えだ旅 WORLD JOURNEY

2015.01.04から1年6カ月にわたった 夫婦の世界一周旅と その後の旅の記録

HELLO

DO YOU ENJOY YOUR JOURNEY OF LIFE?

《クロアチア》ドブロブニクからスプリトへの移動「PROMET makarska」

スポンサーリンク

ドブロブニク-スプリト間のバス外観

2015年12月 1Euro≒132円 1クーナ≒17円

はじめに

とても美しい海と 街並みに癒されたドブロブニクから 目指すは私たちの最終目的地? スプリト!!

ここでプチ沈没をするための 今までのとんとん移動。スプリトでは何もせずにゆるゆるするんだ そして久しぶりに海鮮を満喫するんだ。ついつい そんなことばかり考えてしまう2人なのでした。

そんな思いを乗せた スプリト行きのバス。見た目が立派です♡

 

ドブロブニク-スプリトへの移動方法

チケットの購入方法

ドブロブニク-スプリト間は 1日に11本(5:00~22:00)のバスが運行され 約4.5時間でスプリトへ到着します。バス会社は1社しか見つけられなかったので 価格は検討をする余地もなく...という状況。

このため 私たちは 日中の明るい時間に次の宿に到着できるよう 10:30ドブロブニク発→15:00スプリト着 料金125クーナ(約2150円)/人のチケットを購入。チケットは座席指定ありでした。

チケットの購入は オフシーズンのヨーロッパということもあるのか 当日9:00バスターミナル着で 10:30発分のチケットが購入できました。

 

ドブロブニクの長距離バスターミナルはこちら↓

車内の様子

2枚綴りになっていてドキドキしたチケット

こんな風に 2枚綴りのチケットだったので 乗り換えがあるのかな...と 少し心配でしたが 乗り換えなしでスプリトまで行きました。

4列シートの車内

シートの様子

車内は足台はあるけれど 前後の座席間隔がかなり狭め 少し辛く感じる人もいるかも。

久しぶりのトイレ付きのバスで安心

ここに来て ようやくトイレ復活!!これで旦那さんも一安心♡

左側の座席に座った時の眺め

ドブロブニク-スプリト間は 左側の座席がおすすめ。ずっと 綺麗な海岸線が続きます。

右側の座席に座った時の眺め

かなり分かりにくいですが 右側の座席だと 山肌の岩や草が見えるくらいで少し残念な印象です。

国境越えについて

ドブロブニクからスプリトに行く間の海岸線は 一部ボスニア ヘルツェゴビナの領土になります。このため クロアチア出国→ボスニア ヘルツェゴビナ入国/出国→再度クロアチア入国をする必要があります。

国境越えの流れ

①クロアチア出国前にパスポートにハンコが押される。しかも バス車内にハンコを持ったお兄さんが乗ってくるという 斬新すぎるスタイル(笑)

②ボスニア ヘルツェゴビナのイミグレゲートはスルーして入国

③再度ボスニア ヘルツェゴビナのイミグレゲートはスルーして出国

④クロアチア入国前に 再度パスポートを回収され ハンコが押されて返却

あれ。もうボスニア ヘルツェゴビナを通ってたの?っていうか...もう終わりなの ボスニア ヘルツェゴビナー!! バスですーっと......約10分で終わった ボスニア ヘルツェゴビナ。これは"世界一周行った国リスト"には全然入れられないレベル。はい またいつか出直します(笑)

短い時間の国境越えなので どんな感じかな...??と思っていたら とてもあっけなく終わった国境越えでした(笑)

その他 あれこれ

今回も バス乗車時に 荷物代1つ7クーナ(約120円)がかかります。

チケットは座席番号ありだったけれど 座席番号通りの場所に座ったら なぜかそこには足台がなく。出発時はがらがらだったので 席を代わろうかとも思ったけれど いざ座ってみると 前後の座席間隔が狭くて 足台を使うゆとりもなく。静かに また番号通りの席へ(笑)

このバスは "Coach of the year 2000"に選ばれたバス。らしいけれど...乗り心地は...ぼちぼちでした......やっぱり(笑)(車体に書いてあったので 期待して乗り込んだ単純な私たち)

また このバスはザグレブまで行くバスのため スプリトへ行くには 途中で下車するかたちになります。


そして...はい 着きました。
私たちのプチ沈没スポット スプリト*\(^o^)/*!!


今まで コトルでも ドブロブニクでも 延泊したい病をなんとか押さえ込み ついにここまでたどり着きました。ここでは 今まで以上に何もせず ゆるゆる暮らそうと思います♡



江里