えだ旅 WORLD JOURNEY

2015.01.04から1年6カ月にわたった 夫婦の世界一周旅と その後の旅の記録

HELLO

DO YOU ENJOY YOUR JOURNEY OF LIFE?

《タイ》チェンカーンの宿情報「Chiang Khan Smile Homestay」

スポンサーリンク

2016年3月 1THB≒3.2円

はじめに

11日振りにラオスから戻ってきたタイ。向かった町は ノスタルジックな情緒が残る 北イーサン地方のチェンカーン。チェンカーンの町には古民家を改造した宿が多数存在しており とても良い味を出していました。

そんな今回 僕たちが宿泊したのは 古民家の宿泊施設というよりは 地元のお洒落な家にホームステイさせていただいたような雰囲気の宿。面倒見が良いオーナーと 可愛い子どもたちが迎えてくれた リーズナブルな素敵宿のご紹介です。

 

 チェンカーンの観光スポット+行き方はこちら↓

チェンカーンのおすすめ食事スポット+カフェはこちら↓

チェンカーンの宿のご紹介

施設の概要

【宿名】Chiang Khan Smile Homestay

【評価】
1.設備:★★★☆☆
2.清潔さ:★★★☆☆
3.ロケーション:★★★★☆
4.スタッフ:★★★★★
5.コストパフォーマンス:★★★★☆
総合得点19/25点
【住所】77 M.2, Sri Chiangkhan Rd., sub-district, Chiangkhan district, Chiangkhan City Center, Chiangkhan 42110
【HP】見つかりませんでした
【宿泊日】2016.3.24-28
【料金】485THB(1,552円)/ツインルーム/1泊
【予約方法】Agoda
Agodaでの空室確認はこちら
Booking.comでの空室確認はこちら

【設備】

WIFI

洗濯機

◯声をかければ

シャワー

◯共用

乾燥機

×

冷蔵庫

◯声をかければ

ランドリー

サービス

×

エアコン

荷物預かり

キッチン

×

その他

 テレビ
 バイク

宿の地図はこちら↓

室内の様子

マットレスと掛け布団のシンプルな部屋に ぬいぐるみがチラホラ。可愛らしいお部屋でした。

テレビもあり タイの音楽番組を見ていました。キティーちゃんは世界共通です。

共同スペースのソファー。お洒落過ぎてなかなか座れませんでした。

補足情報

まずは 良いところ

オーナーが親切

オーナーのホスピタリティが凄いです。まず チェックインして直ぐの出来事。バイクで景勝地ケンクックーへ行くから 一緒にと誘われました。

オーナーとお子さん2人と オーナーの友人たちでバイクを走らせ ケンクックーへ行ったのはとても良い思い出です。その後も バイクは無料で乗り放題。ランチに誘っていただいたり お菓子の差し入れをいただいたり...溢れんばかりのホスピタリティに感動しました。

宿泊費がリーズナブル

ウォーキングストリート沿いにある リバービューのお洒落な古民家風の宿は リーズナブルなところを探して1泊1,000THB(3,200円)程度 高いものでは1泊3,000THB(9,600円)になる宿も!それに比べて こちらの宿は485THB(1,552円)です。オーナーのホスピタリティも考慮すると とてもコスパの良い宿だと思います。

1-2泊程度の短期滞在の場合は リバービューの宿に滞在し メコン川に沈む夕日や ウォーキングストリートの雰囲気をしっかり味わうことをおすすめしますが 価格重視の旅人の方には 特におすすめできる宿かと思います。

ロケーションが良い

ノスタルジックな木造建築が立ち並ぶ ウォーキングストリートまで徒歩5分。夜風に当たりながらウォーキングストリートで食べ歩きをし 通りを1本またいで 短時間で宿に帰ることができます。その他にも 宿のある通りには 地元の人が多く利用するリーズナブルな食堂や 外にテーブルが置かれていて そのまま飲んで帰れる酒屋さんなどがあり 食べるものには困りませんでした。

このため チェンカーンの観光をしつつ 地元の人のローカルな暮らしにも触れることができ とてもロケーションが良いと思います。

でも それだけじゃありません 気になるところ

お宅にお邪魔している感覚

良いも悪いも ホームステイな宿です。客室は2階なのですが 1階ではオーナー家族が暮らしています。元気盛りのお子さんも2人いるので 顔を合わせる機会もしばしば。2人の相手をするのもなかなか楽しいのですが...お子さんが苦手な方にとっては きっと大変なのではないかと思います。

お姉ちゃんとはお絵描きを。

弟くんとは 戦隊ヒーローごっこを。

宿に誰も居なくなることがある

チェンカーンの風土なのかもしれませんが 日中は玄関の鍵を閉めません。このため 僕たちやオーナーがいない時でも玄関の鍵は開いたまま。客室も外鍵がないため ドロボーが入ろうと思えば入れる状況です。

昔の日本のような雰囲気の町や人々を見ている限り きっと そんな考えの人がいないから鍵を閉めないのだと感じましたが 少し不安に思ってしまいました。

最後に

以上 とてもお世話になった ホスピタリティ溢れる宿のご紹介でした。

今現在 ここチェンカーンはタイ人にとても人気のある町。しかし まだ外国人観光客にはあまり知られておらず 外国人観光客は欧米人が数人いるかいないかでした。そのため 観光地ながらもとても穏やかな雰囲気が流れていますが 欧米人が増え アジア人が増える事で 少しづつ雰囲気が変わっていく可能性も考えられます。今の雰囲気を楽しめるうちに 是非とも訪れてほしい町だと感じました。




勝法

 
 

予約をする前に まずはサイトで比較♡

“"