読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えだ旅 WORLD JOURNEY

2015.01.04から1年6カ月にわたった 夫婦の世界一周旅と その後の旅の記録

HELLO

DO YOU ENJOY YOUR JOURNEY OF LIFE?

《アメリカ》目が覚めたら目的地!? 節約バックパッカーのカリブ海クルーズ その②

スポンサーリンク
f:id:edatabi:20160605094239j:image
2015年5月 1US$≒121円 1メキシコペソ≒8円

はじめに

ついに出発したカリブ海クルーズ。豪華な遊びに慣れない私たちは しばらく船内でキョロキョロ 何でもすぐカメラに撮りたがりな

完全にお上りさん状態(笑)

そんな中 クルーズ船が出航してからは ドレスコードありのディナータイム リゾート島での自由時間 劇場でのダンスタイムなどなど...バックパッカーの旅の中では経験することのなかったイベントが目白押し!

そこで 今回からは 私たちが感じた"こうすると良かったポイント"とともに 実際のカリブ海クルーズの様子をお届けしたいと思います。

 

チケットの詳細など カリブ海クルーズ 準備編はこちら↓

乗船時-クルーズ1日目 カリブ海クルーズ その①はこちら↓

クルーズ2日目(船上)

この日は 1日を船上で過ごす日。

朝食をビュッフェのフロアで済ませ 日中はのんびり過ごすことに。朝食のビュッフェでは しっかり食べたい場合は日替わりでいろいろなおかずが準備され 軽く済ませたい場合はサラダ フルーツ ヨーグルトにシリアルなどの選択も可能なラインナップ!(写真を撮り忘れたのが残念...)南米を周っていた頃には 野菜が不足しがちだったので ここでモリモリ野菜を補充。一気に物が溢れている世界に来たなぁ...なんてしみじみ実感したのでした。

そして ディナーは
ドレスコードありの日。

日本にいた時から 外食はカジュアルなお店に行くことがほとんどだった私たち。とりあえず 旦那さん:ジャケット+革靴 私:黒のワンピース+ビールだったら間違いないはず!という選択肢の狭さ(笑)思えば この旅に出てからというもの こんなにちゃんとした服装はしたことがなく...テンションが上がっていたのも束の間 久しぶりにヒールを履いて思ったことが1つ。


あれ ヒールってこんな感じでしたっけ(´Д` )??

 

f:id:edatabi:20160605085447j:plain

いやー ヒールはちゃんと履き続けていないとダメですね。すっかり履けなくなってしまいました。


足がカクカクする...(泣)

ディナータイムは2時間程度。そこは座っているからまだ良いものの 問題はその前後でブラブラする時間だな...なんて頭の中でシュミレーション。足をカクカクさせながら ディナー会場へと向かったのでした。

ディナータイムの様子

無事にたどり着いたディナー会場。

私たちが参加した7泊8日のクルーズの中では ドレスコードのあるディナータイムは2回のみ。ドレスコードのある日は 船内新聞にその旨が記載され その他の日はカジュアルな服装で参加可能でした。なお 夕食はコース料理のレストランか 気軽に食べられるビュッフェにするかを毎日選択することができます。このため 堅苦しい雰囲気はちょっと...という方は ドレスコードのない場所での夕食も可能です。

f:id:edatabi:20160605081256j:image

いつもよりちょっと素敵な服装で はいチーズ

f:id:edatabi:20160605081239j:image

この日のメニュー表がこちら

 

コース料理は 前菜 メイン デザートと続き 各4-5種類ほどの日替わりメニューが用意されています。その中から食べたい物を選ぶのですが 1品1品がけっこうなボリュームで食べきれないことも!

f:id:edatabi:20160605081315j:image

この日のオススメメニューのロブスター

f:id:edatabi:20160605081331j:image

デザートの温かいチョコレートのかかったケーキ


なお その日のオススメメニューがある時(ロブスターなど)はスタッフが知らせてくれるので それをオーダーするのも良いかと思います。

この時のポイント

欲ばりさんは メインも2品オーダー可能!!

コースをひと通り食べ終わる頃にはお腹いっぱいになりますが もし足りなそうだな...と思ったり メインの中から1種類を選択するのが難しい場合は 前菜やメインをもう1種類増やしてオーダーすることもできます。お腹が空いたなぁ...なんていう日はぜひ♡

ディナータイム開始時間は 予約時に選択

ディナータイム開始時間は 18:00- 20:30-の2部制になっており 予約の段階でどちらかを選択肢することとなり クルーズ中に変更はできません。
私たちは後半の時間を選択しましたが 夕日の沈む様子も船内でゆっくり眺めることができたのは良かったです。なお 船内で行われるショーも2部制になっていたため どちらの時間を選択しても何かしらのショーは観劇することができました。

クルーズ3日目(コスメル島)

クルーズ3日目は メキシコのコスメル島に上陸する日。

私たちが眠っている間にも 船はどんどん進んでいて 目覚めた頃にはいつの間にか着岸寸前。


すごい...

ワープしてる。

シートが合わないとか 寝返りが打てないとか たまに立って歩きたくなるとか(全部夜行バス基準(笑))そんなことが一切なく 普通に船内で過ごしていたら 目的地まで着いているなんて...新感覚過ぎて受け入れがたい現実。

f:id:edatabi:20160605081400j:image

コスメル島に上陸

f:id:edatabi:20160605082012j:image
コスメル島に上陸すると 大きなDutyFreeを発見

中のラインナップも現地のアルコールや食べ物にはじまり 香水や化粧品など 空港内のDuyuFreeのようなラインナップも。このため 乗船下船の際は こちらでお買い物も楽しむことができます(ただしアルコールは乗船時に一時預かりとなります)

コスメル島の様子

コスメル島では チャンカナブ国立公園へ向かうことに。

チャンカナブ国立公園では 1ヶ所で本格的なダイビングから手軽にシュノーケル イルカと一緒に泳ぐプログラム(ドルフィンスイム)など さまざまなアクティビティを行うことが可能です。寄港時間の限られるクルーズの旅では いろいろと移動しなくても良いのは魅力的。

チャンカナブ国立公園までは クルーズの寄港した場所からタクシーでの移動となり 約15分 120ペソ(960円)で到着。入場料は1人21USD(約2540円)それに 参加するアクティビティによって料金がプラスされます。
 アクティビティの中には ドルフィンスイム以外にも テキーラの飲み比べや 記念Tシャツ付きのものなどバラエティ豊か(笑)私たちはみんなお酒好きなので 迷わずテキーラの飲み比べ付きのチケットを購入しました。

チケットとこちらの地図を受け取って ビーチを目指すことに...

f:id:edatabi:20160605092713p:plain

 

チャンカナブ国立公園 公式サイトはこちら: Chankanaab NP

 

f:id:edatabi:20160605081430j:image

イルカのいるエリアの前で記念撮影

f:id:edatabi:20160605081444j:image

綺麗な下浜のビーチとヤシの木が南国っぽい雰囲気

f:id:edatabi:20160605081501j:image

カリブ海といえばラムとテキーラ まずはみんなでモヒートで乾杯

f:id:edatabi:20160605081513j:image

美しく澄んだカリビアンブルーの海

 

チャンカナブ国立公園の海には シュノーケルをするだけでも魚がたくさん。海に入る階段のところから すでにいろんな種類の魚がお出迎えしてくれます。カリブ海固有種の魚たちが迎えてくれる海は 世界屈指の透明度を誇り

その透明度は平均30-40m!!

なんと状態の良い時には50mをも越えてしまうそう。そして この海の中には3体の像が隠れていて 旦那さんは無事に3体発見できましたが...私は残念ながら2体にとどまるという結果に。チャンカナブ国立公園に行かれる方は ぜひ3体の像を探してみてください♡

f:id:edatabi:20160605082032j:image

その後は テキーラの飲み比べ場所へ

テキーラは"強くてなかなか飲みにくいお酒"というイメージだったけれど ここではいろいろな種類があるため 味自体を楽しむことができました。また フレーバーで割っているからか 度数の割にとても飲みやすいのも嬉しい。中でもコーヒー味とアーモンド味のテキーラがお気に入りでした。

チャンカナブ国立公園では モヒートを飲みながらビーチでのんびり...それだけでもとても心地良い場所なので コスメル島へ行かれる方にはオススメです♡

クルーズ4日目(ベリーズシティ)

クルーズ4日目は ベリーズのベリーズシティに上陸する日。

ベリーズシティの港は小さいため クルーズ船を沖に停泊した状態で 小さな高速船を使って乗客をピストン輸送することになります。


そして 上陸したベリーズシティには 正直なところ

なにもありませんでした...Ohh(´Д` )!!


ベリーズシティは その先にあるキーカーカーなどの島で美しい海を楽しむ場所。このため ベリーズシティ自体で目どころを探すのはけっこう難しい...そんな場所では 早めに下船して 島に行って楽しむのが1番!

ところが 私たちはのんびり下船したため 寄港時間は残り5時間ほど。往復のフェリーや乗船時のピストン輸送の待ち時間を考えると そんなに時間もなさそう...ということで ベリーズシティのカテドラルに行き 街を散策して何もないことを実感→港の近くのカフェでビールを飲んで乗船することに。

f:id:edatabi:20160605081543j:image

唯一観光をしたカテドラル

f:id:edatabi:20160605081604j:image

ベリーズシティのビールはラベルがかわいい♡

 

ベリーズシティ滞在時間 わずか2時間!!

なかなか渋い思い出となった ベリーズシティなのでした。今度来る時にはキーカーカーに行きたいな...なんて思いながらも 次に訪れた時にもキーカーカーには行かず 数時間のトランジット滞在のみという...ここまで来ると なんだか縁がないような気がしてしまいます。ベリーズシティ(笑)

この時のポイント

ピストン輸送の日は 早め早めに行動を!!

今回のようなピストン輸送での上陸の際は ステッカーが必要になるため ステッカー配布開始時間と配布場所のアナウンスは聞き逃さないように注意しましょう。そして クルーズ船が横付けできる時よりも 上陸に大幅に時間がかかるため ステッカー配布開始になった時には配布場所まで大急ぎ。日中のアクティビティも 時間に余裕を持って計画しましょう。

この日の夜の過ごし方

日中の活動不足もあったため 夜は盛り上がりそうなショーのプログラムを観に行くことに。かわいい雰囲気のショーでしたが 懐かしい洋楽が流れて ダンス指導とともに参加者はみんな楽しく踊って過ごしていました。

ショーは本格的なものから ポップなものまで連日さまざまなジャンルのものが行われます。このため 今日はこの時間はこれに行って その後はどれに行こうかな...なんて 計画を立てるのも楽しかったです。

f:id:edatabi:20160605111104j:image

ショーの様子

f:id:edatabi:20160605111120j:image

いい感じに盛り上がり中

最後に

カリブ海クルーズも4日目が終わり 徐々に非日常なクルーズ生活に慣れ始めた私たち。ほぼ飲んでばかりだけれど 船内での過ごし方も板についてきた...気がします(笑)

この後は まだまだ美しい海を求めて クルーズを計画するまでは聞いたこともなかった名前の島々へ向けて出発!!私たちの眠っている間に

今日もクルーズ船は勝手に進んで行く...

そんな様子は また次回  カリブ海クルーズ編 その③でお届けしたいと思います。





江里

 
 
 

次回の カリブ海クルーズ その③はこちら↓

 
 

今回 私たちが予約したのはこちら


ベストワンクルーズ