読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えだ旅 WORLD JOURNEY

2015.01.04から1年6カ月にわたった 夫婦の世界一周旅と その後の旅の記録

HELLO

DO YOU ENJOY YOUR JOURNEY OF LIFE?

《イタリア バチカン》えだ旅 世界一周 28-29カ国目 5日間 かかった費用まとめ

スポンサーリンク

ローマにもあった!凱旋門

2015年12月 1Euro≒133円

はじめに

世界一周の旅に出る前から "この国には行ってみたい!"という候補の1つだったイタリア。もともと イタリア料理が大好きな私達。イタリアでは 快適な場所に宿泊して 食べたいものを食べる!と決めていたため イタリアに到着してからは わくわくの数日間。

ローマに到着してからは 教科書で見たような景色が ぽんぽんと目に入って来たり 街を歩いているご夫婦がとてもスタイリッシュだったり。イタリア人男性のレディーファーストぶりにびっくりしたり...いろんな意味で また新鮮な国となったのでした。

イタリアでのそれぞれの詳細はこちら↓

イタリア バチカンでかかった費用48,759円(366.61Euro)/5days

イタリアへは 2015.12.14-18日までの4泊5日 ローマのみに滞在。その際に 1日バチカンへ日帰り観光へ出かけました。

ローマは 歴史的な建造物や観光名所が多いにも関わらず 入場料の必要な場所が思いの外少ないことや 都市間の移動がほとんどなかったり。ワインも1本3Euro(399円)程度だったため お酒好きな私達には嬉しかったです。このため 5日間にしては金額がかかりましたが 想像よりは費用が抑えられた印象です。

それでは それぞれの詳細をご紹介。

交通費:6,278円(47.2Euro)

交通費の内訳は
①アンコーナ-ローマ間の鉄道移動
②ローマ市内観光 バチカン観光への地下鉄移動
③ローマ テルミニ駅-空港間のエアポートバス移動 にかかった費用となります。

この中で アンコーナ-ローマ間の鉄道移動がほとんどを占め 1人16.7Euro(2,221円)かかりましたが ローマに到着してからは 2度地下鉄を利用したのみ。宿泊先が便利な場所にあったため 徒歩で回ることのできる観光場所が多く ローマ到着後は思いの外 交通費を抑えることができました。

また ローマ テルミニ駅-空港間のバスはさまざまなバス会社にて運行されています。1番リーズナブルなバス会社のエアポートバスでは 3.9Euro(518円)/1人で乗車できるため エアポートバスにしてはリーズナブルでした。

なお 私たちの家計簿では 各国間の移動にかかる費用は別でまとめているので ローマでの費用には入っていませんが 次の国ヨルダンのアンマンへは世界一周航空券で向かったため 新たに交通費はかかりませんでした。

 

世界一周航空券についてはこちら↓

食費:19,278円(144.95Euro)

ローマには美味しい食べ物がたくさん。イタリアでは ローマだけの滞在予定だったため 食べたいものは我慢せず食べることに。このため 短期間の滞在の割には食費がかかってしまったけれど 仕方がないということで...

外食をしたのは 毎朝の朝食(宿泊費に込み)とカルボナーラ発祥のお店"La carbonara(ラ カルボナーラ)" イタリアンジェラートのお店"Giolitti(ジョリッティ)" 地元の方に人気のリーズナブルなピザ屋さん"Pizzeria Del Secolo(ピッツァリアデルセコロ)"。

外食をすると想像通りの出費となりましたが スーパーなどでワインや それに合わせる生ハムなどのおつまみを買った場合は かなりリーズナブル。しかも スーパーでお持ち帰りした食材もとても美味しい♡

このため 外食をしつつ スーパーのお世話にもなりつつ...充実した食生活となりました。

カルボナーラ発祥のお店のカルボナーラ♡

コロッセオの近くにある "La carbonara(ラ カルボナーラ)"へ。1906年から続く老舗のレストランなのに カジュアルな雰囲気で リラックスしてお食事を楽しむことができました。カルボナーラ1人分7Euro(931円) picは2人でシェア分で2人分10Euro(約1,330円)

テイクアウトしたパリパリのピザ

ご近所の人気店"Pizzeria Del Secolo(ピッツァリアデルセコロ)"で ピザをテイクアウト。パリパリの生地にフレッシュな具がたくさんのピザに ワインで乾杯! 1箱分10Euro(1330円:種類により価格は若干異なります)

宿泊費:17,364円(130.56Euro)

ローマでは ホステルの個室(ダブルルーム)に2人で4泊し 予約はBooking.comで行いました。

こちらはサービスで朝食付き。
"どんな感じかな..."と思っていたら 近くのカフェの食事券を宿泊日数分いただいて。カフェでの美味しい朝食に 朝食を食べに行くことが 毎日の楽しみになりました。

ローマの宿の美味しい朝カフェタイム

カフェでは数種類の中から好きなドリンクを選べて 私は毎朝ラテマキアートを。これにクロワッサン フルーツジュースでほっこり。毎朝 気軽にカフェに通える幸せを満喫しました♡

 

ローマでオススメの宿はこちら↓

 

 

 

 

ローマの宿をお探しの方は こちらからどうぞ。
Booking.comでの空室確認はこちら
Agodaでの空室確認はこちら

 

 

 

なお Airbnbを利用すると 宿泊費を少し抑えることができますが ローマでは宿泊が短期間予定だったこともあり 利用することはありませんでした。

観光費:3,192円(24Euro)

イタリアでは スペイン広場 トレヴィの泉 パンテオン 真実の口 凱旋門 コンスタンティヌスの凱旋門 コロッセオへ。バチカンでは 世界中のカトリックの総本山と言われる サンピエトロ大聖堂へ出かけました。

短期間の割には いろいろと観光したように思いましたが 入場料のかかったものはコロッセオ1カ所のみ。無料で見学できる場所は多いのは 長期旅行者の私達にとっては助かりました。

なお コロッセオの入場料は12Euro(1,596円)/1人ですが 周辺の観光も合わせると1日中楽しめるので 納得の料金設定かと感じました。

まるでCGのような美しい教会

パステルカラーの淡い色合いのコントラストに 美しい内装がまるでCGのような サンタマリアデッリアンジェリ教会。

圧巻のサンピエトロ大聖堂

ローマに行く際には ぜひ一緒に訪れて欲しい場所。荘厳な雰囲気に圧倒される バチカンのサンピエトロ大聖堂。


なお イタリアは南に行けば行くほど治安が悪いと言われており ローマも例外ではありません。ローマを観光する際は スリや置き引きのトラブルが多い場所のため くれぐれも気をつけましょう。

私達も 赤ちゃんを抱いたロマ風の女性が近づいて来て ポケットを探られた経験が...近づいて来る段階で怪しさ満点だったため 警戒をしたこともあり 未遂で終わったのは幸いでした(いかにもバックパッカーな お金のなさそうな服装だったのに(笑))久しぶりの都会で浮かれていたわけではありませんが 気を引き締めて行動しようと思った出来事でした。

通信費:1,490円(11.2Euro)

バチカンでエアメールを送るの巻

バチカンでは 両親と親族にエアメールを出しました。

それというもの バチカンでは ローマ法皇がプリントされた オリジナルの切手でエアメールを出すことができ おつりにはローマ法皇が描かれたEuroコインがもらえることもあるのです。基本的には バチカンだけでしか手に入らない ローマ法皇のEuroコイン。これは運気が上がりそう...(2人とも無宗教者ですが(笑))ということで 早速エアメールを送ることに。

そして 嬉しいことに 見事ローマ法皇のEuroコインをゲット♡いただいたコインは 今も大切にわが家で保管しています。

ご興味のある方は ぜひトライしてみてください。

雑費:1,157円(8.7Euro)

観光時のトイレの料金 航空券など必要書類のプリントアウトの料金が含まれます。長期の旅をしていると プリントアウトが必要なことも多く 積み重なるとボディーブローのような出費になることに...

最後に

"ここはお金がかかるな!"と覚悟の上で向かった イタリア。それでも 1日当たり10,000円以内に抑えられたのはお見事!と褒めて納得してみることに(笑)(実際は1日12,000-13,000円くらいかなぁ...と思っていたので)

そんな イタリアの物価は他の国に比べるとやや高めであることや 年越しをマレーシアで迎える予定だったこともあり(なのにクロアチアでのんびりしてしまい...) 短期間の滞在にはなってしまったものの とても楽しく美味しい思い出の残った国となったのでした。また行きたいなぁ...(今度はもっとお金に余裕を持って(笑))

次回のかかった費用まとめでは これまた超短期! いくらかかるか未知の国 ヨルダンでのまとめをお届けしたいと思います。

それでは 今日も良い1日を。



江里