えだ旅 WORLD JOURNEY

2015.01.04から1年6カ月にわたった 夫婦の世界一周旅と その後の旅の記録

HELLO

DO YOU ENJOY YOUR JOURNEY OF LIFE?

《マレーシア》クアラルンプール 女子におすすめ ローブもかわいいモスク3選

スポンサーリンク

湖畔に佇むかわいいピンクモスク

2015年12月-2016年1月 1リンギット≒28円

はじめに

日本で過ごしている間は あまり意識することのなかった宗教的な建築物たち。しかし 海外を旅していると 生活と信仰がとても近い距離感で 生活の一部として存在しているのだと感じることが多くありました。そして そんな中で キリスト教のカテドラルを見学しては身の引き締まるような雰囲気を感じ イスラム教のモスクを見学してはなんだかとてもリラックスできたりと 独特の雰囲気を感じたことを思い出します。

そこで前回 アブダビのモスクについてUPしましたが 今回も懲りずにモスクのご紹介。今回は この旅の中でも"かわいいモスクランキング"上位に入ることが確実なピンクモスクを含む クアラルンプールのモスクをご紹介したいと思います。

 

豪華絢爛なアブダビのモスクについてはこちら↓

まずは モスクへ出かける前に

イスラム教徒イメージ画像

モスクでは 入場時にイスラム教のドレスコードに従った服装をする必要があったり 裸足で見学をすることになったり...このため モスク見学に持って行くと便利だなと感じたものを下記に挙げてみました。

薄手のストール

女性はモスクに入る際 髪を覆って隠す必要があります。このため 薄手のストールがあると便利。もし ちょうど良いものを持っていない場合は 現地でレンタルすることもできます。なお ローブ着用が義務ではないモスクの場合は 短めのスカートなどを着用している時に ロングスカート代わりに腰に巻いて入場することもできるので バッグに入っているとなにかと便利です。

ウエットティッシュかタオル

モスク内は裸足で見学となるため 見学が終わった頃には足が真っ黒なんてことも。そのまま靴を履くのは 少し抵抗があるなぁ...という方は 見学後に足を綺麗にできるものを持って行かれると良いかと思います。


なお これから紹介するモスクに関しては 全て女性はローブ着用が義務付けられており レンタルできるため 肌が完全に見えなくなるほどに 肌の露出に配慮して出かける必要はありませんでした。しかし イスラム教のドレスコードに配慮して 控えめな服装で行かれることをおすすめします。男性も短パンなどを履いて行かれる方は 同様にローブをレンタルして入場しましょう。

おすすめモスクいろいろ

青と白のコントラストが美しい ブルーモスク

白と青のコントラストが美しいブルーモスク

クアラルンプールから南西25kmの場所にある ブルーモスクの通称を持つモスク スルタン サラフディン アブドゥル アジズ シャー モスク。マレーシア最大のモスクであるブルーモスクは収容人数2,4000人 世界第4位の規模を誇ります。

白と青のコントラストが青空に映えるこちらのモスクは 日差しが差し込むと 内部まで青く染まります(なのに外観と内装の写真をあまり撮っていないという...)

そして こちらのモスクの嬉しいポイントは 1組1組に無料のパーソナルガイドが付くということ。私たちの伺った時には 優しくて面白いおじさんガイドさんが イスラム建築のことやイスラム教のことなど たくさん教えてくれました。
そして ガイドさんからも このモスクをどう感じるかだったり 今まで行ったモスクや教会とはどういう部分を違って感じるかだったり。いろいろと尋ねられることで 今まで訪れた場所のことも振り返って考える良いきっかけになりました。こちらの質問にもわかりやすい英語で答えてくれるので イスラム教について 少し身近に感じるきっかけになるかもしれません。

イスラム教のお祈りのポーズを伝授されるの巻

イスラム教のお祈りのポーズ。
イスラム教では お祈りをする際に手は合わせず このように両手の平を上に向けてお祈りするのだそう。

ペルシャ絨毯もローブも綺麗なブルー

ブルーモスクは ペルシャ絨毯もローブもブルー。
このペルシャ絨毯が星柄になっているのは 夜になると星や月が人々を導いてくれるという イスラム教の考えからだそう。そう言われてから見てみると 他の場所でも 同じような柄が目に入ってくるようになりました。

 

移動情報詳細:KTMシャーアラム駅で下車し タクシーでブルーモスクへ。

 

ブルーモスク

住所:Persiaran Masjid, 40000 Shah Alam
電話番号:603-5519-9988
非イスラム教徒入場時間:
月-木 10:00-12:00/14:00-16:00
土日祝 10:00-12:00/14:00-16:00/17:00-18:30
(金曜日は礼拝のため見学はできません)
HP: Masjid Sultan Salahudin Abdul Aziz Shah
地図マーカー:A

アクセス楽ちん 国立モスク(マスジッド ヌガラ)

クアラルンプール鉄道駅から そびえ立つ尖塔が目を引くこちらのモスク。場所はクアラルンプール市内のレイクガーデンにあるため アクセスがとても良く 観光がしやすいのが嬉しい。

また このモスクのポイントは 天井が珍しくドーム形ではないこと。初めて見るカクカク天井のモスク。建物はイスラムの伝統的な部分がモダンにアレンジされた造りで 全体的にスマートな雰囲気が感じられました。

ぐるりと取り巻くステンドグラスが美しい国立モスク

ぐるりと包み込むようにステンドグラスが設置されていて 華やかながらも のんびりした時間の流れる礼拝堂。礼拝堂は時間を問わず イスラム教徒以外の方は入場できないため 外側からの鑑賞のみとなります。

 

なお 国立モスクへ行かれた際には 国立モスクからPerdana通りを上ってすぐの場所にある「マレーシア イスラム美術館」もおすすめです。この美術館には 世界中のイスラムの芸術品がたくさん展示されているだけでなく 天井のデザインがとてもすばらしいです。年間を通して 最高気温が30度を超えるクアラルンプール。ここにはカフェも併設されているので 暑さに疲れた時の休憩にもちょうど良いかと思いますよ。

 

マレーシア イスラム美術館HP:
IAMM | Islamic Arts Museum Malaysia

 

移動情報詳細:市内中心部にある KTMクアラルンプール駅や LRTパサール セニ駅から徒歩10分程度で行くことができます。

 

国立モスク

住所:Jabatan Kemajuan Islam Malaysia, Jalan Perdana 50480 KL
電話番号:603-2693-7784
非イスラム教徒入場時間:
金曜日 15:00-16:00/17:50-18:30
その他の曜日 9:00-12:00/15:00-16:00/17:30-18:30
HP: http://www.masjidnegara.gov.my/v2/
地図マーカー:B

私のイチ押し! かわいいがつまった ピンクモスク

ピンクモスクの通称を持つこちらのモスクは 正式名称プトラモスク。その名の通りのピンクなモスクは 川沿いにたたずむ様子を観るだけで そのかわいさにドキドキしてしまいます。どこをどう切り取ってもかわいいモスクは まるで女子のために造られたのかと思ってしまうくらい。

普段 ちょっと苦手なので意識しない"女子力"。なのに このモスクに来た時ばかりは 女子力がUPしそう...なんて 思ってしまうのでした←単純(笑)

天井のドームの色や細かな装飾

天井のドームの様子。
花崗岩の落ち着いたスモーキーピンクの装飾。イスラム教徒以外の方は入り口付近のみでの見学となりますが 入り口から少し中へ入ることができるので 全体を見渡すには十分。ドームの装飾までしっかり見ることができました。

ペルシャ絨毯もローブもかわいいピンク色

ピンクモスクは ペルシャ絨毯もローブもピンク色。

どこを切り取ってもピンク色の空間

モスクの中の様子。どこをとってもピンク色のふんわり空間♡

内装のみでなく外観もかわいすぎる♡

イスラム教のお祈りのポーズ再びの巻

ここでも 手の平を上に向けて"サハー"とお祈りしてみました。宗教が違うので くれぐれも手を合わせずに...と思いつつ それでもついついクセで手を合わせてしまう私たち。まだまだ 練習が必要みたいです(笑)

また ピンクモスクには 観光地らしくお土産屋さんやカフェが充実しているのも嬉しい。モスクの近くにある階段を下りると湖畔に出ることができるので お土産を見たり のんびりお散歩したり カフェでゆっくり過ごすのも良いかと思います。

プトラジャヤの街には近代的な建物がたくさん

なお ピンクモスクが位置するのは 日々開発が進んでいる行政都市プトラジャヤ。ここでは 街全体が観光地の役割も果たしており ピンクモスク観光のついでに 財務省 最高裁判所 首相官邸などの近代的な建物も見ることができます。どの建物も立派でびっくり!!

 

移動情報詳細:

往路:クアラルンプール市内からバスで向かいました。バスターミナルはチャイナタウン近く Mydin Sinar Kota(マイディン シナール コタ)バスターミナル(別名Jalan Silang(ジャラン シラン)バスターミナル)です。このバスターミナルは MYDIN(マイディン)というディスカウントショップの近くのため 見つけやすいかと思います。

そこから プトラジャヤセントラル(鉄道駅)行きのRapid KL E1バスに乗車。バスはプトラジャヤ市内(ピンクモスク前も)を通り プトラジャヤセントラルまで向かいます。このため 運転手さんに「ピンクモスクまで行きたい」と伝えると ピンクモスク前で途中下車させてくれます。


Mydin Sinar Kota バスターミナルはこちら↓

復路:ピンクモスク近くのバス停より プトラジャヤセントラルまでバスで移動。バスナンバーは502です。そして プトラジャヤセントラルからは 往路とは逆のクアラルンプール行きのバスに乗車。バスナンバーや発着所は変わることがありますので 最新の情報をキャッチしていただけると嬉しいです。

帰り道のバス待ち中
ピンクモスクから プトラジャヤセントラルまで行く502バスを待っているところ。バス停というよりはプラカード(笑)日陰はありませんので 熱中症にお気をつけください。

このバスに乗ってバスターミナルまで
502バスの車内。行政都市を走るバスだけあって とても綺麗でした。

12番のプラットホームに到着するバスでクアラルンプールへ
プトラジャヤセントラルから クアラルンプールへ戻る際のバスの乗車場所は プラットフォーム12番でした。駅にはインフォメーションもあるため 分かりにくい場合は尋ねてみることをおすすめします。

 

ピンクモスク

住所:Presint1, Putrajaya, Federal territory of Putrajaya
電話番号:603-2693-7784
非イスラム教徒入場時間:
金曜日 15:00-16:00/17:30-18:00
その他の曜日 9:00-12:30/14:00-16:00/17:30-18:00
HP: Portal Masjid Putra

地図マーカー:C

 

関連地図はこちら↓

最後に

いやはや...写真で見るだけでもかわいいピンクモスク。でも 実物はもっとかわいいんです。ピンクモスクへ行った時の充実感 今でも忘れられません♡もし クアラルンプールへ行かれる機会がある方は ぜひ足を伸ばして 普段とは違う空間や雰囲気に触れてみてはいかがでしょうか。

そんなわけで 日本に帰国して 早いものでもうすぐ1ヶ月。最近はすっかりブログをさぼりがち...ですが 今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。また 時間を見つけては(まだフリーターなので 自由時間ばかりではありますが(笑))のんびりUPしていきたいと思います。

それでは 今日も良い1日を。



江里