読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えだ旅 WORLD JOURNEY

2015.01.04から1年6カ月にわたった 夫婦の世界一周旅と その後の旅の記録

HELLO

DO YOU ENJOY YOUR JOURNEY OF LIFE?

《タイ》バンコクからタオ島へのリーズナブルな移動におすすめ「Joint Ticket(ジョイントチケット)」

スポンサーリンク

タオ島へ向かうフェリーでリラックスな旦那さん

2016年4月 1THB≒3.2円

はじめに

今回 バンコクへ戻ってきた目的は2つ。

1つはソンクラーンへの参加。

そして もう1つは

パンガン島の

フルムーンパーティーに参加すること。

 

私たちは のんびりビーチでの滞在もしたいと思っていたため

まずはタオ島に滞在し 途中でタオ島からパンガン島へ往復して

フルムーンパーティーへ参加することに。 

 

このため まずはバンコクからタオ島へ移動。 

バンコク-タオ島間の往復は 

どちらも 長距離バス+フェリーのチケットがセットになった

ジョイントチケットで移動することとしました。

 

リーズナブルな価格で その都度チケットを手配する必要もない

ジョイントチケット。

今回は そんなジョイントチケットでの移動の様子をまとめました。

バンコク-タオ島への移動方法

移動方法いろいろ

バンコクからタオ島までの移動は いくつかの方法があり

それぞれの用途に合わせて選ぶことができます。

まずは その方法をご紹介。

飛行機+フェリーを利用

1番最短の時間で タオ島に向かうことが可能。

バンコク-サムイ島間はフライトで移動し

その後 サムイ島-タオ島間は高速船での移動となる。

所用時間:

飛行機1時間+高速船2時間+乗り継ぎにかかる時間

料金:バンコク-サムイ間のバンコクエアー3400THB

(2016.4.29現在)+高速船800THB

 

長距離バス+フェリーを利用(ジョイントチケット)

今回利用した ジョイントチケット。

チケットを事前に購入し 当日チェックインすれば

時間はかかるものの 乗り継ぎの心配なく移動が可能。

最もリーズナブルに移動することができる。

所用時間:

VIP長距離バス7-8時間+船2-3時間(高速船かフェリーかで異なる)

+乗り継ぎにかかる時間(夜行バスで出発の場合は2-3時間)

料金:全て含めて750-1100THB(高速船かフェリーかで異なる)

 

マレー鉄道+フェリーを利用(ジョイントチケット)

マレー鉄道を利用し バンコク-チュンポン間を移動。

チュンポンから 船(高速船かフェリーを利用)での移動。

(19:30 バンコク発のみ)

マレー鉄道の寝台で移動できるところが...かなりおいしい。

所用時間:

マレー鉄道8時間+船2-3時間(高速船かフェリーかで異なる)

+乗り継ぎにかかる時間(2時間30分)

料金:全て含めて950THB-1944THB

(マレー鉄道のクラスと高速船かフェリーかで異なる)

 

上記の内容を検討した結果 時間には特に制限がなく

リーズナブルな移動を希望の私たちは

長距離バス+フェリーのジョイントチケットで移動することに...

チケットの購入方法

バンコクでは シーロム周辺に滞在していましたが

ジョイントチケットを購入できる旅行代理店は

カオサンロードに集中しているとのこと。

また シーロム周辺でも何件か旅行代理店を見かけたものの

ソンクラーン期間中ということもあり どこも閉店している状況...

 

このため チケットを求めて 素直にカオサンロードに向かうことに。

 

旅行代理店に向かったのは

出発日前日(フルムーンパーティーからは5日前)でしたが

それでも 何件か尋ねた

どの旅行代理店もチケットは購入可能とのことでした。

 

チケットの代金は 各代理店で750-900THBとややばらつきあり。

その中で 私たちは旅行代理店

「Five Fifty Travel(ファイブフィフティートラベル)」

ジョイントチケットを購入。

 

決め手は

店員のお姉さんが親切で 笑顔が素敵!

それだけ(笑)!!

 

わが家の財務省である 旦那さんは

いつもそういうフィーリングで決めがち(笑)

今回も"あっ ここで買うだろうな"と思ったら やっぱりご購入。

↑この時 予想が当たって 心の中でガッツポーズ。

 

きっと クオリティはどこもそれほど大差はなさそうな雰囲気。

ほとんど同じ金額なのであれば

また会いたいと思える人から買いたいのも 分かる気がします(笑) チケットを購入したFiveFiftyTravelのあるビルの外観

Five Fifty Travelの入っている建物の外観

FiveFiftyTravelの外観

1階の入って左手にあります

FiveFiftyTravelの看板

看板はこちら

カオサンロードにも同じ看板が出ていますが

まわりがごちゃごちゃしていて 見つけづらかったです

 

そんなジョイントチケットには

バンコク-チュンポン間のVIPバス(バス会社名不明)

チュンポン-タオ島間のフェリー

「Songserm Ferry(ソンサーンフェリー)」

上記の料金が含まれ 1人850THB(約2720円)でした。

なお クレジットカードでの支払いの際は

料金の3%の手数料がかかります。

注)ソンサーンフェリーは 時折盗難もあるとも聞くため

    心配な方は「LOMPRAYAH(ロンプラヤ)」という

    別会社の高速船とのジョイントチケットもあります。

 (LOMPRAYAH利用の場合は 350THBほど料金が高くなります)

移動の様子

バンコク出発時

PM5:30

出発日は 出発時間の30分前までに

チケットを購入した旅行代理店でチェックイン。

その後 指定の場所で待っていると

バス会社のスタッフがピックアップをしに来てくれます。

 

そこから 人数が集まるまで 他の場所に移動して待機。

人数が集まり次第 バスへ移動開始となります。

 

バスには座席番号などはないため 指定された時間通りに到着し

速やかにバスに乗って 席を確保しましょう。

バスではお水やスナックのサービスはありませんので

必要な分を 乗車前に準備しておくことをオススメします。

バンコク-チュンポン間の夜行バス

なかなかカラフルなバスの中は トイレ付き

休憩時間は 食事休憩の1回のみでした

車内の様子

4列シートの夜行バスの中の様子

各座席にブランケット付き

自由に座っている人の足が映り込み...

夜行バスの座席の様子

座席は 足台なしのシンプルなものでした

チュンポン到着時の様子

AM3:30

タオ島へ向かう人は チュンポンの町はずれの一角で降車し

(サムイ島など 他の島へ行く人たちも同じバスに乗っているため)

そこで待つように言われます。

チュンポンの町外れで次のバス待ち中...

夜中に町の片隅で降車することになり ややお疲れモードの皆さま

 

AM3:50

次に乗るバスが訪れ そのバスに乗ってフェリー乗り場へ。

 

AM4:00

フェリー乗り場へ到着。

タオ島行きのフェリーの出発時間は 6:30とのこと。

 

結構時間ができちゃったなぁ...もちろんWIFIはなし。

何をして時間をつぶそうかな...眠い...zzz

 

そして 眠っている間に蚊に噛まれること数カ所。

ここでの待ち時間の間は

虫除けスプレーをすることをオススメします。

 

AM6:30

フェリーの乗船時間になり 足早にフェリーへ。

ここでも フェリーに座席番号などはないため

速やかにフェリーに乗って 席を確保しましょう。

フェリー乗車時は お水やスナックの無料サービスはありません。

(売店があるため 購入は可能です)

ようやくお待ちかねのフェリー乗船時間

フェリー内の様子

この時の Songsemフェリーは2階建て。

そんなわけで 大急ぎで2階席確保に向かったけれど

この時のフェリーは2階席が"premium(プレミアム)"となっていて入れず...

それでも 2階のデッキ席は空いていたので 確保できました。

↑デッキ席は風が気持ちよくて 眺めも良いのですが

  しばらくして 日が出てくると 日差しも強くて暑い...

  このため 日焼けをしても大丈夫な方にはオススメです(笑)

フェリー2階のデッキ席の様子

デッキ席の様子

日差しを到着前のギリギリまで避けるには

進行方向に向かって 右側の前方の席がオススメです

ようやく タオ島に到着

ようやく出会ったタオ島の青い海

AM10:00

タオ島のフェリー乗り場に到着。

バンコクからは 移動時間 計16時間。

 

夜行バスに乗りっぱなしであれば そこまで疲れない移動時間だけれど

夜中の待ち時間もたたったのか 少し疲れてしまい...

到着日は1日 休養日となったのでした。

復路:タオ島-バンコクでの移動の様子

タオ島-バンコク間の移動でも ジョイントチケットを購入しましたが

内容は往路とほぼ変わりませんでした。

 

少し変わったことといえば バスのクオリティが少し上がったことと

(座席がやや綺麗で広い?)

往路で各座席にあったブランケットがなくなったこと。

チュンポンの町の一角での途中下車がなく

フェリー乗り場からバンコクまでが 直通バスだったことくらい。

↑これは 地味に嬉しい(笑)

タオ島から各場所への時刻表と料金一覧

タオ島からのジョイントチケットを購入した

「SANTA TRAVEL(サンタトラベル)」での 各場所への時刻表と料金一覧表

タオ島-バンコク間の料金は バンコクからと同じく850THBでした

最後に

移動には時間がかかり 少し疲れてしまったけれど...

たくさんのビーチがありつつも ローカルな雰囲気を残していて

フルムーンパーティーのあるパンガン島や

タイ湾一美しいとも言われるナンユアン島など

他の島へもフットワーク軽くいける...

 

そんなタオ島が

2人とも とても好きになりました♡

 

以前に滞在した リペ島と比較してみると

・ツーリスティックな雰囲気を味わったり

 おしゃれなカフェでまったり

 シュノーケリングで熱帯魚をたくさん見たい→リペ島

・リーズナブルにローカルな島時間の雰囲気を味わいつつ

 アイランドホッピングをしたい

 シュノーケリングで大きめの魚を見たい→タオ島

という感じでしょうか。

 

どちらも とても良い場所なので

完全に 行くことのできる時期と好みの問題だと思います。

(ダイビングはどちらでもしていないので なんとも言えません...)

 

もし タイの離島に来られる機会があれば

タオ島も候補の一つに入れてみてはいかがでしょう♡

 

そんな次回は パンガン島でのフルムーンパーティーに向けての

準備や移動についてまとめる予定です。

↑すべてはタオ島プッシュのため(笑)

 

それでは おやすみなさいzzz

 

 

 

江里