読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えだ旅 WORLD JOURNEY

2015.01.04から1年6カ月にわたった 夫婦の世界一周旅と その後の旅の記録

HELLO

DO YOU ENJOY YOUR JOURNEY OF LIFE?

《ブルガリア》えだ旅 世界一周 23カ国目 5日間かかった費用まとめ

スポンサーリンク

ブルガリアでの唯一の観光リラの僧院

2015年11月 1レフ≒67円

はじめに

前回からスタートした「えだ旅」でかかった費用のご紹介。

今回は 少しマイナーな国ブルガリア。雨がシトシトで 寒い環境だったせいなのか 英語が全く通じないからなのか 皆さんの表情が固め...で 飲んだくれる以外には なかなかエンジョイできなかったブルガリア。

 

今度は晴れた時にリベンジしたい...Ohh(´Д` )!!

 

きっと お天気で 印象ってずいぶんと違うと思うんです。寒くなると 凍えて 表情も固くなりますもんね。なので 次回は晴れた時に ブルガリア語のひとつでも覚えて...リベンジ決定です(笑)

 

それでは そんなブルガリアでかかった費用をご覧ください。

 

ブルガリアでのそれぞれの詳細はこちら↓

ブルガリアでかかった費用 16,963円(253.18レフ)/5days

ブルガリアへは 2015.11.23-27までの4泊5日 ソフィアに滞在。ずっと雨が降っていたため がんばってリラの僧院へ行った以外は 市内観光もできず...雨降りの中 滞在先にビールとおつまみを買い込んで テレビを観ていたのみ...このため 思いの外リーズナブルな滞在となりました。

それでも もう少し金額がかかっても良いから 晴れのお天気の中 お散歩をしたり カフェに行ったりしたかったなぁ...なんていうのが 率直な感想なのでした(笑)

それでは それぞれの詳細をご紹介。

交通費:3,283円(49レフ)

交通費の内訳は
①バスターミナル-宿泊先への移動
②リラの僧院への往復 にかかった費用となります。

ブルガリアでは ソフィアのみの滞在だったため 各都市間の移動分の費用がかからなかったため 交通費はとても安く抑えられました。

 

なお 私たちの家計簿では 各国間の移動にかかる費用は別でまとめているので ブルガリアでの費用には入っていません。参考までに 次の国マケドニアのスコピエへの交通費は 1人当たり2,077円(31レフ)となります。

 

ソフィア-スコピエ間の移動の詳細はこちら↓

食費:5,640円(84.18レフ)

ブルガリアの良いところ。

それは
"アルコールが安ーい!!!"ということ。

ブルガリアの激安ビールいろいろ

2Lのビール1本約120円程度(種類とサイズにより) ワイン量り売りは入れ物持参で1L約100円から(入れ物のない場合は 1Lのペットボトル1本13円で購入可能)という恐ろしい価格設定。イギリスでよく飲んでいたシードルも イギリスのものなのにブルガリアの方が安いという...関税とかどうなっているんだろう...??と不思議に思ってしまうくらい。

なので"お酒とおつまみがあれば それで幸せ...♡"という 私たちのようなタイプの方は 食費はかなりリーズナブルになると思います。トルコでアルコールが高かった分 反動で毎日飲んだくれになってしまう...そんな私たちなのでした。

宿泊費:8,040円(120レフ)

ソフィアでは ホステルの個室(ダブルルーム)に2人で4泊し 予約はBooking.comで行いました。 

ソフィアの宿は バスターミナルからはやや離れているものの トラムを使用すると1本で向かうことができ ソフィア市内の観光地へはどこも歩いてアクセスできる(雨で行けませんでしたが...)好立地。また 周りには大きなスーパーや 量り売りでワインも売られているという お酒好きには魅力的な環境でした。

 

ブルガリアで宿泊した宿はこちら↓

 

 

 

ソフィアの宿をお探しの方は こちらからどうぞ。

Booking.comでの空室確認はこちら
Agodaでの空室確認はこちら

 

 

 

なお Airbnbも利用できますが 私たちが探した時にはBooking.comと価格的にあまり差がなかったため 利用することはありませんでした。

観光費:なし

ソフィア滞在中はリラの僧院へ観光に行きましたが リラの僧院は入場料が無料♡このため リラの僧院への観光にかかったのは 往復の交通費のみ。

私たちの家計簿では 観光地への交通費は"交通費"にまとめているので ソフィアでの観光費はなしになりました。

リラの僧院への移動に使ったトラム

リラの僧院への移動に使った 5番のトラム

 

参考までに リラの僧院への往復の交通費は 1人当たり往復:トラム2レフ+ミニバンバス22レフの計24レフ(1,608円)となります。

通信費 雑費:なし

ブルガリアでは エアメールを出したり 日用品などはしませんでした。

最後に

アジアに来ると ミャンマーやベトナムなどなど...生ビールがリーズナブルで美味しい国はたくさんあるけれど ヨーロッパはビールの価格がお財布を直撃することもしばしば(笑)このため 連日あいにくのお天気だったけれど ブルガリアではすごくテンションが上がっていた思い出が...今では 懐かしいです(笑)


そんな今は 台湾の台北に戻り 明日台湾を出発するための準備をコツコツと...夜は 台湾最後の水餃子を満喫しに行く予定です。


それでは 今日も良い1日を。



江里