えだ旅 WORLD JOURNEY

2015.01.04から1年6カ月にわたった 夫婦の世界一周旅と その後の旅の記録

HELLO

DO YOU ENJOY YOUR JOURNEY OF LIFE?

《アメリカ》このまま日本に帰りたい!? 節約バックパッカーのカリブ海クルーズ その③

スポンサーリンク

朝の日差しの中のクルーズ船

2015年5月 1US$≒121円 

はじめに

カリブ海クルーズが始まってというもの バックパックを背負わなくても 眠っている間に目的地に着くという なんともありがたい毎日。今まで 少し歩くだけでふーふー言いながら移動していたのに...

まるで別世界(´Д` )!!

 

はじめは挙動不審だったものの クルーズでの日々の過ごし方にも慣れ すっかり過ごしやすくなってきた私たち。ここからクルーズ船は ますます南下して行くことに...

そんな今回は 5-8日目の様子と マイアミ港 帰港後のプチマイアミ情報をまとめてみました。

 

チケットの詳細など カリブ海クルーズ 準備編はこちら↓

乗船時-クルーズ1日目 カリブ海クルーズ その①はこちら↓

クルーズ2日目-4日目 カリブ海クルーズ その②はこちら↓

クルーズ5日目(ロアタン島)

この日は ホンジュラスにあるロアタン島へ。

カリブ海でも 屈指のダイビングスポットであるロアタン島。ここでは タクシーをつかまえて移動することに。島内は6つの地域に分かれ それぞれのビーチがあるため どこにしようかな...なんて迷っていたけれど ここではドライバーさんオススメのウエストベイへ。タクシーで25分程度 料金15-20US$(1,815-2,420円)で到着。ドライバーさんはそのまま待っていてくれるので ビーチを出る時間を伝え その時間に待ち合わせることに。

ロアタン島の様子

ここでは エントランス料を支払ってビーチへ入るシステムのため ビーチでは人がそこまで多過ぎることもなく プライベート感がありました。

ビーチへ向かう前のエントランスもおしゃれ

ビーチへ向かう前のエントランスの様子。シックな雰囲気で 落ち着いた空間。ビーチでたくさん遊んだ後は ここでのんびり過ごすこともできます。

入場チケット代わりのリストバンド

エントランス料を支払うと 入場チケット代わりのリストバンドを付けてくれました。手作りマクラメと一緒に記念撮影。

ロアタン島の美しいビーチ

ロアタン島のビーチの様子。白浜のビーチは砂がふかふかで 歩いていて気持ちが良く感じるくらい。

真っ白な砂浜と遠浅の海

遠浅がずーっと続くビーチでは シュノーケリングをするのも怖くないのが嬉しい♡シュノーケリング用のグッズはビーチでレンタル(1セット10US$(1,210円)程度)できました。

ビーチ沿いにはホテルやバーやお土産物屋さんなどが立ち並んでいて ビーチ沿いにはリラックスできるようなビーチチェアもたくさん。このため 途中でビールを楽しんだり 本を読みながら休憩したり...思い思いに過ごすことができそうな場所でした。

ホンジュラスと聞くと なんとなく危険なイメージを持っていたけれど クルーズ船が到着する場所のあたりは 特に危険な雰囲気はありませんでした。しかし タクシーのドライバーさんいわく「ダウンタウンは危ない」とのことなので そのあたりへは出向かないほうが良さそうです。

クルーズ6日目(グランドケイマン島)

この日は イギリス領のグランドケイマン島へ。

実はこのクルーズに出るまでは 聞いたこともなかったグランドケイマン島。こういう 聞いたことがなかったり 少し行きにくかったりする島へ行くことができるのも クルーズの旅ならではだなと思います。

久しぶりに見つけたデイリークイーン

ここで 20年ぶりくらいに食べたデイリークイーンのソフトクリーム。これをきっかけに久しぶりにハマってしまい いろんな国で見かけるたびに食べてしまうことに(笑)♡

グランドケイマン島の様子

グランドケイマン島では クルーズ船を降りる時にあいにくの曇り空。

このため ビーチへ行くのは諦め みんなお酒好きということで ラム酒の工場見学へ行ってみることに。ツアー代は1人17US$(2,057円)程度で 港からラム酒工場への送迎+工場見学+試飲付き。ラム酒は思っていた以上に種類が豊富で いろいろな熟成年数のものだったり フレーバー付きのものだったり...好きなものを何度でも試飲することができます。試飲しているうちに 気持ち良くほろ酔いに(笑)

ラム種の工場見学にて

ずらりと並ぶラム酒の瓶。女性にはレモンクリーム(だったかな?)のラム酒がおすすめとのことで とても飲みやすくておいしかったです。

ここでは 販売もされているので お気に入りを見つけたら そのままお持ち帰りもできます。スーパーなどで売られているラム酒に比べると 少しお値段はするけれど その分あまり流通していないラム酒なのでお土産にオススメです。ここのラム酒...ほんとにおいしいです。ほんとに(しつこい(笑))

工場見学担当のほろ酔いのおじさん(笑)

工場見学を案内してくれたおじさん。常に水タバコを持って"しゅぱー"としながら案内してくれるあたりが 力が抜けている感じでよかったです(笑)ちなみに 送迎のおじさんはここでラム酒をぐびぐび試飲していました(笑)

この時のポイント

リーズナブルなツアー参加には 現地申し込みがオススメ

グランドケイマン島でのラム酒の工場見学ツアーは 寄港地にある現地のツアーデスクで申し込みました。クルーズ船内でも寄港地ごとに各種ツアーが企画されていますが 船内で申し込んだ場合の価格は 内容は同様でも 現地での申し込み価格の2倍程度。このため ある程度旅に慣れている方は 現地での申し込みの方がリーズナブルにツアーに参加できます。

 

 

そして 工場見学が終わる頃には 空は晴天に...グランドケイマン島の海 ものすごく綺麗...ラム酒の工場見学はとても楽しかったけれど



どうせならカリブ海で遊びたかった...Ohh(´Д` )!!


そんな グランドケイマン島の海の様子

イグアナかわいい♡

中米 南米(北部)でよく見かけるイグアナ。

f:id:edatabi:20160617075922j:image

港のすぐ近くにも関わらず 大きな魚がたくさん。あぁ...シュノーケルしたかったなぁ...また 次回のお楽しみということで(でも 場所的に気軽に行けない(笑))

クルーズ7日目(船上)

この日は 1日を船上で過ごす日。

連日いろいろな場所に寄港して遊んでいたので 久しぶりにのんびりすることに。というわけで 船内で遊んでいた時の様子を交えながら ここに載せていなかったクルーズ船の設備とサービスを少しご紹介。

朝ごはんの後は休憩をしてジムへ

朝ごはんを食べて 少し休憩したらジムで体を動かすことに。

健康意識の高い人が多いようで ジムでは身体を動かしている人がたくさん。ランニングマシーンやエアロバイク 各種筋トレマシーン バランスボールなどの他  ジムの中にジャグジーやシャワーもあるため 身体を動かした後にさっぱりすることもできます。タオル類はその場でレンタル可能なので 手ぶらでOK。ただし サンダルはNGなので靴を履いていくのをお忘れなく。

ランチの後はマクラメレッスン

ランチを食べた後は みんなでビールを飲みながらマクラメ作り。穏やかな時間が流れていきます。

ラテンの人たちはみんなダンスが上手!

DJブースでは音楽が流れ みんなでダンスタイム。南米についてからというもの ラテンの人たちのダンスレベルの高さにただただ驚くばかり...

ディナーの後はタオルの動物がお出迎え

ディナーが終わって客室に戻ると いつもタオルで作った動物が置かれていて 写真に収めるのが日課になりました(笑)

その①わんこ。

タオルと一緒に記念撮影(笑)

その②サル?? 抱っこされて なんだか心地好さそうです(笑)

クルーズ8日目(マイアミ港 帰港)

この日のマイアミ港への到着は8時。

到着後はグループ番号のアナウンスに従って 順番に下船することに。移動時に大きな荷物があって大変...という方は バックパックやトランクケースなどを前日夜に客室の外に置いておくと集めに来てくれて 下船後に受け取るというサービスも利用可能です。 

マイアミ港では イミグレーションを通るちゃんとした入国審査が行われます。今までカードだけで上陸できたのが夢のよう...


一気に現実世界に戻った感がひしひし(笑)


なお イミグレーション利用者はクルーズ船から降りる人達だけでしたが グループ番号毎に降りていくため若干時間を要します(30分程度)このため クルーズ最終日の日程は時間に余裕を持って計画しましょう。

マイアミで宿泊した快適ホテル

この日の滞在先「Hilton Miami Airport(ヒルトン マイアミ エアポート)」

ご両親は翌日早朝の飛行機だったため お見送りしやすい場所ということで選択。客室がゆったりしていて 設備も充実。浴室も広々で アメニティの質も◯!ここのアメニティが気に入ってしまい 持ち帰って リラックスをしたい時にちびちび使ったりしました(笑)

2人で1室使用で123.17US$(約14,900円)/ツインルーム/1泊

室内設備も充実♡

室内にあるコーヒーセットなどなど。

お酒を飲むのが好きな私たちにとって 氷を入れるアイスペール(廊下にはいつでも氷が出てくる製氷機あり)があるのは嬉しかったです。窓からの夜景も綺麗でした。空港までは約5km。無料のシャトルバスが15-20分毎に運行されていて 空港へのアクセスは抜群。

なお こちらには宿泊者が使用できるプールがあったりもして 翌日出発でなければあと数泊したいなぁ...なんて思ってしまいました。

 

 

予約の前に まずはサイトで価格を比較♡
Booking.comでの空室確認はこちら
Agodaでの空室確認はこちら

 

 

ドルフィンモールへお出かけ

ホテルに荷物を置いてから みんなでお出かけした「Dolphin Mall(ドルフィンモール)」

空港の西 空港から車で10分程度の場所に位置するこちらのモールには アウトレットのお店がたくさん。リーズナブルにお買い物をするにはもってこいです。ドルフィンモールよりもハイブランドなお店をお探しの方は もう1つ有名なモール「Sawgrass Mills(ソーグラス ミルズ) 」の方が良いかもしれません(ただし車で1時間くらいかかるような距離なので やや遠いのが難点...)

ドルフィンモールのHPはこちら: Dolphin Mall

ソーグラス ミルズのHPはこちら: Welcome To Sawgrass Mills

 

iPhone修理もできました!!

南米でiPhoneの画面が割れてしまい 反応が悪くなってしまっていた旦那さん。モールの中でiPhone修理のできるお店を見つけ "ここはアメリカだから安心!"と ここぞとばかりに画面修理を依頼。割れにくくする画面カバーも貼ってもらい大満足♡

なのに この1ヶ月後にはまた落としてしまい 使えなくなるという...iPhoneを壊す確率の高さには いつも感心...(笑)

マイアミ空港にて

クルーズの翌日には ご両親→日本 私たち→メキシコへ出発することに。このため ホテルからのシャトルバスに乗り 早朝にマイアミ空港へ到着。

空港でご家族とお別れ

空港でのお別れ前のひと時。こんな遠い場所まで来てもらえて感謝♡

ゆさ旅フィニッシュです

4人での「ゆさ旅」は これにて終了。ここからは また2人で「えだ旅」の再開です。

最後に

家族と海外で集合して また海外で解散するというもの クルーズの旅をするというもの こういう機会がないと なかなか無いこと。これだけでも 旅に出て良かったと思うくらい とても楽しくて。そして 久しぶりに過ごす家族の時間は ここがアメリカなのにそんな風に感じなくなるくらい 一気にホームな雰囲気になったりもして。

このクルーズが終わったら 日本に帰ってもいいかも...なんて 少し本気で思ってしまう程 素敵な毎日となったのでした。

そんな毎日ともお別れして また おなじみののバックパッカー生活へ。

メキシコで最初に乗ったバスが早速故障して 


"この世界に戻ってきたな感"


を ひしひしと実感したのでした(笑)

そして 今回でカリブ海クルーズのまとめはおしまいになります。今回も 長文にお付合いいただき ありがとうございました。

それでは 今日も良い1日を。



江里

 
 

今回 私たちが予約したのはこちら


ベストワンクルーズ