読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えだ旅 WORLD JOURNEY

2015.01.04から1年6カ月にわたった 夫婦の世界一周旅と その後の旅の記録

HELLO

DO YOU ENJOY YOUR JOURNEY OF LIFE?

《アルゼンチン》エルチャルテンからエルカラファテへの移動「Chalten travel」

スポンサーリンク

南米 パタゴニアのバス Chalten travel

2015年3月 1US$(≒120円)=13.5アルゼンチンペソ(闇両替) 1US$(≒120円)=8.75アルゼンチンペソ(正規レート)

はじめに

憧れのフィッツロイへのトレッキングを終えた僕たちは 筋肉痛の老体にムチ打って 次の町 エルカラファテを目指しました。

エルカラファテは エルチャルテンからバスで4時間と とても近い町です。南米をバスで回ってると10時間以内の移動は近いと錯覚してしまうから不思議(笑)

そんな今回は ロスグラシアレス国立公園の氷河トレッキングを目指す エルチャルテンからエルカラファテへのバスでの移動についてまとめてみました。

 

憧れのフィッツロイトレッキングの様子はこちら↓

ここで注意事項:

闇両替イメージ画像

私たちがこちらの宿に宿泊したのは 2015年3月のこと。その頃は US$を持っていくと 相場の1.5倍程度の高レートでアルゼンチンペソへ両替してくれる"闇両替"が横行していました。このため ややリーズナブルに宿泊できていたものの 2015年12月に大統領が代わり 闇両替も廃止となりました。

また アルゼンチンでは経済情勢が不安定なため アルゼンチンペソの価値が低下し インフレが進んでいる状況です。2016年8月のブエノスアイレス市発表のインフレ率は 前年同月比43.5%の上昇とのこと。

参考にしたのはこちらのHP: 在アルゼンチン日本国大使館

私たちの宿泊したのは1年以上も前になるため この記事に掲載されている価格(上記闇両替レート使用時の価格)は参考程度に考えていただいたほうが良いかと思います(実際 この時に2015-2016年の地球の歩き方を持っていましたが 2015年3月時点でどこも掲載されている価格の1.5-1.8倍程度に上昇していました)。

このため アルゼンチンへ行かれる際には 余裕を持った資金計画を立てられることをおすすめします。

エルチャルテン-エルカラファテへの移動方法

チケットの購入方法

エルカラファテ行きのバスチケットは エルチャルテンのバスターミナルで購入することができます。

このルートを運行しているバス会社は3社TAQSA社など)。チケットの価格は 230アルゼンチンペソ(3,154円:正規レートにて)/1人程度と どこも似たり寄ったり。乗車時間はおおむね3時間半-4時間で 車内サービスも会社ごとに大きく変わりなさそうでした。このため バスの出発時間や曜日から 旅の行程にあったバス会社を選択すれば良いと思います。


僕たちは 宿の提携している「Chalten travel(チャルテントラベル)」を利用しました。

その理由は 系列の宿の前からバスを運航してくれるためです。僕たちの宿はバスターミナルから15分程度の距離にありました。その距離を 重い荷物を担ぎ歩かなくて良いのは儲け物です。このため バスチケット購入は 宿のトラベルオフィスで行いました。

 

Chalten travel パタゴニアで運航するバス会社

Chalten travel社のHP: Chaltentravel.com/main

 

チケットの価格は 225アルゼンチンペソ(3,085円:正規レートにて)/1人でした。また 1日に3便運航されており 僕たちは7時発-11時着の便を選択。エルカラファテの町で昼前から宿探しをすることとしました。

 

そんな エルチャルテンで宿泊していた宿はこちら↓

エルチャルテンのバスターミナルはこちら↓

出発までの様子

6:30 宿にて待機中

エルチャルテンの宿の明け方の様子

あたりはまだ暗く 日が出ていないため とても寒かったです。この中 バスターミナルまで行かなくて良いのは ほんと嬉しかったです。宿の共有スペースで暖をとりながら バスが来るまでゆっくり待つことがきました。

移動中の様子

7:00 エルチャルテン出発

眠い目を擦りながら バスへ乗車することに。座席前の荷物ポケットにおしゃれサングラス発見。

南米 パタゴニアのバスの中で遊ぶ

ひとまず かみさんが かけてみることに...シュール。

そんなこんなで サングラスで遊んでいるうちに バスは出発しました。座席は自由席で好きなシートに座ることができます。

この後 エルチャルテンのバスターミナルに寄り道をして 他の乗客を乗せていました。このため 始発から乗れたのはgood◎

南米 パタゴニア サングラスで遊ぶ男

少しずつ あたりが明るくなってきました。そんな中 まだ サングラスで遊んでいるという...。

サングラスは一通りいじった後に もとの荷物ポケットにお返ししました。次の乗客がどうリアクションを取るかを考えては ほくそ笑む僕です。

 

 

9:00 途中休憩

パタゴニア がバスのバスの休憩

出発して2時間。トイレと朝食休憩です。こちらでは 約20分程度停車していました。

ちなみに TOKYOまで21,041kmとのこと。地球1周 約40,000kmと考えると ここが東京のほぼ反対側になりますね。ほんとかな(笑)

 

 

10:30 エルカラファテ到着

事故も事件も何もなく 定刻よりも30分早く エルカラファテへ到着。車内サービスはなく フットレストも簡易的なものでしたが 3時間半という短時間の移動では 満足のいくクオリティでした。

最後に

今回は 一眠りしているうちに着いてしまったと思えるほど とても短い移動でした。南米では10-20時間程度かかる移動がメインだったため その時間感覚に慣れてしまい...どうせ南米をバス移動するなら 12時間以上ある長距離バスでグッスリと眠りたい...なんて思ってしまうようになってしまいましたが...それは 僕だけでしょうか(笑)

そして いよいよ 次に待っているのは氷河トレッキング!! 心踊る僕なのでした。

それでは 本日も最後までお付き合いいただき ありがとうございました。



勝法

 
 
 

パタゴニアのアクティビティ 宿 移動情報まとめはこちら↓