読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えだ旅 WORLD JOURNEY

2015.01.04から1年6カ月にわたった 夫婦の世界一周旅と その後の旅の記録

HELLO

DO YOU ENJOY YOUR JOURNEY OF LIFE?

《チリ》プエルトモンの宿情報「Hosteria Casa Gladys」

スポンサーリンク

魚市場のセビーチェ売り場にて どれにしようかな♡

2015年3月 100️チリペソ≒19️円

はじめに

イースター島から飛行機に乗り 久しぶりのチリ本土へ到着。その日の長距離バスに乗り 足早に目指した場所は チリ側パタゴニアの玄関口 プエルトモン。

チリ側パタゴニアの玄関口でもあり 港町でもあるプエルトモンは 美味しい海鮮を満喫しながら パタゴニアへの準備をするにはもってこいの街。大きなショッピングモールがあることに加え 毛糸製品もリーズナブルなため 僕たちもこれから寒くなるパタゴニアに備えて毛糸の帽子を購入したりしました。

今回は そんなプエルトモンにある リーズナブルでバスターミナルに近い便利宿のご紹介です。

 

プエルトモンでの様子はこちら↓

プエルトモンの宿のご紹介

施設の概要

【宿名】Hosteria Casa Gladys
【評価】
1.設備:★★★☆☆
2.清潔さ:★★★☆☆
3.ロケーション:★★★★☆
4.スタッフ:★★★★☆
5.コストパフォーマンス:★★★★☆
総合得点18/25点
【住所】
【HP】Hosteria Casa Gladys (トリップアドバイザー)
【宿泊日】2015.3.15-18
【料金】12,000チリペソ(2,280円)/ダブルルーム/1泊
【予約方法】ウォークイン
Booking.comでの空室確認はこちら
Agodaでの空室確認はこちら
【設備】

WIFI

洗濯機

不明

シャワー

〇共用

乾燥機

不明

冷蔵庫

〇共用

ランドリー

サービス

不明

エアコン

×

荷物預かり

キッチン

〇共用

その他

 

宿の地図はこちら↓

宿の様子

室内や共用のシャワー室などの写真を撮っておらず...参考にならずにすみません(汗)雰囲気程度の画像になりますが 少しでもお役に立てれば幸いです。

カラフルな宿の外観

宿の外観はこちら。カラフルなカラーリングが目を引く建物です。

散乱し過ぎて分かりにくい室内の様子

室内の様子はこちら。散乱し過ぎて 部屋の様子がわかりにくいですが 入り口の横には棚もあり 物の整理などの使い勝手は良かったです。

補足情報

まずは 良いところ

バスターミナルや大型スーパーから徒歩圏内

宿を決める時に バスターミナルや観光名所から近い場所や 価格がリーズナブルな宿を選ぶと思います。そんなこちらの宿は バスターミナルから10分かからない距離にあります。大型スーパーも徒歩5分圏内に2-3店舗あり 自炊もしやすかったです。

プエルトモン名物のクラント

魚市場には魚がずらり!!

また 魚市場からも徒歩25分と 散歩感覚で歩ける距離です。魚市場の敷地内にあるレストランで プエルトモン名物のクラント(数種類の貝とジャガイモ ソーセージなどを煮込んだ ポトフみたいな料理)を食べるも良し 新鮮な海鮮を購入し 帰ってから料理することも可能です。

僕たちもクラントを食べに行ったり ウニをたくさん購入して ウニのクリームパスタを作ったりして過ごしました。

価格がリーズナブル

僕たちは 宿泊する前に その土地のある程度の宿泊代を調べ 実際に現地に到着した後も 数件の宿を回って 相場を確認しておきます。そうすると プエルトモンではツインで1,6000チリペソ(3,040円)程度からだったため 今回の宿はとてもリーズナブルな価格でした。

ある程度 その土地の宿泊費を調べた後に 目星を付けておいた宿で値段交渉をすることで 周辺の宿よりもリーズナブルに宿泊できたのではないかと思います。

でも それだけじゃありません 気になるところ

オーナーのご家族と 共同スペースを共有するスタイル

1階部分のリビングやキッチンは 宿のオーナーご家族との共同利用になります。オーナーご家族は皆良い方で 子どもたちがうるさい等のこともありませんでしたので 慣れてしまえば大きな問題はないかと思うのですが...キッチンの利用のタイミングなど 中には気になる方もいるかもと思います。

建物が古い

こちらのホステルは 築年数何年だろう...という感じの建物。このため 空室があったらすぐに即決するのではなく 実際に宿泊予定となる部屋を見せてもらい コンディションが一定であれば宿泊するようにしましょう。

中南米の場合は ここに限らずですが 部屋によってコンディションが異なることが多いため(鍵が壊れているなどのセキュリティ面の問題や ベッドの中心が抜けそうになっているなど) 一度実際の部屋を確認してから宿泊する旨を伝えることをおすすめします。

最後に

はじめの紹介文でも軽く触れましたが プエルトモンではニット帽や手袋など 南部パタゴニアに比べ 毛糸製品の防寒具がリーズナブルに購入できます。

アルゼンチン側に入ると 急激なインフレに伴い物価が上昇しているため 良いレートで両替ができた場合でも 購入価格は高くなりがちです。このため パタゴニアに向けての防寒具に不安を感じられる方は プエルトモンで揃えられることをおすすめします。

毛糸製品が売られている場所は バスターミナルから魚市場に向かう途中。道の左右に毛糸製品を扱うお店が軒を連ねているため 価格やデザインを確認しながら 好みのものを探されると良いでしょう。価格もディスカウントできるので ぜひ勇気を出して挑戦してみてください。

なお プエルトモンから南部パタゴニアへ向かうバスは 方向によっては週2-3便しか運行されていないものもあり 僕たちの時もバスの空席が取れるまで プエルトモンで待機することになりました。このため 次の移動のバスはプエルトモン到着時に押さえておくようにするとスムーズです。

そして 次の移動までの数日間で パタゴニアに向けての準備と 魚市場で新鮮な海鮮を楽しまれることをおすすめします。



勝法

 
 
 

パタゴニアのアクティビティ 宿 移動情報まとめはこちら↓

 
 

予約をする前に まずはサイトで比較♡

“"