えだ旅 WORLD JOURNEY

2015.01.04から1年6カ月にわたった 夫婦の世界一周旅と その後の旅の記録

HELLO

DO YOU ENJOY YOUR JOURNEY OF LIFE?

《ヨルダン》アンマン リーズナブルでおいしい おすすめ食事スポット+観光名所まとめ

スポンサーリンク
アンマンで食べたおいしいお菓子カナーフェ

2016年5月 1ディナール≒170円

はじめに

アンマンでは2泊3日の短い滞在だったものの 十分に楽しむことができました。それもこれも アンマンの"人の良さ"や"雰囲気"にとても癒されたからだと思います。また 美味しい食事や素敵な観光名所があったからだとも。

そんな今回は アンマン市内のおすすめ食事スポットや観光名所をご紹介します。今回おすすめするスポットは 市内の宿なら 徒歩で回れるところばかりです。また タクシーを利用しても1ディナール程度(約170円)。時間がない方はタクシー利用をお勧めします。
(下部にMAPあり↓)

 

おすすめ食事スポット 

Hashem Restaurant(ハーシェムレストラン)

ヨルダン滞在中に通ったハモスレストラン外観

こちらは アラブ諸国伝統のホンモスをリーズナブルにいただけるレストランです。入り口は大通りに面しており分かりやすいです。中に入るのが躊躇われるかも知れませんが 店先でウロウロしているとお店の人が中に案内してくれます。

ハモスとその他いろいろ

メニューは基本的にホンモス+サラダ+パン。写真のセットで4ディナール(680円)です。"ホンモス"は茹でた ひよこ豆をすり潰し オリーブオイル レモン汁 塩で味を調えたもの。これを伝統的なピタというアラビアパンにつけて食べるとサイコーです。

ひよこ豆のコロッケもおいしい♡

肉団子のようなものはひよこ豆のコロッケ"ファラフェル" サクサクしており こちらもパンにはさんで食べます。美味!

こちらの店はタクシー運転手にも宿のオーナーにもオススメされた 地元の人も通うお店。24時間営業なのがとっても嬉しいです。また人気店のため どの時間帯も比較的賑わっていた印象です。 伝統料理をお手軽に楽しめるお店でした。

Hashem Restaurant(ハーシェムレストラン)

住所:Complex No 4, Prince Mohammad St 4, Amman 11151 ヨルダン
電話番号:+962 6 463 6440
営業時間:24時間(不定休)
HP:Hashem Restaurant(トリップアドバイザー)
地図マーカー:A

HABIBA(ハビーバ)

サーブしてもらったばかりの熱々のカナーフェ

続きまして 中東最高のスイーツと呼び声高い"カナーフェ"の紹介です。カナーフェとはアツアツのチーズがパスタの生地に挟まったもの。そこに甘いシロップやタピオカパウダーをかけて温かい状態で食べるもの。

HABIBAのお店外観

こちらはヨルダンでカナーフェの人気店"HABIBA(ハビーバ)"
アンマン市内に数店舗あるようですが 写真の店舗はテイクアウト専門でした。他の店舗はカフェのようにくつろげるスペースがあるみたいです。

HABIBAの支払い窓口

写真のチケット売り場のような窓口でお金を払い注文。レシートを受け取ります。その後 右手の入り口から入り レシートを渡す。そうすると商品を受け取れます。欲しい商品は身振り手振りで伝えました。

大きな鉄板に用意されているカナーフェ

カナーフェはソフトとハードがありました。ソフトは甘味の強いプリンのよう。ハードはパリパリの麺がのっており 面白い食感です。

2人でシェアしてもちょうど良いくらいの量

甘いけど癖になる美味しさ。このサイズで 1皿0.6ディナール(約100円)。宗教上 アルコールが飲めないヨルダンの方々。甘いスイーツをよく好むと聞きましたが あながち嘘ではないかと。男性も女性も このお店の前で カナーフェをよく食べてました。ヨルダンのチャイと合わせていただくとサイコーです。

HABIBA(ハビーバ)

住所:Marwan Madi Complex, Al Hazar St 2, Amman 11162 ヨルダン
電話番号:+962 6 463 6440
営業時間:24時間(不定休)
HP:Habibah Sweets
地図マーカー:B 

おすすめ観光スポット

Abu Darwish Mosque(アブーダルウィッシュモスク)

白黒でインパクト大のモスク外観

こちらは 世にも珍しい白黒モスクです。残念ながら イスラム教徒以外は中に入れませんが 外見のインパクトが凄いです。この旅で色々なモスクを見てきましたが こちらはとても印象的でした。 んー、中も白黒なのか とても気になります。

モスクの帰り道は眺めがとても良いです

ちなみに 白黒モスクは丘の上にあり 徒歩で行くのは少し大変かと。市内からタクシーを利用する事をお勧めします。タクシーで10分程度 料金は1ディナール(約170円)でした。帰りはゆっくりと散策しながら町へ戻りました。写真はその途中で見つけた眺めの良い場所です。アンマン市内を一望できる素敵スポットです。

 

Abu Darwish Mosque(アブーダルウィッシュモスク)

住所:地図参照
電話番号:不明
HP:Abu Darwish Mosque(トリップアドバイザー)
地図マーカー:C

King Abdullah I Mosque(キングアブーダルウィッシュモスク)

モスクは残念ながら工事中

工事中で残念な姿の King Abdullah I Mosque(キングアブーダルウィッシュモスク)

壁面もかわいい色のタイルの装飾が♡

モスクの中の様子

こちらはヨルダン最大級のモスク。外見も内装も美しいこちら。残念なことに 訪れた当日は外装は工事中 天候は曇り空 と撮影に適さないコンディションでした。

しかし 内装は美しかったです。入場料を払えばイスラム教徒でなくても内部へ入ることができます。入り口は土産物屋の中を通り進みます。その先で入場券を購入し 入場料は2ディナール(約340円)。ん〜...工事中などの場合は入場料を割引してもらいたいと思ってしまう僕たち。

こちらのモスクも他のモスク同様 お祈りの時間は中へは入れません。僕たちはお祈りの途中だったため15分程度 そとで待ちました。

 

King Abdullah I Mosque(キングアブーダルウィッシュモスク)

住所:Sulayman An Nabullsi, Amman, ヨルダン
電話番号:+962 7 9806 2939
営業時間:8:00-12:00 13:30-15:45 (お祈りの時間は入場できません)
金曜午後は休
入場料:2ディナール(約340円)/1人
HP:King Abdullah I Mosque(トリップアドバイザー)
地図マーカー:D

Roman Theater(ローマ劇場)

ローマ劇場の様子

こちらは アンマンにあるローマ劇場です。比較的保存状態が良かったこちらは 今でもコンサートなどに使用されているとか。また ヨルダン市民の憩いの場になっており 地元の人も訪れていました。

途中で声をかけてもらい記念撮影

東洋人が珍しいらしく 至る所で一緒に写真を撮ろうと声をかけていただきました。

最上段からの眺めると高い!

こちらの最上段からの眺めは素晴らしかったです。階段が急なため 登り下りには注意が必要です。

ローマ劇場の次は博物館を見学

ローマ劇場の隣にはヨルダン伝統文化博物館があります。ローマ劇場の入場チケットでこちらの博物館も入場できます。入場料は2ディナール(約340円)でした。

 

Roman Theater(ローマ劇場)

住所:地図参照
電話番号:不明
営業時間:不明
入場料:2ディナール(約340円)/1人️
HP:ローマ円形劇場(トリップアドバイザー)
地図マーカー:E

番外編

Roman Theater(ローマ劇場)前の広場

スイートコーンの屋台の様子

ローマ劇場の前の広場で見つけたスイートコーンの屋台。1カップ0.5ディナール(約85円)でおいしいスイートコーンが食べられます。

スイートコーン味付け中...

目の前で好みの調味料をブレンドしてくれます。

カップに入って出来上がり♡

スイートコーンの甘みとチーズの塩味 レモンの酸味が程よく混じり ツマミにばっちし。ビールがあれば なお良しの一品でした。

 

Roman Theater(ローマ劇場)前の広場 

住所:地図参照
電話番号:不明
営業時間:不明
HP:不明
地図マーカー:F

 

今回 ご紹介したお店の場所はこちら↓

2016.10.06 追記

"佐藤泰樹の大器晩成" 佐藤泰樹さんのこちらの記事で 嬉しいコメントとともに 今回の記事を紹介していただきました。少しづつ コツコツまとめた情報を 実際に旅をされる方に使っていただけて ブログを書くモチベーションが上がりました。ありがとうございます。


佐藤泰樹さんの記事の中では よりヨルダンの人たちの優しさや人柄が伝わる内容になっています。もしも ヨルダンへ行かれる機会のある方 興味のある方がいましたら 合わせて読んでいただくと より行きたくなること間違いなしです。

 

そんな 佐藤泰樹さんの記事はこちら↓

最後に

アンマン市内のおすすめ食事スポットと観光スポットのご紹介でした。ヨルダンを訪れたら ペトラ遺跡や死海に行きたくなるもの。それも楽しみの一つですが お時間があればアンマン市内もどうですか。楽しいかと思います。



勝法