えだ旅 WORLD JOURNEY

2015.01.04から1年6カ月にわたった 夫婦の世界一周旅と その後の旅の記録

HELLO

DO YOU ENJOY YOUR JOURNEY OF LIFE?

《ペルー》世界一周 旅の日記 クスコ/イカ/ワカチナ編

スポンサーリンク

はじめに

マチュピチュ観光が終わり 再び戻ってきたクスコ。あいわらずの街並みの美しさを目の当たりにしつつ 人の優しさや居心地の良さから いつまででも居ることができそうな気がした場所。初めて 海外での誕生日を迎えた 思い出の場所にもなりました。

そして そんなクスコを出発し 次に向かった場所はイカ。この旅に出るまで 全く知らなかった場所だったけれど 初めて画像を見た瞬間 "ここには行こう!"と 2人の意見が一致。お誕生日月間で めずらしくお財布の紐はゆるゆる。

そんな 2人がたどり着いた先には 絵本の中で見たような 本物のオアシスがあったのでした。

 

今までの旅の日記はこちら↓

実際の様子(2015.05.06-11)

05.07

本日はうちのかみさんのバースデー。お誕生日のランチは 安定のメルカド。そして いつものおばちゃんのところ。ここのおばちゃん とっても気さくで 色々とサービスしてくれます。笑 スープとメインで4ソル(約150円)。それで いつもお腹いっぱい。

かみさん おめでとー!
いつも 僕の無茶に付き合ってもらってすみません。これからもよろしくお願いします!

さ 夜は何を食べに行こうかな。

by 勝法

そして 晩ごはんもいつものレストランへ。ここのレストランは リーズナブルなのにおいしい 2人のお気に入り。

私事ですが 本日クスコで誕生日を迎えました。あっという間に 気がつけば36歳。

いろんな人に "お誕生日はマチュピチュで迎えたの?"と声をかけていただきましたが...クスコで いつも通りの市場と食堂でごはん。

旦那さんは おしゃれなレストランかどこかで夕食でもと言ってくれたのですが 異国の地で いつもの日常の延長で迎えたいなと思って。ケーキとペルーのステッカーだけお持ち帰りして ささやかにお祝いしました。ステッカーは すぐに旅ノートの表紙に貼って 眺めてはにんまり♡

こんな私ですが これからもよろしくお願いします。

明日はクスコからイカへ向かいます。

by 江里

慎ましやかな バースデーパーティー。ペルーのケーキは濃厚ですね!

明日(5/8)は移動します! リマから南へ300㎞程度。砂漠の街を目指します! 久しぶりの低地。存分に酸素を取り込みたいと思います!

by 勝法

 

 

05.08

今日は クスコを離れる日。

出発まで時間があるので いつもの市場でごはんをすませて。"また明日ね"って言われたので 今日出発することを伝えると おばちゃんがぎゅっと抱きしめてくれた。なんだか ホロリとしそうになった お昼時。

その後 もう少しゆっくりできそうなので 久しぶりにスタバでお手紙を書くことに。

by 江里

スタバで書いた手紙を投函。ペルーの郵便事情は 南米の中でも良いらしく ちゃんと届く率が高いそう。

なのに この時クスコから送ったエアメールは届くことはなく... 

ペルーに着いてから 小型犬 鼻ぺちゃ系の野良犬ちゃんが多くなりました。

特に アグアスカリエンテスは 今までで1番可愛いコが多かった気がします。連れて帰りたい...と何回思ったことでしょう。鼻ぺちゃ系ワンコが好きな人には オススメの場所です。

ちなみに このコはクスコの飼い犬ちゃん。

by 江里

南米の中でも "お土産物のクオリティが高い"と いろんな旅人さんに言われたペルー。ほんとに リーズナブルでかわいくて しっかりした作りの物がたくさん。

どれをお持ち帰りしようかな...と思いつつ たくさんあり過ぎて どれにするか選べないまま去ることになるという。

よくあるパターン。

by 江里

長距離バスでも 隣が旦那さんだとリラックスできるのが嬉しい。

この頃は 2階建てバスの最前列を積極的にとってます。事故った時に危ないから 後ろの方が良いと誰かに言われたことがありますが。ま 事故なんて そうそう起きるもんじゃないでしょう。

それより 1番前でいい景色を見たい。

この後 永遠と続く山道九十九折を繰り返し 車酔い。
それも旅の醍醐味です←え

by 勝法

 

 

05.09

クスコからバスに乗ること15時間。無事にイカに到着しました。

イカには朝早く着いたので サンドイッチ屋さんの屋台が並ぶ通りで朝ごはん。

アボカド 揚げ焼き卵 チョリソ ポテトと牛肉の炒め物 ねぎ焼き風の焼き物などなど...いろんな具材のサンドイッチが1個1ソル(約40円)。トッピングでサルサやアボカドソースなどもあって おいしくて 疲れが飛んでいきました。

私は ねぎ焼き風の焼き物が1番好みでした♡

by 江里

どーーーん! 着きました! ペルー イカ!
クスコからバスで15時間。途中の山地 九十九折でグロッキーになりながらも 無事に到着。

ペルーといえば マチュピチュやナスカの地上が有名だと思います。しかし そのナスカには見向きもせずに 砂漠の街 イカへやってきました! ここイカは 砂漠のオアシス ワカチナとブドウが有名だとか。オアシスでピスコを呑む。とっても楽しみです。

まずは オーストラリア振りの ちょいと小洒落たホテルへチェックイン! プールサイドでビールです。

今月は 誕生日月間。財布の紐 緩みまくり。笑
では ゆっくりと砂漠の街を楽しみます。

by 勝法

 

イカでは 旦那さんが誕生日祝いにと 素敵なホテルを予約してくれていました。私たちバックパッカーには もったいないくらいのリゾートホテル...嬉し過ぎる。

そんなわけで 旦那さんはプールでプカプカ。

旦那さん ありがとう♡

by 江里

バックパッカーだけど たまにはこういうのもアリだと思います。chaco焼けが凄い。今日のビールは Cristal la Cerveza del Peru。これも飲みやすい。

by 勝法

 

 

05.10

南米リゾートでの過ごし方。マテ茶を飲みながらのマクラメ作り サイコーです。

by 勝法

今日は 旦那さんとワカチナの砂漠へ。

イカから車でわずか10分くらいのところに 広大な砂漠と砂漠の中にオアシスのように湖と村が存在します。始めは ペルーの他の場所に行く予定だったのですが ワカチナの写真を見て "ここは絶対行ってみたい"と行き先を変更した場所。

オアシスの周りには レストランがあったり 思わず写真を撮りたくなってしまうような休憩スペースもありました。

サンドバギーに乗って おっきな砂場で砂遊び!

by 勝法

ワカチナでは サンドバギーやサンドボードで砂漠を満喫するのが良いとのこと。そんなわけで サンドバギーに乗って サンドボードもできるツアーに参加してきました(私はあまりの高さにサンドボードは見学)。

久しぶりに こんなにドキドキするアトラクションに乗ったなぁ...! っていうくらいの かなりスリリングなサンドバギーでした。

by 江里

砂漠ではしゃぐ旦那さん。

このジャンプ力を見て 20代と30代の身体能力の違いをひしひしと感じましたとさ(笑)

by 江里

砂漠になにを書いているのかと思ったら...

バースデーメッセージでした。私の喜ぶポイントを 良く分かってる(笑)♡

ペルーでも 砂漠のオアシスがあるんです。ほんと オアシスって不思議ですね。なぜ ここだけ?笑 砂漠で見る夕陽 夜景 星空 どれも素敵でした。

by 勝法

 

ワカチナの様子。想像の中や 絵本の中のオアシスを 形にしたような場所。

ワカチナには人魚伝説があって 昔土地の美しい姫が ハンターに入浴を覗かれているのに気付いて 入浴していた水たまりを湖に変えて消えたのが湖の始まりと言われています。彼女が逃げる際に残されたマントのしわが 周囲の砂丘になったそう。

そして 彼女は人魚になって今も湖に住んでいる...なんだかロマンチックなお話です。

ワカチナの夕暮れ時。町がキラキラして とてもきれいでした。

by 江里

オアシスで夕食後 ホテルに戻って プールサイドでピスコサワー。ブドウの蒸留酒 ピスコにハマりました!

by 勝法

 

 

05.11

今日は 久しぶりの移動の日。バスを乗り換えながら エクアドルのクエンカを目指します。

by 江里

最後に

思いの外 パラグアイでのんびり過ごしてしまったことが影響して 滞在日数が限られてしまったペルー。私たちの行った場所以外にも "白の街"とも呼ばれる 美しい街並みのアレキパや 北部にはトレッキングを楽しめる地域もあったりして。

また 食事には必ずおいしいスープが付いてきて 優しい味付けのペルー料理。その味わいにすっかり魅了されてしまった私たちは "世界でおいしかった料理は?"と聞かれると 今でもペルー料理が候補の1つに挙がってしまうほど。

そんな魅力がたくさんのペルー。今度はもっとゆっくり遊びに行くと心に決めて 次の場所を目指すことに。この後は 長距離バスを乗り継ぎながらの2泊3日。エクアドルのクエンカへ向かいます。

それでは 次回の旅の日記は なぜか街にあふれるポテトフライのソーセージのせ(サルチパパス)。ジャンキーなサルチパパスにハマる クエンカ編をお届けします。



勝法 江里

 
 
 

次回の旅の日記はこちら↓