えだ旅 WORLD JOURNEY

2015.01.04から1年6カ月にわたった 夫婦の世界一周旅と その後の旅の記録

HELLO

DO YOU ENJOY YOUR JOURNEY OF LIFE?

《チリ》プエルトナタレスの宿情報「Hostel Estrellita del Sur」

スポンサーリンク

トーレスデルパイネ

2015年3月 100チリペソ≒19円

はじめに

ロスグラシアレス国立公園で ウイスキー on the ROCK(氷河の氷)を楽しんだ後は 3回目のチリへ。次に訪れたのは プエルトナタレスという町。こちらはチリ パタゴニアのハイライト パイネ国立公園の直近の町です。

今回は そんなパイネ国立公園でのトレッキングを考えている方におすすめの バスターミナルへのアクセスが良く トレッキング用品のレンタルもできる宿のご紹介です。

 

プエルトナタレスでの様子はこちら↓

ここで注意事項:

闇両替イメージ画像

私たちがこちらの宿に宿泊したのは 2015年3月のこと。その頃は US$を持っていくと 相場の1.5倍程度の高レートでアルゼンチンペソへ両替してくれる"闇両替"が横行していました。このため ややリーズナブルに宿泊できていたものの 2015年12月に大統領が代わり 闇両替も廃止となりました。

また アルゼンチンでは経済情勢が不安定なため アルゼンチンペソの価値が低下し インフレが進んでいる状況です。2016年8月のブエノスアイレス市発表のインフレ率は 前年同月比43.5%の上昇とのこと。

参考にしたのはこちらのHP: 在アルゼンチン日本国大使館

私たちの宿泊したのは1年以上も前になるため この記事に掲載されている価格(上記闇両替レート使用時の価格)は参考程度に考えていただいたほうが良いかと思います(実際 この時に2015-2016年の地球の歩き方を持っていましたが 2015年3月時点でどこも掲載されている価格の1.5-1.8倍程度に上昇していました)。

このため アルゼンチンへ行かれる際には 余裕を持った資金計画を立てられることをおすすめします。

2017.9.27 追記
パタゴニア地方を旅した旅人より新たな情報をいただきました。現在のパタゴニア地方は 当ブログの掲載金額よりさらに1.5倍弱のインフレが進んでいるとのことです。改めて 資金にはゆとりを持って旅されることをおすすめします。

プエルトナタレスの宿のご紹介

施設の概要

【宿名】Hostel Estrellita del Sur
【評価】
1.設備:★★★★☆
2.清潔さ:★★★★☆
3.ロケーション:★★★☆☆
4.スタッフ:★★★★☆
5.コストパフォーマンス:★★★★☆
総合得点19/25点
【住所】
【HP】Hostel Estrellita del Sur (トリップアドバイザー) 
【宿泊日】2015.3.26-30
【料金】16,000チリペソ(3,040円)/ツインルーム/1泊
【予約方法】ウォークイン
Booking.comでの空室確認はこちら
Agodaでの空室確認はこちら
【設備】

WIFI

洗濯機

不明

シャワー

〇共用

乾燥機

不明

冷蔵庫

〇共用

ランドリー

サービス

近所にランドリー屋さんあり

エアコン

荷物預かり

キッチン

〇共用

その他

トレッキング用品レンタル

宿の地図はこちら↓

室内の様子

プエルトナタレスの宿のツインルーム

ツインルームは清潔に整えられていました。また 部屋にも暖房があり 暖かく過ごすことができます。パタゴニアの3月は夏の終わりです。ここプエルトナタレスも 10℃を下回る気温の時もあります。暖かい宿って大切ですよね。

プエルトナタレスの宿の3ベッドルーム

こちらは3人部屋です。ちょうど空いていたので 写真だけ撮らせてもらいました。

プエルトナタレスの宿の共同キッチン

共同キッチンです。綺麗に整理整頓されており 使いやすいキッチンでした。そのほかにダイニングもあり ゆっくりくつろげる共同スペースでした。

補足情報

まずは 良いところ

トレッキング用品を貸してくれる

宿泊者のほとんどが パイネ国立公園のトレッキングをするという こちらの宿。このため そのお客さんが置いていったトレッキング用品を 無料で貸し出ししてくれていました。

僕たちは 天候の関係で日帰りトレッキングにしましたが 数日に及ぶトレッキングの場合は こちらでガスカートリッジやトレッキングポールを借りていくことが可能です(※在庫も少ないため いつでもトレッキング用品を借りられるわけではありません)

また 数日のトレッキングの場合は 荷物の預かりもしてもらえます。1度チェックアウトをして 大きな荷物は宿に置いてトレッキングが出来るのは良いことだと思います。

オーナーがツンデレ

オーナーの女性は 表情が厳しい時がありますが 笑うと可愛い感じの女性でした。

そんな彼女 何度か僕たちが料理をしていると さり気なくおかずのお裾分けをくれました。そのおかずに僕たちが喜ぶと 彼女がはにかむ。その一連の流れが楽しい宿でした。

ご飯とチキンウイングと納豆ふりかけ

オーナーがくれた チキンウイング。日本から持ってきた納豆ふりかけとともに ご飯のおかずにさせていただきました。

バスターミナルと市街地の真ん中の立地

バスターミナルからも市街地からも 徒歩10分弱の距離です。お世辞にも宿の近くにショップやレストランがあるわけではありませんが バランスのよい立地だと思います。

ヤマナ族の看板

僕が大好きなパタゴニアの少数民族。ヤマナ族(シルクナム)が町中のあちこちに点在していました。

憧れのヤマナ族とツーショット

憧れのツーショット。

ヤマナ族お土産ショップ

ヤマナ族のショップもあり 色々なお土産も置いてありました。


バルパライソにもヤマナ族のお土産ショップがあります↓

でも それだけじゃありません 気になるところ

キッチンが混雑しやすい

こちらの宿はキッチンが狭いわけではありませんが 宿泊者が多く 宿泊者のほとんどが自炊をするため キッチンが混み合いました。なぜかというと パタゴニア地方は 物価が高く外食をすると費用がかさむためだと思われます。

僕たちも 費用がかさむ外食は控え 自炊をしていました。ここでキッチンを使う時間のポイント。大抵の外国の宿泊客は夕食時間が遅いため 早めの時間に調理を済ませてしまいましょう。そうすると 早い時間に悠々とキッチンを使うことができます。早い時間から ベロベロに酔っぱらえるのは嬉しいことですよね。

最後に

今回は 残念なことにしばらく悪天候だったため 十分にパイネ国立公園のトレッキングを楽しむことができませんでした。次回行く機会があれば Wコースやサークルコースにチャレンジしたいところです。

そんなプエルトナタレスには 他にも沢山の宿があります。僕たちは他の宿との価格比較を行っていないため もっと良い宿もあるかもしれません。しかし 旅人のブログで知ったこちらの宿は トレッキングを目的とした旅人におすすめできる宿だと思います。



勝法

 
 
 

パタゴニアのアクティビティ 宿 移動情報まとめはこちら↓

 
 

↓予約をする前に まずはサイトで比較♡

“"