読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えだ旅 WORLD JOURNEY

2015.01.04から1年6カ月にわたった 夫婦の世界一周旅と その後の旅の記録

HELLO

DO YOU ENJOY YOUR JOURNEY OF LIFE?

《アルゼンチン チリ》エルカラファテからプエルトナタレスへの移動「Turismo Zaahj」

スポンサーリンク

パタゴニア チリーアルゼンチン国境

2015年3月 1US$(≒120円)=13.5アルゼンチンペソ(闇両替)

はじめに

楽しかった氷河トレッキングを終え 次に向かったのは アルゼンチンから国境を越え チリのプエルトナタレスへ。プエルトナタレスはチリ側パタゴニアの主要都市であり パイネ国立公園のお膝元の町。ここでもトレッキング予定の僕たち。連日の移動とアクティビティーに少し疲れが溜まっていましたが すでにパタゴニアを出る航空券を押さえていたため テンポよく移動することにしました。

そんな 今回は エルカラファテからプエルトナタレスへの移動情報と チリ入国に関しての注意事項についてまとめてみました。

 

ペリトモレノ氷河トレッキングの様子はこちら↓

ここで注意事項:

闇両替イメージ画像

私たちがこちらの宿に宿泊したのは 2015年3月のこと。その頃は US$を持っていくと 相場の1.5倍程度の高レートでアルゼンチンペソへ両替してくれる"闇両替"が横行していました。このため ややリーズナブルに宿泊できていたものの 2015年12月に大統領が代わり 闇両替も廃止となりました。

また アルゼンチンでは経済情勢が不安定なため アルゼンチンペソの価値が低下し インフレが進んでいる状況です。2016年8月のブエノスアイレス市発表のインフレ率は 前年同月比43.5%の上昇とのこと。

参考にしたのはこちらのHP: 在アルゼンチン日本国大使館

私たちの宿泊したのは1年以上も前になるため この記事に掲載されている価格(上記闇両替レート使用時の価格)は参考程度に考えていただいたほうが良いかと思います(実際 この時に2015-2016年の地球の歩き方を持っていましたが 2015年3月時点でどこも掲載されている価格の1.5-1.8倍程度に上昇していました)。

このため アルゼンチンへ行かれる際には 余裕を持った資金計画を立てられることをおすすめします。

エルカラファテ-プエルトナタレスへの移動方法

チケットの購入方法

プエルトナタレス行きのバスチケットは エルカラファテのバスターミナルで購入しました。前日購入でしたが 席には余裕があった様子です。

このルートを運行しているバス会社は3社あり 会社ごとに多少の価格差がありました。しかし 僕たちの訪れた 3月中旬には連日運行をしているバス会社は1社のみ その他の2社は曜日限定の運行という状況でした。このため 運行時間や曜日が旅程と合うバス会社をチョイスしていただければと思います。

僕たちは Turismo Zaahj社を利用しました。

 

パタゴニアで運行するバス会社 Turismo Zaahj

Turismo Zaahj社のHP:PATAGONIA UNLIMITED
(スペイン語のみのHPですが 運行時間などが掲載されています)

 

チケットの価格は 400アルゼンチンペソ(3,555円:闇レートにて)/1人でした。また 1日に2便運航されており 僕たちは8時発-14時着の便を選択。やや早めの出発時間でしたが バスターミナルから徒歩3分程度の宿泊先だったため バスに乗り遅れることもありませんでした。

 

そんな エルカラファテで宿泊していた宿はこちら↓

エルカラファテのバスターミナルはこちら↓

出発までの様子

7:45 バスターミナルにて

朝のエルカラファテ バスターミナル

アルゼンチンのバスはとても綺麗で 乗り心地が良かったです。また トイレも付いており 頻尿の僕は 気兼ねなくトイレに行ける環境がとても良かったです。パタゴニア地方を運行するバスは比較的安全で 盗難などの話も聞かず 荷物の管理もしっかりしていました。

同じ大陸でも ボリビアやパラグアイとは格が違うなと感じるポイントです(笑)

移動中の様子

8:00 エルカラファテ出発

パタゴニア 車内から見る朝焼け

定時にバスは出発。バスの中で朝日を拝みました。パタゴニアで見る朝日や夕日は 空気が澄んでいるためか 緯度の関係か とても色味を濃く感じました。

国境越えについて

11:30 アルゼンチン出国

パタゴニア アルゼンチン側国境

アルゼンチン側のイミグレです。バスから降り パスポートを持ち 列に並びます。特に質問もされず パスポートにハンコが押され 出国手続き完了です。取り分け時間もかからずにスムーズに出国できました。

パタゴニア地方は アルゼンチンとチリにまたがっているため 何度か両国を行ったり来たりすることになります。しばし アルゼンチンとはお別れです。

 

 

12:30 チリ入国

パタゴニア チリ側国境

Came back to Chile!! この旅 3回目のチリ入国です。そんな チリへの入国は多少面倒くさいです。次は チリ入国に関しての注意事項をご紹介します。

チリ入国に関しての注意事項

チリの検疫について

チリは検疫が厳しいことで知られています。他国から害虫 疫病 種子などから農業を守るため 植物種子や肉などの 持ち込みが厳しく制限されています。この事情を知らず 食べ物を持ち込んでしまう旅行者が後を絶えないとのことです。

ちなみに 故意の持ち込みと判断されると 100-18,500US$の罰金が発生しますのでくれぐれも注意して下さい。僕たちは用心のため チョコレートなどの軽食も イミグレ前で すべて平らげました。

チリ入国時の検疫で持ち込みが不可能なもの

  • 生の果物 および乾燥させた果物:加工され 包装されてあるものに関しては持ち込み可(ただし梅干など中に種が入っているものは不可)
  • 生肉類 加工肉類
  • 木材 木材加工品
  • 植物 球根類 根茎類 種子/穀物類 豆類:コーヒー シリアルなどの製品化されたものは持ち込み可
  • はちみつ 蝋 蜂 蜂に関する製品(プロポリス ローヤルゼリーなど)
  • 動物 鳥類:持込には事前手続きが必要

自炊用のお米や 日本から持ち込んだ ふりかけや梅干しは没収されてしまいます。また 隣国アルゼンチンで購入したリンゴなども没収されます。基本的に 食べ物の持ち込みは難しいと考えたほうが良いでしょう。

検疫の方法

陸路でも空路でも すべての荷物が検疫対象です。このため バスでの国境越えの際にはすべての荷物を持ってバスを降り イミグレで入国審査後に検疫を受けます。検疫はX線での検査の後 検疫犬や目視でのチェックが入る場合があります。

このため チリ入国はとっても時間がかかります。荷物を降ろして入国って ヨーロッパでは考えられませんよね。これも旅の醍醐味と思い 重い荷物を降ろして検疫に臨みました。

入国の流れ

1.バスから降り 自分の荷物をすべてバスから降ろす(バックパックなど)
2.イミグレにて 入国カードや関税申告書を提出
3.簡単な質問をされ パスポートにハンコが押され返却
4.次は恐怖の検疫へ まずはX線で荷物をすべてチェック
5.その後 荷物を検疫犬 または目視でチェック
6.すべて合格すると はれてチリ入国

バス1台 30人近くの旅行者が上記の手続きをすべて終わるまで 1時間程度かかりました。ふぅ〜大変。

そんな中 3回目の入国となる僕たちは 制限のかかっている物を理解していたためか すんなりと検疫を通過することができました。

チリ プエルトナタレスまでの看板

もう少しで目的の町 プエルトナタレスです。

 

 

14:30 プエルトナタレス到着

定刻よりも30分遅れたものの 無事にプエルトナタレスへ到着。バスターミナルの中には 数社のバス会社やインフォメーション 売店などが入っていました。また こちらから プエルトナタレスでの目的地である パイネ国立公園行きのバスも運行されていました。

そして 到着後にはあらかじめ目星をつけておいた宿へ そそくさと向かったのでした。

 

プエルトナタレスで宿泊した宿はこちら↓

最後に

エルカラファテ-プエルトナタレス間の移動は パタゴニアを旅する旅行者なら 個人はもちろん ツアーでもきっと通るルートかと思います。景色はアルゼンチンのR40には少し劣るものの 大自然の中を走る感じはこちらも負けていないと感じました。

また 陸路での国境越えもあるため 日本ではなかなか味わうことのない 良い経験になりました。

それにしても パタゴニアを旅していると アルゼンチンとチリを行ったり来たり。どんどんパスポートにハンコが貯まり それを見てはニヤニヤする僕たちなのでした(笑)

次回は いよいよトレッキングの聖地 パイネ国立公園のトレッキング情報をまとめ...られるといいな(笑)



勝法

 
 
 

パタゴニアのアクティビティ 宿 移動情報まとめはこちら↓