶりに 夫婦以外での日本語の会話もでき リフレッシュすることもできました。

また 今回の滞在で ドミトリーなどの宿の評価は その時の宿泊者や雰囲気で大きく変わるということを改めて実感しました。

日本語のコミュニケーションが取れる こちらの宿。南米旅での情報収集や 少し旅疲れをしている時などにはもってこいかと思います。



勝法

 
 

予約をする前に まずはサイトで比較♡

“"