えだ旅 WORLD JOURNEY

2015.01.04から1年6カ月にわたった 夫婦の世界一周旅と その後の旅の記録

HELLO

DO YOU ENJOY YOUR JOURNEY OF LIFE?

《トルコ ブルガリア》イスタンブールからソフィアへの移動「METRO」

スポンサーリンク

イスタンブール-ソフィア間のバス外観

2015年11月 1TL≒42円 1レフ≒66円

はじめに

約2週間楽しんだトルコとも いよいよお別れの日。

イスタンブールで初めて トルコ料理がちゃんとリーズナブルということが分かり まだまだ 食べられていないものがたくさん...このため 名残惜しい気持ちがありつつも 目指すは次の国ブルガリア。

飛行機でクロアチアへ飛んで それまでの間 イスタンブールの滞在を延期できないか...なんて企んでいたけれど 旦那さんにより速やかに却下(笑)

はい そんなわけで 今回もMETRO社の夜行バスでの移動となりました。

 

イスタンブール-ソフィアへの移動方法

チケットの購入方法

イスタンブールでは 新市街に滞在していましたが 新市街のバス会社のオフィスでイスタンブール-ソフィア間のオトビュスを運行しているのは METRO社のみとのこと。

このため 前回違う会社の夜行バスが快適だったこともあり 他の会社も試してみたかったけれど 断念...(他のバス会社のオフィスに行っても "METROがソフィア行きを出してるよ" なんて言われる始末(笑))

そんなわけで 今回も"METRO"社の夜行バスにすることに。

METRO社のオトビュスは ネット予約もできます。

 

METRO社のバスホームページ

METRO社のHP: Metro Turizm | Aklınızda Neresi Varsa Oraya Metro Var

 

METRO社のイスタンブール-ソフィア間のバスは1日数本運行され 時間によって SUITかCLASSになります。このため 私たちは 今回も3列シートのSUITの夜行バスに乗ることに(今回もCLASSとSUITで差額2TL(約80円)程度だったので...つい...)

19:00METRO社オフィス発のセルヴィスでイスタンブールのオトガル(エセンレルオトガル)着 20:30イスタンブール発→6:00ブルガリアのソフィア着 料金80TL(約3360円)/人のチケットを購入しました。

イスタンブールのオトガルに行く時の注意点

イスタンブールのオトガルへ行くセルヴィスに乗る際は イスタンブールのオトガルは数カ所あるので どのオトガル発なのかを把握しておくようにしましょう。この場合 セルヴィスの時間よりも前にバス会社のカウンターでチケットを見てもらい どのオトガルかを確認してもらうと確実です。

私たちは イスタンブールに来る時に 夜行バスの降車場所を間違えて 次のセルヴィス乗車予定のオトガルまで バスを乗り継ぐことになってしまった思い出が...

 

私たちが行った 新市街のMETRO社のオフィスはこちら↓

バスの様子

ブルガリア行きMetroバス側面

ブルガリア行きのバスの車体には 普段"CLASS"や"SUIT"と書かれている部分に"Bulgaria"の文字が♡

車内サービスのおやつやドリンク

今回は3列シートの夜行バスだったのにおやつが選べず...おやつは1種類のみでした。でも 社名のロゴ入りグッズにテンションUP⤴︎(笑)

 

シートに関しては 前回に乗った時のSUITのシートと同じでした。その他で少し違う点はといえば...
・おやつが1種類のみで 選べなかったこと
・ドリンクがミネラルウォーター+チャイorコーヒーのみだったこと くらいでした。
ちなみに ドリンクサービスは 乗車時とブルガリアのイミグレ通過時の2回ありました。

WIFIに関しては 今回は繋がった状態になるものの まったく動かず...バスに乗車時のWIFIは 動いたらラッキーくらいな確率な気がしてきました(笑)

国境越えについて

国境越えの流れ

23:30
まずは トルコ側にて
①トルコのイミグレ到着前に 夜行バスの中でパスポートを回収
②乗務員さんが手続きの書類を作成
③パスポートが各自に返却→夜行バスから降車
④イミグレにて 出国スタンプをもらう→夜行バスへ乗車
すべて合わせても 約10分で全員出国終了。早い!

23:50
その後に バスでDutyFreeへ! DutyFreeで各自お買い物タイム

0:20
最後にブルガリア側にて
夜行バスを降車し ブルガリアの入国スタンプをもらう
こちらも 約10分で全員入国終了。早過ぎる!

出入国時ともに 荷物検査はなかったので バックパックなど重い荷物を降ろすこともありませんでした。ストレスフリーな出入国 ありがたいです。

トルコ-ブルガリア間のDutyfree外観

トルコ側のイミグレを出た後 バスはおもむろにDutyFreeの前で停車。"南米にいた頃は こんなことなかったね!!"と浮き足立つ2人...

トルコ-ブルガリア間のDutyfreeの中の様子

DutyFreeの中は 空港のDutyFreeさながらの品揃え!!中では タバコやお酒を買い求める人がたくさん。そして タバコを買う人の本気量に 少し引く2人。

旦那さんが買ってくれたスイスチョコ

あまっていたTLを使って おいしそうなスイスのチョコをお買い上げ。旦那さんに感謝。食べるのが楽しみ♡

久しぶりに押されたEU圏のスタンプ

DutyFreeに寄り道した後は 再び夜行バスに戻り ブルガリアのイミグレへ。久しぶりのEU圏のハンコににんまり。

そして ソフィアへ到着

そうこうしているうちに 今朝 無事にソフィアのバスターミナルに到着。
6:00到着予定が...安定の早め 5:00着。


やっぱり。


早い。早すぎる。夜行バスは定時か 時間より遅れるかのどちらかにして欲しい...

そんなことを思いながら 雨降りの様子を眺めたり ゲームをしたりしながら バスターミナルで なんとか2人で2時間時間をつぶしましたとさ(笑)こういう時に 夫婦旅のありがたみを感じます。

ブルガリアのターミナルで見つけたバス会社

ソフィアのバスターミナルで見つけたバス会社。ここのバスでも イスタンブール-ブルガリア間を運行している様子。もし 乗った方がいましたら どんな感じだったか 感想を知りたいです。

その他 あれこれ

今まで出会った旅人さんから "ブルガリアの物価は意外に安くない"という噂を聞いたりもしていたけれど...


ビールが大好きな私たちにとっては

ブルガリアの物価 ものすごく安い*\(^o^)/*


ビール500ml 5.5TL(約230円)のトルコから ビール1L 1.5レフ(約100円)のブルガリアへ。酒税のリーズナブルな国って好きです。イギリスにいた時にハマった"アップルサイダー(シードル)"もイギリスの半額以下!!シードル熱再来の予感(笑)

明日は どのビールにしようかな。明日もお天気が悪いようなので ビールを片手に夫婦で引きこもります(笑)

それでは 皆さんよい旅を。



江里