読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えだ旅 WORLD JOURNEY

2015.01.04から1年6カ月にわたった 夫婦の世界一周旅と その後の旅の記録

HELLO

DO YOU ENJOY YOUR JOURNEY OF LIFE?

《チリ アルゼンチン》世界一周 旅の日記 パタゴニア編 その②

スポンサーリンク

氷河の前ではいチーズ

はじめに

19日間と思うと 時間をかけて回ったように思うけれど あっという間に過ぎていったパタゴニア地方での日々。それまでも 十分に南米大陸の広さを感じてはいたけれど 1日がかりの移動となることも多く その広さや 気候の変化をより実感することとなりました。


そして 思ったこと。
私たちは やっぱり自然が好きだということ。

街歩きをしながら 昔ながらの歴史ある建物を見るのも良いけれど 私たちは自然に囲まれて 自然を感じながら身体を動かすことの方が大好きだということ。


パタゴニア地方の雄大な それでいて圧倒的な存在感を感じさせる自然は そんなことを私たちに感じさせてくれることとなり 南米の中で1番好きな場所となったのでした。

そんな今回は ウシュアイアに到着するまでの様子をお届けします。

 

今までの旅の日記はこちら↓

実際の様子(2015.03.24-30)

03.25

迫力のペリトモレノ氷河

どーーーーん! はい 氷河です!笑

まず パタゴニアで必ずやりたいことは以下!
フィッツロイ トレッキング
ペリトモレノ氷河 見学
パイネ トレッキング
ビーグル水道 ペンギンウォッチング この4つはやりたい!

そう思って パタゴニアへ乗り込みました。ほんで ペリトモレノ氷河を見てきました! 見るだけではおさまらず アイストレッキングまでやってしまった!

まず ペリトモレノ氷河とは ロスグラシアス国立公園の中にある氷河。全長は35Km 高さは50-60mと馬鹿でかい氷河です! ほんと すげー迫力です。ちなみに こちらロスグラシアス国立公園の氷河は 世界で3番目に大きいとか。

1番は当然 南極。全世界の 氷河の90%があるみたい。2番はグリーンランドで9%。そして 残りの1%の氷河を 3番以下で分け合ってるみたいです。

by 勝法

ペリトモレノ氷河へ向かいながらわくわく♡

今日は早起きをして ロスグラシアレス国立公園へ 氷河トレッキングにお出かけ。

グラシアールはスペイン語で氷河を意味していて 日本語にすると その名も氷河国立公園。この場所は南極 グリーンランドに次いで 世界で3番目の氷河面積を誇り 大きなものだけでも47の氷河があります。

そんな氷河の中で 今回はペリトモレノ氷河へ行ってきました。

by 江里

スタッフの方がアイゼンを付けてくれました

アイストレッキングのため アイゼン装着です!

by 勝法

2人で初アイゼン

これで 氷河の上を歩けます!

by 勝法

 

氷河は圧力がかかって圧縮されているため 表面もとても硬かったり 溶け出した水分が川のように流れていたり。

そんな足場のところを歩くため 各自にアイゼンをつけてくれます。これで引っかかりができて安全。

初めてのアイゼンにわくわく♡

by 江里

いよいよ氷河の上を歩きます

いよいよ氷河の上をトレッキング開始。ガイドさんが各グループに2人付いてくれて 安全に歩けるようサポートしてくれます。

シャリシャリする新鮮な感覚と 目の前で光を浴びて青く輝く広大な氷河。

不思議な世界。

by 江里

氷河から溶け出した水は真っ青でどこまでも澄んでいました

氷河の溶け出した水はとても青く澄んでいて綺麗

氷河の溶け出した水は とても青くて澄んでいて。どこまでも奥が見えました。

飲むこともできるので 旦那さんとマイカップでテイスティング。とても冷たくて 少し甘みのある味でおいしい♡

by 江里

氷河と飛行機雲♡

途中で空には飛行機雲もあらわれて。氷河と飛行機雲✈︎

by 江里

お待ちかねの氷河の氷でウイスキータイム

乾杯!!

トレッキング後は Whisky on the Rock。もちろん 氷河の氷で!

空きっ腹に ウイスキーロックが染み渡ります!

by 勝法

 

2時間ほど氷河トレッキングをしたら 最後に氷河の上で 氷河の氷でウイスキーのオンザロック。

きれいなグラスに氷河を入れて...乾杯!

サルーだったり チアーズだったり 乾杯だったり。いろんな言葉でみんなで乾杯。

これが氷河トレッキングの1番の楽しみだったので 格別においしかったです。空腹にウイスキーが染みていきました♡

by 江里

引きで撮っても迫力の氷河

引きで撮っても でかい!

明日からはまたチリへ。トレッキングの聖地 パイネ国立公園へ。ほんと パタゴニアはチリ-アルゼンチンを行ったり来たり。

by 勝法

時折崩落する音が地響きのように聞こえました

今回も不思議な体験になりました。

パタゴニアをめぐる旅はもうしばらく続き 明日は朝早いバスで チリのプエルトナタレスに向かいます。

今回は氷河にはしゃいでしまい 氷ばかりの写真となりました(笑)♡

江里

 

 

03.27

この日はパイネ国立公園へトレッキングにお出かけ

やってきました パイネ国立公園 トレッキング!

まず おさらい。
パタゴニアで必ずやりたいことは以下!
フィッツロイ トレッキング
ペリトモレノ氷河 見学
パイネ トレッキング
ビーグル水道 ペンギンウォッチング

ほんでもって 今回はパイネ国立公園のトレッキング。トレッキングの聖地だけあって 見渡す限りの自然!笑

ここ パイネ国立公園はとっても広くて 全部回ろうとすると9泊10日以上。主要な所を見て回るにも 4泊5日程度かかるトレッキングです。もちろん テント担いでガシガシトレッキングしたかったのですが 先一週間の天候が思わしくないため 今回は1日トレッキングにしました。笑

目指すは トーレス デル パイネ。パイネ国立公園を象徴とする岩峰です!

by 勝法

きれいな芝と可愛い小屋の様子

人用と馬用のコースが分かれていました♡

26日にパイネ国立公園へ向かうため 3回目のチリ入国となりました。

パイネ国立公園は標高3,000m近い花崗岩の石峰群や氷河湖 川 滝によって描かれる風景。そしてそこに生息するコンドルやチリフラミンゴ ピューマなどの動植物が最大の見どころとなるトレッキングの聖地。

広さは大阪府より少し小さいくらいという 広大な面積の国立公園で 4泊5日のWコースや9泊10日のサークルコースなど テントを持って長時間をかけてトレッキングする人も多い場所。

私たちもWコースに行きたかったのですが 天気予報では1日しかお天気の日がなく...この日は1dayトレッキングに出かけました。

人はこちら 馬はこちらの看板♡

by 江里

今回のトレッキングは旅仲間と3人で

平坦道も整備されていて とっても歩きやすかったです!

あ 今回のトレッキングは イースター島で一緒だった方とご一緒。この方 南極帰りでたまたまホステルが一緒だったので 半ば強引に誘ってしまいました!笑

by 勝法

景色が開けてきました

どんどん奥へ!

by 勝法

お昼ごはんはハムとチーズのサンドイッチ

お昼ごはんは みんなでハムとチーズのサンドイッチ。空気のきれいな場所で食べるごはんは格別です。

旦那さんのヤル気顔(笑)

1歩1歩楽しみながら進みます

紅葉がまるでステンドグラスのよう

南半球は夏の終わりの季節。

南緯40度以南の南部パタゴニアでは 他の地域よりも気温が低くなるため 紅葉が始まっていました。陽射しが当たって ステンドグラスみたい。

by 江里

ずいぶん標高の高い場所へ登ってきました

最後の一踏ん張りでがれ場を登ります

だいぶ 標高も上がってきました! 岩場は風が強くとっても大変!

by 勝法

 

遊歩道のような道や砂利道 大小の岩がごろごろしているがれ場など 歩く道にいろいろと変化がみられます。今回のトレッキングは イースター島で一緒の宿だった方と プエルトナタレスで偶然再会したのでご一緒に。

しばらくがれ場を歩くと...

by 江里

存在感のあるトーレスデルパイネ

ほんで どーーーーん!

フィッツロイ ペリトモレノ氷河に引き続き お天気に恵まれて すんごく綺麗にトーレス デル パイネを見ることができました!

今回は 往復で9時間のトレッキングを7時間で往復しちゃうという 健脚な女性2人のリードで楽しくトレッキングできました!

by 勝法

トーレスデルパイネの前ではいチーズ

無事に 3人で登れました!

by 勝法

もちろん 回ります。

by 勝法

下山は足場に気をつけながら慎重に...

トーレスデルパイネを満喫した後は 足場に気をつけながら下山スタート。下山中も雄大な景色が目の前に広がります。

by 江里

お疲れさまビールのはじまり

みんなで乾杯!

パイネ国立公園のきれいな夕焼け

下山した後 お疲れさまビールを飲んで バスの時間まで きれいな夕焼けをみながらのんびり待ちぼうけ。

パタゴニアでは3カ所でトレッキングをしましたが 個人的にはパイネ国立公園が1番好きでした。生きているうちにもう1度 今度はもっとゆっくりの期間でまた来ようっと。

その時までまたね パイネさん♡

by 江里

 

 

03.28

プエルトナタレスでも見つけたヤマナ族

パタゴニアの先住民 ヤマナ族 シルクナム族ファンの皆様! 見てください! この神々しいお姿! 何処を隠しているのでしょう? 出すとこ出してます!

そんな彼と夢のツーショット。

あ プエルトナタレスにお土産ショップがあります! しかし 品揃えなどなどはバルパライソの方が良いです。もし お土産をお探しでしたら バルパライソへ!

by 勝法

宿のオーナーにおかずをいただきごはんの時間

ご飯 味噌汁 納豆ふりかけ。そして 宿のオーナーから頂いた 手羽元スパイシー焼き。パタゴニアの地で少しだけ和を感じられました!笑

by 勝法

 

 

03.29

旅に出て3回目の旦那さんのヘアカット

昨日今日ともに1日のんびりの休養日。

時間がたくさんあるので 滞在先のお部屋で 世界一周の旅が始まって3回目の旦那さんのヘアカット。毎回眉毛切りシェーバーと眉毛切りはさみで整えています。

なんとなく だんだん切るのに慣れてきたような気がする...ふふふ♡

by 江里

自家製サルサをおつまみに晩酌タイム

晩酌。自家製サルサ アボカド パン。とってもビールとワインが進みました!

AUSTRAL。このビール チリ南部 パタゴニア地方の プンタアレーナスという街で作られてるらしい。世界最南端のビールです! ちょいと深みのある香りがしました。

by 勝法

 

 

03.30

ウシュアイアを目指すバス 早速の故障(笑)

本日は移動日。

チリ プエルトナタレスから アルゼンチン ウシュアイアへ! またしても 国境越え。ほんと パタゴニア地方は チリ-アルゼンチンを行ったり来たり。

それにしても チリには大変お世話になりました。オーストラリアから南米への上陸は チリの首都 サンティアゴ! それから 3回の出入国を経て 上はアリカから 下はプンタアレーナスまで。南北4,329Kmのチリを 上から下までバスで回りました。

ちなみに イースター島もチリ。ほんと 移動が長かった。笑

そんな思い出深いチリを抜けて 目指す目的地は アルゼンチン ウシュアイア! このウシュアイア! 世界最南端の都市です。このキャッチコピーだけで惹かれますよね? アルゼンチンの首都 ブエノスアイレスから3,250Km 南極圏まで1,250Kmと 南極に行った方が近いのです!笑 凄いところまで来ちゃいましたね。

ここでは ペンギンを見て回りたいと思ってます! 因みに 本日の移動中にバスが故障しました。このため バスを3回乗り継ぎ やっとこさウシュアイアを目指します。ふぅー やれやれ。笑

by 勝法

 

画像が粗いですが。バスと共にマゼラン海峡を渡ります ! この感じ 新鮮。笑

by 勝法

いざフェリーへ乗り込みます

フェリーが出港しマゼラン海峡縦断中

フェリーに乗って マゼラン海峡を縦断。さようなら南米大陸。

by 江里

フエゴ島に描かれているヤマナ族のグラフィティ

南米大陸からマゼラン海峡を渡った先は フエゴ島です! フエゴ島 馴染みないですよね。でも ここ。ヤマナ族のホーム島なのです! なので 渡った先には ヤマナ族がカッコ良く描かれていました!笑

by 勝法

最後に

のんびりペースで旅をしていたこともあり シーズン終盤に訪れることとなってしまったパタゴニア地方。天候不良や気温の低下を心配していたけれど お天気の日が多かったのは幸いでした。

このため パタゴニア地方の目玉と思っていた フィッツロイでのトレッキング  ペリトモレノ氷河のアイストレッキング パイネ国立公園でのトレッキングを無事に終了。パイネ国立公園は あと数日かけてトレッキングをしたかったこともあり それだけが心残りではあるけれど 準備不足の状態で無理をするよりは 心地良い思い出が残ったので良しということにしました。

それでは 次回の旅の日記は パタゴニア地方で最後となる 南極にほど近い 世界最南端の都市。ウシュアイア編をお届けします。



勝法 江里

 
 
 

次回の旅の日記はこちら↓