えだ旅 WORLD JOURNEY

2015.01.04から1年6カ月にわたった 夫婦の世界一周旅と その後の旅の記録

HELLO

DO YOU ENJOY YOUR JOURNEY OF LIFE?

《旅の準備》私たちの "世界一周航空券"ができるまで

スポンサーリンク

旅に出るイメージ画像

はじめに

世界一周をするにあたって 移動手段を確保することは欠かせません。そこで 前回からまとめ始めた"世界一周航空券"について。書籍やWEBで調べてみると なんだかルールが盛りだくさんで 少しとっつきにくい印象を与える世界一周航空券。でも 実際に使って旅をしてみると 旅中は"日にち変更は無料""ルート変更は有料"くらいしか気に留めることもなく フレキシブルに使用することができました。

そんな 前回は どうして今回の旅で"世界一周航空券"を選んだかについてまとめましたが 今回は

世界一周航空券実践編。

世界一周航空券のルートは 何を参考にして作成し どのように予約して どれくらいの料金がかかったか についてまとめてみたいと思います。

 

その他の旅の準備はこちら↓

実際のルート決定方法

世界一周航空券を利用しようとは思っていたものの "世界中を周れる""1年間で期限が切れてしまう"これくらいの知識しかなかった私たち。

さすがに これではどこから手をつけたらいいか分からない...そんなわけで まずは参考書籍を購入。世界一周航空券に関しては いろいろな書籍がある中で 私たちが選んだのは新 世界一周NAVI。

 

 

この本には 世界一周航空券とは?からはじまり それぞれの世界一周航空券の特徴や 各航空会社の飛行ルート 世界一周航空券の参考ルートなどなど...世界一周航空券の基本情報から 実際の活用方法まで情報が盛りだくさん。

 

 

そして こちらは世界一周航空券とは直接は関係ないですが 世界にはどんな絶景があるのか どの風景を観てみたいかの参考に購入した世界の絶景•秘境100 WONDER SPOT。

ふたりで 休日にこの2冊の本を白地図を持ち出して "ああでもない""こうでもない"なんて言いながら 行った場所を想像しながら ルート作成をする時間がとても楽しかったです。

具体的なルート作成に関しては 前回の記事でご紹介したように あらかじめ行きたい場所をリストアップし シーズンを記入して線でつなげて おおむねのルートを作成。その後 上記の本を参考に そのルートのフライトがあるかどうかを確認。フライトがない場合は 違うルートに微調整。最後に外務省の海外安全ホームページと照らし合わせて 危険なルートを通ることにならないかを確認して これまた1度だけ使用空港を変更...という風にしてプレルートを作成。

 

 

外務省の海外安全ホームページ:外務省 海外安全ホームページ

 

 

ここまでしたところで 世界一周航空券といえば!!世界一周堂の登場。でも 世界一周堂でチケットを依頼...はしません!(キッパリ(笑)理由はのちほど...)なんと 世界一周堂のサービスの1つとして 初回のメール相談のみ無料で受け付けてくれるというサービスがあるのです。ふたりだけのルート作成では若干心配なところもあったので


これは利用しない手はない*\(^o^)/*


とばかりに 作成したルートを送って 世界一周航空券のルールに外れているところはないかを確認→この時の返信で 1ヶ所だけルート的に逆行することになるとのことと 代替案の提案があったため ルートの最終変更→ルート決定!!となったのでした。

みなさんも 資源を有効活用しながら 自分だけの素敵なルートを作成してみてはいかがでしょうか。

 

 

世界一周堂ホームページ:世界一周堂/世界一周 旅行専門店

どんなふうに予約するの?

どうやって予約する?イメージ画像

実際のルートが決定したら 次は航空券の予約に進みます。

世界一周航空券の予約の場合は 1度にたくさんのフライトを予約することになるので 各発着空港の名前と日付(直近のものでなければ 後ほど日付変更で対応できるので おおまかな日付で可)をすぐに参照できるようにしてから連絡をしましょう。

世界一周航空券の予約方法は2つ
①航空会社に直接連絡をして予約する方法
(ワンワールド→JAL スターアライアンス→ANAなど)
②旅行代理店を通して予約する方法(世界一周堂 HISなど)

この中で 私たちはJALに直接連絡をして予約をすることにしました。そこで 今回はJALと世界一周堂の場合を例に挙げてご紹介。

世界一周堂を通して予約をした場合は 仲介手数料がかかり 1番シンプルな相談+発券+保険の相談/手続きのコースで1人あたり20,000円の料金がかかります。まぁ 発券までが1番いろいろ考えるし それぐらいは仕方がないかな?と思わなくもない。納得できそうな気もする価格...

しかし それでけではありません。予約に関する手数料の他に日付変更も世界一周堂さんを通して行わなければならず その際1度の日付変更毎に所定の料金がかかり 変更の際も確定の返事を受けるまで数日を要します。これがやっかい!日付変更なんて その時の居心地の良さで容易に変わるもので...毎回手数料がかかるようでは 世界一周航空券の


"意外にフレキシブル"という魅力も7割減です(笑)


その点 JALで直接航空券の予約を行った場合は 世界中のどこからでもJALの窓口に電話を入れるだけ。もちろん 日付変更には料金はかかりません。

その分 世界一周堂さんではいろいろなアフターフォローがあるようですが JALの窓口でも航空券に関する問い合わせであれば対応してもらえるので 私たちはそれで十分かなと考えました。


実際にこれで「直接頼めばよかった...」と言われた旅人さんもいるので 世界一周堂での世界一周航空券の予約は


うーん.........


よりフレキシブルに利用したい方の場合は JALでの直接購入をおすすめします。

 

 

ワンワールド 世界一周航空券のホームページ:
oneworld エクスプローラー・世界一周運賃

料金はどれくらい?

世界一周航空券の料金は 料金の算定方法(マイル制か大陸数制か)と航空券のクラス(ファーストクラス ビジネスクラス エコノミークラスいずれか)によって異なります。

今回 私たちは oneworld(ワンワールド)の世界一周航空券を使用したので 次からはワンワールドの世界一周航空券に基づいて書いていきたいと思います。

まずは世界一周航空券の種類から

ワンワールドの世界一周航空券の料金算定方法は "周遊する大陸数"と"どのクラスに乗るか"で決まります。

このため 周遊する大陸数を決める必要があります。それを考える上で大切なのが どこからどこまでを1つの大陸と考えるかということ。これについては 大陸の区切りとなる国が少し異なる場合があるため注意が必要です。例えば アフリカ大陸北部の国や中東(モロッコ エジプト UAEなど)を周遊したいと考えている方の場合は それらはヨーロッパと同一大陸扱いになります。

世界一周航空券大陸区分イメージ画像

このため そこでの移動を ヨーロッパ+アフリカ大陸北部+中東の移動を合わせて区間制限回数内に収めなければならないというデメリットとともに 大陸数を1つ増やさなくてもそれらに行くことができるというメリットにもなります。

ヨーロッパはLCCやバスが発達しているので それらを上手に活用すれば...想像よりも広い範囲を旅することも可能なのです。


また 世界一周航空券のクラスに関しては ファーストクラス ビジネスクラス エコノミークラスの中から選択をすることとなり 選択したクラスによって 航空券の料金が異なります。

それぞれの料金形態に関してはこちら(2017年9月現在)↓

世界一周航空券料金一覧表

次に 私たちが感じたそれぞれの利点は 以下の通りです(ファーストクラスは...恐れ多くて 選択肢に入らなかったため詳細は割愛します)

ビジネスクラス

ワンワールドのビジネスクラスの世界一周航空券の場合 4大陸(例えば アジア ヨーロッパ 南米 北米 アジア)で780,400円。16回のフライト中10回フライトを利用するとしても 1回あたり78,040円でビジネスクラスに乗ることができてしまう。これに空港使用税+燃油サーチャージは追加になりますが...それでも 一般的にビジネスクラスに乗る際の料金に比較すると


ものすごくリーズナブル!!!


ちなみに 2016年6月下旬の成田-ロサンゼルス間のビジネスクラスの運賃は下記の料金。この同じフライトにも 世界一周航空券で乗れてしまいます。

ビジネスクラス成田-LA料金

ビジネスクラスの通常料金...えげつないです(笑)
そして ビジネスクラスになると専用レーンでのスムーズなチェックイン 機内食/ドリンクがグレードアップ ラウンジも使いたい放題!

これだけでも 魅力十分なのですが さらにおいしい特典が...


それは

マイル換算率が大幅にアップするということ!!


世界一周航空券の場合 エコノミークラスだとマイル換算率30-50%程度。場合によってはマイル換算されない場合も...これが ビジネスクラスにするとマイル換算率125%超までアップするのです。これで 世界を一周ぐるりと周遊することを考えると...大量のマイルが獲得できるとこ間違いなし。帰国後の特典航空券の選択の幅も広がります✈︎

エコノミークラス

一番リーズナブルな3大陸で335,000円 最大6大陸で500,000円という まだお財布に優しい料金設定。この料金で大手の航空会社の長距離フライトを気軽に利用できると考えると まだ旅に出る前の貯金が減っていない状況であればがんばれる価格。

エコノミークラス対ビジネスクラスの熾烈な戦いの結果...エコノミーが勝ってしまいました(笑)マイルのことも考えると ビジネスクラスの世界一周航空券はかなり魅力的...ではありますが 1人分ならまだしも 2人分になると辛かったビジネスクラス。このため 今回はやむなく断念することに...

そして 実際にかかった料金はこちら

そんなわけで 私たちは5大陸の世界一周航空券を購入。16回のフライト中12回フライトを利用するルートを設定しました。

そして 実際にかかった金額は
基本料金 433,800円/1人
空港使用税+燃油サーチャージ代 118,130円/1人


これらを合わせると
551,930円/1人となりました。


これが高いと思うか そうでもないと思うかは 今後の旅次第...ということで。とりあえず 旅の準備中のお財布は直撃することは間違いありません(笑)

お財布を直撃!イメージ画像

でも...私たちのおすすめは やっぱりビジネスクラス。
なんと言っても


コスパが良すぎる!!!


ビジネスクラスで世界一周なんて なんだか素敵です。
今回は諦めたけれど もしもう一度世界一周をする機会があれば 次回はそんな風に旅をしてみたいです。

最後に さらりと使用方法

世界一周航空券の予約が完了したら 航空会社からメールに添付されたEチケットが送られてきます。また Eチケットを印刷したものが自宅に送られてくるので それを初回フライトの当日に空港に持っていくだけ。

私たちのしわしわの世界一周航空券

使い終わった後も持ち歩いている すっかり使用感の出た 私たちの世界一周航空券。これをカウンターで見せるだけでOK!

予約変更に関しては 直接航空会社に問い合わせになります(ワンワールドの場合はJAL)マイレージプログラムに参加している場合は フライト当日に各航空会社のカウンターでマイレージ登録(お客様番号を伝える) あるいはWEBチェックイン時のマイレージ登録(お客様番号の入力)もお忘れなく。

なお マイレージに関しては フライト当日にマイレージ登録を忘れてしまった場合でも 後日追加登録をすることができるので しっかり地道に貯めていきましょう♡

 

 

私たちがマイル貯金に使ったカードはこちら:
入会サービスとして 今なら最大13,600マイルもらえます(2017.12.28まで)

マイルがたまる「JALカード」

 

エコノミークラスを選んだ場合は 年会費10,000円で空港ラウンジ使い放題のプライオリティパスが付いてくる 楽天プレミアムカードがオススメ:

楽天プレミアムカード

 

 

上記のカードを含めた おすすめカードについてはこちら↓

最後に

前回から2回に渡ってお届けした 世界一周航空券についてのあれこれ。なんだか 猛プッシュしたような印象になったかもしれませんが...今回の旅では とても満足したものだったのでつい...猛プッシュ失礼しました(笑)

私たちのような"世界一周航空券派"だけでなく その都度予約された方のブログも参考の上 中立的に航空券を選択していただけると幸いです♡

 

僕たちが世界一周航空券を選んだ理由はこちら↓



それでは 今日も良い1日を。

 

 

 

 

江里