えだ旅 WORLD JOURNEY

2015.01.04から1年6カ月にわたった 夫婦の世界一周旅と その後の旅の記録

HELLO

DO YOU ENJOY YOUR JOURNEY OF LIFE?

《アルゼンチン》南米のスイス バリローチェの宿情報「Hostel 41 Below」「Hostel Pudu」

スポンサーリンク

バリローチェの町並み

2015年3月 1US$(≒120円)=13.5アルゼンチンペソ(闇両替)

はじめに

プエルトモンから向かった先は "アルゼンチンのスイス"とも称されるバリローチェ。

バリローチェは 20世紀初頭にスイス ドイツ 北イタリアの移民が多く流入した経緯があり 町を歩いている方々はどことなく欧米人顔。町並みも整っており 綺麗に掃除されています。その町並み 人の様相はここが南米であることを忘れてしまうほど。

そんなオシャレタウンでは 宿もお洒落で 宿泊者の気持ちが分かっているような充実した設備でした。それでは 今回は バリローチェで滞在した 清潔でお洒落な2カ所の素敵宿についてまとめました。

 

バリローチェでの様子はこちら↓

ここで注意事項:

闇両替イメージ画像

私たちがこちらの宿に宿泊したのは 2015年3月のこと。その頃は US$を持っていくと 相場の1.5倍程度の高レートでアルゼンチンペソへ両替してくれる"闇両替"が横行していました。このため ややリーズナブルに宿泊できていたものの 2015年12月に大統領が代わり 闇両替も廃止となりました。

また アルゼンチンでは経済情勢が不安定なため アルゼンチンペソの価値が低下し インフレが進んでいる状況です。2016年8月のブエノスアイレス市発表のインフレ率は 前年同月比43.5%の上昇とのこと。

参考にしたのはこちらのHP: 在アルゼンチン日本国大使館

私たちの宿泊したのは1年以上も前になるため この記事に掲載されている価格(上記闇両替レート使用時の価格)は参考程度に考えていただいたほうが良いかと思います(実際 この時に2015-2016年の地球の歩き方を持っていましたが 2015年3月時点でどこも掲載されている価格の1.5-1.8倍程度に上昇していました)。

このため アルゼンチンへ行かれる際には 余裕を持った資金計画を立てられることをおすすめします。

バリローチェの宿 その1

Hostel 41 Below外観

施設の概要

【宿名】Hostel 41 Below
【評価】
1.設備:★★★★☆
2.清潔さ:★★★★☆
3.ロケーション:★★★★☆
4.スタッフ:★★★★★
5.コストパフォーマンス:★★★☆☆
総合得点20/25点
【住所】Juramento 94,Bariloche 8400,Argentina
【HP】Hostel 41 Below
【宿泊日】2015.3.18-19
【料金】160アルゼンチンペソ(1,422円)/1ベッド(6人ドミトリー)/1泊
【予約方法】ウォークイン

Booking.comでの空室確認はこちら
Agodaでの空室確認はこちら
【設備】

WIFI

洗濯機

不明

シャワー

◯共用

乾燥機

不明

冷蔵庫

◯共用

ランドリー

サービス

不明

エアコン

荷物預かり

キッチン

◯共用

その他

 

宿の地図はこちら↓

室内の様子

今回は室内の写真を撮り忘れてしまったため その他の写真でお送りします。参考になりにくくてすみません(汗)

はじめの宿の朝食

はじめの宿の朝食がこちら。しっかりテーブルセッティングがされ コーンフレークにクロワッサン それにコーヒーと 南米にいることを感じさせないような朝食。初めてアルゼンチンに入ったのがバリローチェだったため "アルゼンチンおしゃれ!"と感心してしまいました。

この日はステーキとワインでいただきます♡

こちらは少しコンパクトなキッチンでしたが 調理道具や食器も多く 清潔で使い勝手が良かったです。こういうキッチンでは 料理をするのもはかどります。

なお アルゼンチンは 良質な牛肉がとてもリーズナブルに手に入る国。ヒレ肉が1キロ110アルゼンチンペソ(977円)程度。同様に ワインも美味しくリーズナブルで 毎日のようにステーキとワインを嗜む生活をスタートさせたのでした。

補足情報

まずは 良いところ

共同スペースが広く 寛げる

広々としたリビングにある共同スペースには 大きなテーブルやソファーが至る所に置いてあり 悠々とリラックスして過ごせるようになっています。キッチンも近くにあるため 料理してすぐにリビングで食べられるのも良かったです。

宿全体がとても清潔

スイス人ご夫婦が経営されているだけあり シンプルでありながらもとてもお洒落。整理整頓がされ 清潔に管理されているため 快適に過ごすことができました。 

オーナーがとても親切

予約をせずに伺ったため 翌日が満室となっており1泊しかできなかったのですが 次の宿の紹介や 闇両替のレートがよいお店などの周辺観光情報も惜しみなく教えていただけました。また 東洋人が珍しいのか 何かあるたびに声をかけ 気にかけてくれました。ホスピタリティーに感謝です。

朝食のクロワッサンが美味しい

朝食付きの宿が久しぶりだったこともありますが 南米で朝からホットコーヒーと美味しいクロワッサンの朝食をいただき 感動したのを覚えています。

でも それだけじゃありません 気になるところ

特になし

人気宿なため 予約が立て込んでおり連泊できなかったことが悔やまれる...それくらいの快適宿でした。

バリローチェの宿 その2

Hostel Pudu外観

施設の概要

【宿名】Hostel Pudu

【評価】
1.設備:★★★★☆
2.清潔さ:★★★★☆
3.ロケーション:★★★☆☆
4.スタッフ:★★★★☆
5.コストパフォーマンス:★★★★☆
総合得点19/25点
【住所】Salta 459, R8400ARG, Bariloche, Argentina
【HP】Hostel Pudu
【宿泊日】2015.3.19-20
【料金】150アルゼンチンペソ(1,333円)/1ベッド(6人ドミトリー)/1泊
【予約方法】ウォークイン

Bookinng.comでの空室確認はこちら
Agodaでの空室確認はこちら
【設備】

WIFI

洗濯機

不明

シャワー

〇共用

乾燥機

不明

冷蔵庫

〇共用

ランドリー

サービス

不明

エアコン

荷物預かり

キッチン

〇共用

その他

 

宿の地図はこちら↓

室内の様子

ドミトリーの室内の様子

1人1つの大きなロッカーが付いているため 収納もバッチリです。

高台にあるため眺めもバッチリ

共同スペースからの眺めも良いです。

2件目の宿の朝食

2件目の宿の朝食がこちら。コーンフレークにパン それにコーヒーと こちらも南米にいることを感じさせないような朝食でした。

補足情報

まずは 良いところ

宿からの展望が良い

ナウエル ウアピ湖を見下ろせるロケーション

宿は少し高い場所に建っているため ナウエル ウアピ湖を見下ろせるロケーション。キッチンからでも 綺麗な湖とバリローチェの町を眺めることができました。

使いやすいキッチン

広々としたキッチン

こちらは広々としたキッチンで 他の宿泊者と一緒になっても使いやすかったです。また 調理器具も充実しており 自炊にはもってこいの宿でした。

キッチンの利用時間はこちら

しかし キッチンの利用時間が決まっているため(8:00-15:00 18:00-23:00) 利用時間にはご注意ください。

ドミトリー部屋にトイレ シャワーがついている

ドミトリー部屋の中にシャワートイレがついているので 共用スペースに出向く必要がありません。このため 簡単にトイレやシャワーに行くことができました(室内の写真でいうと ベッドの横あたり)。しかし その分利用時間には少し配慮が必要かもしれません。

でも それだけじゃありません 気になるところ

市街地から少し歩く

市街地で食材購入の帰り道

宿からの展望が良い=坂の上にあるため 市街地から徒歩10分弱程度かかります。しかし バリローチェの町並みは整っていて かわいらしく 町散策も楽しいため そこまで気にはならないかと思います。

最後に

以上 バリローチェの宿のご紹介でした。比較してみると はじめの宿の方が良かったかなと思いますが どちらの宿もとても快適でおすすめできる宿です。もし行かれる予定のある方は検討されてみてはいかがでしょう。

また バリローチェはアルゼンチン側のパタゴニア玄関口です。数日滞在して準備をするも良し 素敵な町並みを見ながら観光するも良し 長時間の移動用にチョコレートを買って行くのも良し(バリローチェはチョコレートも有名なのです)の町でした。



勝法

 
 
 

パタゴニアのアクティビティ 宿 移動情報まとめはこちら↓

 
 

↓予約をする前に まずはサイトで比較♡

“"