えだ旅 WORLD JOURNEY

2015.01.04から1年6カ月にわたった 夫婦の世界一周旅と その後の旅の記録

HELLO

DO YOU ENJOY YOUR JOURNEY OF LIFE?

《アルゼンチン》エルチャルテンの宿情報「Rancho Grande」

スポンサーリンク

エルチャルテンに到着 フィッツロイかっこいい!!

2015年3月 1US$(≒120円)=13.5アルゼンチンペソ(闇両替)

はじめに

南米のスイス(バリローチェ)から 長距離バスに乗り向かった先は エルチャルテンというトレッキングが有名な小さな町です。

突然ですが パタゴニアといえば スポーツブランドの"Patagonia(パタゴニア)"をイメージしていた僕たち。皆さんは そんなPatagoniaのロゴマークを覚えていますか。ギザギザの山がトレードマークのロゴです。そんなPatagoniaのロゴのモデルとなったといわれる山が "フィッツロイ"という山です。

Patagoniaのロゴマークと一緒に

ここエルチャルテンは "フィッツロイ"のお膝元の町。普段からPatagoniaを愛用している僕たちは 生でPatagoniaのロゴの形をしたフィッツロイが拝めることに すごくテンションが上がったのを今でも鮮明に覚えています。

そんな今回は フィッツロイへのトレッキングにオススメ 立地のよい大型ホステルのご紹介です。

 

エルチャルテンでの様子はこちら↓

ここで注意事項:

闇両替イメージ画像

私たちがこちらの宿に宿泊したのは 2015年3月のこと。その頃は US$を持っていくと 相場の1.5倍程度の高レートでアルゼンチンペソへ両替してくれる"闇両替"が横行していました。このため ややリーズナブルに宿泊できていたものの 2015年12月に大統領が代わり 闇両替も廃止となりました。

また アルゼンチンでは経済情勢が不安定なため アルゼンチンペソの価値が低下し インフレが進んでいる状況です。2016年8月のブエノスアイレス市発表のインフレ率は 前年同月比43.5%の上昇とのこと。

参考にしたのはこちらのHP: 在アルゼンチン日本国大使館

私たちの宿泊したのは1年以上も前になるため この記事に掲載されている価格(上記闇両替レート使用時の価格)は参考程度に考えていただいたほうが良いかと思います(実際 この時に2015-2016年の地球の歩き方を持っていましたが 2015年3月時点でどこも掲載されている価格の1.5-1.8倍程度に上昇していました)。

このため アルゼンチンへ行かれる際には 余裕を持った資金計画を立てられることをおすすめします。

2017.9.27 追記
パタゴニア地方を旅した旅人より新たな情報をいただきました。現在のパタゴニア地方は 当ブログの掲載金額よりさらに1.5倍弱のインフレが進んでいるとのことです。改めて 資金にはゆとりを持って旅されることをおすすめします。

エルチャルテンの宿のご紹介

Rancho Grandeの外観

施設の概要

【宿名】Rancho Grande
【評価】
1.設備:★★★★☆
2.清潔さ:★★★★☆
3.ロケーション:★★★★☆
4.スタッフ:★★★☆☆
5.コストパフォーマンス:★★★☆☆
総合得点18/25点
【住所】Av San Martin 724, El Chalten Z9301ABA, Argentina
【HP】Rancho Grande
【宿泊日】2015.3.21-24
【料金】180アルゼンチンペソ(1,600円)/1ベッド(4人ドミトリー)/1泊
【予約方法】ウォークイン
Bookinng.comでの空室確認はこちら
Agodaでの空室確認はこちら
【設備】

WIFI

〇弱い

洗濯機

不明

シャワー

〇共用

乾燥機

不明

冷蔵庫

〇共用

ランドリー

サービス

不明

エアコン

荷物預かり

キッチン

〇小さい

その他

 

宿の地図はこちら↓

室内の様子

Rancho Grandeのドミトリーの様子

4人ドミトリーの客室を たまたま同じバスで移動していた日本人の女性2人と 僕ら夫婦でシェアすることにしました。

みんな日本人だと気兼ねなく過ごせました

日本人同士だと 窃盗などをそこまで気にせずに荷物を広げられるので良いですよね。そして この翌日トレッキングにも一緒に出かけたのでした。

室内には人数分のロッカーも完備

室内には大型のロッカーが1人1つあり 収納もバッチリでした。

補足情報

まずは 良いところ

フィッツロイへの登山口に近い

バスターミナルからは15分程度と少し歩きますが フィッツロイへの登山口からは徒歩5分程度の距離にあります。エルチャルテンでは 夜明けに朝日が当たるフィッツロイを見に行かれる方が多いと思います。このため 登山口に近いと暗い夜道を歩く距離が短くなる安心感があり 下山後もすぐに宿に到着してビールを飲めるのは嬉しかったです。

また 宿の近くにはスーパーもあり そこで食材を購入できるため 自炊には困りませんでした。しかし スーパーは小さい村ということもあり 品揃えは良いとは言えない状況のため 自炊メニューは限られてしまうかもしれません。

設備が綺麗

大型のホステルであり ツアーデスクやレストランも完備。室内にはヒーターがあり 寒いエルチャルテンでも暖かく過ごせました。また ヒーターがあることで トレッキング後に多くなりがちな洗濯物の乾きも早いのは助かりました。

エルチャルテンは朝晩がとても冷え込むため 宿選びをされるときは室内にヒーターが完備されていることは大切かと思います。そして シャワーのお湯の出も抜群でした。

チャルテントラベルの系列店

エルチャルテンとエルカラファテを結ぶバスを運行しており このあたりの観光を牛耳っているのはチャルテントラベルです。その系列店だけあり 次の町エルカラファテへの移動の際は 宿の前から大型観光バスが出ています。このため 朝7:00発というかなり早い時間のバスでしたが 出発ギリギリまで宿でのんびり過ごすことができました。

僕たちが宿泊した時には 宿やバス 観光ツアー(エルカラファテでのロスグラシアスの氷河トレッキング)を一緒に申し込むと割引があったので ホームページで確認してみるのも良いかもしれません。


チャルテントラベルHP:Chalten Travel

でも それだけじゃありません 気になるところ

キッチンが狭く キッチン用品が不足気味

ここでもやっぱりステーキ(笑)

レストランが併設されているこちらの宿は 自炊ができるキッチンがついています。しかし 宿泊客にレストラン利用を促すためか キッチンは小さく器具も少なめです。このため 僕たちは毎日ステーキを焼く程度の調理しかしませんでした。

なお 食器やカトラリー類はキッチンにはほとんど置かれていませんが レストランのスタッフに声をかけると貸し出してもらえました。

最後に

パタゴニアに来て必ずやりたかった フィッツロイへのトレッキング。長い長いトレッキングを終えて戻ってきた時に 宿が清潔で シャワーのお湯の出が良いだけで とても幸せな気持ちになりました。湯船はありませんでしたが 暖かいシャワーが身に染みる...そんな エルチャルテンの宿だったのでした。



勝法

 
 
 

パタゴニアのアクティビティ 宿 移動情報まとめはこちら↓

 
 

↓予約をする前に まずはサイトで比較♡

“"