読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えだ旅 WORLD JOURNEY

2015.01.04から1年6カ月にわたった 夫婦の世界一周旅と その後の旅の記録

HELLO

DO YOU ENJOY YOUR JOURNEY OF LIFE?

《パラグアイ》世界一周 旅の日記 コロニアイグアス編

スポンサーリンク

民宿小林からの夕焼け

はじめに

次に訪れた場所は えだ旅5カ国目となるパラグアイ。

もともとは そんなに滞在する予定はなかったにも関わらず なぜか離れることができない。そんな居心地の良い魅力が ここパラグアイにはありました。

そんなパラグアイ最初の町は 日本人のコロニー コロニアイグアス(イグアス移住地)。生協に行ってみると 旅に出てからこんなに日本食を見るのは初めて! というくらい 日本の食材や調味料がたくさん。冷凍ではない納豆や お味噌 どら焼きやあんこ餅が並ぶ陳列棚は まさに誘惑だらけ(笑)

そして 優しいお母さんと 面白いお父さん。楽しい旅人仲間との再会もあれば あっという間に過ぎていく 7泊8日だったのでした。

 

今までの旅の日記はこちら↓

実際の様子(2015.04.11-18)

04.11

バスの運転手さんにもらった飴 この優しさに元気がもらえる

プエルトイグアスからバスに乗り ブラジルを通ってパラグアイに到着。

ブラジルでは バスは何事もないように そのままイミグレーションの横を通過していくのが なんだかとてもおもしろかったです。

新しい土地に来ると 不慣れな状態に戻るので お金を降ろしたり 次のバスに乗るバス停を探したり 1つ1つが少し大変。だけど いろいろな人が親切にしてくれるので 本当に助かります。

今日は パラグアイに入って イグアスからのバスを降りる時に バスの運転手さんがくれた飴に元気をもらいました。

思いやりって温かい♡

by 江里

もうすぐ民宿小林に到着

旅を始めて97日目。無事に 5カ国目のパラグアイへ入国しました!

とってもスローペース。笑 南米でも日系移民がおおく 親日国のパラグアイ! 街やバスで 色々な人に助けてもらいながら 到着した場所はここ! のどかな道端です。笑

ここは イグアス移住地という 日系移民の方々のコロニー。1961年に移住されてきたらしい。日本食が食べられるとか? ラーメンが美味しいとか? まだ 何にも分からないですが 色々とお話を伺ってみたい!

そして 日本の真裏で日本を感じてきます。

by 勝法

グアラニーの単位が大き過ぎて困る件(笑)

人生で初めて ATMで100万を引き出しました。

あ もちろん円では無いです。パラグアイの通貨 グアラニーです。

写真は100,000グアラニー札です。笑 ちなみに 1,000,000グアラニーで 24,000円程度。また チリやアルゼンチンと比べても パラグアイの物価は安い! 物価の安い国で 通貨単位が大きいと 頭こんがらかります!笑

ボラれないように気をつけます。

by 勝法

 

 

04.12

まさかのギョービーにあふれる喜び(笑)

日本の真裏でこんなにしっかりとしたギョービー発見!

夢にまで見たギョービー。まさか パラグアイで食べられるとは思いませんでした。

餃子 8,000グアラニー(190円) ビール 12,000グアラニー(290円)

by 勝法

メニューはこちら

ラーメンもあり さっぱり正油ラーメン! 美味しかったです!

ラーメン 20,000グアラニー(480円)

by 勝法

なんにもないが心地良い場所

先日 パラグアイに到着して 日本人移民が多く住む イグアス移住地へ滞在中。治安もよく なんにもない場所。なんにもないを満喫中♡

なんにもない のんびり。ただ広い空と きれいな空気があるだけ。

by 江里

空き地にコンテナのスイーツ屋さん発見♡

まさかのおじさんの手作りでした

広い道路の横の これまた広い空き地には こんな風なコンテナが停まっていて 中で手作りアイスやケーキが売られています。

好きだな この感じ♡

by 江里

滞在先の宿のねこちゃん

滞在先の宿のねこちゃん。奥のテーブルの隙間にもねこちゃんが♡

今の宿には 子ねこちゃんやわんこもいるので のんびり時間にたわむれて 癒されてます。

by 江里

夜はすき焼きとビール

夜はすき焼き。パラグアイ産のお肉と ブラジルのビール。パラグアイ良いなぁー。というか 泊まってる宿 民宿小林 がとっても良い宿です!

KAISER LAGER パラグアイでよく見るビールです。

by 勝法

 

 

04.14

この日は朝5時起きで餅つきスタート

朝から動いてすがすがしい!

朝5時から起きて 餅つき。

久々の餅つきに眠気もふっとび 真剣に餅つきしました。いつぶりだろ。笑

by 勝法

 

今朝は 滞在先の宿で早朝餅つき。

もち米から餅つきをすること2回 お餅を丸めて 朝7:00前に終了(笑) 餅つきなんてしたのは いつぶりだろう?この後 みんなでつきたてのお餅も食べて ほんとにおいしかった♡

まさか海外で餅つきできるなんて...びっくり。

by 江里

つきたてのお餅は丸餅にして出荷します

つきたてのお餅を丸餅にして 農協へ出荷! そのお手伝いをさせて頂きました!

by 勝法

つきたてのお餅をおすそ分けしてもらって みんなでパクリ♡

ついたお餅を少しいただき 宿のみんなで食べました! つきたては美味しい! ほんと 日本よりも日本らしい毎日を過ごしています。

by 勝法

生協には日本食材がたくさん その①

日中 生協に買い出しにお出かけ。日本の食材や調味料がたくさん!

生協には日本食材がたくさん その②

養命酒まで棚に並んでいて なんだかほっこり(笑)♡

民宿小林からの雨上がりの虹

夕立後 綺麗な虹が見えました。

日本を出国して100日目。毎日素敵な景色を見せてくれる。地球って ほんとすごいと感じます。

by 勝法

 

パラグアイはどんより曇り空の朝。

昨日は1日中雨だったから きっと今日もそんな感じなのかな?パラグアイでは2ヶ月ほど雨が降らなかったそうで 久しぶりにありがたい雨みたい。

そして 夕方には雨が上がって おおきな虹が。やっぱりありがたい雨だったみたい♡

by 江里

虹の後には綺麗な夕焼け

夕焼け。なにもない所だけど なにもないがある所。
ただただ 美しい景色を観られる。

by 勝法

 

虹の後の夕焼け。夕焼けを観ると 1日の最後に 太陽が"お疲れさま"って言ってくれてるみたい。

旅に出てみて 今の環境に身を置けていることで それまでの自分に感謝する機会が増えました。

あの時 自分なりにがんばったから今がある。
昨日も今日も 未来に繋がる大切な日。のんびり笑顔でいこう。

by 江里

この日の晩ごはんはお好み焼き

この日の晩ごはんは みんなでお好み焼き♡

晩ごはんの後は2人で100日目をお祝いすることに

今日は 私達が旅に出て 100日目の日。

いつもより 少し良いワインをお持ち帰りして 晩ごはんの後に2人でささやかにお祝い。

まだまだ これから旅は続くけれど これからも2人のかたちのまま 旅が続けられますように。私よりも こういう日をちゃんと憶えていてくれる 旦那さんに感謝♡

by 江里

 

 

04.15

いつかの朝のパステルカラーの景色

先日の朝の景色。下のほうには雲海みたいなもやが広がって パステルカラーみたいな色でした。

by 江里

滞在先の宿のわんこ

今日の宿のわんこ。滞在先の宿のわんこは 顔がしゅっとしていて素敵♡

by 江里

お母さんが差し入れしてくれたゴマプリン

今の滞在先の宿に到着して 今日で5日目。この宿とこの場所が のんびりしていて 居心地がよくて ついつい長居してしまっています。

この写真は 宿に到着した日の夜 宿のお母さんが差し入れしてくれたゴマプリン。お母さんの優しさにほっとしたのと 移動の疲れた身体に染み渡ったのを思い出します。

でも そろそろ動き出さないと。根っこが生えちゃいそう...

by 江里

民宿小林からの天の川

とある1日 イグアス移住地ver。

朝5時 暗いうちから餅つき
朝日を見て 餅を食べる
昼前に 農協へ買い出し
昼食にカレーを作って 食べる
昼寝
夕食の準備
夕焼け鑑賞
晩酌して みんなで酔っ払う
屋上で天体観測
南十字星と流れ星を見ながら うたた寝
部屋に戻り 就寝

食べて寝ての生活が とてもしっくりきております。

by 勝法

 

今日の星空。

南半球の国に来て 南十字星を見つけられるようになりました。
旅をするようになって 天の川を毎日観られる場所があることを知りました。

by 江里

 

 

04.17

食べてばかりなので お買い物帰りにウォーキング

運動不足なのに おいしいものがたくさんで 食べてばかりの毎日。さすがによくない...と思って 買い出しの帰り道に 旦那さんと2人で歩いて帰ることに。

宿まで7km。心地よいお散歩になりました。

by 江里

最後の夜は13人でいただきます

何もしてないけど 7泊しました。居心地サイコーでした。最後の夜は13人で!

明日はアスシオンヘ移動します。

by 勝法

 

 

04.18

お揃いで作ったマクラメ これから活躍の予感♡

今日 イグアス移住地から 次の目的地へ出発することにしました。

同じ場所に7泊8日もいたのは イースター島に並ぶ この旅の最長記録。居心地が良くて いつの間にかの8日間。

滞在中に 気になっていたマクラメの作り方のレクチャーも受けました。

写真は 100日記念に旦那さんが初めて作ってくれたマクラメと 私がお揃いで作った2回目のマクラメ。作っている間もくもくと集中できて楽しい。旦那さん:ネイビー 私:濃茶にしてみました。マクラメは紐を編んで作るアクセサリーで 防犯上金属のアクセサリーがつけられない南米では活躍しそうです♡

それでは 次はパラグアイの首都 アスンシオンへ向かいます。

by 江里

行ってきますのご挨拶にて

最後に

コロニアイグアスでは "なんにもない"ということが とても心地良くて。余分なものがない環境は 小さな発見や変化に対しても 嬉しくなったり感動できたり。余分なものから解放されることで 自分の感情もとてもシンプルになる 軽くなる そんな気がしました。

バックパッカーの旅は 荷物も少なく コストも少なく できるだけシンプルな旅だったにも関わらず それでもまだまだ抱え込み過ぎていることを実感。この時の "なんにもない"心地良さが 今の実家の断捨離を推し進めている原動力にもなっている気がします(笑)

それでは 次回の旅の日記は ここでもやっぱり長期滞在。何もしないのに いつの間にか10日が過ぎる 沈没の町 アスンシオン編をお届けします。



勝法 江里

 
 
 

次回の旅の日記はこちら↓